2019.04.02 / 最終更新日:2019.04.13. 途中で機体を乗り換えると言うシチュエーションは「エルガイム」最終回みたい。 ・ヴァシュラのクイーンとリンクしたグレイスは 自分が作ろうとしてる世界を作ろうとするため地球や他の人類生存惑星にヴァシュラを送り込んできた。これって恫喝って奴? グレイスの中には他の人間の意識 昨年発売されたtv「マクロスF」のバンドスコアに引き続き、 「劇場版マクロスf ~イツワリノウタヒメ~」の主題歌と劇中歌を中心に 8曲を収録したバンドスコアが登場! 劇場版を盛り上げた数々の名曲たちを、みんなで演奏してみよう! 今日は、マクロスの人気曲をランキング&コメントで紹介していきます! マクロスFのディスコグラフィ(マクロスフロンティアのディスコグラフィ)では、2008年に放送されたテレビアニメ『マクロスF』および、2009年・2011年に公開されたアニメ映画『劇場版 マクロスF』二部作に関連して発売されたコンパクトディスク (CD) 、ライブ・ビデオなどについて述べる。, 2008年4月23日に発売された坂本真綾のシングル。表題曲は『マクロスF』の前期オープニングテーマ。カップリング曲は「ことみち」。, 「ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時 Don't be late」(ダイアモンド クレバス/いてざ ごごくじ ドント ビー レイト)は、May'n がシェリル・ノーム starring May'n名義でリリースした改名後初、通算4作目の両A面シングル。2008年5月8日にJVCエンタテインメントから発売された。, 「ダイアモンド クレバス」はテレビアニメ『マクロスF』のエンディングテーマとして菅野よう子が作曲した楽曲である。一方、挿入歌の「射手座☆午後九時Don't be late」は「もってけ〜」のフレーズが発売前から話題を呼んだ[4]。, May'nはシェリルの歌唱を担当するにあたり銀河の歌姫という肩書きに嬉しくもあり難しくもあったという。また「ダイアモンド クレバス」は大切な人との別れを歌う曲なので、ひとつひとつの言葉を感じながら「射手座☆午後九時Don't be late」はライブを想定したときの楽しい気持ちで歌ったと語っている[5]。, オリコン週間シングルチャートでは3位[1]、デイリーチャートは2位を記録。発売週に同作のオープニングテーマ坂本真綾の「トライアングラー」が発売3週目で6位にランクインしており、オープニングテーマとエンディングテーマの同時トップ10入りを記録した。2週目は7位、3週目は10位を記録し、3週連続トップ10にランクインした。, 日本レコード協会の2011年4月度有料音楽配信認定で「ダイアモンド クレバス」、「射手座☆午後九時 Don't be late」の着うたフルがゴールド認定された。, 2008年6月25日に発売された、ランカ・リー=中島愛のデビューシングル。カップリング曲は「ねこ日記」「愛・おぼえていますか -デカルチャーエディションsize-」「私の彼はパイロット -MISS MACROSS 2059-」。, 2008年8月20日に発売された、May'nと中島愛のデュエットシングル。表題曲は『マクロスF』の後期オープニングテーマ。カップリング曲は同作品の後期エンディングテーマである、シェリル・ノーム starring May'nの「ノーザンクロス」。, 「ランカとボビーのSMS小隊の歌 など。」(ランカとボビーのエスエムエスしょうたいのうた など)は、ランカ・リー&ボビー・マルゴのシングル。2008年12月24日、「シェリルの宇宙兄弟船 など。」と同時に、JVCエンタテインメントから発売された。, ランカ・リー(中島愛)と、マクロス・クォーターの操舵士、ボビー・マルゴ(三宅健太)が『マクロスF』の挿入歌「SMS小隊の歌〜あの娘はエイリアン」をカヴァーした「ランカとボビーのSMS小隊の歌」と、ボビーが『超時空要塞マクロス』に登場するリン・ミンメイの持ち歌「私の彼はパイロット」をカヴァーした「ボビーの私の彼はパイロット〜妄想の彼もパイロット」を収録。ジャケットは紙仕様で、ステッカーが封入されている。, 「シェリルの宇宙兄弟船 など。」