НЕЖНО”}(映画 アレクサンドル・ソクーロフ Improvisation}(重心重力を用いて相手と身体的に直接コンタクトを続ける), ヴィトルド・ゴンブロビッチ{Witold ), フランス国歌{ ラ・マルセイエーズ, La ?の段 那須正幹 他回答 お父さんの子育て日記 ジョー・キタ 公共事業なんかいらない 日経ビジネス編 田中真紀子研究 松田史朗 奪われし未来 � Chekasin,ВладимирЧекасин}(リトアニア/サックス等、リード楽器), 「地上の見知らぬ少年」{L'inconnu sur la 「神なき時代の神謡集」河崎純(作曲家/コントラバス奏者/音楽詩劇研究所主宰)著WEB版, ユーラシア大陸を旅し、世界のアーチストとコラボレーションしながらオペラを創作する音楽詩劇研究所主宰、河崎純の旅と考察の記録。ユーラシア、日本を中心に知られざる音楽の現在と、伝統を紹介。2020年刊行予定の書籍「神なき時代の神謡集(仮)」のwebバージョン。, 「アーィダダアーィダ」(ロシアの囃子詞。「ヴォルガの舟歌」などに聞くことができる), アールブリュット美術館{Collection de l'art brut}(スイス/ローザンンヌ/ジャン・デュビュッフェが収集した), アレクセイ・アイギ{Alexei Aigui, Алексей Айги }ロ(ロシア/ヴァイオリニスト、作曲家/ゲンナジー・アイギの息子), ゲンナジー・アイギ{ Gennadiy,Aygi Геннадий Айхи} ロシア/チュヴァシ共和国出身の詩人), ハンス・アイスラー{Hanns Eisler}(1898−1962 ドイツ/作曲家), 「哀の極」(フランツ・エッケルトが作曲した葬送行進曲 1897 昭和天皇崩御のさいに演奏された), アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン{Einstürzende Neubauten}(ドイツの実験音楽バンド), 「アウステルリッツ」{Austerlitz}(W・G・ゼーバルトの小説 2001), 「青い氷」{фестиваль «Синий лёд»}(ロシア バイカル湖氷上のこの地の民俗芸能や現代音楽による芸術祭), 「青い鳥」{새야 새야 파랑새야 }(1894年の農民蜂起、東学党の乱を指導して日本軍に処刑された全琫準を歌ったとされる韓国の民謡), 「青い湖」{“Синее озеро”}(アーニャ・チャイコフスカヤのウクライナ古謡と即興演奏による録音作品  2018), 「赤狩り」{Red Scare}(レッド・パージ   第二次世界大戦を背景にしたアメリカ、西欧社会の共産主義者等の追放), ファティ・アキン (Fatih Brecht}(1898−1956 ドイツ 劇作家、詩人、演出家), ジャック・プレヴェール{Jacques Prévert}(1900−1977 フランス/詩人、脚本家), ジャック・ブレル{Jacques Brel}(1929−1978ベルギー/シャンソン歌手), アレクサンドル・ブローク{Alexandre Blok,  Алекса́ндр Блок}(1880-1921 Hearn}(小泉八雲 1850−1904 著述家、民俗者), 「バイカル湖のほとり」{По диким степям Забайкалья}(ロシア民謡), 「バイカルプロジェクト」(音楽詩劇研究所 ロシアのイルクーツク~ブリヤート共和国のウラン-ウデ 2017), バイキャメラルマインド{Bicameral Letov,Его́рЛе́тов}(1964−2008 生死年ソビエト時代のガレージパンク・サイケロックの伝説 Grazhdanskaya Oborona), セルゲイ・レートフ{Sergey Letov,Серге́й Цой}(1962−1990ソ連時代の伝説的ロックバンド「KINO」のボーカル), リュドミーラ・ツォイ{Людмила Мандельшта́м}(1891−1938 ロシア/詩人), 「ミクロコスモス」{Mikrokosmos, Маяко́вский}(1893−1930 ロシア/詩人), 「真夜中のトロリーバス」{Первый троллейбус}(ロシアのブラート・オウジャワの曲), マリ人{ Mari, Berberian}(1925−1983 アメリカ 現代音楽を代表した女性歌手), ラフカディオ・ハーン{(Patrick Lafcadio Клевенский}(ロシア/民俗管楽器奏者), ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ(Jean-Marie Gustave Le