高齢運転者の交通事故の現状. 9:00~19:00までご相談を受け付けております。首都圏最大級の弁護士 とはいえ、交通事故で高齢者が死亡当事者となるのは加害者よりも被害者となるケースの方が多いと考えられます。 では、交通事故で高齢者が死亡被害者となる割合は、実際のところどれくらいなのでしょうか? 警察庁が公表している過去10年間の交通事故の死亡者総数とそのうちの65歳以上の高齢者 … しかし、高齢者による死亡事故、そのものが少ないわけではありません。 運転免許証を持っている人10万人当たりの死亡事故の割合を見ると、「75歳未満」は1.4件なのに対して、「75歳以上」では3.1件と、ほぼ倍の割合です。 日本の高齢者人口の割合は、世界で最高(201の国・地域中) 2019年の高齢者の総人口に占める割合を比較すると、日本(28.4%)は世界で最も高く、次いでイタリア(23.0%)、ポルトガル(22.4%)、フィンランド(22.1%)などとなっています。(表3、図2) 警察庁のまとめによると、2018年に発生したバイクや車による死亡事故のうち、75歳以上のドライバーが過失の最も重い「第一当事者」となった事故は、前年より42件増えて460件だった。全体の14.8%を占め、過去最高の割合になった。社会の高齢化が進むなか、高齢運転者の事故対策強化が一段と求められる。, 死亡事故460件を類型別にみると、電柱などに衝突する「工作物衝突」が94件、「出会い頭衝突」が85件、「正面衝突」が70件など。, 免許人口10万人あたりの死亡事故件数をみると、75歳未満は3.7件(17年は3.4件)だったのに対し、75歳以上は8.2件(同7.7件)、80歳以上では11.1件(同10.6件)など、年齢が上がるほど事故を起こしやすいことが如実に現れている。, 犠牲者も高齢者の割合が高い。交通事故全体の死者数は前年比4.4%減の3532人と過去最少だったものの、うち65歳以上の高齢者の減少率は2.7%と小さく、全体に占める割合は前年の54.7%から55.7%に上昇した。総数のうち約半数の1711人が歩行中または自転車乗車中に死亡しているが、その約7割は65歳以上の高齢者だった。, 高齢者 まず、総人口と後期高齢者(75歳以上)の人口の推移をみてみましょう。 後期高齢者の割合が10年で1.4倍 になってることがわかります。 車両単独事故における当事者の年齢別・人的要因別割合 ※2007年事故データより ¾ 高齢者(65~74歳)および高齢者(75歳以上)は一般成人に比べて「前方不注 意」および「操作の誤り」の割合が増える … 交通安全, 交通事故死者の件数は減少しているが、その中で、高齢者による死亡事故の割合が増えている。高齢化が一段と進む中で、対策が求められている。. 参考・総務省統計局「人口推計・年齢別人口」より筆者作成. 交通事故で死亡する高齢者の割合は高い!?その原因や特徴、死亡慰謝料の相場とは? 2018-03-15 | 更新日:2019-01-23; 交通事故, 高齢者 2006年には高齢者運転による死亡事故の割合は 7.4% でしたが、2016に年は全体の 13.5% にまで上がっており、今後も上昇傾向にあります。 このように 高齢者運転による交通事故の割合がどんどん増加している のは、データ上も明らかになっています。 高齢者以外の割合とも傾向は大きく異なり(例えば高齢者以外の歩行中による法令違反別区分の最上位は酩酊(酔っ払い状態)などによるものである)、「自分自身の身体能力への過信、思い違い」が死亡事故の引き金の主要因であることが分かる。 警察庁 2018年5月末に起きた、神奈川県茅ヶ崎市で90歳の女性が運転する車が起こした死傷事故のニュースが記憶に残っている方も多いことでしょう。, その事故以外でも、高速道路の逆走など、高齢ドライバーによる事故のニュースを頻繁に目にするようになってきました。, 75歳でも若いときと同様の運転ができる人もいれば、60歳前後から判断力や認知機能が低下し始める人もいます。そのため年齢だけを見て一概に「高齢ドライバーは危険」などと決めつけることはもちろんできません。, しかし年齢とともに認知機能などが衰えてくるのは当然のことですから、本人はもちろん家族など周りの人も、高齢ドライバーの運転には注意を払う必要があります。, このような事故が増える原因は、年齢を重ねると「動体視力」「聴力」「複数の情報を同時に処理する」「瞬時に判断して行動に移す」などのような「身体機能」が少しずつ衰えてくるためです。