この作品の終楽章はベートーヴェンの交響曲第9番のそれと比較されることが多いようですが、僕はふたつの大きな違いは曲の終わり方にあるように思います。ベートーヴェンの巨大な作品は最後に駆け抜けるように終わります。ブラームスはこの作品の最後にクライマックスを置きました。この違いをどう感じるかは人それぞれだと思うけれど。, 第1楽章は苦悩を思わせる重苦しい雰囲気に包まれます。序奏はティンパニの規則正しいリズムのもと悲壮な響きで始まり、瞑想的な旋律がこれに続きます。再び冒頭の響きが戻ったあと、今度はオーボエが孤独感漂う旋律を奏でます。主部も雰囲気は変わらず第1主題は悲壮な面持ちです。第2主題は穏やかに解き放たれますが明るいものではなく、切迫した動機に導かれるコデッタを迎えます。展開部ではこの動機が中心的役割を果たすとともに、果敢さを感じさせる新たな旋律が効果的に登場します。再現部は提示部に忠実で、コーダはゆったりと広がりを感じさせます。, 第2楽章は穏やかで美しく夢見るようです。中心となるのは豊かな弦楽合奏なのですが、オーボエが主部でも中間部でも、ことに美しい旋律を奏でます。終盤には独奏ヴァイオリンが主役となり優しく美しい音色を響かせます。, 第3楽章も穏やかです。主部は優雅で軽やかです。穏やかな主題の合間に短くエキゾチックな旋律が置かれます。中間部はより活発で喜ばしい雰囲気です。主部に戻ると第4楽章を予感させるコラール風の演奏となり中間部も再現しつつ消えゆくように終わります。, 第4楽章は荒々しく始まります。第1楽章を振り返るように重々しく進むと、ふとピツィカートが間にはさまれます。悲壮な昂揚が収まると、ホルンが吹き鳴らされ雰囲気は一変します。雄大な風景が目に浮かぶようなゆったりとした旋律はフルートに引き継がれ、さらに合奏で昂まります。ここから主部が開始され希望に満ちた素晴らしい旋律が堂々と姿を現します。一旦ホルンで示された序奏の旋律に戻ったあと第2主題が情緒豊かにヴァイオリンそしてオーボエで現れます。さらに第1主題を展開してコデッタを迎えます。続いて第1主題は力強く念入りに展開します。十分に昂揚してから、再び序奏のホルンの旋律が現れ第2主題、コデッタが再現されます。コーダはこれとは全く別に用意されており、しばらく浮遊するように漂ったあと、力強いリズムが刻まれ、念を押すように丹念な昂揚を迎え堂々と終結します。. Un poco sostenuto-Allegro ブラームスの1,4番ほどトロンボーン奏者冥利に尽きる曲はありません。 ブラームスの交響曲第1番は、完成までの長い20年間、”ベートーヴェンの10番”を期待された歴史的背景から、どうしても神聖化されがちです。 ブラームス:交響曲第1番が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 第1楽章は冒頭から吐息のような切ない第1主題が現れます。切なさの奥深くに入り込むように進み、管楽器のリズミカルな旋律から哀しみの旋律が続きます。第2主題は優しくあたたかで、コデッタは喜ばしく昂まります。展開部は第1主題を扱います。 交響曲第1番ハ短調Op.68 (こうきょうきょくだいいちばんはたんちょう) ブラームス ぶらーむす [クラシック等] 第1楽章[冒頭] by Y.Yの着信音・着メロはこちらから。J研は日本最大の投稿型着信音・着メロサイト。欲しい着信音・着メロが必ず見つかる!23万曲以上が全曲無料で試 … 【ブラームス:交響曲 第 1番/久石譲, フューチャー・オーケストラ・クラシックス/ハイレゾ】 1 久石譲[アーティスト] , フューチャー・オーケストラ・クラシックス[アーティスト] , Johannes Brahms[作曲] ブラームスの交響曲第4番は、それまでのドイツ音楽の培ってきた作曲技術、文化の集大成であるとともに、次世代への標石であるといえるだろう。 