メガバンクの銀行口座を一つは持ちたいという方も多いと思いますが、その中でもおすすめなのが三菱ufj銀行です。 下にある審査のコツと申し込み方法についてをご確認いただけると参考になると思います。 1 メガバンクは審査基準が非常に高く通らない. 給与振込口座はどこがおすすめ?メガバンク(都市銀行)、ネット銀行、地方銀行や信用金庫など、さまざまな銀行の特徴を比較、給与振込口座としてみた場合のメリット&デメリットを解説します。給与振込口座にするだけでお得な特典が受けられる場合も。 日本のお金の流れを支える銀行トップ10はどこなのか?格付や時価総額、預金口座数、自己資本比率など様々な切り口で、40代のビジネスパーソンが知っておきたい銀行トップ10を紹介する。目次1,「格付」ランキングtop102,「時価総額」ランキング3,「預金口座数」ランキングtop8 群馬銀行のホームページ。住宅ローン、外貨預金、投資信託、個人年金保険などの商品案内。インターネットバンキング、ローン計算、各種資料請求もできます。 税金や給与計算などに詳しくない方にもわかりやすい解説を心がけています。, 宝くじが当たる人には法則がある?!基本の買い方から当選確率が高くなる方法までご紹介!, 年末年始の郵便局営業時間を種類別にチェック、配達期間はどれくらい?【2020~2021年】. メインバンク(メイン口座)の目的からおすすめ銀行を考えよう! 「メインバンクどこにしよう?」とか、「家計のメインバンクは今のメガバンクのままでいいのかな?」などなど、現時点での状況に迷われている方も多いのではないでしょうか? お金を預けるならメガバンクとネット銀行のどちらがおすすめかを比較対決しました。それぞれの銀行の金利、atm手数料、振込手数料、口コミなどをまとめてあります。 メガバンクで銀行口座を開設するなら、どこのメガバンクがおすすめなのでしょうか?今回はゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱ufj銀行、りそな銀行のメガバンク5行を取り上げ、atmの数や銀行振込手数料、入金、引き出し手数料をわかりやすく表にまとめて比較します。 今まで私はゆうちょ銀行の口座しか持っていませんでした。 しかし、国民健康保険料の引き落とし口座にゆうちょ銀行は入っていないとのこと。 日本を行ったり来たりしているので、引き落としの方が楽だということは、言うまでもありません。 また結婚後の改姓のドタバタもあり、新しく口座を作ったほうが便利だと判断。 (詳細記事 →海外在住だと銀行口座が凍結!?一向に変更できない旧姓のままの口座名義) この機会にメ … お給料の振込口座ってみなさんそれぞれ指定されていると思います。メガバンクの方もいらっしゃれば、ネット銀行の方、ゆうちょ銀行や地銀などさまざまですよね。東京や大阪にお住まいの方ならついつい給与指定口座に指定しがちなのが三菱東京ufj銀行や三井 結論から言うと、メガバンクの1つとネット銀行1つの合計2つさえ持っておけば安心です。最初に言ったとおり、メガバンクはどこでも良いです。 都市銀行やメガバンク、信用金庫やネットバンクなど、世の中にはさまざまな種類の銀行があります。それぞれの特徴を知ることで、自分の暮らしに合った銀行が見つかるかもしれません。銀行を賢く使い分けることで節約にもつながります。, 楽天銀行はネット銀行ならではのメリットがたくさん。WEBでかんたんに口座開設ができ、給与の受取・振込・口座振替でもポイントが貯まる!使える! 毎月会社やバイト先から振込まれる給与。みなさんは、どの銀行の講座で給与の受取りをしていますか?メガバンクはもちろん、意外と知られていないおすすめの銀行の優遇内容や特徴も紹介していますの … 大手メガバンクやネット銀行など、さまざまな銀行がありますが、一体どこに口座を開くのがいいのでしょうか?それぞれの銀行の特徴や使い分け方、タイプ別のおすすめ銀行をまとめてご紹介します。 1.1 メインの個人口座なら審査落ちを防げる; 2 融資を含め、柔軟な対応が可能なのは地方銀行・信用金庫. 西日本シティ銀行の公式ホームページです。