駐車スペースを作るには、車が載る部分を整地する費用と舗装する費用が必要です。加えて、ブロック塀や植木など、現在庭にあるものを撤去する場合は、撤去費用が必要となります。また残土が出た場合はその処分費用も必要です。 この項では、駐車スペースにしたい場所に、ブロック塀や植木など、既存のものがある場合に、それらを撤去するためにはどの程度の費用が必要なのかについてご説明します。 都市部では公共交通機関の利便性が高いため車を持たない人も多く、マンションの機械式駐車場も半分近く空車…なんてことも珍しくありません。 「契約者が減って月々のメンテナンス費用が賄えない…」 「機械式駐車場メンテナンス費用の相場っていくらくらいなの?」 「機械式駐車場の耐 「駐車場経営は自分の土地活用の選択肢に入ってくるのか?」 このページでは駐車場経営の7つメリット、2つのデメリットを紹介しながら、上記の問いに全力でお答えしています。. 駐車場の経営を運営委託せずにご自身で資金用意の上、機械設置・運営を行います。 比較的高い収益を期待できますが、土地の整備・機械のメンテナンス・集金等のランニングコストを算出し、収支計画を策定するなどが必要となります。 また、駐車場の利用促進に関する告知活動や保守・防� 初期費用がそれほど掛からず、手軽に始められることから、遊休地を持っている人におすすめの土地活用です。 ここでは駐車場を開設するために必要な機器代や工事費用などの相場について紹介しています。, 駐車場経営を始めるためには初期費用が発生します。更地を駐車場として使えるようにするための費用やコインパーキングのロックプレート、精算機などの機械の設置費用などです。, 契約形態により費用負担がオーナーかパートナー会社になるのかなど変わりますが、土地所有者としてその内容や費用ついて知っておくことは重要です。, 購入の場合、初期費用の相場は5台~10台規模の駐車場で300~400万円程度と言われていますが、もちろん台数や取引する業者によって違います。以下に紹介する費用は目安として考えてください。, できるだけお金をかけたくない場合でも更地のままでは駐車場を開設できません。最低でも平坦にすることと車の重量を分散させるための砕石工事などは行わなければいけません。, コインパーキングではさらに耐久性を上げるためにアスファルト舗装やコンクリート舗装が必要になります。, その場合、工程としては平坦にして砕石するまでは同じで、その上に舗装を行うので費用は追加で上がります。, コインパーキングの場合は無人管理が基本となるため、精算機やロック板、看板などの機械代や設置費用がかかります。, こうした設備に関しては一括購入するだけでなくリースやレンタルに対応している業者もありますので事前に相談するとよいでしょう。, またロック板にもフラップ板、前面ロックプレートなど様々な種類があり、最近ではナンバー認識システムを導入したロックレスタイプもあります。, 駐車場を運営する期間によっても選択する機械も変わりますので、自主管理の場合は綿密な収支計画を立てた上で導入することをおすすめします。, この他にもセキュリティー向上のために防犯カメラを設置するなど周辺環境に合わせて必要な機器を選ぶようにしてください。, 通常フラップ式のコインパーキングは100坪以下の土地で活用されることが多くなります。100坪の土地をコインパーキングにする場合、具体的にどのくらいの費用がかかるのか計算してみましょう。, 100坪は330㎡なのでアスファルト舗装の場合、4,500円/㎡として計算すると、1,485,000円。5,000円/㎡として計算すると1,650,000円です。, コンクリート舗装の場合、8,000円/㎡として計算すると、2,640,000円。10,000円/㎡として計算すると3,300,000円です。コインパーキングにするには、この費用に機械設置費用が追加となります。, 舗装費用と合わせると、合計3,535,000円~5,585,000円ほどとなります。, 道路と土地の形がよく串刺し型の駐車場にできる場合は14台ほど駐車することができます。