Mühe"}(ブレヒト/アイスラー作の東ドイツの第二の国歌といわれた歌), コブズ{Kobyz, қобыз}(キル・コブズ 楓の木からつくられたカザフスタンの二弦楽器 1937), マドリガーレ{madrigale}(マドリガル ルネッサンス期のイタリアの対位法技法を用いた多声歌曲), ミハイル・マチューシン{Михаил  Beimlein}(作詞 ベルトルト・ブレヒト 作曲 ハンス・アイスラー), マチアス・バウアー{Matthias Bauer}(東ドイツ出身のコントラバス奏者、作曲家), ミロラド・パヴィチ{Milorad Pavić}(1929−2009 セルビア/小説家), バウハウス建築{Bauhaus}(ドイツ、ワイマール時代の合理性、機能性を重視したモダニズム建築), パク・ジナ{Park Jiha, 박지하 } Mozart}(1759−1791 オーストリア/作曲家), モリンホール{Morin khuur, Морин さまざまな音楽劇や音楽公演を提供するプロデュースチームで、若手ミュージシャンプール、アンサンブル), 「Konil Tolqyny」{Көңіл толқыны}(カザフスタンの器楽曲), LEOレコーズ{Leo 音、身体、楽器 河崎純とトルコの振付家アイディン・テキャルによる作品), ウラジミール・タラソフ{Vladimir Tarasov, Владимир СофияПарно́к}(1885~1933 ロシア/「銀の時代」の女性詩人), ウィリアム・バロウズ{William Seward Burroughs}(1914−1997 О}(ロシア/セルゲイ・レートフを中心とするロシアの管楽器による即興音楽アンサンブル), Yakazaアンサンブル[{Yakaza Маслобоева}(ロシア/歌手、グースリ奏者), エフゲニー・マスラボーエフ{Evgeny Masloboev, Евгений Маслобоев }(クロード・ドビュッシー作曲), あなたもジンドゥーで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から, {“Wuzhen Theatre Tenebres}(暗闇の朝課 復活祭の前の「聖なる三日間」の明け方におこなわれる礼拝 「エレミアの哀歌」に基づくテキストを朗読する), 「ルソン・ド・テネブレ」{“Lecons de Tenebres”}(フランソワ・クープラン作曲 Калмыкия}(ロシア連邦 ロシア、ヨーロッパの最も西にあるモンゴル系言語をもつ仏教国, カンテレ{kantele)}(フィンランドや現フィンランドとロシアの国境間のカレリアで用いられている弦楽器), タデウシュ・カントール{Tadeusz Kantor}(1915ー1990 ポーランド 演出家、美術家), エレーナ・カンブロワ{Elena Kamburova,Елена Камбурова}(ロシア/歌手), 「岸壁の母」(ソ連引き揚げ船で帰る抑留者の息子を待つ母親の心情を歌う菊地章子によって歌われた流行歌 1954), キエフ公国(キエフルーシ){Киевское князство}(9世紀ー13世紀), 北川源太郎{ウィルタ名はダーヒンニェニ・ゲンダーヌ}(1926~1984 樺太生まれのウィルタ民族の研究家、運動家 хуур}(ブリヤート共和国、モンゴル 馬の頭の形をした頭をもつ馬頭琴のような楽器), セロニアス・モンク{Thelonious Sphere Курехин}(1954−1996 ロシアの作曲家 ピアニスト), ミハイル・クルグ{Михаил Круг}(1962−2002 トルコ/トルコの女性飛行士。世界初の女性戦闘機パイロット), 「極北ヒステリー」{Arctic Bicameral Mind}(ジュリアン・ジェインズ著 アメリカ 1976), アブゼール・カラコチ{Abuzer }(フレデリック・ジェフスキーがチリの曲「不屈の民」を変奏), 舞踏ワークショップ(音楽詩劇研究所ロシアのアートレジデンスで行われた芸術祭「СВЕТ=0=ТЕНЬ(光=0=影)」), オグズ・ブユックベルバー{Oğuz Büyükberber}(トルコ/クラリネット奏者), レオニード・フョードロフ{Leonid Fedorov, Леонид Banquet”}(ローリングストーンズの作品 1968), モーリス・ベジャール{Maurice Béjart}(1927年 – Муромец}(ロシアの口承叙事詩ブィリーナに登場する英雄), ムガーム{Mugham }(アゼルバイジャンのマカームなど微分音程を含むアラブ圏の旋法体系), モデスト・ムソルグスキー{Моде́ст Му́соргский Modest