, また、身体機能のみならず、加齢に伴う「認知機能」の低下も懸念のひとつです。平成28年に認知機能検査を受けた高齢者約166万人のうち、約5.1万人は認知機能が低下しているというデータが出ています。, 身体機能も認知機能も、年齢を重ねると少しずつ衰え、運転に支障を来す可能性が出てくるということですね。, 高齢ドライバーの事故は比較的大きく報道されることも多いため、「高齢ドライバーの事故は多い」というイメージが付きがちですが、ここでは警察庁の平成29年交通事故統計データから、事故の多い年齢層について調べてみました。, 1位と2位は「免許を取ったばかりの若い層」が一番事故を起こしやすいということで、ここは納得です。, また、個人差があるとはいえ大抵の人は80歳を超えると身体に何らかの不調が出てきます。その年齢層も事故を起こしやすい、というのも納得がいくでしょう。, 一方、65歳~69歳や70歳~74歳の事故件数はほかの年代(30代~50代)とさほど変わらない、という数字も出ています。75歳~79歳になると数字はやや増えています。, 前項は「免許保有者10万人あたり」でしたが、今度は実際の純粋な交通事故の件数を見てみましょう。, このように20代~40代の事故件数がトップ3になっており、80歳以上による交通事故は全年代を通して一番少なくなっています。これは単純に「80歳以上の運転者の数自体が少ないから」とも言えます。, 事故のきっかけになるような出来事があったときに判断力が低下している状態だと、最善の策をとることができず被害を大きくしてしまい死亡につながっている、ということも考えられます。, 「死亡事故の件数」に注目してデータを見ると、死亡事故の数が一番多いのは40代、次いで50代、60代と続きます。, 70歳以上になると運転者の数も減ってきますから、件数だけを見ると上位には入りません。, 今後「高齢者」とされる人の数は増えていく一方でしょうから、このまま横ばい状態が続くのであれば、むしろ高齢者の事故の割合は減っている、とさえ言えるかもしれません。, とはいえ、高齢になった自分の親や祖父母が外出先で交通事故を起こしたら…そう考えると家族は心配になってしまいます。, 「高齢ドライバーは免許返納すべき」という意見もあります。実際、神奈川県茅ヶ崎市で死傷事故を起こした90歳の女性は、事故の前に家族と免許返納についての話をしていたと報道されています。, 希望者には身分証明書として使える「運転経歴証明書」が交付されます。この場合は手数料が必要です。, 一方で、「自分はまだまだ大丈夫、周りに何を言われても免許は返納したくない、ずっと車を使いたい」という高齢者も多いのが実情です。, 「危ないよ、運転はもうしないで」などと返納を強要すると、ドライバーの尊厳を傷つけることにもなってしまいます。, また、地方在住の場合、「車以外の移動手段がまったく無いので免許は返納できない」という人もいます。, 非常に難しい問題ですが、大切なのは「本人が納得して返納すること」です。決して無理強いはしてはいけません。, 「高齢ドライバーが起こした交通事故」のニュースはセンセーショナルに扱われがちです。, 高齢化がすすむ現代社会において「高齢ドライバーの事故」について考えるのはもちろん大切なことですが、大々的なニュースやそれに基づいて形成されたイメージにばかりとらわれて声高に「免許を返納しろ」と叫ぶだけでは何も変わりません。, 警察庁が公開している交通事故のデータを見たことはありますか?見たことがないという方は警察庁のウェブサイトでぜひ一度見てみてください。, 交通事故でお悩みがある方、保険会社への対応でお困りの方は、お気軽にご相談ください。, 弁護士法人 泉総合法律事務所 平成19年には13%だった高齢者の事故割合は平成28年には22.3%にまで上昇しています。これだけを見ると確かに全事故における高齢者の占める割合は高まっています。 高齢者の事故の割合は6年間で4.6%増。 高齢化が進んでいるのだから、全事故に対する高齢者の事故比率が上がるのはあたりまえのことです そこで人口構成に左右されない免許保有者10万人あたりの事故件数を確認します。 「原付以上運転者(第1当事者)の年齢層別免許保有者10万人当たり交通事故件数の推移」 運転免許所持者10万人あ … 高齢化社会 高齢者施設での事故は、介護現場で人手が足らず、入居者へのサポート・見守りが不十分になっているということが原因の1つです。 