この場合、ロック板10万円×4枚が増えるので、計算では舗装費用と合わせて、合計3,935,000円~5,985,000円ほどとなります。, また、すでに舗装済みの土地でコインパーキングを始めるなら舗装費用はもちろん必要ありありません。, コインパーキングを検討する場合はもっと狭い土地を活かしたいというケースも多いでしょう。次は50坪で計算してみます。, 50坪165㎡として、整地費用はアスファルト舗装の場合、4,500円/㎡として計算すると、742,000円。7台駐車できると過程して、機械設置費用が1,750,000円。合計2,492,000円からとなります。コンクリート舗装の場合、8,000円/㎡として計算して1,320,000円。機械設置費用との合計が3,070,000円から。, 舗装費用は面積が広くなるほど単価が安くなる傾向はあり、また地域によって費用が大きく異なる場合もあります。土地によっては深く採掘しなくてはいけない可能性があり、都道府県、地域よって残土処分費用が高くなる可能性もあります。土地が狭い場合はもう少し多めにかかる場合もあるでしょう。, アパートや賃貸住宅を建てて運用するよりはコインパーキングの初期費用は少ないのですが、未舗装(砕石)タイプの月極駐車場に比較すればかなり多くの資金が必要になります。, コインパーキングを自力で経営する場合は、もとが取れるのかしっかり考える必要があります。, 一括借り上げシステムを提供しているパートナー業者と、一括借り上げの契約をする場合はほぼ初期費用はかかりません。(土地の規模や立地条件によって初期費用の悲嘆が必要な場合があります。), 一括借り上げシステムは土地に対して賃料を支払う、一定額を支払う固定型が多くなります。といっても必ず定額方式で契約しなくてはいけないとは限らず、サポート業者によっては、売上に応じて一定割合の賃料を支払ってもらえる方式や、固定と変動のミックスしたタイプの支払い方式を採用しているところ、機械類のレンタルが可能なところなど、様々なプランが用意されているところもあります。, 非常に立地が良い土地であれば自分で経営したほうが利益の上限がない分有利になります。, ですが、施工までをサポートしてくれて自分で運用できるか選択できるパートナー業者もあるので、どの程度の初期費用がかかるのか、その土地に対して何台くらいの駐車場が適切なのか、手間なく簡単に目安を知ることができます。また土地活用のプロが、利益が出ると見込める土地なのかを知ることもできるでしょう。, 立地に不安がある人や、ローンを組んでまでコインパーキングを運営していく自信がないという場合、手間をかけずにサイドビジネスとして取り組みたい場合などには、パートナー業者にまず相談してみるといいでしょう。, 借り上げと自主管理が選べて24時間の管理サポート!初めての運営でも資産税対策なども含めしっかり指導してくれます。, 24時間のクレーム対応や集金時ごとにゴミの回収や清掃をしてくれる。そのほか周辺のペーキングの料金調査なども対応!, ※このサイトについてこのサイトで公開しているランキングや会社情報は、本気で駐車場経営を検討している管理者が個人的に収集・調査したものです(2017年10月現在)。最新の情報は必ず、公式サイトで確認してください。. 初めまして。私は会社員の男性ですが教えて戴きたいことがあります。今度、住宅ローンで月極駐車場を購入し貸し出します。駐車場の年間収入が40万円弱位ありそうなので不動産所得として確定申告をすることになると思いますが、その際の必 駐車場に砂利を敷く場合には選ぶ砂利の種類や面積によって費用は大きく変わります。しかし、駐車場の砂利の種類や面積に対する費用はわかりにくいですよね?そこで今回は、駐車場の砂利の費用をdiyした場合と業者に依頼した場合で比較して紹介します。 駐車場のコンクリートの費用の4台分では、一般的に平米単価となります。またコンクリートの厚みによって単価が変わります。駐車場で使用される厚みは10cm〜12cmが最も多いです。 