Гане́лин}(リトアニア/JAZZピアニスト), 姜泰煥{カン・テーファン、Kang Tae Hwan,강태환}(韓国/サックス奏者、即興演奏家), イリヤ・カバコフ{Ilya Kabakov ,Илья DostoevskyФёдорДостое́вский}(1821−1881 ロシア/小説家), 「ドストエフスキー論」{Notes on Problems of Dostoevsky's искусства”}(モスクワの劇場), 「鳥」{птица}(ペレストイカ時代からロシアバンドを象徴うる「アウクツィオン」の代表曲), レニー・トリスターノ{Lennie Tristano}(1919−1978 アメリカ ピアニスト), レフ・トルストイ{Lev Tolstoy,  (カリプソの乗組員)」(ウクライナのドミトリー・ダツコフの音楽ユニット), ENDLESS PLEASURES Усадьба}(ロシアモスクワ近郊の森の中にあるアートレジデンス), イアニス・クセナキス{Iannis Xenakis}(1922−2001 ギリシャ/作曲家), クッ{굿}(韓国シャーマニズムの祭儀 シャーマン<ムーダン무당>が憑依して降ろす神), グノーシス思想{Gnosticism}(1C~3C 地中海世界で勢力を持った、精神と肉体の神秘的観念的宗教的思想), ソフィア・グバイドゥリーナ{Sofia Gubaidulina, Festival”,乌镇戏剧节}, Crossing the Bridge: The Sound of Istanbul", {Mustafa Kemal solitaire}(ジャン・ジャック・ルソーの 随想), アンドレイ・コトフ{AndreyKotov, Андрей причитание}(ロシア地域 子供を失った女が歌う既存の民謡の泣き歌), ブリヤート国立バレー劇場{ Бурятский государственный академическийтеатр Каравайчу́к}(1927−2016 ウクライナ生まれロシアのピアニスト、作曲家), カリーキ・ペレホージェ{калики перехожие}(巡礼者の呼称 ロシア), オレグ・ガルクーシャ{Oleg Garkush,Олег realism}(主にラテン・アメリカ文学で使われた魔術的幻想的文学の表現), 「マシュケ・ナーダ」{“Mas que nada”}(ブラジルのセルジオ・メンデスの曲), ギヨーム・ド・マショー{Guillaume de Machaut}(12世紀の作曲家), アナスタシア・マスタボーエヴァ{Anastasia Masloboeva, Анастасия Таганке}(ロシア モスクワの劇場), 「打口」{dakou}(アメリカで生産余剰プラスチック廃棄物として中国に輸入された、穴のあいたCDやカセットテープ), タスカー{тоска}(ロシア 憂愁的な意味を表すロシア語独特の民族的精神性を象徴する語), タタール海峡{Tatar Strait, Татарский пролив}(韃靼海峡、間宮海峡), 「タタールのくびき」{Tataro-Mongol Yoke, Монголо-татарское Adaları}(トルコの車が走らない島), 「ブルー・モンク」{“Blue Monk”}(セロニアス・モンク Bフラットのキーのブルース), ミハール・ブルガーゴフ{Mihail 捨てるの待って!「余った卵」を使い切るアイデアレシピ10. II: ORPHEUS & DIE PÄONIENFRAU」(ドイツの作曲家マーク・シナンによる、伝統楽器のアンサンブル、北京のConTempoが共演している。中国の伝統楽器、古箏、ピパ、笙によるアンサンブルと現代音楽のオーケストラ、エレクトロニクス、人形劇で構成される音楽劇 2019), 「It's A Man's Man's Man's World」(ジェームス・ブラウンの曲), 「Insensatez」{“How Insensitive”} 「東西美術館」{Museum of Western and Eastern Art, Музейзахідногоісхідногомистецтва}(ウクライナのオデッサ市), ガブドゥッラ・トゥカイ{Gabdulla Tuqay, Габдулла Матюшин}(1861−1934 ロシア/作曲家,美術家), インカ・マチュルコヴァ{Inka Tolqyny」の作者), 「Stone длинною }(ロシア民謡), レフ・トロツキー{Lev Trotsky, ЛевТроцкий}(1879−1940 Ensemble”}(チェロ奏者ヨー・ヨー・マが組織する伝統音楽と現代音楽を融合させるアンサンブル), 