(シェリルのうちゅうきょうだいぶね など)は、シェリル・ノーム&ボビー・マルゴのシングル。2008年12月24日にJVCエンタテインメントから「ランカとボビーのSMS小隊の歌 など。」と同時に発売された。, シェリル・ノーム(May'n)がゼントラーディの演歌歌手、徳川喜一郎の持ち歌「宇宙兄弟船」をカヴァーした「シェリルの宇宙兄弟船」と、ボビー・マルゴ(三宅健太)が歌う、ランカ・リーの「ニンジーン Loves you year!」と「「超時空飯店 娘々」CMソング」をリミックスした楽曲「ボビーのニンジン等。」を収録している。「ランカとボビーの - 」と同じく、紙仕様のジャケットにステッカーを封入している。, 「pink monsoon」(ピンク・モンスーン)は、May'n がシェリル・ノーム starring May'n名義でリリースした3作目(通算6作目)のシングル。2009年10月21日にFlyingDogから発売された。, 全4曲収録。表題曲「pink monsoon」は、『マクロスF』でMay'nが歌唱パートを担当している「銀河のトップアーティスト、シェリル・ノームのデビュー曲」というコンセプトのもとで制作された[9]。, 発売日である10月21日はMay'nの誕生日であり、これが初のバースデーリリースとなる。, 『劇場版 マクロスF』の公式サイト内で、デビュー当時のシェリルが出演していたラジオ番組の音源が公開されており、テレビアニメ版とリンクする設定のトークとともに、「pink monsoon」の一部を聴くことができる。, ジャケットには、キャラクターデザイナーの江端里沙によるシェリルのイラストが描かれている。, 「CMランカ」(シーエムランカ)は、ランカ・リー=中島愛のシングル。2009年12月16日にFlyingDogから発売された。, ランカ・リー=中島愛名義での3枚目のシングル。劇場版アニメ『劇場版 マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜』のエンディングテーマや劇中使用楽曲が収録されている。曲の解説は『マクロスF』の作品世界内におけるものとして書かれている。, (全作曲・編曲 - 菅野よう子) Tweet; Share +1; Hatena; Pocket; RSS; feedly; Pin it #25「アナタノオト」 フロンティアとバジュラの戦いは、アルト機が撃墜され、シェリルの歌がきかなくなったことで、新統合軍の劣勢が鮮明となってきた。 そ … movie. マクロスf(フロンティア)【無料動画】をアニメ1話から最終回まで全話フル視聴する方法 11月 13, 2020 ©2007 BIGWEST/MACROSS F PROJECT・MBS マクロスf(フロンティア)|最新作から名作までアニメをたっぷり楽しめる動画配信サービス!月額1,000円(税抜)で対象の作品が見放題!初回は無料でおためし頂けます。スマートフォン、パソコン、タブレット、テレビで大好きなアニメを楽しもう! ツイート 2; LINEで送る “マクロスFで1番いい曲ってノーザンクロスだよな”のまとめ. ?”, https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1532080923, “東京スカイツリーで開幕したマクロスシリーズ35周年記念イベントをレポート。「歌マクロス」のARコンテンツや“シェリル×ランカ”の新曲も”, https://www.4gamer.net/games/369/G036931/20180110008/, “『マクロスF』10周年記念企画シングル「Good job!」のジャケ写解禁! 東京・大阪の街頭ビジョンで公開された、シェリルとランカの最新映像も大紹介”, https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1535520030, https://animeanime.jp/article/2017/03/12/32916.html, “シェリル&ランカの未発表デュエットソングMV公開、May'nと中島愛が歌で応援”, “「マクロスF」新曲「Good job!」MV解禁、アプリ「歌マクロス」で先行プレイも”, MBS・TBS系テレビ・アニメーション マクロスF(フロンティア)O.S.T.I 娘フロ。