【参考費用】庭に駐車場にするコンクリートを流す費用:約8,000円〜14,000円/㎡ 駐車場経営の特徴と仕組み. 駐車場経営を始めるにあたって、初期費用がどの程度かかるのかを知っておくことは不可欠です。 初期費用の種類 駐車場経営をスタートするには、土地の整地・舗装や、コインパーキングの場合であれば機器の購入・工事といった準備が必要であり、それらに応じた費用がかかります。 後ほど詳しく説明しますが、駐車場経営は費用がかからない、手間が少なくて済むといった理由で土地活用の初心者にも向いていると言われています。 しかし、これは駐車場経営に限らず、すべての土地活用に言えることですが土地活用はビジネスです。多かれ少なかれリスクは背負うことに� 駐車場経営にかかる初期費用(工事費用など) ここでは駐車場を開設するために必要な機器代や工事費用などの相場について紹介しています。 駐車場経営を始める際に必要な初期費用. 駐車場経営の収益は、「月極駐車場」、「時間貸し駐車場の運営会社への賃貸」、「時間貸し駐車場の自営」の順番に高くなっていきます。 ただ、自営が少し難しいと感じた方は、「 HOME4U 土地活用 」を使って運営会社に賃貸するところから始めるのが良いでしょう。 アスファルト舗装:約1,500円/㎡(掘削+残土処分+砕石)+3,000円/㎡(施工費用)=4,500~5,000円/㎡, コンクリート舗装:約2,000円/㎡(掘削+残土処分+砕石)+6,000円/㎡(施工費用)=8,000~10,000円/㎡. 土木関係のお仕事の方にお伺いします。65坪の畑を駐車場にしたいと思っています。業者に見積もりを出してもらったら94万と言われました。これは妥当な金額なのでしょうか?土を出して、15cmのジャリをひいて4cmのアスファルト ︎ 駐車場経営のメリットに関する記事はこちら ︎ 固定� タイムズ駐車場の場合、初期費用ゼロ、ランニングコストゼロ、安定収入等、様々なメリットがあります。オーナー様には、メリットとデメリットをご理解いただいた上で、ご検討いただいております。土地活用として駐車場経営をお考えの際はタイムズ24にお問い合わせください。 庭を駐車場にしたい方必見!費用や注意点をご紹介!。リフォームに関する知っていると役立つ豆知識・知っておきたいポイントをリフォーム場所ごとにご紹介。ぜひリフォームする際のご参考にしてくだ … 駐車場の車止めの費用. 手持ちの使っていない土地がある場合には、駐車場経営を視野に入れて土地活用を考えると良いでしょう。, 駐車場経営は少ない予算・ローリスクで始めることが出来る、魅力ある不動産投資の一つになります。, しかし、いざ駐車場を開業しようと思っても、初期費用として最初にどのくらいの資金が必要になるのか分からないのではないでしょうか?, 「駐車場経営を始めたいけど、初期費用で掛かる相場って具体的にどれくらいになるのかが知りたい!」, というあなたに、安定収入を見込める駐車場経営の初期費用や相場を詳しくご紹介していきます!, 現在、あなたに活用出来ていない手持ちの土地があるのであれば、『駐車場経営による土地活用で安定収入を得る』という選択肢があります。, 駐車場経営は、ローリスクで始められるので敷居が低いという面が最大のメリットになりますね。, まず駐車場経営の魅力は、なんと言っても初期投資の費用が安くすませられるというメリットです。, 駐車場経営の中でも、「どのような業態でマネタイズしていくのか?」によって、当然掛かる初期費用に変動はあるものの、それでも他の不動産で展開する事業と比較すると、とても少額な初期投資からスタートさせることができます。, 駐車場経営の場合、マンション賃貸活用や戸建て賃貸活用などに必要となる、『管理や運用のノウハウや難しい知識』がなくても始められます。, 車を止めることが出来る広さのある土地さえあれば、すぐにでも始めることができるという『お手軽な土地活用』といった特徴があります。, などなど、土地活用で悩まれているオーナーさんにこそオススメしたいのが、駐車場経営になります。