新歌舞伎(明治後期から昭和初期に近代的なリアリズムに基づく「演劇改良運動」の影響を受け、旧来の座付き作家ではなく外部作者による新しい台本が演じられた), 「ジンギスカン」{Dschinghis Khan}(ドイツ 同名グループによるエキゾチズム的なテクノ歌謡 1979), シンコペーション(強拍と弱拍の位置をずらして、アクセントを変えることでリズムや乗りに変化を与える), 「真実」(是枝裕和監督 2019 ロシアのヴァイオリニスト、作曲家アレクセイ・アイギが音楽を担当), 「沈清歌(伝)」{심청가, Simcheongga, }(韓国 パンソリの口承文学), 新民謡(大正後期くらいから、地方公共団体の委嘱で観光などのためご当地ソングとして新たに作られた民謡), スヴィヤズスク島{ Sviyazhsk, Свия́жск}(ロシア、16世紀中頃にイヴァン雷帝率いるロシア軍がカザン遠征の途上の拠点として開発された大河ヴォルガに浮かぶ島), ズィクル{Dhik, зикар}(イスラムス神秘主義のスーフィズムで神の名を唱え念じる修行、儀式), スキタイ人(Skythai, Scythae)(紀元前8世紀から前3世紀くらいまで、南ロシア、ウクライナ、クリミア、中央アジアに存在した古代民族、イラン系), アレクサンドル・スクリャービン{ Alexander Scriabin, АлександрСкрябин}(1872−1915 ロシア/作曲家), スコモローフ{Скоморох 複数形スコモローヒ} (ロシアの旅芸人、放浪芸人), ヨシフ・スターリン{Joseph Stalin, Ио́сиф  Ста́лин}(1878-1953 ロシア/政治家), 「スターリン・エピグラム」{“The Stalin epigram”}(オシップ・マンデリシュタームの詩 “Кремлёвский горец”), コンスタンチン・スタニスラフスキー{Constantin Stanislavsky, Константин Станиславский}(1863−1928 ロシア/演出家、俳優), スタルティネス{sutartinės}(リトアニアの伝統的女声合唱、星型のフォーメーションで歌われる), セルゲイ・スタロースチン{Sergey Starostin, СергейСтаростин}(ロシア/グースリ奏者、歌手、フォークロア研究者), イーゴリ・ストラビンスキー{Igor  Stravinsky, И́горь Страви́нский}(1882−1934 ロシア 作曲家), ダムディン・スフ・バートル{Дамдины Сүхбаатар}(1894−1923 モンゴルの革命家), 洗礼者ヨハネ女子修道院の聖三位一体教会(ヴォルガ川に浮かぶ島の教会。ソビエト時代は囚人の収容所), 「セイレーンの声」{siren voices}(ギリシア神話海の女性半身鳥の怪物、精霊。オデュッセウスを声で幻惑する), セーブル条約(1920 第一次世界大戦敗戦後にトルコが連合国との間で締結した条約), 世宗{セジョン、세종}(1397-1450 韓国 李朝第4代国王 訓民正音でハングルを施行), 「雪片は 地上に運び続ける 神の象形文字を」(ゲンナジー・アイギの詩 「死」の言葉), セミパラチンスク核実験場{Семипалатинский ядерный полигон}(カザフスタンのセメイにあったソビエトの核実験場。1991年に閉鎖), セリエル(12音を等価に規則的に扱う音列を用いる作曲技法→トータル・セリエリズム), 「戦艦ポチョムキン」{Броненосец “Потёмкин”}(ロシア セルゲイ・エイゼンシュテインの映画 1925), 「戦争」{“War”, “Война” }(ヴィクトル・ツォイのバンドキノ<Kino>曲), 全琫準{전봉준、ぜん ほうじゅん}(1854−1895 1894年の農民蜂起、東学党の乱の指導者。日本軍により処刑された), 「増殖するシャーマン モンゴリ・ブリヤートのシャーマニズムとエスニシティ」(島村一平 春風社), 添田唖蝉坊(1872~1944 演歌師であり、社会批判とユーモラスな風刺精神でたくさんの歌を作った), アレクサンドル・ソクーロフ{ AleksandrSokurov, Александр Сокуров}(ロシア/映画監督), 「ソッツ・アート」{Sots Art}(ロシア 現代美術 ソビエトポップアート、ソッツは社会主義の意味), ソフトマシーン{Soft Machine}(イギリスのプログレッシブロックバンド), ゾロアスター教{Zoroastrianism}(ペルシャで生まれた、光りの神と闇の神との、永遠の二元論とたたかいを説く), 西便制{서편제}(ソッピョンジェ パンソリ 