, プリキュア〜永遠のともだち〜(2014Version)/プリキュア・メモリ(NewStage3 Version), THE BEST OF DETECTIVE CONAN 〜名探偵コナン テーマ曲集〜, THE BEST OF DETECTIVE CONAN 2 〜名探偵コナン テーマ曲集2〜, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マクロスFのディスコグラフィ&oldid=73939382, Get it on-flying rock (w/o sheryl nome & ranka lee), (設定)シェリルのコンサートの定番オープニング曲。2058年、シェリルの出身地である大型宇宙移民船マクロス・ギャラクシーでのライブ音源。, (解説)第15話の挿入歌。本作収録はライブバージョン (Sheryl On Stage) として観客の声援がミックスされている。, (解説)第1話、第5話、第15話の挿入歌。第15話はシェリルとランカのデュエットバージョン。本作収録はライブバージョン。, (設定)2058年11月発売のシェリルの5thシングル。ユニバーサルボード17週連続1位を記録した大ヒット曲。, (解説)第1話、第7話、第24話の挿入歌。戦闘シーンのテンションを盛り上げるナンバー。「ダイアモンド クレバス」をカップリングとしてシングル発売された。本作収録はライブバージョン。, (設定)ランカ・リーがマクロスフロンティアのショッピングモール「Formo」で行ったゲリラライブの音源。アルバムへの収録を許諾したシェリルがアレンジしたため、後半シェリルのパートが加わる。, (解説)第5話、第19話の挿入歌。ランカの歌手デビューのきっかけとなる曲で、原曲とは異なるアイドルポップ風のアレンジ。, (解説)第3話、第8話、第12話、第14話、第21話、第23話、第24話の挿入歌。第14話はランシェ(坂本真綾)とのデュエット。第1話、第7話のエンディングテーマ。『マクロスF』のストーリーの鍵となる歌で、最終第25話でその由来が明らかになる。, (解説)作詞の「黒河影次」は河森正治総監督のペンネーム。『マクロスF』のライブでは客出しの曲に使われ、観客が合唱することもある。, (設定)巨大野菜「七色ニンジン」の販促キャンペーンソング。ランカがショッピングモール「フォルモ」での営業で、全身タイツにニンジンの被り物という姿で歌う。, (設定)ランカのアルバイト先、中華料理店「娘々」のチェーン店CMソング。もとはお笑い芸人「リン・ミンメエ」が歌うバージョンだったが、歌手デビューしたランカのものに差し替えられた。, (解説)第1話アイキャッチがミンメエ版。第11話、第15話がランカ版。「娘々」のCMは『, (設定)ランカがマオ・ノーム役で出演した映画「BIRD HUMAN -鳥の人-」のエンディングテーマ。, (設定)2057年発売のシェリルの3rdシングル。ユニバーサルボードで8週連続1位を記録。, (解説)第7話、第15話の挿入歌。第7話はシェリルとランカのデュエットバージョン。, (解説)前期エンディングテーマ。「射手座☆午後九時 Don't be late」とのカップリングでシングル発売された。強さと弱さを滲ませるラブバラード。, (解説)第25話エンディングテーマ。前期オープニングテーマのカヴァー曲で、歌詞が一部異なる。, (設定)惑星ガリア4で披露され、ランカにとって最大のヒット曲となる。決め台詞とポーズはフロンティア船団で大流行する。, (解説)第12話、第15話、第17話 - 第19話挿入歌。第17話オープニングテーマ。, (設定)シェリルが歌手として復帰した直後に発表した、復活ソング第2弾。以前とは異なり、秘めた弱さを吐露する内容となっている。, (設定)「ダイアモンド クレバス」のセルフカヴァー。「アイモ記念日」に起こったバジュラの大量発生時、シェルターに避難した人々のために歌う。, 作詞 - 坂本真綾、Gabriela Robin / 作曲 - 菅野よう子 / 編曲 -, (設定)グレイス・オコナーがプロデュースした「アイモ」のアレンジ曲。対バジュラ作戦「ランカ・アタック」で使用される。