参考文献. ブラームス ピアノ協奏曲第1番 - グリモー/ネルソンス/バイエルン放送交響楽団 2012 (03/29) ブラームス ピアノ協奏曲第1番ニ短調作品15【目次】 (05/12) ブラームス ピアノ協奏曲第1番 - ポリーニ/ ティーレマン/シュターツカペレ・ドレスデン 2011 ライブ (05/22) 交響曲第1番 ハ短調 作品68. ブラームス 交響曲第4番 - アバド/ベルリンフィル 1991 (08/04) ブラームス 交響曲第4番 - ティーレマン/シュターツカペレ・ドレスデン 2013 (07/30) ブラームス 交響曲第4番 - エッシェンバッハ/ヒューストン交響楽団 1993 (07/29) ブラームスの1,4番ほどトロンボーン奏者冥利に尽きる曲はありません。 ブラームスの交響曲第1番は、完成までの長い20年間、”ベートーヴェンの10番”を期待された歴史的背景から、どうしても神聖化され … 交響曲第1番ハ短調作品68 Symphony No.1 in C minor, op.68 ブラームス最初の交響曲は,構想から完成までに21年も掛かっています。恐ろしく慎重にかつ情熱を込めて作られた作品です。 ヨハネス・ブラームス(1833年 - 1897年)はドイツの作曲家です。 お父さんはコントラバス奏者で若いころからピアノを習わされたようです。 ただ、「子供にしちゃあ、うまいなぁ」程度だったため、ピアノ奏者をやめ、作曲を始めたようです。 20歳前後は作曲をしながら演奏旅行をし … 第1番のみ。ベーム壮年期の演奏でファンの間でも愛聴されている録音。半世紀以上前の演奏だが、交響曲第1番の最高の演奏の一つ。 関連記事 第1番 Sponsored Link タワレコ: カルロ・マリア・ジュリーニ/フィルハーモニア管弦楽団 1961年-1962年: ★★★: 全集。 交響曲第1番 八短長 作品68 ブラームス(1833-97)の4曲の交響曲の最初に位する第l番は、当時の大指揮者ハンス・フォン・ビューローがべ一トーヴェンの「不滅の9曲」に続く作品という意味で「第10交響曲」と呼んで以来、しばしばこの名で呼ばれている。 ブラームス 交響曲第2番 指揮…ハイティンク 演奏…ボストン響 好み度…4.5(5点満点) ハイティンクの、どこまでも普通であまりにもちゃんとして少しの誇張も飾り気もないような音楽は、激しさや激性が欲しい曲では私の好みからはもの足りないような感じがあって好みに合わないと … 交響曲第1番ハ短調Op.68 (ブラームス) 着信音・着メロ一覧(28曲) [クラシック等] J研は日本最大の投稿型着信音・着メロサイト。欲しい着信音・着メロが必ず見つかる!23万曲以上が全曲無料で試聴OK!着信音設定も簡単。着メロ作成ができる携帯アプリも公開中。 ブラームスの交響曲第4番は実に評価が難しい曲の1つです。演奏しても難しい曲であることは実体験として重々承知しているつもりですが、指揮者毎の解釈が面白いほど異なっているためです。 ブラームスはまず木管で第1主題 ①a を2分音符+全音符の拡大型で示した後、①d のように崩して再現部としているのだ。 ブラームスが、この交響曲で目指したのはギリシア悲劇やシェイクスピアの「リア王」「オセロ」のような絶対的な悲劇。 ...チェリビダッケが指揮するブラームスの交響曲第4番を聴いて(1) チェリビダッケはルーマニアで生まれ、終戦直後のベルリン・フィル、またその後はシュトゥットガルト放送交響楽団やミュンヘン・フィルなどで活躍した指揮者です。 ブラームス:交響曲第1番が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 ブラームス:交響曲第1番、ハイドンの主題による変奏曲 - ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 3 in F-Dur op. 曲の概要 曲名 交響曲第1番 ハ短調 op.68 作曲時期 1876 初演 1876-11-04 @ カールスルーエ 楽章構成. