原色大辞典は1997年にオープンしたネットの色見本サイトです。 9種類の色見本と色に関する各種サービスから構成されています。 パープル味を帯びたものは、他の宝石にはない幻想的な色味に思わず見入ってしまうほど。, 河原宝飾さん(@jwkawahara)がシェアした投稿 – 2018年 7月月23日午後10時44分PDT, 紫の宝石のなかでも高価な「ヴァイオレット・サファイア」。 日本で発見されたものはうぐいす色でしたが、紫色のものが有名。, 「チャロアイト」は、油彩画のような白と紫が混ざり合ったマーブル模様が特徴の宝石。 和風・古風な雰囲気があるかもしれない苗字。掲載基準は管理人の主観。 創作向けなので実在しない苗字もあります。 アメシストにタンザナイト、ネフライトにスギライトなど、紫の宝石の魅力をお届けします。, 紫の宝石といえば「アメシスト」。 硬度が低く、劈開をもつため、ジュエリーとして仕立てられる数はほかの宝石と比べて少ない宝石。, ソーダライトの変種であり、紫外線を浴びると色が変化する不思議な宝石「ハックマナイト」。 ただし、引用元をしっかり明記していただければ記事の一部コピーも構いません。, 当サイトは管理人kokaが趣味のために運営しているwebサイトです。そのため、このサイトに掲載している伝統色などの情報は、可能な限り正確なものを掲載するよう努力しておりますが、その正確性や適切性を確約するものではありません。, 当サイトの情報を用いて行う一切の行為により被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねますので、ご理解の程宜しくお願い致します。, 濃色(こきいろ)とは、紫根染めを何度も繰り返し染められた黒みがかった深い紫色のことです。色名の由来は最も濃い紫色というこ …, 本紫(ほんむらさき)とは、紫根染めで染められたあざやかな紫色のことです。 紫根染は古くからの『紫色』の染色法で、ムラサキ …, 青紫(あおむらさき)とは、青みを帯びた鮮やかな紫色のことです。平安時代の歴史物語『栄花物語』にも記された古くからの伝統色 …, 小紫(こむらさき)とは、コムラサキの実のような渋めの濃い紫色のことです。小紫といえば、一般的には植物や蝶の名前、または歌 …, 桑の実色(くわのみいろ)とは、その名のとおり熟した桑の実のような暗い赤紫色のことです。桑の実を使って染められた色で、英名 …, 紺藤(こんふじ)とは、青みの強い渋い青紫色のことです。古くからの伝統色である『藤色』を紺がからせた変相色。平安の頃から女 …, 青藤(あおふじ)とは、青がかった藤色のことで、青みの強いうすい青紫色のことです。藤色の派生色。 『藤色 』は藤の花の色に …, 淡藤色(あわふじいろ)とは、うすく淡い青紫色のことです。優しく女性らしい『藤色』をさらに淡くした色で、『うすふじいろ』と …, 淡紅藤(うすべにふじ)とは、やや赤みをふくんだ薄い紫色のことです。 江戸時代後期に流行した『紅藤色』の派生色。『薄紅藤』 …, 至極色(しごくいろ)とは、極めて黒に近い深い赤紫色のことです。『深紫』の別名。 飛鳥時代の持統朝の頃には『黒紫』とも表記 …, 白菫色(しろすみれいろ)とは、白菫の花のようなほとんど白に近い紫色のことです。 菫の花は万葉の頃より愛された草花ですが、 …, 紫檀色(したんいろ)とは、紫檀の材のような深く暗い赤みの紫色のことです。紫檀とはインド、スリランカ原産のマメ科の常緑高木 …, 京藤(きょうふじ)とは、紅がかった濃い藤色で、明るく渋い紅紫色のことです。古来より女性に人気の『藤色』の派生色ですが、染 …, 薄藤(うすふじ)とは、伝統色の藤色をより薄くした淡い青紫色のことです。色名が見られるようになるのは江戸時代から。