口座開設、定期預金、投資信託、外貨預金、保険商品、住宅ローン、インターネットバンキングなどのご案内。ホームページから、口座開設、インターネットバンキングやローンのお申込もご利用いただけます。 新しく口座開設するならネット銀行がおすすめです! メガバンクと比較して、金利が約10倍も高く、使い勝手も良いからです。 しかし、そんなことを急に言われても、 という疑問が思い浮かぶのではないで … スルガ銀行が提供している商品・サービスをご案内します。宝くじ付き定期、キャッシュレス決済として使えるVisaデビットカード、カードローンなどさまざまな商品・サービスをご用意しております。 銀行口座を作りたいと思った時に,金利だけを比較していませんか?金利は大切ですが,それを補って余りあるサービスがある銀行もあります。メガバンクや地銀,ネット銀行の金利を比較。また金利以外の比較ポイントも解説します。 今回は、おすすめの銀行口座について解説してきました。 日常的に銀行を使う理由は、貯金・振込・各種公共料金の引き落としなどです。 大手のメガバンクでも、ネット銀行でも機能は基本的に一緒です。 貯まったポイントは、振込手数料、楽天銀行デビットカードの支払いにつかうこともできます。, 最初に、自分が今持っている銀行口座をすべて思い出してみてください。もし、ひとつしか口座を持っていなかったり、ほとんど使っていない口座と普段使っている口座のふたつしかなかったりする場合は、お金の管理方法を見直した方がいいかもしれません。, 銀行の口座は、最低でも「普段使いの口座」と「貯める口座」のふたつを用意しましょう。普段使いの口座は給与振込口座として、普段使ってもいいお金を貯めておきます。一方、貯める口座は目的以外の引き出しをしない口座です。「車を買う」「家を買う」「老後資金」など、まとまったお金が必要なときのために用意しておきます。, このふたつの口座をうまく管理できるようになったら、「引き落とし用の口座」や「投資用の口座」を作るのもおすすめです。, 普段使いの口座から光熱費やクレジットカードの引き落としをしていると、「思ったよりも引き落とし金額が大きくて、生活が苦しい」といった事態にもなりかねません。光熱費がわかったタイミングやクレジットカードで物を買ったとき、すかさず引き落とし用の口座に資金を移動しておけば、このような心配は無用です。, 投資用の口座では、外貨預金を利用したり、証券会社の引き落とし口座として設定したりして、資金を増やすことを目指します。ただし、投資にはリスクがつきものです。資産運用は、余裕資金を利用しましょう。, それぞれの口座を使い分けることで、細かく家計簿をつけなくても、お金の流れや現在の資産状況を把握できるようになります。, それでは次に、具体的にどこの銀行で口座を開けばいいのかを考えてみましょう。まずは、銀行によってどのような特徴があるのかをご説明します。, 都市銀行とも呼ばれる大規模な銀行で、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行が日本の三大メガバンクと言われています。メガバンクは全国至るところに支店やATMがあるため、場所を問わず利用しやすいメリットがあります。, それぞれの地域に根差した銀行です。本店がある地域を中心に支店やATMを展開しており、地方都市においてはメガバンクよりも強い勢力を持っていることも珍しくありません。, 店舗を持たない、あるいは実店舗数が少ない銀行で、主にオンライン上で取引を行います。手数料や利率といったサービス面がほかに比べて充実している場合が多いというメリットがあります。, 地域密着型という点で、さらに地域に根付いた信用金庫やJAバンク、ゆうちょ銀行などの金融機関があります。それぞれに異なる特徴があります。, 楽天銀行はネットで簡単に口座開設ができます。もちろんネット銀行ならではのお得なメリットがあり「節約したい」「ポイントを貯めたい」などマネ活世代に役立つあれこれも。メリットの詳細と口座開設方法の詳しい情報はこちら, いくつかのタイプ別に、おすすめの口座をご紹介します。自分に合った銀行口座を見つけてみましょう。