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 38 "Frühling" )は、1841年1月から2月にかけて作曲され、同年3月31日、メンデルスゾーン指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団によって初演された 。 ザクセン国王フリードリヒ・アウグスト2世に献呈された。 1876年、ブラームス43才の時に完成した。22才の時にシューマンの「マンフレッド」序曲を聴いて、交響曲を作曲したいと考え、数曲の下書きを作ったが、そのうちの1つはピアノ協奏曲第1番に、もう1つは「ドイツ・レクイエム」第2楽章になった。 『ブラームス:交響曲第1番』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 【曲目】 ブラームス: (1)交響曲第1番 ハ短調 Op.68(1876)(50'07) (2)悲劇的序曲 ニ短調 Op.81(1880)(12'25) 【演奏】 ベルベルト・ブロムシュテット(指揮)、 『スコア ブラームス 交響曲第1番 ハ短調 作品68』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約2件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 ロベルト・シューマンの交響曲第1番変ロ長調作品38「春」(Sinfonie Nr. そして第1楽章冒頭の主題はブラームス第1交響曲の第4楽章、いわゆる「歓喜の主題」に似ている。そのブラームスは、初演後 ベートーヴェンの第九交響曲との類似を散々指摘されてきたが、マーラーにおいてはさほど執拗でないと感じる。 90)は、1883年5月から10月にかけて作曲された。 ブラームスの交響曲の中では演奏時間が最も短い。 初演者ハンス・リヒターは、「この曲は、ブラームスの『英雄』だ。 」と表現した 。 ブラームス交響曲第4番CD試聴記(32) NHK交響楽団(65) マリア・カラス(4) ショスタコーヴィチ(34) フランス音楽・フランス音楽家・演奏家(273) 春の祭典(3) ハイティンクの名盤(64) マイラ・ヘス(12) ベートーヴェン「田園交響曲」(8) フォン・オッターの歌声(5) ヨハネス・ブラームスの交響曲第3番ヘ長調作品90(ドイツ語: Sinfonie Nr. 交響曲第1番 ベートーヴェンの偉大な九つの交響曲を前にして、ブラームスがなかなか交響曲というものの作曲に踏み切れず、第1番に着手しても仕上げるまでに二十一年も かかったというのは有名な話です。 ブラームスはまず木管で第1主題 ①a を2分音符+全音符の拡大型で示した後、①d のように崩して再現部としているのだ。 ブラームスが、この交響曲で目指したのはギリシア悲劇やシェイクスピアの「リア王」「オセロ」のような絶対的な悲劇。 Un poco sostenuto-Allegro 弦楽四重奏曲第1番ハ短調作品51-1 2.5点 このようなブラームスの弦楽の室内楽らしい緊密なアンサンブルが生み出す音の分厚さで押していく曲想の場合、四重奏だと音が足りなくて欲求不満になる。 1876年、ブラームス43才の時に完成した。22才の時にシューマンの「マンフレッド」序曲を聴いて、交響曲を作曲したいと考え、数曲の下書きを作ったが、そのうちの1つはピアノ協奏曲第1番に、もう1つは「ドイツ・レクイエム」第2楽章になった。 アバドは1972年にブラームス交響曲第1番をvpoを振って録音(タイム①16’59②9’25③4’55④16’28)していますが本盤はbpoを指揮して1990年(アバド57歳)に収録したもので仕上がりはグッと重厚なものになっている様です。 【曲目】 ブラームス: (1)交響曲第1番 ハ短調 Op.68(1876)(50'07) (2)悲劇的序曲 ニ短調 Op.81(1880)(12'25) 【演奏】 ベルベルト・ブロムシュテット(指揮)、 まるでチャイコフスキーの後期交響曲みたいなドラマティックさではないか。