コーヒーやチョコ、オーガニックコットンの衣類などを買う時に、「フェアトレード」という表示やラベルを見たことがある人もいるかもしれません。「フェアトレード」とは、日本語では「公平な貿易」という意味です。, 世界には、先進国と開発途上国の間の豊かさに大きな差があり、不公平な貿易が行われていることが問題になっています。また人と人の間にも、貧富の差や男女格差、教育を受けられない子どもといった「不平等」があります。, こうした不平等をなくすための取り組みの一つとして広がりを見せているのが、開発途上国の生産者が貧しさから自立することを、先進国の消費者が支援できる「フェアトレード」という仕組みです。, スーパーで目にする海外から輸入されたバナナやコーヒー豆は格安のものも多く、食費をやりくりするのに助かるため、よく買う人も多いと思います。しかし、なぜ、こんなにも安く売られているのでしょうか? 手に取った商品は、どこで誰が作っているのか考えてみたことはありますか?, 先進国で販売されている格安の食品や日用品の中には、コストを抑えるために物価や人件費の安い開発途上国でつくられたものを輸入している場合が多くあります。たとえば、日本で安く売られているバナナは、南米やアジアなどの農園でつくられたものが、仲買・卸・流通など輸出入に関わる業者を経て、日本の小売店の店頭に並び、消費者の手に渡っています。, 経済が発展している先進国では、工業化が進んでいて、電気・水道・交通・通信などのインフラが整備され、医療や教育も充実し、国民も安定した暮らしを送ることができます。, 一方で、経済が発展していない国を開発途上国、あるいは発展途上国と言います。単に、途上国と言うこともあります。工業化が遅れているため、農業や漁業といった一次産業に頼っていて、国民一人当たりの所得は低くなります。多くの国民が貧しさに苦しみ、不安定な暮らしを送っています。国民の暮らしを安定させるためにインフラの整備をしたり、医療や教育を充実させたりするだけの経済力がないので、先進国から経済的・技術的な支援を受けていることがほとんどです。, 先進国と開発途上国の線引きは、国連や世界銀行といった国際組織によって定義がまちまちなのですが、一般的には経済開発協力機構(OECD)※1が3年ごとに発表している「政府開発援助(ODA)※2受け取りリスト」に乗っているかどうかで判断されます。つまり、外国からの支援を受ける必要があるくらい経済力が弱い国が、開発途上国とされるということですね。, ※1 経済開発協力機構(OECD)…世界の経済全般について協議しながら国際的なルールをつくっている組織。ヨーロッパ諸国、アメリカなどの先進国を中心に、30以上の国で構成されていて、日本も参加している。経済成長・自由貿易の拡大・開発途上国への支援の3つが大きな目的。, ※2 政府開発援助(ODA)…政府や政府の関係機関が、開発途上国の発展のために資金や技術の提供を行うこと。, 外国の相手と商品を売買することを貿易と言いますが、これまでの先進国と開発途上国の間の貿易では、商品を買う側の先進国の企業の立場が強く、一方的に低い価格で取引することを決めたり、急に取引をやめてしまったりと、開発途上国の取引相手や生産者に不利な取引となっていることがよくありました。, 生産者の労働環境が配慮されることは少なく、低賃金で長時間働かされたり、劣悪な環境で働かされたりということも行われていました。また、利益を優先するあまり、農薬を大量に使っていたり、農地を広げるために過剰に森林を伐採したりして、環境に負荷をかけてしまっていることも多かったのです。, 先進国で安く売るために、「生産者の働きに見合った賃金が支払われない」「生産者が過酷な労働を強いられる」「安く大量に作るために農薬や化学肥料がたくさん使われて環境が破壊される」といったことが、世界各地で起こっています。中には、子どもが強制的に働かされる児童労働が行われている地域もあります。, もともと貧しさに苦しんでいる開発途上国の生産者、たとえばバナナ農園で働く人々が、さらに苦しい思いをしていることが問題となってきたのです。, バナナが安く買えるのはうれしくても、その安さのために誰かが犠牲になっていると考えると、不公正な貿易の意味がよくわかるでしょう。「この状況を改善したい」と考えられたのが、「フェアトレード」という取り組みです。