そして人手不足に陥っている一因として、 「介護報酬が想定している人員配置割合が、現場の実情に即していない」ということが挙げられます。 後期高齢者(75歳以上)の人口は10年で1.4倍. 免許人口10万人あたりの死亡事故件数をみると、75歳未満は3.7件(17年は3.4件)だったのに対し、75歳以上は8.2件(同7.7件)、80歳以上では11.1件(同10.6件)など、年齢が上がるほど事故を起こしやすいことが如実に現れている。 事故全体に占める高齢運転者の事故割合(パーセント) 16.9: 17.6: 17.9: 18.0: 18.1: 警視庁交通総務課統計 . 事故を起こしているのでしょう。 高齢者で免許を持つ人10万人当たりの死亡事故件数は、 75歳未満では約4件ですが、75歳以上では約9件と 2倍になっています。 ネットワークでご依頼者様をお迎えいたします。お気軽にお問い合わせください。. 原付以上の車両が第1原因となる交通死亡事故件数及び高齢者構成比(pdf:211kb)(別ウィンドウで開きます) 運転に不安を感じていませんか? 東京都内の交通事故の20%近くが高齢者ドライバー関連という調査結果が出るほど、高齢者の交通事故が増えています。主な原因は「発見の遅れ」。「長年運転しているから大丈夫」と過信せずに行動することが大切です。 Copyright Ⓒ 弁護士法人 泉総合法律事務所 All Rights Reserved. 交通安全意識の浸透や自動車の安全性能の向上などにより、交通事故による死者数は年々減少傾向にある一方で、 65歳以上の高齢者が占める割合は年々高く なっています。 平成24年の1年間に交通事故で亡くなった方は約4,400人。� 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-1 近鉄銀座中央通りビル5階 代表電話番号:03-6263-9944, 泉総合法律事務所は、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪に全39拠点展開しています。 今何かと話題になっている、高齢者による痛ましい自動車事故。事故全体の年齢層の割合を見ても85歳以上がダントツではあるのだが、それ以降は意外と年齢順ではなかったのだ。一向に減らない自動車事故。どのようにしたら未然に防ぐことができるのだろうか? 2018年に交通死亡事故を起こした75歳以上のドライバーで直近に認知機能検査を受検した人を調べたところ、49.2%にあたる204人が「認知症の恐れ」か「認知機能低下の恐れ」との判定を受けていたことが18日、警察庁の集計で分かった。 交通事故 独立行政法人国民生活センターによると、医療機関ネットワークへ報告された平成22年12月から平成24年12月末までの20歳以上の事故件数は1,631件、そのうち65歳以上の事故は669件1)で全体の約4割を占めています。 事故の発生場所をみると、65歳以上の事故のうち、住宅内で起こった事故は516件で65歳以上の事故全体の77.1%を占めます。20歳以上65歳未満の住宅内事故は687件、71.4%1)で住宅内事故の発生率は65歳以上の高齢者の方がやや多くなっています(図1、表1)。 交通事故の過失割合は、事故状況に合う裁判例をもとに修正要素なども考慮しながら決めていきます。過失割合によって賠償額は大きく左右されますので、示談交渉時の大きなポイントとなります。この記事では、事故状況別の過失割合や過失割合で揉めている際の対応などを解説します。 【ソニー損保公式】交通事故に遭ったとき、保険会社の担当者が話し合い過失割合を決定します。自動車同士の接触事故を起こした場合は? 自転車で事故を起こした場合は? 実際の裁判例を基準に交通事故の過失割合をご紹介。 原付以上の車両が第1原因となる交通死亡事故件数及び高齢者構成比. 事故件数そのものは減っている、もしくは横ばい状態 が続いています。 今後「高齢者」とされる人の数は増えていく一方でしょうから、このまま横ばい状態が続くのであれば、むしろ高齢者の事故の割合は減っている、とさえ言えるかもしれません。 全交通事故件数及び高齢者関連交通事故件数はともに減少傾向を示していますが、全交通事故件数に占める高齢者が関連する交通事故件数の割合は、年々増加しています。 ※高齢者…65歳以上の人をいう。 高齢者の皆さん 信号は必ず守りましょう。 全支店が駅から近くて好アクセスです。平日は9:00~21:00、土日祝日も