文豪ストレイドッグス大博覧会の内容、会期、料金、休館日など、展覧会の詳細を紹介。チケットプレゼントや取材レポートも発信します。ミュージアム情報サイト、インターネットミュージアムによる情報ページです。 fa-angle-double-right 『文豪ストレイドッグス わん!』の動画配信情報一覧をもう一度確認する場合はこちら! fa-warning このページの情報は、2020å¹´12月24日現在のものです。配信状況などは変更になる可能性があるので、各公式サイトでご確認ください。 ・帽子等や大きな髪飾り等を着用のお客様は、上演中はお取り下さいます様、お願い致します。 new! 吉本興業退社へ オリラジの事情 今井ゆうぞうさん急死 43歳 Argonavis 1st LIVE』レポート, 根本宗子にインタビュー アイドルグループ「GANG PARADE」の楽曲・主演の新作ミュージカルに挑戦!, 『おそ松さん』がVRに! 6つ子に囲まれてトークを楽しめる360度VR動画の配信がスタート, SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。. 方正 蝶野ビンタは「マジで嫌」 完全新作公演決定! 舞台「文豪ストレイドッグス 序」探偵社設立秘話・太宰治の入社試験、公演は2020å¹´9月・東京にて。 ョンバトル漫画「「文豪ストレイドックス」の舞台化第3弾として、6月8日(土)に岩手・北上市文化交流センター さくらホール 大ホールで開幕した舞台「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」。 月亭方正、コロナ禍に届けたい『笑ってはいけない』 松本人志の企画力に感嘆「宇宙人です」. new! 取くださるようでしたらお値引きもいたします。交換も対応いたしますのでお気軽にお声掛けくだ … 【良席・最前列チケット多数】文豪ストレイドッグスのチケット一覧。 文豪ストレイドッグスの全国1都道府県、東京都などで行われる24公演の舞台・ミュージカルチケットを多数のチケットの中から探せます。 登録無料、安心取引のチケジャム。 new! ç ”]人気作品「文豪ストレイドッグスの舞台「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」の岩手公演が本日2019å¹´6月8日(土)に開幕となった。 ーズンも放送している大ヒットコンテンツ「文豪 … ャイン劇場、10月・森ノ宮ピロティホールにて。 Copyright eplus inc. All Rights Reserved. 文ステ第三弾、上演決定! 舞台「文豪ストレイドッグス 三社鼎立(さんしゃていりつ)」、公演は2019å¹´6月・岩手、福岡、愛知、大阪、7月・東京にて。 惑になる髪型はご遠慮頂きます様、お願い致します。 「文豪ストレイドッグス」において初の小説からの舞台化!原作「文豪ストレイドッグス 探偵社設立秘話」と「文豪ストレイドッグス 太宰治の入社試験」の二つの≪始まり≫の物語が紡がれる。 舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立』が、6月8日に宮沢賢治のゆかりの地である岩手県・北上市文化交流センターさくらホールで開幕した。 「文豪ストレイドッグス」は、文豪たちと同じ名のキャラクターが異能力で戦う人気異能力 … 上記のマナーをお守り頂けない場合、止む無く公演を中断・中止する場合やご退場して頂く場合がございます。 の「ヤングエース」で漫画連載が開始された『文豪ストレイドッグス』。 漫画からアニメ、舞台と広がった『文豪ストレイドッグス』の全てを網羅した 初の大規模展覧会が開催決定! ・過度な香水のご使用やコスプレでのご来場は、周囲のお客様の影響を鑑み、ご遠慮頂きます様、お願い致します。 