, 歌 - シェリル・ノーム starring May'n、ランカ・リー=中島愛、坂本真綾(, (設定)バジュラ戦役の最終戦、バジュラ本星へのアイランド1降下作戦でシェリルとランカが歌うメドレーの録音。, (解説)第25話挿入歌。「ライオン」(作詞 - Gabriela Robin / 作曲 - 菅野よう子)→「インフィニティ」(作詞 - 岩里祐穂 / 作曲 - 菅野よう子)→「私の彼はパイロット」(作詞 -, 「ライオン」→「インフィニティ」→「私の彼はパイロット - MISS MACROSS 2059」→「ダイアモンド クレバス」→「星間飛行」→「What 'bout my star?」→「射手座☆午後九時 Don't be late」→「トライアングラー」→「アナタノオト」→「アイモ」→「What 'bout my star?」→「ライオン」→「愛・おぼえていますか」→「ライオン」(コーラスに「愛・おぼえていますか」), 歌 - シェリル・ノーム starring May'n、ランカ・リー=中島愛、frontier stars (アルト(, 作詞 - Gabriela Robin、Tim Jensen / 作曲・編曲 - 菅野よう子, 作詞 - Gabriela Robin / 作曲・編曲 - 菅野よう子(「ノーザンクロス」「虹色・クマクマ」「ライオン」「オベリスク」), 作詞 - Gabriela Robin / 作曲・編曲 - 菅野よう子(「アイモ」「放課後オーバフロウ」), 射手座☆午後九時Don't be late / シェリル・ノーム starring May'n, サイレントでなんかいられない / シェリル・ノーム starring May'n、ランカ・リー=中島愛, タブレット / シェリル・ノーム starring May'n、ランカ・リー=中島愛, ライオン / シェリル・ノーム starring May'n、ランカ・リー=中島愛, Merry Christmas without You / frontier stars, 4月 イナズマイレブン キャラクターソングオリジナルアルバム(Various Artists), 12月 化物語音楽全集 Songs&Soundtrack(Various Artists), 8月 THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL(Various Artists), 1月 ONE PIECE 15th Anniversary BEST ALBUM(Various Artists), 5月 THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 02(天海春香〈, 10月 GRE@TEST BEST! !本編の後期オープニン… マクロスF人気曲ランキング | Dreams come true. 劇場版マクロスF〜イツワリノウタヒメ〜 Hybrid Pack 2010年10月7日発売。映画本編と映像特典、およびPS3用3Dシューティングゲーム『マクロストライアルフロンティア』を収録。 劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜 Hybrid Pack 2011年10月20日発売。 マクロスf(フロンティア)最終回・第25話「アナタノオト」感想。絶望的な戦いに勝ちを収め、早乙女アルトたちは新たな平和の星に降り立った。さしずめcm明けの後半(bパート)はミュージカルのよう。歌と戦闘がシンクロするマクロスの真骨頂。いい最終回でした。 マクロスFで1番いい曲ってノーザンクロスだよな . マクロスfのラジオ番組(マクロスフロンティアのラジオばんぐみ)は、テレビアニメ『マクロスf』の関連ラジオ番組として、文化放送を中心に放送された情報バラエティ番組(アニラジ)についてまとめたものである。. - 3.シンジテミル - 4.Scarlet Ballet - 5.Brain Diver - 6.Chase the world - 7.Run Real Run - 8.ViViD - 9.今日に恋色 - 10.Re:REMEMBER - 11.ヤマイダレdarlin' - 12.夜明けのロゴス - 13.Belief - 14.