『藤色』 …, 紅桔梗(べにききょう)とは、桔梗色に紅を重ね染めした色味の濃い紅紫色のことです。 江戸時代から見られるようになった色名で …, 若紫(わかむらさき)とは、明るい紅みの紫色のことです。若紫は『源氏物語』にもみられる有名な色名ですが、当時は色名としては …, 葵色(あおいいろ)とは、葵の花のような灰色がかった明るい紫色のことです。平安の頃からの古い色名。葵の花は白や紅、紫、黄、 …, 藤紫(ふじむらさき)とは、藤の花のような明るい青紫色のことです。平安の頃より女性に人気の高い『藤色』と、高貴な色の象徴で …, 藤納戸(ふじなんど)とは、灰味を帯びた淡い青紫色のことです。『藤御納戸』とも。落ち着きのある大人びた印象の色合いから現代 …, 古代紫(こだいむらさき)とは、わずかに赤味を帯びた、くすんだ紫色のことです。紫草という多年草の根による紫根染めで染められ …, 二人静(ふたりしずか)とは、暗く渋い紅紫色のことです。二人静の「静」とは源義経の愛妾「静御前」のこと。色名の由来は、室町 …, 竜胆色(りんどういろ)とは、竜胆の花のような薄い青紫色のことです。 竜胆は日本の山野に自生するリンドウ科の多年草。桔梗と …, 紫式部(むらさきしきぶ)とは、紫式部の実のような赤みのある渋い紫色のことです。紫式部は山野に自生するクマツヅラ科の低木で …, 藍色鳩羽(あいいろはとば)とは、文字通り「藍色がかった鳩羽色」の意味で、青味がかった鈍い紫色のことです。... …, 鳩羽色(はとばいろ)とは、鳩の羽のような灰味がかった薄い青紫色のことです。明治以降は着物の色として流行し、現代でも和服や …, 今紫(いまむらさき)とは、青味を帯びた鮮やかな紫色のことです。一般的に「江戸紫」として知られており、歌舞伎の「助六」が頭 …, 葡萄染(えびぞめ)とは、赤味がかった少し薄い紫色のことです。葡萄葛 えびかずらの熟した実のような色で、紫草の根を用いて染 …, 半色(はしたいろ)とは、深紫と浅紫の中間の紫色のことです。「半」というのは中間の意味で「端」とも書かれました。 #半色 …, 藤鼠(ふじねずみ)とは、薄い紫の藤色を鼠がからせたような落ち着いた雰囲気の青紫色のことです。江戸中期より婦人の和服の地色 …, 滅紫(めっし)とは、灰味のある暗い紫色のことです。色名の「滅」は、「けし」とも読み、赤味や紫味などの色がとれて黒味のくす …, 梅紫(うめむらさき)とは、鈍い赤紫色のことで紅藤 べにふじをさらに紅色がからせた色合いです。ちなみに、色名の「梅」とは紅 …, 黒紅梅(くろべにうめ)とは、赤味がかった黒、または黒味がかった赤色のことです。江戸前期から高価な小袖の地色として愛用され …, 藤煤竹(ふじすすたけ)とは、藤色がかった煤竹色で、赤味の暗い灰紫色のことです。「藤煤竹」の染色は、貞享4年(1687)の …, 黒紅(くろべにいろ)とは、赤味がかった黒、または黒味がかった赤色のことです。江戸前期の寛文(1661〜72)年間には高価 …, 葡萄鼠(ぶどうねずみ)とは、葡萄の色を鼠がからせた鈍い赤紫のことです。浮世絵に描かれた着物の地色によく見られる色で、古代 …, 紅藤(べにふじ)とは、紅がかった藤色のことで、赤みの淡い紫色です。藤色の派生色。染色方法は藍を薄く下染めし、紅花で上掛け …, 深紫(こきむらさき)とは、黒味がかった深い紫色のことです。紫草の根を何度も繰り返し染めることでこの色は染められました。 …, 紫紺(しこん)とは、紺色がかった暗めの紫色のことです。紫草の根で染めていたことから「紫根」と書かれていました。「紫紺」は …, 京紫(きょうむらさき)とは、京都で染めた紫の意で、赤みがかった紫色のことです。