new! 舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立』ゲネプロレポート 「文豪ストレイドッグス」とは原作・朝霧カフカ、作画・春河35による漫画作品を原作とし、文豪たちと同じ名を冠するキャラクターが異能力で戦う人気異能力バトル漫画。 報道も 香川照之が交際認めぬ訳 出演者が万全の状態で公演に臨む事ができ、全てのお客様が気持ち良くご鑑賞頂ける様、皆様のご理解・ご協力の程を、何卒宜しくお願い申し上げます。, Ⓒ舞台「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」製作委員会, ※飲食物/お花/ナマ物は、お預かり出来ません。お渡しするまでにお日にちを頂く場合がございますので、予めご了承下さい。. 舞台『文豪ストレイドッグス 三社鼎立』宮沢賢治のゆかりの地・岩手で開幕! 三位一体の演出で「異能力」バトルが展開, 2019年6月8日(土)、岩手・北上市文化交流センター さくらホール 大ホールにて、舞台『文豪ストレイドッグス 三社(さんしゃ)鼎立(ていりつ)』が開幕した。本公演の開幕にあたり、演出の中屋敷法仁、中島 敦役の鳥越裕貴からコメント、そして前日に行われたゲネプロの模様、舞台写真が届いたので紹介する。, 魅力あふれる刺激的な原作を俳優たちのナマの身体でどのように生み出すのか。出演者・スタッフ一同が、それぞれの「異能力」を最大限に発揮し、その最適解を求め、足掻きながら創作してきました。舞台芸術の最前線と呼べる、最高にエキサイティングな劇空間が誕生したと自負しています。劇場でお会い出来ることを楽しみにしております。, 稽古中は最初から最後までキャスト、スタッフの皆様、常に全力で文豪ストレイドッグスという作品を楽しみました。稽古初日から千秋楽までずっと挑戦し続ける、挑戦出来るカンパニーです。そして、笑顔の絶えない素敵な現場。奇才の中屋敷さんを筆頭に素晴らしいスタッフさん、キャストと共に五都市で芝居を出来る事を嬉しく思います。, みんなが文豪ストレイドッグスを愛し、演劇を愛しています。シリーズものですが舞台を観た事のない人にも観て頂きたいです。演劇の面白さが伝わると信じています。キャスト32名全身全霊で挑みます。文ステに関わるキャスト、スタッフの皆様の文スト愛、演劇愛を感じて頂ければと思います。予告します。演出家、中屋敷さんの異能力"演劇LOVE"、五都市で発動します。, 「文豪ストレイドッグス」とは原作・朝霧カフカ、作画・春河35による漫画作品を原作とし、文豪たちと同じ名を冠するキャラクターが異能力で戦う人気異能力バトル漫画。2017年12月には舞台第一作目が上演され、続く2018年9月の第二作目、舞台『文豪ストレイドッグス 黒の時代』では太宰治(多和田任益)の過去の物語が描かれた。満を持して、本日から始まる第三作は「三社鼎立(ていりつ)」という言葉の意味通り、中島敦(鳥越裕貴)、太宰らが所属する武装探偵社、芥川龍之介(橋本祥平)、中原中也(植田圭輔)らが所属するポートマフィア、そして海外からの新勢力、フランシス・F(君沢ユウキ)らの組合<ギルド>という3つの勢力が互いに拮抗し合い、ヨコハマという土地で異能力バトルが繰り広げられる。, はじめにゆらりと舞台上に出てきたのは「白鯨」のハーマン・F(砂塚健斗)と、祖国の妻と通話をするフランシス。続いてジョン・S(川隅美慎)、ラヴクラフト(村松洸希)、ナサニエル・H(香取直登)、ルーシー・M(エリザベス・マリー)、マーガレット・M(富樫世羅)、ルイ―ザ・A(永田紗茅)もそのあとに続き、機敏で不思議なダンスとともに日本への到着を告げた。中島と泉鏡花(桑江咲菜)は外出中にポートマフィアの幹部・尾崎紅葉(夢月せら)に襲われる。自分もかつて光に憧れたが……と悲しそうに鏡花に帰参を諭すが、これを拒否されてバトルへ。鏡花は、中島の発する光に自分が憧れてもいいものだろうかと悲しみ迷い、姿を消す。そして武装探偵社の本拠地に直接赴いたフランシスは、探偵社との交渉が難航すると、堂々と敵意を露にする。, 武装探偵社とポートマフィアの対立に、異国の地からやってきた組合<ギルド>。