, フェアトレードは英語で“Fair Trade”、日本語では「公正な貿易」という意味です。開発途上国でつくられたものを適正な価格で継続的に売買することで、立場の弱い開発途上国に不利な取引をなくそうという国際的な取り組みのことを言います。, この場合の適正な価格とは、生産者の労働の対価として見合う金額や、生産者が安定した暮らしを送ることができる金額のことです。先進国の企業など買う側が適正な価格で継続的に取引することで、開発途上国の生産者の生活を支えたり向上させたりすることを目指すのがフェアトレードの大きな特徴です。, また、一時的な利益を優先して、生産者を無理に働かせたり、環境破壊につながるような農業を行ったりすることを見直すことも、フェアトレードの目的の一つになっています。長くよいものをつくり続けることができるように、生産者が安心して働き続けることができる労働環境を整えたり、農薬の使用量を減らす有機農法を取り入れたりということが行われています。, フェアトレードのもともとの目的は、適正な対価を支払い対等な立場で取引をすることでしたが、現在では、生産者の生活を向上させるという意味合いが強くなり、さまざまな取り組みが広がっています。たとえば、フェアトレードに取り組む団体や企業が生産地の人々と協力して、農業や工場での技術指導を行ったり、生産地で日本の農協のような組織をつくったり、子どもたちが勉強できるように学校を建てたりするといった形で、支援を行っている例もあります。, フェアトレードは、1960年代にヨーロッパから広まった取り組みで、1990年前後にはフェアトレードを推進する民間団体が集まって国際的な組織もつくられました。こうした組織は、国際的なフェアトレードの基準を定め、この基準を満たしているかどうかのチェックをして、認証された製品にラベルを発行するという活動もしています。今では、ヨーロッパを中心に、国際的なフェアトレード認証製品であることを示すラベルが広く普及しています。, 日本でも、フェアトレードに取り組む団体や企業、フェアトレード商品を扱うお店が、年々増え、フェアトレード認証ラベルを店頭で目にすることも増えています。また、企業が開発途上国の生産者と直接契約してフェアトレードに取り組む例も見られます。, フェアトレードの商品は、コーヒー豆やチョコレートの原料となるカカオが代表的です。さらに、バナナ・スパイス・紅茶・砂糖など食品が中心になっています。食品以外では、衣類などの原料となるコットンから衣料品、かごなどの手工芸品まで、さまざまなものがあります。, 消費者がフェアトレードの商品を選んで買うことは、安全で安心な商品を手に入れることができるだけでなく、生産者の暮らしをよくすることにつながります。フェアトレードは、消費者にとって身近に取り組める国際協力でもあるのです。, フェアトレードの商品には、国際的な基準を満たした認証ラベルがついているものとついていないものがあり、日本でよく見られるフェアトレードの商品は大きく3つに分けられます。, ここでは、フェアトレードであることが国際的に認められる認証ラベルについて、詳しく見てみましょう。, 国際フェアトレード認証ラベルは、原料が生産されてから、輸出・輸入され、加工・製造されて製品となるまでのそれぞれの過程において、国際フェアトレードラベル機構※3が定める、国際フェアトレード基準※4を満たしていることを証明するラベルです。, ※3 国際フェアトレードラベル機構…Fairtrade International(FI)、1997年に各国のフェアトレードに関わる組織が集まって設立された組織。本部はドイツにあって、ヨーロッパを中心とする各国の組織がメンバーとなり、認証ラベルのライセンス業務や啓蒙(けいもう)活動を行っている。日本では、フェアトレード・ラベル・ジャパン(FLJ)がメンバーとして活動している。, ※4 国際フェアトレード基準…国際フェアトレードラベル機構が設定する、フェアトレードに関する基準。開発途上国の小規模生産者と労働者の、持続可能な開発を目指して設定され、定期的に見直しも行われている。「経済」「社会」「環境」の3つの柱で考えられているのが特徴。認証を取得している生産者、輸入者、製造者は、フェアトレード認証機関であるFLOCERTやFLJから定期的な監査を受けている。