光ある場所へ - 15.You - 16.天使よ故郷を聞け - 17.牙と翼 - 18.graphite/diamond, 1.Styles - 2.If you… - 3.HEAT - 4.NEW WORLD - 5.PEACE of SMILE, Yells 〜It's a beautiful life〜 | RE:BRIDGE〜Return to oneself〜 | evolution 〜for beloved one〜 | rainbow | INFINITY 〜1000年の夢〜 | ONENESS, May'nのらじ☆たま | とりあえず生中シリーズ | 電波研究社 | 電波諜報局 | STUDIO MUSIX, ホリプロ | ホリプロインターナショナル | フライングドッグ | シェリル・ノーム, 1.天使になりたい - 2.ノスタルジア - 3.ジェリーフィッシュの告白 - 4.メロディ - 5.神様のいたずら - 6.TRY UNITE!/Hello! 『マクロスF』(マクロスフロンティア、MACROSS Frontier、マクロスFRONTIER、マクロスFrontierとも表記)は、日本のテレビアニメ作品。およびそれを原作としたメディアミックス作品。2008年4月から2008年9月までMBS・TBS系列で放送された。, 『超時空要塞マクロス』をはじめとする「マクロスシリーズ」生誕25周年記念作品であり、テレビアニメでは『マクロス7』以来13年ぶりの3作目となる。製作には「マクロスシリーズ」を伝統的に担当するビックウエストおよび毎日放送(MBS)が関わっており、劇場版も公開された(詳細は「劇場版 マクロスF」を参照)。, 総監督の河森正治はこれまで同シリーズの映画、OVAには、バルキリー(可変戦闘機)のデザインのみならず監督としても名を連ねてきたが、テレビアニメにおいては本作が初となる。菊地康仁が「監督」として河森を補佐し、『舞-HiME』の経験を買われて[1]参加した吉野弘幸が全話の脚本を担当する。『マクロスプラス』をはじめとして、『天空のエスカフローネ』や『創聖のアクエリオン』など、河森作品に縁の深い菅野よう子が本作でも音楽を担当するほか、河森に馴染み深いスタッフが多数参加している[2]。, シリーズ25周年記念作品という位置づけで、当初は「マクロス25」という仮タイトルで発表されていた。作中でも25、クォーター(4分の1)という数字が多用されている。, 物語の舞台は、宇宙を旅する超長距離移民船団「マクロス・フロンティア」である(『マクロスF』の「F」は「FRONTIER」の略)。 物語の年代は『超時空要塞マクロス』から50年後、『マクロス7』から14年後の西暦2059年。シリーズの伝統である主要男女キャラクターの三角関係は本作でも健在で、さらに軍人・歌手としての生活を送る一方で、日常では普通の学生として日々を過ごしている。平和な学園生活・華やかな芸能活動・異星生物との交戦というドラマの中で、誤解がひとつのテーマとなっている[3]。, 河森は過去と同じことの繰り返しをせずオリジナリティを追求することをモットーとしているが(「河森正治#人物」を参照)、今回はマクロスシリーズが四半世紀を迎えたこともあり、「全てのマクロスシリーズの集大成+α[注 1][4]」「時代感を取り込んだ新しい形の原点回帰[5]」に挑戦している。各種設定やエピソードには『マクロス』ファン世代のスタッフの意向で、過去のシリーズへのセルフオマージュが多数見られる。吉野は「新しいお客さんが楽しめなくては意味がない。その一方、僕らが見てきた『マクロス』っぽさも見させてあげたい」と述べている[6]。, 同じくシリーズの伝統である歌姫については、制作当時における洋楽ディーヴァ風のシェリル・ノームと、1980年代の清純派アイドル風のランカ・リーがダブルヒロインとして登場する。シェリル・ノーム役は、声優とシンガーがそれぞれのパートを担当する『マクロス7』と同様の手法が採られており、「歌シェリル」を歌手のMay'nが担当している。ランカ・リー役は、約5,000通の応募からオーディションで選ばれた新人の中島愛が演じており[7]、歌唱シーンも中島本人が担当している。放送中には物語とリンクするかたちでヒロインふたりのオフィシャルブログも掲載された(「外部リンク」参照)。