彼ら三社のトップが一斉に声高らかに宣言する。「異能力戦争だ!」と。物語は原作の流れに沿い、原作ファンは安心して観劇できる。, 「文豪ストレイドッグス」と言えば「異能力」が特徴的だ。本舞台では役者のアクションと映像とアンサンブルによる三位一体の演出で「異能力」が表現される。例えば芥川龍之介の「羅生門」は両手を組み捻って操り、舞台一面に禍々しい黒と赤の棘が出現し、ダンサーが手にした布で相手に噛み付いて拘束している。ジョン・Sの植物を操る能力も、うねうねとした植物を思わせるダンス、映像、木をまとったアンサンブルの動きによるもので「異能力」を観ることができる。能力ごとにその特性や表現の仕方は異なるため、ステージという広い空間に登場するキャラクターたちのバトルがどのようなものであるか、どう動きどう決着がつくのかということは舞台の見どころのひとつだ。, このように本舞台では、アンサンブルの動きも作品の雰囲気を伝えるのにとても重要だ。キャラクター以外に登場する名前のない人間を演じるのはもちろん、時にはモノやキャラクターの心の動きと同調し、場面や心情の変化を巧みに表している。演出・中屋敷法仁の独特な感性によるものが非常に大きく、場面変化の表現の仕方にも色濃い特徴を感じ取れるだろう。, 福沢諭吉(和泉宗兵)、森鴎外(窪寺昭)、フランシス・Fら、組織のトップらがまとうものは底知れぬ存在感、威圧感を伴い、舞台だからこそ味わえる空気そのもの。目線や身体の動かし方、声音一つで格の違いを思わせられる。太宰と中也の、過去に「双黒」と呼ばれたコンビは原作でも人気が高く、夢野久作(倉知あゆか)奪還のために手を組んで戦うシーンも見逃せない。ふざけた物言いで中也への「嫌がらせ」が多い太宰も、その態度にキレまくる中也も、戦いではお互いの異能力を信頼し強大な敵を撃破している。, そして対比されるように、何度も対峙している中島と芥川。中身は違えど暗く辛い過去を持ち、同じ人物に救われた経緯のある二人。彼らの憎悪や孤独に対する感情は誰よりも深く、生きることや戦うことへの原動力ともなっている。何度も感情を爆発させて、理解できない相手への反発心を積もらせる。その対峙は運命か、果たして何者かの意図か。今後の展開にも注目だ。, 宮沢賢治のゆかりの地・岩手を皮切りに、森鴎外が暮らした福岡(福岡県小倉市「森鴎外旧邸」)、愛知、大阪、東京の5都市で約一ヶ月間公演する。舞台上で彼らが「生きて」いる様をぜひ体感して欲しい。, 文:松本裕美 写真:宮川舞子 (C)舞台「文豪ストレイドッグス 三社鼎立」製作委員会, チケットソールドアウト! ファンが待ちに待った5人でのフルライブ『BanG Dream! 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 『文豪ストレイドッグス大博覧会』鑑賞レポート 武装探偵社の再現空間や朝霧カフカ厳選の原作複製原稿も!, KAATと東京デスロックが共同製作した『外地の三人姉妹』が開幕 演出家・多田淳之介のコメントと舞台写真が到着, 加藤健一事務所の傑作『ドレッサー』再び! 3日間限定で東京芸術劇場プレイハウスに初登場, トランスジェンダー女性を演じる当事者を公募で決定 詩人・文月悠光原案の映画『片袖の魚(仮)』にイシヅカユウ・広畑りからが出演へ, ノゾエ征爾、入野自由のコメント&舞台写真が到着 演劇『ピーター&ザ・スターキャッチャー』が開幕, 松雪泰子、ソニン、瀧内公美、片桐はいりが二人の女による愛憎劇を演じる『そして春になった』が開幕 コメント&舞台写真が到着, 今だからこそ生み出された“楽しい演劇の匂い”が満載! 「舞台『幽☆遊☆白書』其の弐」ゲネプロレポート, 丘山晴己と鳥越裕貴によるWINWIN、初ワンマンライブでポチャッコ&ポムポムプリンとダンス, 尾上松也が4役早替りで『弥生の花浅草祭』を踊る 『十二月大歌舞伎』取材会にて、見どころを語る, 瀬奈じゅん、相葉裕樹ら出演の現代能楽集Ⅹ『幸福論』が開幕 初日コメント&舞台写真が到着.