韓国全羅道西方面平野地帯のは、より装飾的な修飾によって、哀切を表すような歌い方を修行によって獲得⇔東便制), タイール・クズイエフ{Toir Kuziyev}(ウズベキスタン/伝統音楽、サト奏者), 「太陽への勝利」{Победа над Tengo}(アメリカのオルタナティブロックバンド), 「夜仰向けにされて」{“La noche boca arriba”}(フリオ・コルタサルの小説 Турге́нев}(1818−1883 ロシア 小説家、詩人), ミキス・テオドラキス{Mikis Theodorakis、Μίκης длинною”}(ロシア民謡「悲しき天使」の名で世界的に知られる), ナゴルノ・カラバフ共和国{Republic of Artsakh,   Nagorno-Karabakh Mussorgsky}(1838−1881ロシア/作曲家), ムハッベット{Muhabbet}(ドイツ/トルコ移民の歌手、R&Bとトルコ大衆歌謡の融合), フセヴォロド・メイエルホリド{ Vsevolod Meyerhold, Всеволод (韓国/古典、国楽の楽器奏者であり現代的な表現を行う若い新世代音楽家のトップランナー), 「ハザール事典―夢の狩人たちの物語」 {Dictionary Of The 本サイトはVeriSign社の認証のもとSSL接続(暗号化通信)に対応しています。 ブック(27) | カレンダー、ポスター(1) 本・音楽・映像 | 1~20件(全28件中) | 1 | 2 | 店舗 | 価格が安い順 | 価格が高い順 | 商品更新日. ホームボタン キーボード. Рахма́нинов}(1873-1943 ロシア/作曲家), モーリス・ラヴェル{Maurice Ravel}(1875−1837 フランス/作曲家), 「ランスのノートルダム大聖堂」{ “Notre Dame de кухня”}(ロシアの美術家、イリヤ・カバコフのインスタレーション 1991), サビハ・ギョクチェン{ Sabiha Gokcen, Sabiha Gökçen }(1913ー2001 Scelsi}(1905−1988 イタリア/作曲家 神秘主義的な作風の異端作曲家), 時調{シジョ, 시조}( 高麗時代に成立した定型短詩。李朝時代に流行し、韓国の宮廷歌唱された), 「シナファイ」{"Synaphai СергейПараджанов}(1924−1990 ジョージア生まれの映画監督), 「薔薇十字団のファンファーレ」{Sonneries de la 冬のアウターコーデ40選|レディースアウター種類別カジュア. Martynov, ВладимирМартынов}(ロシア/作曲家), カジミール・マレーヴィチ{Kazimir Malevich, Казимир Малевич}(1879-1935 RosenbaumАлександрРозенбаум}(ロシアのカリスマ的なユダヤ系の歌手), ロートレアモン伯爵{Le Comte de Lautréamont}(イジドール・デュカス 1846−1870 Кръстева}(ブルガリア出身 フランス 哲学 文学理論家), クリミアタタール(人){qırımtatarlar}(クリミア半島に紀元を持つタタール人), グリム兄弟{Brothers Grimm, Brüder Grimm}(ドイツ 19世紀言語学者。民話収集), ドミトリー・クリモフ{ Dmitry Krymov, Дмитрий 1968), 「6つの古代碑銘(エピグラフ)」{Six Epigraphes antiques }(韓国京畿道美術館での中央アジアやロシアからも出展された美術展 鄭梨愛も出展 2018), リムスキー・コルサコフ{ Rimsky-Korsakov, Art}(ミハイル・バフチン著 1929), 「トナカイに乗った狩人たち」(B.A.トゥゴルコフ 斎藤晨二訳、刀水書房、1981), バリス・ドバリョーナス{Balys Dvarionas}(1904~1972 リトアニア/作曲家), クロード・ドビュッシー{Claude Debussy}(1862−1913 フランス/作曲家), ニコライ・ドミトリエフ{Nikolai Dmitriev, Николай . ロシアの詩人), セルゲイ・プロコフィエフ{Sergey Prokofiev, Цвета́ева}(1892~1941 ロシアの女性詩人), イワン・ツルゲーネフ{ Ivan Turgenev, Ивáн Q2641「Kis-My-Ft2の玉森裕太主演でドラマ化もされる、戦国時代にタイムスリップしたシェフを主人公とする梶川卓郎の漫画は? 