, ご利用のお取引や残高に応じたステージが用意されており、ステージアップすると提携ATM手数料が何回でも0円、他行宛て振込手数料が最大10回0円と、大幅な手数料割引の優遇サービスが受けられます。手数料が無料になる条件も各種用意されていて、住宅ローンを借りると最高ランクの「プラチナ」、普通預金や定期預金の月平均残高200万円以上でふたつ目のランクの「ゴールド」となります。, 新生銀行では、ゴールドになるとATM利用手数料は何度でも0円、他行宛て振込手数料は月5回まで0円で利用できます。「ATM無料はあと何回だっけ…」と心配しながら利用する必要もなく安心です。, 楽天銀行では、楽天証券に口座を開いて紐づける「マネーブリッジ」という制度を利用することで、普通預金金利を0.1%に引き上げることができます(2019年6月現在の利率)。楽天証券と楽天銀行を紐づけることで得られる各種特典やキャンペーンが充実しており、取引額に応じて楽天ポイントを貯めることもできるため、特に投資用口座として利用するのにおすすめです。, さらに、給与受取口座に指定することで他行振込手数料が月最大3回無料になるなどのサービスもあり、普段使い用口座としてもおすすめの口座です。また、普段楽天カードをメインのクレジットカードとして使っている方は、楽天銀行を引き落とし口座に設定することで、楽天カードのご利用ポイントに加えて楽天市場の商品がさらにポイント+1倍になりポイントが貯まりやすくなる特典もあります。, ゆうちょ銀行は、郵便局が運営している金融機関で、各地に数多くのATMや支店がある便利な銀行です。ゆうちょダイレクトを利用すれば、郵便振替料金(郵便局宛ての振込)が月5回まで無料、ゆうちょATMを利用した場合はいつでもATM手数料無料と、利用料金の低さも魅力です。何かと便利な口座ですから、転勤や引っ越しが多い人はもちろん、それ以外の人も持っておくことをおすすめします。, 自分に合った口座を見つけて、コストや手間をかけずにお金の管理・運用をしていきましょう。, 人事労務関係の仕事からライターへ転身。 東京スター銀行は、無料で使えるatmネットワークが魅力のネット銀行です。 スターワン口座のキャッシュカードなら、 月8回まで実質手数料無料で出金可能 。 東京スター銀行atmはもちろん、メガバンクやゆうちょ銀行・コンビニatm等で利用できます。 経験を活かしてコラム執筆を行っています。 前者はメガバンク、後者はネットバンクでカバーすることができます。メガバンク1行とネットバンクなど2行を持つと良いですね。貯金をして基本的に触らない口座を作っておくのもおすすめです。では今日はここで終わります($・・)/~~~ あなたは新社会人におすすめな金融機関はどこだと思いますか? 私が社会人になったのが約20年前ですが、その頃と比べると個人の金融サービス/金融機関の選択肢は飛躍的に向上しました。 一方、金融機 … メガバンク利用者のなかには、勤務先の指示で給与振込口座として作ったなど、特にこだわりなく口座開設した人も多いと思います。 もくじ. 三井住友銀行のホームページです。口座開設、住宅ローン、外貨預金、投資信託等の各種商品・サービスについて掲載しています。インターネットバンキングでは、残高照会や振込、外貨預金や投資信託のお取り引きの他、便利なWeb通帳もご利用いただけます。 何か質問があれば、Twitter等で遠慮なく聞いておくれ。, 【7000/8000ポイントがもらえる】楽天カードの入会キャンペーン完全ガイド!最大10,000ポイントがもらえる時期も!, 絶対得する!dカード GOLDの入会キャンペーン情報!損しない為のキャッシュバック受け取り方, ライフカードの入会キャンペーンは超お得!最大10,000円相当のキャンペーンを徹底解説!, (C) 2015【2020年版】高還元率のおすすめクレジットカード|最強のクレジットカードはコレだ!-マネーストア, 【2020年版】高還元率のおすすめクレジットカード|最強のクレジットカードはコレだ!-マネーストア. 更新: 2020/08/13 日本三大メガバンクの三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行で、atm手数料と振込手数料がもっともお得な銀行を徹底調査しました。. 