, 出典:国際フェアトレード基準|fairtrade japan|公式サイトhttps://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/intl_standard.php, WFTOマークは、世界フェアトレード連盟※5に加盟し、生産者の労働条件・児童労働・環境などに関して、基準を満たした団体であることが保証されるマークです。基準の原則は「フェアトレード10の指針」※6で示されています。加盟している生産団体や販売団体がマークとは別に認証を受けることで、製品にWFTOラベルを表示できます。, ※5 世界フェアトレード連盟…World Fair Trade Organization(WFTO) オランダに本部を置く国際組織。1989年に、開発途上国の弱い人々の自立と生活の改善を目指す世界のフェアトレード組織が結成した。欧米や日本の輸入団体と、アジア・アフリカ・中南米の生産者団体が加盟して、公正な貿易の普及を目指している。, ※6 フェアトレード10の指針…世界フェアトレード連盟が定める、フェアトレード団体が守るべき10項目の原則。加盟団体が基準を満たしているかどうかモニタリングも行われている。国際的なフェアトレードの基準としても知られる。, 出典:10 Principles of Fair Trade(フェアトレードにおける10の原則)|WFTOhttps://wfto.com/sites/default/files/10%20FAIR%20TRADE%20PRINCIPLES%202013%20(Rio%20&%20EGM%202013%20approved%20modifications)_Japanese.pdf, 出典:フェアトレードの10の指針 |【ピープルツリー】https://www.peopletree.co.jp/fairtrade/standard.html, こうした認証ラベルは消費者にとっても、フェアトレードの基準を満たしていることが、ひと目でわかるものになっています。, 近年は日本でも、フェアトレード認証のものを目にすることが多くなりました。スーパーなどに行った時は、ぜひ認証ラベルを探してみましょう。, SDGs(持続可能な開発目標)は、世界中の人々が将来にわたって豊かな暮らしを続けていくためにはどうしたらよいのかと考えて作られた、世界共通の17の目標で構成されています。, このうちの一つに「目標10.人や国の不平等をなくそう」という目標が掲げられています。この目標では、貧富の差や、性別、年齢、国籍による差別や格差が残っていることを問題視して、その差を埋めていくために何をするべきかが示されています。, 開発途上国と先進国の間の不公平な貿易が、開発途上国の発展を妨げ、途上国と先進国の経済的な格差をなくすことができない要因になっていることを背景に、この目標では公正な貿易を促すターゲットも定められています。, フェアトレードという仕組みも、この公正な貿易を広めるために役立つ取り組みとして、世界で注目が高まっているのです。, さらに、フェアトレードの考え方は貿易の面だけでなく、貧困、環境、雇用、子どもや女性の不平等、持続可能な経済発展なども重視していることから、SDGsのさまざまな目標とも密接に関係しています。フェアトレードと関わりのあるSDGsの目標には以下のようなものが挙げられます。, フェアトレードの国際的な普及に取り組む組織の活動により、輸出や輸入に関わる企業の意識も変わり、フェアトレードの取り組みは世界中で広まっています。, 国際フェアトレードラベル機構のレポートによると、2017年の世界のフェアトレード認証製品の市場規模は、約85億ユーロ、日本円にして1兆700億円以上になっています。日本でもフェアトレード認証製品の2016年の市場規模は113億円6,000万円にのぼり、前年比で13%も増えています。特にコーヒー・カカオ・コットンの拡大が目立ちます。, ただし、日本ではフェアトレードの認知度がまだまだ低く、フェアトレードの基準が正しく理解されていないことも課題になっています。中には、第三者機関によるチェックや認証を受けないまま、フェアトレード製品として販売されているケースも見られます(法律上は問題ありません)。一方で、企業や団体が独自に厳しい基準を設けている場合もあります。国際的なフェアトレードの基準を満たしている製品かどうか、あるいは企業の独自の基準はどんなものか、企業のホームページなどで確認してみましょう。