, 上記でもお伝えしましたが、駐車場経営は『初期費用が少ない』、『難しい専門知識はいらない』という点が大きなメリットになります。, 仮に駐車場経営に失敗してしまったとしても『損失が小さくてすむ』、そしてその後の『土地の転用が容易』なことも魅力的なポイントと言えるでしょう。, といった場合には、駐車場経営を始めるという選択肢がローリスクでお手軽だと感じることが出来たと思います。, でも駐車場経営を始める際に、どのくらい設備を充実させるのか?経営業態は?によって初期費用の相場額は変わってきます。, 次からは、駐車場経営をするにあたって、だいたいどのくらいの金額が初期費用の相場になるのか、ケースごとに見ていきたいと思います。, では実際に、駐車場を経営しようと思った時の初期投資の費用相場はいくらくらいになるのかを見ていきましょう!, どのような駐車場にするかによって、初期費用の相場が変わってきますので、だいたいの目安として参考にしてみてください。, ただ、更地の状態から雑草などを除草したり、均し(ならし)たりしただけでは、まだ駐車場として使用する事ができません。, 上記の整地作業を行うと、1㎡(平方メートル)当たりに掛かる整地費用の相場は下のとおりです。, 地域差にもよるので一概には言えませんが、おおよそ別途【700~1,000円/㎡】くらいが相場になります。, ですので、未舗装の場合よりも5cm分深く掘削することになりますし、掘り返した後に残る処分が必要な土の量も増えますので、掘削単価と残土処分費が高くなります。, アスファルト舗装をする場合の、1㎡(平方メートル)当たりに掛かる整地費用の相場は下のとおりです。, 上記の整地費用に加えて、アスファルト舗装の施工費用は、おおよそ【3,000円/㎡】くらいが相場になります。, コンクリート舗装の場合は、コンクリートの厚みを10cmにすることが多いですので、未舗装の場合よりもさらに10cm深く掘削してもらうことになります。, コンクリート舗装をする場合の、1㎡(平方メートル)当たりに掛かる整地費用の相場は下のとおりです。, 掘削400円/㎡+残土処分1,200円/㎡+砕石実費360円/㎡=1,960円/㎡, 上記の整地費用に加えて、コンクリート舗装の施工費用は、おおよそ【6,000円/㎡】くらいが相場になります。, コンクリートはアスファルトに比べると、倍近くのコストがかかる為に費用がかさみやすいです。, というのも、コンクリートは収縮作用でヒビ割れを起こしやすい性質を持っているので、ワイヤーメッシュ(溶接金網)で補強する必要がある為です。, その後、コンクリート舗装した駐車場から土地活用のやり換えを行いたいなど、土地の転用の際にはコストが高くつく傾向があります。, それ以外にも、ケースに合わせて必要になる設備がいくつかありますので、確認しておきましょう。, 先程も少し触れましたが、未舗装タイプの駐車場にした場合、駐車スペースの区分けをする為に、区画用ロープ(通称:トラロープ)を用いてライン引きをします。, 通販やホームセンターで探すと、安いものでは【10円/m】くらいで見つけることができます。, 合わせて、ロープを固定するスチールペグ・ステンレスペグですが、こちらも通販やホームセンターで【200~300円/本】で見つけることができます。, 業者にお願いすると数万円ほど費用が必要になりますが、自分でロープを張ることで材料費の実費だけで済ませることが可能です。, 駐車場をアスファルト舗装やコンクリート舗装した場合は、駐車スペースの区画分けの為にライン引きをしなければいけません。, 白ラインには、シングルタイプ・囲みタイプ・アメリカンタイプとありますが、施工費用は【約5~7万円/5台分一式】ほどが相場となります。, 車止めブロックについては、【3,500円/個】くらいで見積もっておくと良いと思います。, 歩道と車道の段差を無くして、駐車場を使用してくれる車が出入りしやすいようにする工事になります。, 歩道は公共の部分になりますので、道路承認工事に該当しますので、整地を依頼した業者にそのままお願いすることが多いです。