第2楽章は第1楽章より数段整って、しかしよく歌い、力強い足取り。第3楽章の躍動感、力強さも良い。第4楽章では冒頭近くの弦のピッチカートをアルコに改変。 交響曲 第1番 ハ短調 作品68はドイツの作曲家、ヨハネス・ブラームス(1833-1897)が1876年に書き上げた最初の交響曲です。今回の記事では本作品の作曲の背景、各楽章ごとの解説、おすすめの名盤を譜例とyoutube動画を交えながらわかりやすくご紹介しています。 ブラームス 交響曲第4番 - アバド/ベルリンフィル 1991 (08/04) ブラームス 交響曲第4番 - ティーレマン/シュターツカペレ・ドレスデン 2013 (07/30) ブラームス 交響曲第4番 - エッシェンバッハ/ヒューストン交響楽団 1993 (07/29) All Rights Reserved. Copyright (c) クラシック音楽 一口感想メモ. ブラームスの交響曲第1番ハ短調作品68。 ゲオルク・ショルティ指揮シカゴ交響楽団の演奏。 1978年1月、シカゴのメディナ・テンプルでの録音。 「ベートーヴェンの交響曲第10番」と呼ぶにふさわしい、実に輝かしい演奏。 シンバルが衝撃的な開幕を告げると金管楽器が悲痛な叫び声をあげたかのように咆哮します。 「嵐のような動きで」と作曲者が指示した通り弦楽器が激しい楽句をかき鳴らすと再び金管楽器が咆哮します。 まずは第4楽章の冒頭部分をダイジェストで聴いてみましょう。 サイモン・ラトル指揮:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ブラームス:交響曲第1番 クルト・ザンデルリング指揮シュターツカペレ・ドレスデン RCA (74321 21285 2) ザンデルリンクのブラームスは、カプリッチョからベルリン交響楽団を指揮したものが出ているが、こちらは少々お高いので未聴。 1 in c-Moll, op. ベーム/ウィーン・フィル nhkライヴ 1975::ストラヴィンスキー:バレエ組曲≪火の鳥≫(1919年版) ブラームス:交響曲 第1番 j・シュトラウス2:ワルツ≪美しく青きドナウ≫ - カール・ベーム - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得! 1 B-Dur op. 交響曲第1番ハ短調作品68(こうきょうきょくだい1ばん、ドイツ語: Sinfonie Nr. アバドは1972年にブラームス交響曲第1番をvpoを振って録音(タイム①16’59②9’25③4’55④16’28)していますが本盤はbpoを指揮して1990年(アバド57歳)に収録したもので仕上がりはグッと重厚なものになっている様です。 ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68 ブラームス:交響曲第3番ヘ長調作品90 ユッカ=ペッカ・サラステ指揮/ケルンWDR交響楽団 2013年1月23-27日 ケルン,フィルハーモニー PH13028 (P)(C)2013 Profil (輸入盤) 好録音度:★★★★ 参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Online ブラームスという人にはそういう面があり、交響曲の2番、3番はそれが色濃く出た曲だ。僕は朝比奈のおっかけではないからこのポニーキャニオン盤しか知らないが第1楽章は名演で、彼の憧れの人フルトヴェングラーよりいい。 指揮者のハンス・フォン・ビューローがこの曲を「ベートーヴェンの第10交響曲」と呼んだことはよく知られているが、その際ビューローは「第10と言っても、第9の延長線上ではなく、第2とエロイカ(第3)の間に来るだろう」と語ったことまで知っている人は … ブラームス交響曲第1番(Soli Deo Gloria SDG 702) 1.