, 楽曲の多彩さに加え、作中の随所で歌唱シーンを演じている影響から、主題歌・挿入歌のシングルやサウンドトラックがオリコンチャート5位以内に飛び込むセールスを記録[8][9]、武道館ライブの先行予約には23万件の応募が寄せられ、当選倍率は20倍を上回った[10]。, 河森は久々のテレビ版マクロスについて「劇場作品やOVAよりも制作状況が厳しいといえども、あまり映像のグレードを落としたくなかった[11]」という。メカ作画へのデジタル導入について「『マクロス ゼロ』の技術をテレビシリーズの枠の中で生かす方法は、『創聖のアクエリオン』でかなり方向性が見えました[4]」といい、バルキリーと敵生物バジュラの高速戦闘シーン、巨大宇宙船を回り込むカメラワークなどを3DCGで滑らかに表現している。, 映像ソフトがDVDとBlu-ray Disc(BD)で同時発売されるテレビアニメ作品は本作が史上初となるが、高画質再生のメリットからDVDより普及率の低いBDのセールスが上回る傾向を示し[12]、BD第1巻は2008年のBD年間売上げランキング1位を記録している[13]。, 西暦2009年2月、地球人類と異星巨人種族「ゼントラーディ」とのファースト・コンタクトを機に第一次星間大戦が勃発した。1年あまりにわたる戦いは、地球を死の星へと変貌させ、そこに住まう生命の大半を死滅に追いやった。アイドル歌手リン・ミンメイの貢献により決戦に勝利した人類は、文化に共鳴する一部のゼントラーディ人とともに新統合政府を樹立し、荒廃した地球環境の再生を目指した。また、星間戦争の再発に備え、全宇宙への種の保存・拡散を目的とした「銀河播種計画」を立案。巨大な居住艦を中心に大規模移民船団が次々と結成され、人の住める惑星を探して銀河の方々へと旅立っていった。, 西暦2059年。旗艦アイランド1を中心に大小数千隻もの宇宙船で構成された第25次新マクロス級移民船団「マクロス・フロンティア」は、1,000万人規模の居住民を乗せて銀河の中心を目指す航海のなかにあった。ある日、近隣宙域を航行中の第21次新マクロス級移民船団「マクロス・ギャラクシー」より、トップシンガー「シェリル・ノーム」がコンサートツアーのためフロンティアに来訪する。美星学園航宙科の高校生「早乙女アルト」はステージ演出のエア・アクロバットに参加し、観客の少女「ランカ・リー」と出会う。, シェリルのコンサートに人々が熱狂しているころ、謎の地球外生命体「バジュラ」がフロンティアへと迫っていた。新統合軍の迎撃が奏効せぬ事態を受けて、フロンティア行政府は民間軍事プロバイダー「S.M.S」に出動を要請。最新鋭可変戦闘機「VF-25」を擁するスカル小隊が迎撃に向かうが、バジュラはついにアイランド1居住区にまで侵入し破壊の限りを尽くす。混乱のなか、アルトは目の前でバジュラに殺されたパイロットに代わりVF-25に搭乗。逃げ遅れたランカを救ったのち、S.M.Sに入り、スカル小隊に配属される。ランカはシェリルと出会い、アルトの後押しを受けて歌手への道を歩みだし、コンサートでのアクシデントをきっかけにアルトと知り合ったシェリルは、自分を特別扱いしないアルトに興味を抱く。, バジュラと人類の戦いは熾烈を極め、平穏なフロンティア社会は戦時下の不安に覆われていく。その裏ではバジュラの持つ力や資源を利用して銀河の覇権を握ろうとする者たちによるさまざまな思惑が絡みあっていた。戦いのなか、ランカの歌がバジュラの行動に影響を与えることが判明し、彼女は希望の歌姫として祭り上げられる。ランカは母親の胎内でバジュラ由来のV型感染症に感染しており、病原菌と共生関係にあることでバジュラと断片的なコミュニケーションが行えたのだった。一方で、シェリルはランカの力を利用しようとするギャラクシー船団上層部に見捨てられ、幼少期にバジュラとの接触をもくろむギャラクシー側に人為的に感染させられたV型感染症の病状が悪化し、死の淵に瀕する。, ランカの歌の力を借りてバジュラの勢力圏から脱したフロンティア船団だったが、艦内に入り込んでいたバジュラの幼生が大量発生し、船団は航行の継続が困難になるほどの大打撃を受け、数多くの人命が失われる。