, 消費者の立場からもフェアトレードについて正しく理解しないと、弱い立場にある生産者を支援することにつながりにくくなり、フェアトレードは広まっていきません。, まずは、スーパーに並ぶ輸入品を手にとった時、それがどこで、どのように生産されているか、想像してみることから始めてみましょう。, フェアトレードミニ講座|フェアトレードとは?|fairtrade japan|公式サイト, フェアトレードとは? 3種類のフェアトレードと児童労働の関係 | 世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース), 国際フェアトレード基準|フェアトレードとは?|fairtrade japan|公式サイト, 認証について | オーガニックコットン、フェアトレード・エシカルファッションの通販サイト。フェアトレードの【ピープルツリー】, 【持続可能な開発目標(SDGs)とフェアトレードの、密接な関係】... - Fairtrade Label Japan (フェアトレード・ラベル・ジャパン) | Facebook, SDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」に関連してフェアトレードについて学ぼう, | サイトマップ | ベネッセ教育情報サイトとは | 利用規約 | | お問い合せ | よくあるご質問(FAQ) | 著作権について |, 個人情報に関するセキュリティ対策・拡散防止等の取り組み進捗 : ベネッセお客様本部, https://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/intl_standard.php, https://wfto.com/sites/default/files/10%20FAIR%20TRADE%20PRINCIPLES%202013%20(Rio%20&%20EGM%202013%20approved%20modifications)_Japanese.pdf, https://www.peopletree.co.jp/fairtrade/standard.html, https://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/course.php, https://www.wakachiai.com/fairtrade/about_fairtrade/, https://acejapan.org/childlabour/report/fairtrade, https://www.peopletree.co.jp/about/certify.html#, https://www.facebook.com/fljapan/posts/1069055409811160/, https://www.wakachiai.com/fairtrade/about_fairtrade/sdgs/, https://gooddo.jp/magazine/sdgs_2030/reduced_inqualities_sdgs/9041/, 「国際フェアトレード認証ラベル」…国際フェアトレードラベル機構という組織の基準を満たしている商品であることを証明するラベル, 「世界フェアトレード連盟保証マーク」…世界フェアトレード連盟という組織の基準を満たしている団体であることが保証されるマーク。製品にラベルをつけるには別途認証が必要, そのほかのフェアトレード…フェアトレードに取り組む企業が独自に基準を設けている製品。企業が生産者と直接取引することが多い, 「目標1.貧困をなくそう」…生産者の労働環境を改善することで、貧しさに苦しむ人々が自立した生活が送れるようにすることを目指しています。, 「目標2.飢餓をゼロに」…安定して食料を供給できるように、持続可能な農業を目指すこともフェアトレードの理念の一つです。, 「目標4.質の高い教育をみんなに」…生活のために働いている子どもは学校に行けず、教育の機会も奪われています。児童労働をなくすこともSDGsとの共通のターゲットです。, 「目標5.ジェンダー平等を実現しよう」…世界では男性に比べて女性の雇用の機会が少ないことが問題になっています。フェアトレードの活動でも、女性の自立を促すため、職業訓練などの支援を行っているケースもあります。