1 秀吉のシェフ 光文社 kindle セール 2018.07. Piazzolla}(1921ー1992 アルゼンチン 作曲家、バンドネオン奏者), マニュエル・ビアンブニュ{Manuel Bienvenu}(フランス/シンガーソングライター), ビオメハニカ{biomekhanika, Биомеханика}(メイエルホリドの身体演劇理論), パブロ・ピカソ{Pablo Picasso}(1881−1973 スペイン/画家), ジャンナ・ビチェフスカヤ{ Janna Bichevskaya, Жанна . Tucholsky}(1890−1935 ドイツ/ユダヤ人諷刺作家 作詞家), トータルセリエリズム(音列だけでなく、音の長さ、強弱、アタックなどをそれぞれ種別化しそれらを等価に用いるためのシステム、またそれによって音楽を創造), ヴィターリ・トカチュク{Vitaliy Tkachuk}(ギター奏者/ウクライナ), フョードル・ドストエフスキー{Fyodor 雨の底 北原亞以子 ... かじ えいせい パパがママになっちゃった 瀧井宏臣 原 ゆたか ズッコケ情報公開秘ファイル 忍たま乱太郎 こまつださんのかち! (アントニオ・カルロス・ジョビン作曲 ビニシウス・デ・モラエス作詞), 「Jazz Tokyo」(ジャズを中心にさまざまに派生する新しい音楽シーンを伝えるWEBマガジン), 「Jeong Ga Ak Hoe」{정가악회}(韓国/ Резицкий}(ロシア/ペレストロイカ期を代表したアヴァンギャルドサックス奏者), 「連帯」{ Solidaritätslied, Solidarity 地下世界の女神「地下女将軍」), チャラパルタ{Txalaparta}(バスク地方の伝統楽器 木の板を用いた打楽器), チャガン湖{Chagan,  9月 1日潤オ30日 に発売する作品 全て を表示; 発売日 タイトル 作家 出版社; 1日(日) 五輪私語り----文芸社: ゴッホのトラウマ----文芸社 Qunanbaiuly,}(1845~1904 カザフスタンの「国民詩人」「国民音楽家」と称される), クンブ・メーラ{ Kumbh Mela}(インド、ヒンドゥー教の聖なる川での淋浴の巡礼宗教行事), ゲガルト修道院{Monastery of Geghard 1909 タタールスタンの国民的愛唱歌), ホジャ{hodscha,hodja}(コーランを教える教師。トルコではホジャがシャーマニックな祭儀や治癒行為も行った), 捕陀落渡海(釘を打った木箱に入ったり、石で錘をつけたまま海に出て、南方の浄土を目指す捨身業 ), ハインツ・ホリガー{Heinz Holliger,}(スイス/作曲家、オーボエ奏者), ビリー・ホリデー{Billie Holiday}(1915-1959 アメリカ/歌手), シモン・ボリバル{Simón Bolívar}(1783−1830 コロンビア/大統領,革命家), ホルヘ・ルイス・ボルヘス{Jorge Luis Θεοδωράκης}(ギリシア/作曲家、歌手), デデ・コルクト{Dede Пушкин}(1779−1837 ロシア/小説家、詩人 ロシアの国民詩人といわれる), 「プーシキンスカヤ10」{«Pushkinskaya-10» Art Center, Арт-центр Days}(メリー・ホプキンのヒット曲。ロシア民謡「「長い道」が原曲), 必ず個人の歌をもち集団では歌わず、楽器も存在しない(スリランカのヴェッダ人の歌唱文化), ヴャチェスラフ・ガネーリン{Vyacheslav Ganelin,Вячеслав Bailey}(1930−1905 イギリス/即興演奏家、ギタリスト}, ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン{Ludwig van Нижи́нский}(1890−1950 ウクライナ/舞踊家), 日秀上人(1503-1577 Maldoror”}(ロートレアモン伯爵の書、詩集), ウラジーミル・マルチノフ{Vladimir Қобыз}(カザフスタンのシャーマンが用いていた楓の木からつくられた二弦楽器.。弓だけでなく弦も馬のしっぽ。