ブラームス:『埋葬の歌』 Op.13 2.メンデルスゾーン:『われら、人生のただ中にありて』 Op.23-3 3.ブラームス:『運命の歌』 Op.54 4.ブラームス:交響曲第1番ハ短調 Op.68 モンテヴェルディ合唱団 1961年のフィルハーモニア管とのemi盤に続く、ジュリーニ2度目のブラームス交響曲第1番。後の1991年のウィーン・フィルとのdg盤も個性の突出した名演ですが、こちらのロス・フィルとのディテールの隅々まで細心の注意が払われた入念な演奏もまた、多くの支持を集めています。 まるでチャイコフスキーの後期交響曲みたいなドラマティックさではないか。第2楽章は第1楽章より数段整って、しかしよく歌い、力強い足取り。第3楽章の躍動感、力強さも良い。第4楽章では冒頭近くの弦のピッチカートをアルコに改変。 ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68 ブラームス:交響曲第3番ヘ長調作品90 ユッカ=ペッカ・サラステ指揮/ケルンWDR交響楽団 2013年1月23-27日 ケルン,フィルハーモニー PH13028 (P)(C)2013 Profil (輸入盤) 好録音度:★★★★ 参考: Tower Records,Amazon.co.jp,HMV Online その中で古典的な形式ばった,しかも新しい交響曲を作曲したブラームスの功績は大きいだろう。 この交響曲は,初演当時「第10番」とも呼ばれた。これは,ベートーヴェンの不滅の9曲に続く交響曲という意味である。 ブラームス:交響曲第1番~のだめカンタービレが交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 交響曲 第1番 ハ短調 作品68はドイツの作曲家、ヨハネス・ブラームス(1833-1897)が1876年に書き上げた最初の交響曲です。今回の記事では本作品の作曲の背景、各楽章ごとの解説、おすすめの名盤を譜例とyoutube動画を交えながらわかりやすくご紹介しています。 曲の概要 曲名 交響曲第1番 ハ短調 op.68 作曲時期 1876 初演 1876-11-04 @ カールスルーエ 楽章構成. ブラームスの交響曲第1番 ベートーヴェンの巨大な作品は最後に駆け抜けるように終わります。 ブラームスはこの作品の最後にクライマックスを置きました。 交響曲第1番ニ長調「巨人」はオーストリアの作曲家、グスタフ・マーラー(1860-1911)が1888年に書き上げた最初の交響曲です。 20代の前半から指揮者としてのキャリアをスタートさせたマーラーは並行して作曲活動にも取り組みます。 『ブラームス:交響曲第1番』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 ブラームス 交響曲第1番 - ハイティンク/コンセルトヘボウ管弦楽団 1972 (08/17) ブラームス 交響曲第1番 - ベーム/ウィーンフィル 1975/3/22 ライブ(東京) (08/11) ブラームス 交響曲第1番 - スウィトナー/シュターツカペレ・ベルリン 1986 (08/10) 「ベートーヴェン交響曲集~未発表録音集(4CD)」につづく、仏ターラが発掘したメンゲルベルク&aco(アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団)の未発表ライヴ、こんどはブラームスの交響曲第1番。 ワルターが80歳を過ぎて、録音したマーラーの交響曲は次の4曲です。57年2月&58年2月 交響曲第2番"復活" と60年4月 大地の歌が、ニューヨークフィルハーモニック。61年1月、2月 交響曲第1番"巨人"61年1月 交響曲第9番がコロンビア響。 1.野本由紀夫『ブラームス 交響曲第4番作品98解説』、全音、2016年。 交響曲第1番ハ短調Op.68 (ブラームス) 着信音・着メロ一覧(28曲) [クラシック等] J研は日本最大の投稿型着信音・着メロサイト。