, 「目標14.海の豊かさを守ろう」「目標15.陸の豊かさも守ろう」…有害な農薬や化学肥料を使ったり、農園を広げるために森林が破壊されたり、農業排水が海に流れ込んだりしていることが、開発途上国を中心に問題になっています。フェアトレードでは、有機農法を取り入れることで環境に負荷の少ない農業を実践しています。. スターバックス コーヒー ジャパンの業績・財務ハイライトについてご紹介します。 当サイトをご覧いただくにはブラウザの設定で JavaScriptを有効に設定 する必要がございます。 フェアトレードとは. フェアトレード品にコーヒーが多く見られるように、コーヒー豆生産の現場は雇用環境が劣悪であったり、賃金が低かったりすることが少なくありません。 コーヒーは世界で最も日常的な飲物。全世界での1日あたりの消費量は約20億杯にもなる。世界市場において、石油に次ぐ巨大な国際的貿易商品でありながら、コーヒー生産者は困窮し破産せざるを得ない現 … コーヒー(オランダ語: koffie /ˈkɔfi/ コフィ [ヘルプ / ファイル] 、英語: coffee )は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎して挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。 歴史への登場は酒や茶には遅れるが、世界各地 で愛飲されている嗜好飲料である。 フェアトレードジャパンは、Fairtrade International の構成メンバーとして日本国内における、国際フェアトレード認証ラベルのライセンス事業、製品認証事業、フェアトレードの教育啓発活動を主に … フェアトレードとは. (2) ルワンダコーヒー栽培における現状及び課題の確認 (3) ルワンダ国内外におけるコーヒーの流通にかかる現状及び課題の確認 (4) ルワンダにおける品質基準設定の現状及び課題の確認 フェアトレードが始まったのはいつ? それでは日本ではいつからフェアトレードは始まったのでしょうか? 日本にフェアトレードラベル運動(生産者と消費者をつなぎ、世界全体で持続可能な社会を目指していく運動)です。が始まったのは1993年です。 【フェアトレード】世界の貿易の不平等をなくす取り組みの一つ「フェアトレード」SDGsとの密接なかかわりとは? SDGs(エス・ディー・ジーズ)持続可能な開発目標の17の目標が掲げられた背景から、目指すゴールまでをわかりやすく解説しています。 まず、コーヒーの国際市場価格は長年に渡り低迷しています。しかしフェアトレードコーヒーには、国際価格を大きく上回る最低取引価格が設定されていますが、それは品質には連動していません。 フェアトレードには「国際フェアトレード基準」と呼ばれる基準があります。 発展途上国の小規模な生産者や労働者に対して持続的な開発・発展を促すことを目的として設定されているこの基準は、大きく分けて三つの柱から成り立っています。 フェアトレードジャパンは、Fairtrade International の構成メンバーとして日本国内における、国際フェアトレード認証ラベルのライセンス事業、製品認証事業、フェアトレードの教育啓発活動を主に … まず、コーヒーの国際市場価格は長年に渡り低迷しています。しかしフェアトレードコーヒーには、国際価格を大きく上回る最低取引価格が設定されていますが、それは品質には連動していません。 careは、貧困のない、すべての人々が尊厳をもって安心して暮らせる世界を目指し「貧困削減」「ジェンダー平等」「紛争・自然災害」の3つのテーマで活動を行っています。 フェアトレードとは、①開発途上国の農作物や製品を適正な価格で買い取り、②継続的に取り引きすることを通して、③搾取されやすい生産者の持続可能な生活改善と自立を促進する「貿易のしくみ」のことです。 フェアトレードが始まったのはいつ? それでは日本ではいつからフェアトレードは始まったのでしょうか? 日本にフェアトレードラベル運動(生産者と消費者をつなぎ、世界全体で持続可能な社会を目指していく運動)です。が始まったのは1993年です。 フェアトレードでコーヒーが取り上げられるのは、途上国から先進国への貿易額が石油に次いで多いためである。コーヒー豆、1ポンド(約435グラム)では、およそ50杯分のコーヒーになるが、1杯300円とすると1万5000円の売り上げになる。 