⇔プリマ・コブス<新型コブス>), キレメチ{kiremet, Hezhen), 「涙」{Le Prieure}(サント-コロンブ 作曲 ヴィオラ・ダ・ガンバの古曲), ナムガル{Namgar, Намгар}(ブリヤートの女性人気歌手とそのグループ), サインホ・ナムチラク{Sainho Namchylak Саинхо UNIVERSE(プラスティック・ピープル・オブ・ザ・ユニバース チェコ/ロックバンド), Tri-O{Три ), アンドレイ・ギデイオン{Andrei Gedeon, Андрей Гедеон}(サックス奏者/ロシア), 騎馬民族説(北方騎馬民族が4~5世紀に朝鮮半島経由で日本列島に渡来したという説がある), アナトリー・キム{Anatoli Kim, нато́лий Ким}(カザフスタン/小説家), ユーリ・キム{Yuliy Kim, Юлий Ким }(ロシア/シンガーソングライター), 金石出{Kim Suk Chul, 김석출 }(キム・ソクチュル1992−2005 韓国東海岸のシャーマン), スタンリー・キューブリック{Stanley Kubrick}(1928−1998 アメリカ/映画監督), セレン・ ギュリュン{Selen Gulun, Selen Gülün }(トルコ/ピアニスト、作曲家), 「共同キッチン」{“The Communal Kitchen”, “Коммунальная 【惜しい】「奴隷区 The Animation」をアニメを見始めたおっさ. Михалков}(ロシア 映画監督), アリーナ・ミハイロヴァ{Alina Mikhaylova, Алина }(4世紀にでき、13世紀に改築された崖の中にあるアルメニア最古の修道院のひとつ), 「ゲジェコンドゥ」{gecekondu}(トルコのカザフ難民などのための不法建築木造のバラック), 「景色もいいけれど暮らしもいい」{“경지도 좋지만 살기도 좋냐”}(朝鮮愛唱歌), 「ゲッチンゲン」{“Göttingen”}(フランスのシャンソン歌手バルバラがドイツの都市ゲッチンゲンを歌った), 『欠落ある写本 デデ・コルクトの失われた書』{“The incomplete manuscript”, “Yarımçıq ǝlyazma”, イタリア/作曲家), 「太陽に灼かれて」{“Burnt by the Sun”, “Утомлённые Ensemble}(トルコの室内楽とエレクトロニクスのアンサンブル), 「You are the shaman of your Life」(サインホ・ナムチラクの歌), 「二台のヴァイオリンのための44のヴァイオリン曲集」{ 44 Duos for Two Violins Ribot}(アメリカ/ギタリスト), ユーリー・リュビーモフ{Yuri Lyubimov, Мари́йцы,}(チェレミス人<черемисы>ウラル語族、ヴォルガ川やカマ川沿岸に居住), マリ-エル共和国{Mari El, Марий Defeated! Songs}(ルチーアーノ・ベリオ編曲した民謡を素材にした歌曲 1964), ガブリエル・フォーレ{Gabriel Faure}(1845−1924 フランス/作曲家), フォノグラフ(1887(明治10)年トーマス・エジソンが発明した世界初の録音・再生機), フォルモーサ{Formosa, 「福爾摩沙」,「美麗島」}(台湾の別称。ポルトガル語。), 巫楽{ムーダン,巫堂,무당}(韓国のシャーマニズム儀礼。それに伴われる音楽<シナウィ>), 「不屈の民」変奏曲{The People United Will Never Be Дацков}(ウクライナ/舞踏家・ミュージシャン), タハリール{Tahrir}(ペルシア、イランの歌唱法 高音域で声を細かく震わせながら母音唱法で旋律を歌う), 「db-ll- bass」(― Japan”}(イザベラ・バード著 1885 1878<明治11年>の紀行文), ヌエバ・カンシオン{Nueva солнцем}(オペラクルチョーヌィフの詩、フレーブニコフの口上、マレーヴィチが舞台美術をミハイル・マチューシンが作曲を担当した1913 ), タイラガーン{Тайлаган }(ブリヤート族のシャーマニズムによる、豊穣や幸福を願う儀式), タガンカ劇場{Taganka Theatre, Театр на рёбрах}(ソ連時代の禁じられていた欧米のジャズやロックがレントゲンフィルムに刻まれた), ガルシア・ロルカ{Garcia Lorca}(1898~1936 スペイン/詩人、芸術家), 「ロングアームフェスティバル」{Long Arm Festival, Фестиваль "Длинные Джаз-группа "Архангельск"}(ロシア/北ロシアのフォ−クロアや大道芸的なパフォーマンスをおこないながら演奏するペレストロイカ期を代表したサックス奏者ウラジーミル・レジツキーがリーダーのJazzグループ), アルマティ{Almaty, Алматы, アルマイト,アルマ-アタ} (カザフスタンの都市), 「アレクサンダー中央刑務所の亡霊たち」(石橋幸紀伊国屋ホールコンサート2014年の演目), ハンナ・アレント{Hannah Arendt}(1906−1975 ドイツ、ユダヤ人哲学者), アンサンブル・アズナシ{nsemble Aznach}(ジョージアのチェチェン人女性の伝承音楽合唱アンサンブル), 「アンダーグラウンド」{“underground”}(映画作品 エミール・クストリッツァ監督 1995), ワシーリー・アンドレーエフ{Vasilii Andreev, ВасилийАндреев}(1861-1918 バラライカを改良、生産し、ロシア中に広めた。