税務で疑問がある際、税理士と税務署どちらに相談すべきか悩む方は多いのではないでしょうか。税理士と税務署は相談できる内容が異なるため、税理士と税務署の違いを理解することは重要です。ここでは、税理士と税務署の違いや相談内容、税務署上がりの税理士について解説します。 )を踏まえ、聴覚に障害のある方などからの国税に関する一般的なご相談に対応するために設置しているものです。 税務署では、無料で相談をすることができます。 また税務署が遠方にある場合は、税務署に行くよりも郵便局に持ち込んだりポストに投函する方が提出にかかる時間を抑えることが出来ます。 デメリット. 税務署「間違いを修正した納税額を出したので確認してください!」 簡略化するとこのようなイメージになりますね。更正処分とは税務署が申告書の不備に納得していない納税者に対して誤りの指摘を行う … 相続税の重い負担を免れるため、自宅の金庫等に現金を保持するいわゆる「タンス預金」が、相続税や税務調査対策としてあげられることがあります。しかしこの方法は実際には税務署にバレる可能性が高い危険な対策です。なぜ危険なのか、理由を解説します。 税務署の窓口に相談する場合には、予約してから訪問するというケースもありますが、電話なら基本いつでも聞くことができます。 (デメリット)杓子定規な回答に終始 確定申告書は提出を行うと同時に、受領印の押印された控えを税務署より入手する必要があります。 税務署は、一般的な税金の相談であれば全国のどこの税務署でも相談できます。 一般的な相談とは、税金の仕組みや控除額などの基礎知識です 。 例えば、相続税は相続人全員が対象ですが、9割以上の人は申告手続き不要なのは知りません。 自身で初めて確定申告を行う際に、相談する身近な窓口として税務署を挙げることができます。 税務署に相談をするメリット、デメリットをご紹介致します。 税務署に相談をするメリット 相談料が無料である. 税務署が開いているのは基本的には平日のみですが、一部の税務署では2月から3月にかけて日曜日にも確定申告の相談を受付けています。 デメリットとしては、税務署では節税対策になるようなアドバイスは受けられないということです。 員の相談はあくまでも無料でのサービスですので税理士へ有料で相談するような、親身なサービスを期待することはできません。 また節税に関するアドバイスを受けることは基本的にできません。 確定申告や相続など、税金について困りごとができたとき、どこに相談するのか。いざという時のために自分にピッタリの相談場所を探ってみよう。まず、税金といえば税務署を思いつくのではないかの。住んでいるところを管轄する所轄税務署に税金全般の相談ができるのじゃ。 税務署に相談するメリットといえば、無料で気軽に相談ができるという点です。電話の場合は、匿名での相談も可能です。 ・税務署に贈与税の相談をするデメリット. 税務署に相談するメリット・デメリット . 税務署に相談するメリットは、無料ということです。 税理士の事務所でも無料で話を聞いてくれるところもありますが、やはり気が引けてしまうこともあるで … 税の相談で税務署電話したら終始タメ口で上からだったから同じくタメ口で「そうなんだ!」「へぇー」「マジで?」って言ってたらあっち敬語になったん・・・ママの交流掲示板「ママスタコミュニティ」は、あなたの質問に全国のママが回答してくれる助け合い掲示板です。 税金のことを知りたいとき、無料で相談する方法はあるのでしょうか。無料で税金の知識を身につけられる方法について、また、税金のプロである税務署や税理士会の活用方法と、そのメリットやデメリットなどについて紹介します。 労働基準監督署は会社が労働基準法等を違反していないかチェックしている機関です。今回の記事では、労働基準監督署に相談できることやできないこと、活用するメリット・デメリットについて解説しま … この記事では、税務署に行かずに郵送で確定申告を済ませたことのある僕の経験談をご紹介します。 会社を経営している方なら慣れたものでしょうが、毎年確定申告をすることがほとんどないサラリーマンにとっては、勝手が分かりませんよね。 銀次郎 いつまでたっても慣れません。 体的な金額や何年前とか妻の収入状況などつぶさに言って … もしもあなたが税務署に相談に行くつもりならば、こうしたメリット・デメリットを承知の上、税務署で相談した場合の税負担額と、専門家に依頼した場合の手数料負担額とを比較衡量して、いずれか有利な方を選択すべきでしょう。 税務署ではどんな相続相談ができるか? 税務署では相続税に関して相談をすることが可能です。実際に相談する場合は、お住まいの地域を管轄する税務署に電話する方法と、相談窓口に訪問する方法があり … 士、司法書士、行政書士、税理士、不動産鑑定士、国税庁、税務署、銀行、市役所…相続相談すべき専門家は誰?無料で相談できる?費用相場は?相続税のプロがわかりやすく解説します。 員として働く場合、納税者からの苦情は避けて通ることができません。 公務員は国民全員が相手ですので、どんな人でも一旦対応する必要があります。 確定申告無料相談会で相談して損することは無いの?/確定申告無料相談会で相談できる内容は形式的なことです。「白か黒」、「〇か 」ではなく、「グレー」、「 」を相談したい方は利用しないほうがいいです。利用すると税金を多く納めることになることもあります。 時間待たされることがほとんど。 電話で事前予約すれば、 待ち時間なしで相談 することができます。 2 相談時間が限られていて、土日での開催はなし. 税務署の開庁時間は次の通り。 税務署ではどんな相続相談ができるか? 税務署では相続税に関して相談をすることが可能です。実際に相談する場合は、お住まいの地域を管轄する税務署に電話する方法と、相談窓口に訪問する方法があり … この記事では、相続税の申告について税務署に相談する場合と税理士に相談する場合のそれぞれのメリット、デメリットについて解説していきます。相続税の申告を行うためには非常に多くの事項を検討しなければならず、それぞれの検討内容も難解なものが多いです。 この記事では、税の専門家である税理士に家族信託の相談をする場合のメリット・デメリット、また、税理士に相談する際の費用や税理士の選び方についても解説していきます。家族信託を利用して、将来の遺産分割や相続に備えようとしている方は参考にしてみてください。 税務署の無料相談では、あくまで一般的な内容しか教えてもらえません。