2017年、見識を深めるためにFPの資格を取得しました。 まとめ:結局新入社員はメガバンクとネット銀行どちらを使うべきか?おすすめは両方の口座を開設すること. メガバンクとは、 三井住友銀行 と 三菱 ufj 銀行 と みずほ銀行 の3行のことだよ。 おすすめ記事 はコチラ! 2019.10.15 ハイコスパPCはこれだ! 銀行口座を開設すると一口で言っても、世の中には数え切れないほどの銀行があるため、改めてじっくり選ぶとなると、どのように比較していいかわからないものです。, もちろん、メガバンクなら間違いない!と考えるのは自然な流れですが、メガバンクの中でもメリット・デメリットはあるため、あなたのライフスタイルや口座の活用の仕方に応じて、相性の良いメガバンクを選定する必要があります。, そこでここでは、「銀行口座を開設する上でオススメのメガバンク」というテーマでお話を展開していきたいと思います。, もしかしたらこの記事をきっかけに、よりたくさんのメリットを享受できるメガバンクの存在に気付くかもしれませんよ。, 初めてクレジットカードを持つなら、セキュリティが強固でステータスのある三井住友カード デビュープラスがおすすめ。, まだクレジットカードを持っていないなら、デビュープラスカードがあなたのライフスタイルの大きな助けになってくれますよ。, そもそもあなたは、メガバンクを選ぶ上で、どのような項目やメリットに目をつけるでしょうか?, まず、節約効果を上げるという観点から考えると、各種手数料の有無や金額に注目すべきなのは言うまでもありません。また、そもそもATMの数が少なければ不便を感じてしまいますよね。, クレジットカードやデビットカード、電子マネーが台頭してきている世の中ではありますが、現金というものは何かと急に必要になりますよね。, そうした時に、周囲を見渡せばすぐにATMを見つけられる銀行というのは非常にありがたいものです。, ※バンクタイム:サークルK・サンクス、ファミリーマート内にあるりそなグループのATM, ご覧の通り、ATM数だけでみればゆうちょが圧倒的です。ただ、三井住友銀行のATM数に関しては公式な情報がありません。, 銀行に問い合わせをし、ATM数を確認してみましたが、オペレーターも困った様子で「ATM数については把握いたしかねます」との回答でした。代わりに、店舗数が506店舗であることは教えていただきました。, その他の銀行については横並びといった印象。ATMの利用頻度が多い方に関しては、ゆうちょ銀行がオススメできると言えます。, ATMで硬貨の入金ができるかどうかを『ATMで硬貨の入金や引き出しはできる?各銀行の対応まとめ』の記事で詳しく紹介しています。, 普段振込をする機会がないという方であればスルーしてもいい項目ですが、振込が日常的に発生する方にとって、振込手数料というのはストレスの元ですよね。, 私も毎月、振込をする機会がありますが、どうしても手数料を避けられない場面では、思わず顔をしかめながら振込手続きをしています。, という方も中にはいるかもしれませんが、こうした手数料が積み重なり、やがて大きな出費となっていくのは間違いありません。, ぜひこの機会に、いかに振込手数料を軽減していくかについて、改めて考えていきましょう。, 他行宛の場合は、ゆうちょダイレクトを活用することで、最低額の216円に手数料を抑えることができます。, 三井住友銀行の振込手数料ですが、SMBCダイレクトを活用すれば、同一店なら完全に無料にすることができます。, また、手数料優待プログラムである『SMBCポイントパック』の諸条件を満たした上でSMBCダイレクトを掛け合わせれば、同銀行のどの支店宛でも手数料無料で振込が可能となります。, みずほ銀行の同一支店宛であれば、インターネットバンキングかATM(キャッシュカード)の利用で無料振込が可能です。, また、優待プログラムである『みずほマイレージクラブ』を活用することで、同銀行宛の振込手数料を完全無料にできる他、他行への振込手数料も最大月4回まで無料にすることができます。