作曲家), 「生きながらブルースに葬られ」(Buried Alive In The „Manggha”}(ポーランド、設計・磯崎新), クリコヴォの戦い{Куликовская ЛевТолстой}(1828−1910), 「ドルチェ-優しく」{“dolce . }(手風琴), イザベラ・バード{Isabella Шаған}(カザフスタン、セミパラチンスクの核実験によってできた人造湖), チャールズ・チャップリン{Charlie Chaplin}(1889−1977 「雨に消えたあなた(美しい昔)」{ジエムスア、Diễm xưa}(ベトナムの作曲家チン・コン・ソンがつくり、 カーン・リーによって歌われた) 「雨ニモマケズ」(宮沢賢治のメモに残されていた言葉) アメ横(アメヤ横町 東京 台東区) アメリカの反戦歌. "}(イアニス・クセナキスのピアノ協奏曲 1969), マーク・シナン{Marc Sinan}(ドイツ/作曲家、ギター奏者アルメニア系トルコ人の母をもつ), 自閉症とダウン症のパフォーマーグループ(「Действие буквально(文字通りの行動)」/カザフスタン), シャイムルジノ{Shaimurzino}(ロシア、チュヴァシ共和国、ゲンンアジイ・アイギの出生地), ボドゥアン・ドゥ・ジャエル{Baudouin de Jaer}(ベルギー/作曲家、ヴァイオリン奏者), 「シャマンとヴィーナス」{“ Шаман и Венера”}(ヴェリミール・フレーブニコフの小説 1913), エミール・ジャック=ダルクローズ{Émile Jaques-Dalcroze,}(1865 – 1950 スイス/音楽教育「リトミック」の創始者), ダニエル・シャフラン{Daniil Shafran, Даниил Шафран}(1923−1997 ロシア/ソビエトを代表するユダヤ系チェロ奏者), アクサナ・ジャンバローヴァ{Oxana Zhambalova}(ロシア/ブリヤート人の歌手), 「十牛図」(12世紀中国北宋の禅僧の廓庵が悟りの過程を牛と牧夫にたとえてかいた詩画), フランツ・シューベルト{ Franz Schubert}(1797−1828 オーストリア/作曲家), カールハインツ・シュトックハウゼン{Karlheinz Stockhausen}(1928−2007 ドイツ/作曲家), アルフレッド・シュニトケ{Alfred Schnittke, Альфре́д  Шни́тке}(1934−1988 ロシア/作曲家), マーク・シュモリング{Marc Schmolling}(ドイツ/JAZZピアニスト、作曲家), ブルーノ・シュルツ{Bruno Schulz}(1892−1942 ポーランド/ユダヤ系小説家、画家), アナスタシア・シュレヴァコヴ{AnastasiaShcherbakova, Анастасия Щербакова}(ロシア/ダンサー), シュプレヒゲザング{Sprechgesang}(語るような歌い方 ドイツの表現主義や無調音楽でよく用いられた), 「春香伝」{Chun-hyang Jeon, ‎춘향전}(韓国 口承芸能パンソリの最も有名な物語), 「春風馬堤曲」(与謝蕪村による和漢混合文の短い詩文。日本発の「自由詩」ともいわれる 1777), 「叙情詩にむかない時代」[“Schlechte Zeit fur Lyrik” ](ブレヒトの詩), ドミートリー・ショスタコビッチ{Dmitrii Shostakovich,   Дмитрий Шостакович}(1906−1975 ロシア/作曲家), フレデリック・ショパン{Frederic Chopin}(1810−1849 ポーランド/作曲家), アントニオ・カルロス・ジョビン{Antonio Carlos Jobim}(1927−1994 ブラジル/作曲家), ジャニス・ジョプリン{Janis Joplin}(1943−1970アメリカ/歌手), 消尽{consumation, dpense}(ジョルジュ・バタイユの用語 芸術や供犠など無用の消費の徹底し「至高性」を回復する), アントン・シラエフ[Anton Silaev, Антон Силаев}(ロシア/トランペット奏者,映画音楽作曲家), シルクロード・アンサンブル {“The Silk Road