, 一般的には、歩道の切り下げを行うことが出来る幅は4mまでと定められていて、この場合に掛かる費用の相場は業者や地域によって異なりますが【50~100万円】ほどとなります。, 月極駐車場の経営を考えている場合は、整地をしてもらう必要があるため初期費用が必要になるので、ある程度の予算を確保しておかないといけません。, また、駐車場経営は利回りが比較的高く、初期投資した分は1年以内~数年で回収できることが多くなりますが、立地によって条件は大きく左右されます。, 駅近や商業施設周辺にある土地であれば、月極よりも次項でご紹介するコインパーキングを経営する方が利回りが良くなったりします。, 逆に、住宅街や郊外であれば月極駐車場を選択した方が、利回りが高くなる傾向にありますので、お手持ちの土地の立地をしっかりと把握しておきましょう。, 月極駐車場の場合は、整地さえしてしまえばその他の初期費用は掛かりませんので、先ほどお伝えしたこちらで整地に掛かる費用の相場を確認しておくと良いですよ。, 一括借上げシステムとは、コインパーキングの運営会社に貸し出して、毎月の土地の賃料をもらうという仕組みになります。, 一般的には、土地を提供するだけで機器の購入、設置、工事まで運営会社が行ってくれますので、コインパーキングに必須の設備投資などの費用は一切かかることはありません。, ですが、貸し出す前に土地の整地が事前に必要な場合は【貸主側(オーナー側)】で負担しなければいけないことが多いです。, ということは、【貸主側(オーナー側)】の初期費用の負担額が【0円】で始められる可能性もありますので、こちらのようなサービスを利用して、数多くのコインパーキング運営会社に一括で問い合わせてみるのがベストです。, 自分でコインパーキングを運営するして駐車場経営を行う場合には、精算機やロック板などの機器類を購入し設置します。, 初期費用として『機器類の設備投資』にコストが掛かってしまいますが、コインパーキング経営で得た収益は全てオーナーの収入となります。, 機械の購入代金として、おおよそ【300万円/10台当たり】が相場となりますので、立地などの条件で大きな収益を見込めそうな時でない限り、自営型のコインパーキング経営は避けた方が無難です。, 保守管理を自分で行うことも出来ますが、業者に頼んだ場合の相場は【月々2万円~】となります。, 駐車場経営をする上で、やはり気になるのは『どのくらいの費用で駐車場経営を始めることが出来るのか』ということですよね。, 駐車場経営は、初期投資額を少なく抑えつつも、利回りが高い魅力ある土地活用の方法の一つです。, ローリスクで始めることができるので、土地を持て余しているオーナーさんは、その後の転用もしやすい駐車場経営を視野に入れて考えてみましょう。, 歩道縁石の切り下げ工事は思った以上に高額な金額となる為、不動産投資(駐車場経営や駐車場付き戸建て賃貸など)を考えて土地購入予定の場合は、車が出入りする歩道の切り下げ部分の有無や位置を確認した上で購入する方が良いでしょう。. 1階店舗・倉庫をお持ちのオーナー様方、土地をもっと有効利用したい方にご提案です。 敷地に接する道路の幅が十分にあり、間口が広く、車が出入りしやすい ; これらの条件が整っている土地であれば、駐車場経営に向いていると言えます。 ただし、これも駐車場の規模で条件が違ってきます。機械式や立体式のように大規模なものになると専門業者に依頼して車の通行量(曜日� 「駐車場経営で開業」する時に初期費用や投資金額はどれくらい必要になるのか相場を分かりやすく一覧表でご紹介。初期費用を少ない金額で抑える為にも駐車場を開業するまでに掛かる経営資金の相場を把握しておきましょう! 駐車場の車止めの費用では、車止め本体価格に2個セットで約6,000円〜8,000円かかり、施工費用に約10,000円〜20,000円が相場となります。 【参考費用】駐車場の車止めの費用:約16,000円〜28,000円 駐車場工事どこに頼めばいいの? 