BMA ジャーナル Vol.17, No.2, June 2017 話題提起|報告書『フェアトレードビジネスモデルの新しい展開』 101 次に、企業側においても、CSR(企業の社会的責任)に加え、人権や環境面などで問題が Amazonで辻村 英之のコーヒーと南北問題―「キリマンジャロ」のフードシステム。アマゾンならポイント還元本が多数。辻村 英之作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またコーヒーと南北問題―「キリマンジャロ」のフードシステムもアマゾン配送商品なら通常配送無料。 全世界の食品3分の1が捨てられているという食品ロス・食料廃棄の現状。 日本では毎日一人あたりお茶碗1杯分を無駄にしているという。 なぜ海外の対策が普及しないのか? 立ちはだかる衛生面の問題と“3分の1ルール”問題、そして食品メーカーや各企業での新たな取り組みをお伝えします。 日本語も勉強するよ! ガーナの教育 制度 せいど は、日本と同じ6・3・3・4年 制 せい です。このうち小学校の6年間と中学校の3年間が 義務 ぎむ 教育。2017年から中学校の学費は無料になりました。 ピープルツリーのフェアトレードチョコに使用するカカオ豆を育てているのは、ボリビアの「エル・セイボ」。エル・セイボは1960年代にボリビア北部のアルト・ベニ地方に移住した元鉱山労働者が、カカオ豆の栽培をスタートしたのがはじまりです。 日本語も勉強するよ! ガーナの教育 制度 せいど は、日本と同じ6・3・3・4年 制 せい です。このうち小学校の6年間と中学校の3年間が 義務 ぎむ 教育。2017年から中学校の学費は無料になりました。 「フェアトレード」について、日本では、明確な定義がなされていません。 発展途上国から直接輸入したことで独自の判断による「フェアトレード商品」もあります。 国際フェアトレード認証ラベルの特徴は、品目ごとに基準が設定されています。 「本当に美味しくフェアなコーヒーとは」– コーヒーハンター川島良彰さん(株式会社ミカフェート代表取締役社長)に聞く, フェダール財団では、敷地内の学校を卒業すると、農業と手工業に分かれて働きます。いつも明るく元気なコーヒーチームのメンバーです(写真提供:川島良彰さん), 9月29日、コーヒーハンターの川島良彰さんにお忙しいスケジュールの合間を縫って島田ゼミにお越しいただき、インタビューを実施させていただきました。川島さんは、「本当のコーヒーのおいしさと楽しさをより多くの人々に知って欲しい」との思いで創業された株式会社ミカフェート(Mi Cafeto)の代表取締役社長です。また、タイ王室メーファールアン財団コーヒーアドバイザーや日本サステイナブルコーヒー協会の理事長を務められるなど、生産国と消費国の架け橋となりサステイナブルで美味しいコーヒーを作るために様々な活動をされています。, 今回は、そんな川島さんに「美味しいコーヒーを広め、継続させていくために進んできた道のり」や「本当に美味しくフェアなコーヒーのためにするべきこと」についてお話を伺いました。最初になぜコーヒーに関わるようになられたのか?また、貧困問題を解決したいと思うようになられたきっかけはなんだったのかからお伺いしました。, 明治大学駿河台キャンパスで行われたゼミ。新型コロナ対策のため、ソーシャルディスタンスを確保してお話をお伺いしました。, 川島さんは珈琲焙煎卸業を営むご実家で育ち、小学生の頃にはすでに「将来はコーヒー屋になる」と決められていたそうです。その後、高校卒業と同時に18歳でエルサルバドルへ渡り、国立コーヒー研究所に入所されました。そこでコーヒーについて様々なことを学ばれました。, 川島さんによると、この1975年頃はコーヒーにとって大きなターニングポイントの時期だったとのことです。世界最大の生産国ブラジルの霜害の影響で、1ポンドあたり45セントであったコーヒー価格が急騰したり、世界のコーヒー生産国トップ3に入っていたアフリカのアンゴラで激しい内戦が勃発したりするといった事が起きました。それにより現在コーヒー豆生産量1位はブラジル、2位はベトナムでアンゴラは36位にまで落ちてしまっています。また、同時期にエルサルバドルでも内戦が起きたり、学生デモが活発化したりし、川島さんは銃弾が飛び交うかなり危険な環境の中で学び、生活されたそうです。