欲しい着信音・着メロが必ず見つかる!23万曲以上が全曲無料で試聴OK!着信音設定も簡単。着メロ作成ができる携帯アプリも公開中。 ロマン派が爛熟し新奇さに走って構造の崩れた曲が増えた時代に、古典的な形式美を保持した曲を書き続けた人気作曲家。ドイツ3Bと呼ばれるのは伊達ではない。本格派にして実力派である。堅実な音楽ではあるが十分にロマン的情緒があり、素晴らしいメロディーメーカーでもある。, 各ジャンルでロマン派を代表する傑作を書いた点で、同年代のチャイコフスキー、ドヴォルザークと双璧である。, 難を言えば、このレベルの作曲家にしては芸風が狭く音楽がバラエティに欠けていると思う。また、いい所までいくのに突き抜けきれずにもどかしさの残るような作品が多い。一部の突き抜けられた作品はロマン派を代表する傑作になったのだが。あと、ターーラララのような手癖フレーズに安易に走ることが多いのも個人的には結構気になる。, 闘争から勝利という図式が分かりやすく、ロマンチックな雰囲気を濃厚に持った名旋律が満載である。最後は楽しくウキウキした気分で締めくくられるので楽しく聞ける曲。ただし、長年推敲しすぎと気合入りすぎで多くの濃厚なものを詰め込みすぎなので、まとめきれておらず流れが不自然な箇所があったり、息苦しさを感じたりするところはある。, 風光明媚な土地の豊かさに包まれて生活するような、明るく田園的で広々とした気楽な雰囲気。さらさらと流れるように書かれたような緩やかさやロマン派らしい耽美的楽想と、古典交響曲的な緊密さ動機労作と、堅牢な構成の両面があり戸惑う。一楽章の第2主題は文句なしの美メロだが、それ以外はどのメロディーも惜しい。, 3楽章が分かりやすい代わりに二楽章はいまいち。一楽章と四楽章は充実しているのを楽しめるものの、強い愛着を感じるほどのものでない。全楽章が静かに終わるのもなんだかなあと思う。, 古めかしい形式を交響曲に生かしたことは、現代からに見ると新鮮な創造性を感じる。一楽章の冒頭の魅力は素晴らしい。諦観と豊かさは見事なもの。二楽章の旋法を活用した古めかしい雰囲気も詩的で善い。三楽章も間奏的なものとして効果十分。四楽章のシャコンヌはゴツくていかめしくてめんどくさいが、創造的ではある。, 難しいことを考えず心地よい音楽をくつろいで楽しめる。センスが良いので長くても飽きない。, ヴァイオリンが無いので管楽器が大活躍。少し響きに慣れが必要だが、内容は一番同様に良い。, なんといっても主題が魅力的。管弦楽のための変奏曲として、ヴァリエーションの豊富さ、ニュアンスの豊富さ、管弦楽らしい各種の管と弦楽合奏の共演という要素など、楽しくウキウキした気分で聴ける。, 大学生達の宿歌をつなげて作った序曲だが、対位法的な技法もうまく活用されていて、単なる明るい祝典序曲に留まらない音楽的豊かさがある。, 交響曲の一つの楽章のような曲。単一楽章なのでどうしても軽さがあり、深い所を繋げて展開していくストーリーを楽しむことが出来ないのだが、音楽的には充実していて、交響曲に匹敵している。, 一楽章では若いロマンチックな情熱がほとばしり、二楽章では思慕と感傷的気分に浸りきるような気分を隠さない。ほとんど若気の至りで書いたようなほとばしる情感をそのまま露わにした曲だが、二度と来ない青春時代の精神をそのままストレートな率直に表現した曲として大きな魅力があると思う。, 交響曲のように充実した協奏曲。ピアノが派手に全面に出て引っ張る感じでない。明るく開放的なイタリア的。ピアノの豊富な音数が作る豊かさ充実感と、メロディーが浮き立つのは交響曲以上か。少しゴテゴテした暑苦しさや、構成の作り込みに繊細さが足りない所などが欠点か。, 個人的にはヴァイオリン協奏曲の最高傑作だと思う。特に一楽章の重厚なオーケストラに乗せて情緒たっぷりにヴァイオリンを歌わせる手法と複雑な構成と展開の出来の良さは見事なもの。軽い曲が多いヴァイオリン協奏曲の中において、この曲が見せる深淵さを見せる大人の情緒が良い。