, 三菱UFJ銀行の同一支店宛であれば基本的に無料にできる他、三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)であれば同銀行の他店宛でも無料にできる点に注目です。, また、優待プログラムである『メインバンクプラス』を活用することで、他行宛の振込も最大月3回まで無料にすることが可能となります。, りそな銀行もやはり、インターネットバンキングを活用することで、無料にできるチャンスが広がる仕様となっています。ステータス優遇を受けることで、他行への振込でも最大月3回まで無料にすることが可能です。, 総評として、基本的にはどの銀行においてもインターネットバンキングを利用することで、手数料を軽減できることが言えます。, また、ゆうちょ銀行以外のメガバンクにおいては、優待プログラムを活用することで、振込手数料において優遇を受けることができます。節約効果を上げるために、インターネットバンキングや優待プログラムを上手に使っていきましょう。, 振込をした際に、振込先に反映される時間について『銀行振込が相手に反映される時間は?24時間反映される銀行と給与振込時間』の記事で詳しく紹介しています。, ここでいちいち大きな手数料を取られてしまっていては、口座を活用する上でのメリットがなくなるといっても過言ではありません。, ファミリーマート内のゆうちょATMに至っては、日をまたぐタイミングの10分間以外は常に無料で利用可能です。, 次いで優秀なのが三菱UFJ銀行で、8:45〜21:00までであれば、曜日や祝日を問わず常に無料で出し入れが可能です。相当忙殺されている方でない限り、この条件なら常に無料でやりとりができるかと思います。, どうしても時間外に引き出す必要がある場合は、優待プログラムを活用することで、手数料の負担を避けると良いでしょう。, コンビニATMでの振込時間を『コンビニATMの各主要銀行の振込時間まとめ』の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。, 最近はネットバンクとか、色々な銀行があるでしょ。メガバンクを選ぶメリットは何かあるのかニャ?, ネットバンクなどが台頭してきている背景からもわかるように、メガバンク以外にも著名な銀行を数え上げると枚挙にいとまがありません。, そこでここでは、メガバンクで口座開設をするメリットについて触れておきたいと思います。特に、まだメガバンクの口座を開設していない方は、ぜひこちらに目を通してみてください。, 『メガバンク』という名称がつくくらいですから、銀行やATMの総数が多いのは当然のことです。, 店舗数やATM数は使い勝手の良さに比例するため、特に都心などにおいては、メガバンクを開設しておけば不便を感じることはほぼないでしょう。, また、ネット上のやり取りが主流になってきている昨今でも、まだまだWEB上のやり取りに慣れていない方や、対面でのやり取りにこだわる方も多いのが事実です。, そうした方々にとって、実店舗が身近にあるというのは大きなメリットであるのは間違いありません。, せっかく銀行に大金を預けていても、引き出しができなければ意味がありませんよね。たとえばネット銀行などでは、地震や津波などの緊急事態の際に下ろせないことになる場合が考えられます。, 実際に、東北大震災の際には郵便局でしか自身の貯金を下ろせない人が多かったようです。トラブルに巻き込まれているにもかかわらず、お金が引き出せないなんて考えただけで恐ろしいですよね。, ネット銀行などをメインで使っている方でも、1つくらいはメガバンクを抑えておくと安心感があるのではないでしょうか。, 地方で生活している方にとっては不便を感じることもあるのがメガバンクのデメリットです。都心では一瞬で見つけられるような銀行でも、地方では一切お見かけしないという場合もままあります。, 地方在住の方は素直に、地方銀行にお世話になるか、ネット銀行を活用するのが賢いと言えそうです。, これはネットバンクと比較した際に顕著になるデメリット。ATM手数料や振込手数料を無料にするための条件は、概ねネット銀行の方がハードルが低いと言えます。