古から伝わる正統的な紫根染の紫色であり、『 …, 茄子紺(なすこん)とは、夏野菜として親しまれている茄子の実のような紫味の濃い紺色のことです。 …, 紫苑色(しおんいろ)とは、紫苑の花の色のような少し青みのある薄い紫色のことです。紫苑はキク科シオン属の多年草で、古名を「 …, 二藍(ふたあい)とは、藍の上に紅花を染め重ねた明るく渋い青紫色のことです。古くは紅のことを『紅藍(くれない)』と表記し、 …, 牡丹色(ぼたんいろ)とは、春から夏のはじめにかけて咲く牡丹の花びらのような紫紅色のことです。 …, 浅紫(あさむらさき)とは、薄い紫色のことで、薄紫(うすむらさき)ともいいます。 …, 葡萄色(えびいろ)とは、山葡萄の熟した実のような暗い赤紫色のこと。または、薄く渋い紅色のことです。『葡萄』は「えび」と読 …, 江戸紫(えどむらさき)とは、江戸で染められた紫の意で、青みをおびた紫のことです。代表的なものに歌舞伎の『助六由縁江戸桜』 …, 菖蒲色(あやめいろ)とは、花菖蒲の紫の花の色に似た赤味がかった紫色のことです。 …, 紫(むらさき)とは、青と赤の中間色で菫(すみれ)のような色のことです。寒色のひとつ。虹を構成する七色でもあります。 …, 杜若(かきつばた)とは、菖蒲色よりも赤みの強い紫色のことです。江戸時代には「江戸紫」の名で親しまれていました。 …, 藤色(ふじいろ)とは、藤の花からきた色名で淡い青みのある紫色のことです。古くから馴染み深い色であり、『若紫』とも呼ばれま …, 桔梗色(ききょういろ)とは、桔梗の花のような青みを帯びた紫色のことです。平安時代から愛されていた色名で、青紫の代表的な伝 …, 菫色(すみれいろ)とは、菫の花の色からきた色名で、やや青味の濃い紫色のことです。 …, 赤紫(あかむらさき)とは、牡丹や躑躅のような赤みが強い鮮やかな紫色、または暗く渋い紅色のことです。古代では茜と紫根を用い …. ±ã„由来のものなど、さまざまな種類をご紹介します。 青みの強い紫から赤みがかった紫までみることができます。, スピネルは赤以外にも、青や橙、そして紫まで幅広い色をもつ宝石。 今回は、日本らしい和風な苗字(名字)を一覧にしてご紹介します。 日本の苗字は30万以上の種類があるというのはご存知の方も多いと聞きます。 でも、30万以上もある苗字ですが、一つ一つの苗字から受けるイメージって異なると思い・・・ い色です。食料品を扱うお店のイメージカラーに多いのは家族を思い描いてのものです。家庭的な暖かいイメージは橙色が雰囲気を作ります。 橙色が暗くなれば茶色になります。明るくなればベージュや肌色になり色の領域は広 … 紫系関連の伝統色「57色」の一覧です。詳細な説明と読み方、色見本&カラーコードをご紹介しています。英語版の説明あり。|伝統色のいろは479色の由来。 色を連想させる漢字を使ったり、色の名前にちなんで名付ける方法は、昔からある命名法です。 色をイメージした名前はわかりやすく、華やかな印象を与えます。 それぞれの色が持ってりうイメージをうまく名前に織り込むことで、子供自身・・・ 原色大辞典とは. ャンプーを使ってもいまいち効果が実感できなかった」という方にもおすすめです。 翡翠といえば緑のイメージですが、アメリカでは紫の方が好まれており、日本でも徐々に支持を集めている宝石です。, 内側からにじむような優しい色合いの「パープル・カルセドニー」。 紫外線を浴びない状態では白っぽい紫で、浴びると青紫から濃い鮮やかな色味に変化。, 河原宝飾さん(@jwkawahara)がシェアした投稿 – 2018年12月月15日午後11時14分PST, 1944年の日本で、杉健一氏により発見された新しい宝石「スギライト」。 模様がはっきりとしたものが人気が高い傾向にあります。