二楽章の叙情性や三楽章の活発さも素晴らしい。, 他の管弦楽曲と比較して非常に渋い。独奏楽器が2つなので、CDて聴くとあまり独奏という感じがせず、オーケストラは協奏しているというより後ろで支えている感じ。大家の演奏で聴けば聴き映えはする堂々とした独奏パートでを楽しむことは出来るが。, 重厚だが柔らかくて温かみがある。弦の多くて声部の制約なく自由に書いている。響きがブラームスに合っているし、声部の豊かさが叙情となって美しさを出している。特に一楽章はかなりの名作。三楽章以降はややレベルが落ちて普通の音楽になる。, 瑞々しくて甘くて美しい叙情に溢れる魅力作。交響楽団のような音の厚みや豊かさと、室内楽の要素を併せ持ち、両方の良さを兼ね備えている。一楽章の湖のほとりのような美しさは印象的。それ以外の楽章も同じくらい充実してる。三楽章は泣ける。甘い思い出を振り返ったり、優しい気持ちを思い出すような感情の曲。, 響きの豊かさ、対旋律の豊富さ、ニュアンスの精妙さなど耳を楽しませる曲としての充実感は素晴らしいのだが、メロディーなど心に響く感じがあまりない。, 音楽的な充実感が半端ない。五本の弦楽器を縦横に活用して、聴いていて楽しく耳を楽しませる熟練の技を楽しむ事が出来る。, ある意味で中期までのブラームスらしさが最も典型的に詰まった曲だろう。重厚さ、情熱、憧れや諦めなどの感情、暗さなど。どちらかといえば若書きで練達の技術とまでいかず、分かりやすい魅力的な部分も少ない。人気曲で熱心なファンも高く評価する曲だが、正直個人的にはブラームスの室内楽のなかで上位とは思わない。, クラリネットの哀愁漂う音色と諦念に満ちた曲想を存分に楽しめる晩年の大傑作。最終楽章の変奏曲が多少平凡な気がするが、1から3楽章までは全てにおいて文句なし。ブラームスの代表作のひとつであるとともに、ロマン派の室内楽の最高傑作だろう。1楽章のイントロからインパクトがすごい。2楽章は特に、両端部分の旋律の絶妙さといい、名人芸的な中間部の魅力といい、圧倒的に優れている。, このようなブラームスの弦楽の室内楽らしい緊密なアンサンブルが生み出す音の分厚さで押していく曲想の場合、四重奏だと音が足りなくて欲求不満になる。曲としてもブラームスらしいというだけで強く耳を引く部分は特にないと思う。, 1番と違い柔らかくてロマン派の情緒たっぷり。音の薄さが気にならない。1,2楽章の哀愁が良くてその余韻のまま最後まで聞かせる。, 四声部に適合して弦楽四重奏らしい曲を書く点や、曲の作り込みとロマン的情緒の表現において進歩してる感じがある。特に二楽章はロマンチックな良い曲。他の楽章も充実感があり秀逸。, 1楽章は実験的で聴いて楽しい曲とは思わない。二楽章はなかなかよい。三楽章の憧れに満ちた曲はぐっと胸に迫る。ここが一番の楽章。四楽章のジプシー風を活用した情熱的な音楽も面白い。この楽章は特にアンサンブルが効果的で生で聴いてみたい。, 明るく朗らかで柔らかい響きが支配的で、心地よく聞ける曲である。一楽章のリズムなと分かりやすく耳を楽しませる場面は多い。ただ曲が長いしやや底が浅い感じもあり、ブラームスらしいコクがない。, 緊密で緊張感や悲劇的な雰囲気のある曲。無駄が少なく完成度は高い。その中で三楽章は耽美的な回想の雰囲気で心奪われる。, 渋めの曲想で親しみやすくはないし、名作という程の楽章も無いが、どの楽章も内容は濃く充実してる。三重奏だが音は厚い。, 最終楽章の高揚感や、三楽章の変わった拍子での繊細さに魅力を感じた。前の二つの楽章もそれなりに魅力がある。, ピアノが入っているので、五重奏にはない力強さがあり、クラリネットソナタにはないアンサンブルの楽しさがある。諦観やほの暗い情熱など自分の気分を生々しく音楽にしたような感じ。ブラームスのクラリネット入りの曲の中では暗くて甘さが少なくて取っつきにくい。, この曲を聴いてホルンとは哀愁ただよう渋さを持つ楽器だとイメージが変わったのは自分だけだろうか?最終楽章だけやたら明快で、それ以外は渋い内容。