記憶を取り戻しはじめ、自身がバジュラと重大な関わりがあることに気づいたランカは、正体を知らずに飼っていたバジュラの幼生を群れに返し、人類との争いを止めるため、友の命を奪ったバジュラを人類の敵と憎むアルトに別れを告げて、バジュラの本星を目指して旅立つ。残されたアルトはシェリルの病状を知り、最期の瞬間までともに生きることを誓う。混乱に乗じて権力を掌握したフロンティア新政権に疑念を抱くS.M.Sは、アルトら一部の隊員を残して船団を離脱し、独自に戦役の真相を探り始める。, バジュラ本星の位置を突き止めたフロンティア船団は、本星に侵攻し、そこを新たな居住地とすることを決定する。病状が進行しランカに近い力を得たシェリルの歌を味方につけ、新兵器でバジュラの群れを蹂躙していくが、突如戦場にランカの歌声が響き、態勢を立て直したバジュラの猛攻によりフロンティア船団は絶体絶命の危機に陥る。そこへS.M.Sが帰還し、ギャラクシー船団上層部とフロンティア新政権の陰謀を白日の下に晒す。シェリルの歌とアルトの呼びかけでギャラクシー船団に囚われ操られていたランカは自我を取り戻し、3人はこれまでの絆を確かめあう。シェリルの病状は脳を侵していた細菌がみずからランカと同じく腸に定着したことにより回復し、2人の歌によってバジュラは人類という存在を理解する。S.M.Sを中心として結束した人類と、人類への誤解を解いたバジュラは協力しあい、ギャラクシー船団上層部の野望を打ち砕く。すべてが終わったあと、バジュラたちは別の銀河へと去り、フロンティア船団はバジュラが残していった本星に降下する。, アバンタイトル部分のナレーションは大川透、次回予告のナレーションは小林沙苗が担当。, 2048年にバジュラの襲撃を受けて壊滅した調査船団。政府による公式発表では「フォールド断層に巻き込まれた遭難事故」と説明されている。ランカは本船団の数少ない生き残りのひとりであり、新統合軍時代のオズマも護衛部隊として所属していた。なお、襲撃を受けたのはガリア4宙域であったが、アルトたちが遭遇するまで調査船団の残滓は発見されていなかった。, 第1話はバージョンごとに使用曲が異なるため、「第1話 TV」(テレビ放送版)、「第1話 DE」(デカルチャーエディション)、「第1話 YD」(ヤック・デカルチャー・エディション)に分けて表記する。, 基本的なエンディングテーマは「ダイアモンド クレバス」と「ノーザンクロス」の2曲。オープニングテーマ3曲に対してエンディングテーマが11曲と多くなった理由として、監督の菊地康仁らによれば、総監督の河森正治が絵コンテを切っている際、その曲のままエンディングに雪崩れ込むことが判明するたびに発注したためだという[26]。表中では歌唱シーンから直接エンディングテーマにつながる場合、挿入歌に (ED) と付記する。, 本放送局は前々番組『DARKER THAN BLACK -黒の契約者-』のTBS系列10局と同一だが、過去に放映された「マクロスシリーズ」作品(いずれも全日枠全国ネット)と比べるとローカルセールス枠のために激減している。, 2009年10月より、毎日放送を除く[注 7]本放送局以外のTBS系列局でも放送。南日本放送(MBC)および琉球放送(RBC)は未放送で、合計26局ネットとなった[注 8]。, 2013年10月より、同年12月25日発売のBlu-ray Boxの販売促進を兼ねた(実質的な)再放送をTOKYO MX・テレビ北海道・テレビ愛知・サンテレビ・TVQ九州放送およびBS11にて実施。これを控えて特別番組『マクロスF 再放送直前特番「グレイス・リポート」』が放送開始前週に放送された。ナビゲーターは井上喜久子。ほか主要スタッフや声優陣のインタビューを交えての構成(Blu-ray Boxには未放送パートも収録)[32]。, 『マックロッスfufonfia(フフォンフィア)』は、2008年5月27日よりマクロスF公式サイトで配信されたFlashアニメ。制作は映像会社アイウォズ・ア・バレリーナ[36]。登場人物は3頭身キャラクターにデフォルメされ、字幕で台詞を表現。役柄はすべて変更され、「ゲームソフト制作会社S.M.S」での日常をコミカルに描写する。全20話配信後は、プロモーションムービーと最終話のみ無料視聴可能[37]。本作のデフォルメキャラクターはNEXCO東日本のETC安全走行タイアップキャンペーンでも使用された[38]。2012年放送の『マクロス 超時空ゼミナール!