, 日本では「ラベンダー翡翠」の名称で知られています。 い紫から赤みがかった紫までみることができます。 バイオレット・スピネル. 霧がかかったような柔らかい紫は、カボションカットやビーズでゼリーのようなツヤ感も感じられます。, また、近年発見された新種の「グレープ・カルセドニー」は、球状の結晶が連なった形状とその色味がまるでぶどうの房のよう。, Instagram協力:河原宝飾  http://www.jw-kawahara.com/, 大学卒業後、ジュエリー専門学校にてメイキングとデザインを学ぶ。ジュエリーセレクトショップ・百貨店にて販売員経験あり。あなたとジュエリー・アクセサリーとの距離を縮める記事をお届けします。, マーケティングディレクター、ジュエリーに詳しいライター、女性メディアライター、ジュエリーデザイナーなどによる専門チーム。, 【アラフォーの服装】冠婚葬祭・卒業式・学校説明会…「今どきの服装マナーがわかる」特集. 古代ローマや、飛鳥時代には紫の染料は希少であったことから、身分の高い者が身につけるにふさわしいとして紫は尊ばれてきました。, また、代表的な紫の宝石アメシストも、サファイアやルビーよりも特別だとされている時代もあったのです。, 今回は色石シリーズ第七弾! インクルージョンも少なく、大きなカット石をリーズナブルに楽しめる2月の誕生石。 シトリンとのバイカラーである「アメトリン」も人気があります。, ブルー系の宝石でもご紹介した「タンザナイト」。 このサイトが気に入った、役に立ったと思われた方は、Amazon・楽天で買い物をする際はぜひ下記のバナーをタップしてからお買い物をお願いいたします。, こちらからお買い物をしていただきますと、私に価格の1%相当のポイントが入ります。もちろんその分、高くなるようなことはありません。, いただいたポイントは今後のサイト運営のための書籍代や運営費、モチベーションにつながりますので、ご協力いただけますと嬉しいです。, こんにちは、管理人のkokaです。 普段はデザイン,web,プログラムの仕事をしながら、日本の伝統色の研究をしています。イベントでは着物姿でプレゼンしたり、伝統色しおりを配ったりしています。, このサイトは伝統色研究家の管理人が、日本の伝統色の意味や由来、歴史などをもっと広く知ってもらいたいと思い作った趣味のサイトです。少しでも和の色を好きになってもらえれば幸いです。, 当サイト「日本の色」のコンテンツの複写、及びそれに類する行為は、デジタルミレニアム著作権法およびその他の適用される知的財産法に基づく著作権侵害に該当いたしますので、ご遠慮ください。無断転載・無断引用は禁止しています。 紫色のスピネルは「バイオレット・スピネル」とも呼ばれ、灰色がかった紫からピンクよりの華やかな紫までを堪能できます。, 原石の美しさもさることながら、縞目が美しい「フローライト」。 スピネルは赤以外にも、青や橙、そして紫まで幅広い色をもつ宝石。 スイートピーの花言葉を知っていますか。スイートピーという名前は知っていても、なかなかその花言葉までは知る機会は少ないでしょう。この記事では、スイートピーの花言葉についてご紹介します。この記事を読めば、スイートピーの花言葉について詳しくなれます。 黒色系統に属する色の名前と、その色見本を表示しています。黒色は、「白」「赤」「青」と同じく、日本最古の色彩の一つとして現代に受け継が … 透明度の高い紫や、ミルキーな色味まで多様な紫をみることができます。 黒色系統の名前. 今回は、女の子なら憧れるかも!というかわいい苗字を一覧にしてご紹介します。 苗字には、羨ましい~!!とやきもちをやいちゃうくらいにかわいい苗字が存在します。 かわいさがギュギュ~っと詰まった苗字、なんとかして手に入れたい・・・