, たとえば、私は新生銀行を普段使いしていますが、新生銀行のカードなら24時間365日どのコンビニにおいても入出金が無料です。さらには回数の制限はあるものの、どの時間帯・曜日にどの銀行宛へ振込をしても手数料はかかりません。, したがって、ATMの利用や振込が多い方であれば、メガバンクの他に、使い勝手の良いネットバンクをサブで持っておくと便利でしょう。, 地方在住の方や、ATM利用や振り込みが多い方は、ネットバンクと合せて口座を開設しておいた方が便利じゃな。, ここまで様々な視点からメガバンクの比較をしてきましたが、結論としてはゆうちょ銀行に一票を投じたいと思います。, みずほ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行がそれぞれ7,000〜8,000のATM数を誇る中、ゆうちょ銀行のATMはその3倍をゆうに超えています。, 誰がどこからどう見ても、最もATMを見つけやすいメガバンクはゆうちょ銀行であると即答できる結果と言えるでしょう。, 普段振込をすることはない。という方は散見されるかと思いますが、普段入出金をすることはない。という方はほぼ皆無でしょう。, そう考えると、ゆうちょ銀行のATM手数料には脱帽するばかり。一部利用できない時間帯はあるものの、入出金に際し一切出費が発生しないのは非常にありがたいことです。, こまめに出金をするタイプの方でも、ゆうちょ銀行なら一切のストレスなく、現金の引き出しが可能です。, 前述の通り、都心や関西圏に在住の方であれば、ファミリーマートのゆうちょ銀行ATMを活用すればもはや敵なしと言えましょう。, コンビニでほぼ24時間365日、無料で出金可能なメガバンクなど、他に存在するでしょうか。, 先ほどメガバンクのメリットの項で記載しましたが、東北大震災の際にも、郵便局でなら現金の引き出しが可能だったという事実は非常に大きなメリットではないでしょうか。, もちろん、こうした自然災害をダイレクトに受ける経験は、数年や数十年に一度といった稀な頻度かもしれませんが、備えあれば憂いなしです。, 万が一の時の為に、安心感を得ておくという意味でも、ゆうちょ銀行の口座開設をしておいて全く損はありません。, このデメリットは、ゆうちょ銀行でどうにかするのではなく、素直に他のネットバンクに頼ることにしましょう。, 振込の頻度が少ない方であれば、月に1回、どの銀行宛でも無料になる新生銀行で十分事足りますし、振込頻度の多い方でも、Sony Bank WALLETならデフォルトで月2回までが無料です。, それ以上の振込回数が予想される場合は、新生銀行の新生ステップアッププログラムを活用することで最大月10回まで無料にできますし、Sony Bank WALLETなら優待プログラム Club Sを活用することで、最大で月11回までが無料になります。, ゆうちょ銀行にこうしたネットバンクを合わせれば、手数料の負担がほぼ0になる上、緊急時の安心感もあっていいですね。, 結論として、ATM手数料や振込手数料の負担を0にすることができるのであれば、基本的にはどの銀行を選んでも問題はないでしょう。, たとえ数百円と言えど、手数料という無駄な出費を発生させてしまうのは節約上手とは言えません。ぜひ、年間を通じてありとあらゆる手数料を0にするという目標を達成してみてください。, マネーストアの管理人であるワシは、節約やポイント還元が大好きなんじゃよ。もちろん得することが大事じゃが、損をしないことが最も大事だと考えておる。ぜひ当サイトを参考に、少しでも豊かになることを祈っておるぞ。 銀行口座はメインバンクと2つ目以降のサブバンクを目的別に使い分けるのがポイントです。大切なことは、安全かつお得に銀行口座を利用できるかどうかです。 高金利定期を取り扱う銀行や、銀行口座はいくつ持つのがよいのかなどをご紹介します! 2020年冬のボーナスは、主婦771名を対象にしたアンケート調査では次のような結果が出ています。 2020年夏と比べて、「増えた(増えそう)」7.1%、「減った(減りそう)」34.1% 2019年冬と比べて、「増えた(増 …