, このエルサルバドルや、その後赴任されたジャマイカなどでコーヒーの生産農家の人たちと触れ合う中で、コーヒーを通じてその人たちの生活を良くすることができないかと考えるようになったことが貧困問題に取り組むきっかけになったとのことです。, 川島さんが指導されているメーファールアン財団のコーヒーチーム。少数民族の人達ですが、タイ語を話せます。彼らが、習得した技術を、村人達に自分達の言葉で指導しています, 事前にミカフェートのHPを見て自分なりにミカフェートの取り組みを知ろうとしていたのですが、その中でタイのドイ トゥン農園とコロンビアのフェダール農園での取り組みに特に関心を持ちました。タイでは山岳地帯に住む民族の人たちとコーヒーの生産に取り組んでおられます。また、コロンビアでは民間の障がい者施設が取り組んでいるコーヒー栽培に、品質向上のためのアドバイスをしながら日本での市場作りをしています。, 私は、世界中に多数のコーヒー農園がある中で、どのように訪問する農園を選んでおられるか気になるようになっていました。そこで、どうして川島さんがタイの「ドイ トゥン」、コロンビアの「フェダール」に思い入れがあるのか、どんな苦労が現場ではあるのかを次に伺いました。, 川島さんは、環境と人権を守りながら本当に美味しいコーヒーをつくるため、いつも自らが現地へ行き、志のある農園と直に接し、パートーナーとして技術指導したり、彼らの作ったコーヒーの市場作りをして来られました。, 特に、タイの貧しい少数民族が住むアヘンの栽培地帯(ゴールデン・トライアングル)をコーヒーの生産地へと生まれ変わらせたお話はすごく印象的でした。かつてタイではアヘンによる麻薬栽培が盛んにおこなわれており、太陽の光確保のため頻繁に行われた森林伐採や焼き畑農業が洪水などの深刻な環境問題を引き起こしていました。, タイ王室のメーファールアン財団は問題解決のために様々な取り組みを行い、少数民族に麻薬栽培以外の収入の手段を得るためにコーヒー生産にも取り組みました。しかし、他の取り組みはうまくいっても、どうしてもコーヒー生産だけは上手くいかなかったそうです。, そこでメーファールアン財団がコーヒーの生産を軌道に乗せるために指導を仰いだのが川島さんでした。年に数回は現地に通い、それまで川島さんが、世界各国で習得した技術をタイの土地や気候、習慣に合った方法に変更し、苗づくりという1から指導する取り組みを行ったそうです。, 初めは、「日本にはコーヒーがないのに日本人のお前に俺たちが教えられるのか!」と言われ、なかなか現地の人々に受け入れられず苦労がありました。しかし、日本人であり世界中を飛び回る川島さんは「世界中のコーヒーを知っている」「消費国の市場を知っている」という強みを持っています。その多角的な視点を強みとしながら、自分自身が実際にやって見せる方法で指導をされました。, こうして川島さんは自らの強みを生かし徐々に周囲から理解を得てパートナーになっていったそうです。そのおかげで今ではタイのコーヒーは東南アジアで有数のものとなり、高品質な美味しいコーヒーを提供するミカフェートでも取り扱える高い品質へと向上することができているようです。, 川島さんの考える本当にフェアなコーヒーとは ― 美味しいから買いたいフェアトレードにしないと意味がない, 島田ゼミでは活動の1つとして、本当にフェアな方法でのコーヒー取引について調べています。その中で、よく耳にするフェアトレードは、公正な取引ができているのか、本当に発展途上国の農園に貢献できているのかについて疑問点、問題点が浮かんできました。そこで、川島さんの考えるフェアなコーヒーについてお話を伺いました。, 「フェアトレードというと何かいい感じに聞こえるかもしれないけれど・・・」そう言いながら、川島さんはフェアトレードの問題点を挙げられました。, まず、コーヒーの国際市場価格は長年に渡り低迷しています。しかしフェアトレードコーヒーには、国際価格を大きく上回る最低取引価格が設定されていますが、それは品質には連動していません。そうなると品質の良いフェアトレードコーヒーかチャリティーで買ってくれる人には、フェアトレード価格で売れますが、それ以外は国際価格でしか売れないという問題が発生します。また、フェアトレード認証のロゴをつけるにはお金を払う必要があります。