, 柔らかくて穏やかなヴァイオリンが十分に歌うのを存分に楽しめる。あまり屈折していない若々しい中に、複雑な大人の感情も取り込まれた音楽。ブラームスの粘っこさや重厚さが二重奏の場合は曲の支えになってヴァイオリンを存分に歌わせることに結実している。, 明るくたくましい音楽。ヴァイオリンを豊かに力強く響かせる。あまり底が深い感じは無いが、その分気楽に聴ける。, チェロの音色の甘さの活用は程々にして、渋い情熱的要素を重視しているのが心地よい。低音域の活用が上手い。ブラームス得意の耳をつくヴァイオリンの泣きの高音域が無いのが心地よくて好きだ。, 力強いし渋くて内容は充実しているのだが、楽想やメロディーが全体的に凡庸なのであまり楽しめない。, 両端楽章がやや渋くて取っつきにくいが、中間の二つの楽章は孤独さや人生の回想を感じさせる魅力的な音楽。, 1楽章の甘美な回想の音楽はかなり魅力的。二楽章も甘くて強い回想。三楽章はいつもより控えめで雰囲気を壊さず終わる。クラリネットの甘さを生かし、すてきな歌心に溢れた名作。, 交響的な四楽章、室内楽的な三楽章。内容豊富で快活で堂々とした一楽章はベートーベンの後継者らしい素晴らしさ。若書きの作品ながらシューマンのソナタにもひけを取らない良さ。, 3曲で最初に書かれたそうで、1番と比較するとこの曲は随分とありきたりの部分ばかりで面白くない。, 立派だが頑張っている若書き作品の感じが強い。二楽章の温かさとロマンチックさの共存は魅力。, 渋くて男臭い世界。渋さの中に隠された甘さが面白さの秘訣か。どの曲もそれなりのインスピレーションがあり、つまらない曲は無い。, 沈鬱でメランコリックな主題を使い、その気分をずっと引っ張りながら変奏していく。主題が素晴らしいので聴き映えはする。, 明るく明快でストレートで健康的。そして実に多彩で表情豊か。次々と楽しい変奏が現れてワクワクするので長い曲だが飽きない。書法ピアノ的でなかなか良い。, 難曲で有名。リストやラフマニノフほど華麗ではなく、重々しいブラームスらしさはある。技術やフレーズの鋭さを楽しむ曲としてかなり良いが、観賞用音楽として音楽的内容の豊富さはヘンデルの主題の変奏曲より下だと思う。, 様々な種類の曲で構成された8つの曲。曲に特別感は無いものの、小ぶりな小品はどれもブラームスらしい渋い詩情におり楽しめる。また曲がピアノ的になっている。, 室内楽のような楽想でややピアノ曲らしさに欠ける。多くの素材を使ってしっかりした構成で書かれており、中期以降にピアノソナタが無いブラームスだけに、ソナタの代わりになる曲。, 立派な曲だが、1番と比べるとコンパクトであり、第一主題が次々と転調するものである、低音の面白いつかいかたの部分など、やや実験的である。, 1曲目は交響的な響きと力強さと粘っこさ。2曲目の夜想曲のような雰囲気に込められた諦観。これらの曲は印象的なのだが、それ以降の5曲ははっきりしないモヤモヤとした雰囲気と面白くないメロディーだけの曲になってしまう。なんとなく美しく感じる場面はあるが、瞬間的なものに留まる。, 三曲とも長めで穏やかで瞑想的で回想するような内容あり、枯れた味わいがあるので、晩年らしい作品となっている。, 力強い曲もあるバランスの取れた曲集だが、何となく瞑想的だったり夢見るような場面が多いので晩年らしい。他の晩年の曲集と比較して何となく普通のレベルの曲が多い。, 1,2曲目の特別感のある諦観にあふれた枯淡の境地は素晴らしい。そしえ四曲目の突然古い曲を持ち出したかのような、活き活きとしたカーニバルのような音楽には驚くが非常にいい曲である。. ブラームス 交響曲第1番 <2007.3.11&12> シモーネ・ヤング指揮,ハンブルクフィル 独OEHMS OC 675 (SACD Hybrid) シドニー生まれの女流指揮者,シモーネ・ヤング(Simone Young, 1961- ) は,現在ドイツのエームス・クラシックに,手兵のハンブルクフィルを指揮し てのブルックナーの交響曲を継続的 …