気になっていた空き家を何とかしないといけなくなる。でも、空き家を解体した後で土地を売る予定もない。更地のままにしておくと税金が高くなるとも。こんなとき最初に思いつくのが「駐車場」。でも、本当に空き家を解体した後、駐車場にするのはリスクの低い土地活用のなのかというと このようなケースの場合、警察に電話してレッカー移動をお願いしたいところですが、下記で述べるような犯罪を構成するような悪質な場合はともかく、残念ながら警察は私有地内の問題については原則不介入という立場です(民事不介入)。しかしながらまずは警察にそのRV車が盗難車であるかの問い合わせをするとよいと思います。盗難車であれば刑事事件として警察で対応してくれるからです。 警察が対応してくれない場合 … 住宅でいえば駐車場に停める車の台数は2台が一番多いようです。そこで、2台分の駐車場を作る際にかかる費用はいくらか?をご紹介しています。これから、駐車場工事をお考えの方は是非ともご覧くださ … Copyright (C)駐車場経営で安定収入!成功ガイド All Rights Reserved. 月極駐車場経営の初期費用は、経営することになる駐車場の面積と舗装タイプによって大きく変動します。参考までに、各補装タイプの費用相場と、200平米(㎡)※の駐車場を舗装する際のおおまかな費用をまとめておきました。 ※200平米(㎡)の場合、8~10台ほど停車できます。 ●舗装タイプ一覧と費用相場 舗装タイプ以外に歩道縁石の切り下げ工事※を行ったりする必要があるため、追加で30~100万円ほどかかります。しかしそれでも、数百万円で始められるのは月極駐車場の大きなメリットです。 … 駐車場経営とは、使っていない土地に駐車場を作る土地活用です。 作った駐車場を利用した人たちから駐車料金を徴収し、その利用料が収益になります。. 結論からいうと、駐車場経営は以下の方にかなりおすすめです。. 月極駐車場を経営するにあたり収入見込みや初期費用を把握する必要があります。失敗しない経営をする為にもランニングコストや利回り、委託管理について最低限の知識を付けましょう。月極駐車場に関して解説をします ︎長い目で見ると月極駐車場の方がコインパーキングよりも利益をあげることができる. ひとえに「駐車場」といっても、その種類は様々です。具体的には、以下のような種類があります。 今回は、外構工事における駐車場工事で最も人気のあるコンクリート工事に焦点を当てて深堀していきましょう。 同じコンクリート工事であっても、施工費用を大幅に安くすることができますので、ぜひ参考にしてください。 ですから土地を持っていれば自分で駐車場を経営 せ ... ︎月極駐車場の場合、個人でも経営しやすて、初期費用は比較的安くて抑えることができる . バイク駐車場経営のご提案を、 資産管理会社の達仁が、 高利回りの成功実績を大公開します!! バイク駐車場をご存知ですか? バイク駐車場のご提案. 街で見かけるコインパーキングや月極駐車場は、「簡単に不労所得が得られて羨ましい」と感じるかもしれませんが、実際は土地を買ってまでの駐車場経営は非常に難しいです。そこでこの記事では「土地購入からの駐車場経営」を成功させるための土地選びのポイントを紹介 駐車場経営の収入を上げることは難しいため、初期費用を抑えて利回りを高くするようにしてください。 特に、駐車場の場合賃貸経営とは異なり、車を停めるだけです。そのため、初期費用を抑えても品質に影響することはあまりありません。 駐車場経営は、基本的に「開始するにあたっての、免許、資格、営業の届け出」は必要ありません。 基本的には駐車場やコインパーキングの経営につての、免許や資格はありません。 営業の届け出や、申請に関しても、基本的には一切必要ありません。 駐車場経営は少ない初期費用で始められるので、資産運用としてもおすすめです。 一気に大きく稼ぐわけではありませんが、はじめにしっかりとした計画を立てて実行すれば、 ローリスクで長く収益を上げることができる方法 ですね。 相続で得た土地など「使わずに空いている場所」がある