例えば、国際フェアトレード認証を取得するためには、年間総売上高に応じた初回認証料、ライセンス料、年間ライセンス認証料が発生します。個人経営のコーヒー屋さんやカフェにとっては重荷となりうるでしょう。, さらに、フェアトレード認証は個人ではなく農協に与えられます。そのため、農協が利益を得て農家には全くフェアでない賃金が与えられる搾取が発生しているケースもあります。また、頑張ってコーヒーで利益を上げ耕作面積を広げて人を雇うようになると、フェアトレードの対象農家から外されてしまうため、生産者のやる気を無くさせてしまう問題も起こっています。, 次に、今のコーヒー市場の問題点について伺いました。現在、多くのコーヒーが非常に安い価格で取引され、世界中の“コーヒーを買い取る側”の儲けは大きいそうです。日本のコーヒーショップやレストランでも、コーヒーの原価率は非常に低いことが多く、コーヒーの原価率は10%、高級なものだと30%ほど、そしてほとんどがなんと3%以下で扱われることもあるそうです。, かつてはコーヒーと共にラーメンがほぼ同じ価格で並んでいました。そのラーメンは、いろいろな工夫をして付加価値を付け、実際においしくして今は高くても売れるようになってきました。でもコーヒーは今も昔もあまり値段が変わらず、言葉遊びの付加価値ばかりで品質に応じて値段がつけられるという工夫もまだ十分でないと川島さんはおっしゃいます。, 川島さんは、値段を下げるために作られた安いコーヒーはとってもまずいとおっしゃっていました。安いコーヒーしか取引されず、安いコーヒーしか買われない現状では貧しい農家はますます貧しくなるだけです。それでは美味しいコーヒーを作る良い農家を増やすことが難しく、私たちも美味しいコーヒーを飲める機会を増やすこともできません。美味しくてフェアなコーヒーを広めるためには、良い農園が作っていて、原価率が高く、安くはなくても美味しいから買いたいと思ってもらえるようなコーヒーを扱うことが大切です。生産者も不味いコーヒーを作ろうとしているのではありません。おいしいコーヒーを作りたいが、払ってくれる金額が低すぎるから、肥料も買えないし管理も疎かになってしまい品質は低下します。, 私たちができることは、そういった美味しいコーヒーを飲むこと、不味いコーヒーが出されたら思いっきりまずいと言うだけでもコーヒーの市場は良くなっていく、品質が重視されるようになるのではないかと提案されました。コーヒーショップやレストラン、ホテルの経営者は、どんな不味いコーヒーをお客に飲ませているのか知らない場合が多いのです。それを気付かせることが、消費者ができる最大で一番効果的な方法です。そして経営者が、もうもう少し原価率を上げて、おいしいコーヒーを提供しようと決心したら世界は動き始めます。, 今回の川島さんのお話は、私たちがゼミで行っているフェアで持続可能な取引を通じてコーヒーを販売するプロジェクトに役立つ情報が盛りだくさんでした。正直に言うと私は今まで、フェアトレードコーヒーや美味しさにこだわったコーヒーは高価だからと安いコーヒーを選びがちでした。しかし、これからはできる限り、安いから買うのではなく、少し高くても環境に配慮し、美味しいコーヒーをつくる農園のコーヒーを適正価格で買ってみようと考えています。ゼミの活動でも、安いから買うのではなく、美味しいから買おうと思ってもらえるような良い農園から生まれたコーヒーを広めていけたらいいなと感じます。, また、このセミナーをきっかけに私たちはミカフェートとタイアップして明治大学SDGsコーヒーのプロジェクトを開始しました。今回はお話を伺ったけれど記事には掲載しなかったコロンビアのフェダール農園のコーヒーを使うものです。今後、コロンビア・フェダール農園と明治大学SDGsコーヒーについてはHPで紹介していければと思っています。ご期待ください。, 9月29日、コーヒーハンターの川島良彰さんにお忙しいスケジュールの合間を縫って島田ゼミにお越しいただき、インタビューを実施させていただきました。川島さんは、「本当のコーヒーのおいしさと楽しさをより多くの人々に知って欲しい」との思いで創業された, 事前にミカフェートのHPを見て自分なりにミカフェートの取り組みを知ろうとしていたのですが、その中でタイの, チャートで見る新型コロナの現状(ASEAN)(5/11 授業の補足資料の項目に統合), チャートで見る新型コロナの現状(アフリカ)(5/11 授業の補足資料の項目に統合).