確定申告書の第三表(分離課税)、第四表を入力したい 現状、確定申告書の第三表(分離課税)、第四表などについては対応がございません。 今後の検討・開発をお待ちいただければ幸いです。 事業収入・不動産収入以外の収入の入力方法を知りたい 確定申告をするために必要な書類は、1.確定申告書用紙2.確定申告書に添付しなければならない書類3.確定申告書を記入するための書類の3種類に分けることができます。今回は、確定申告の書類3種類がどのような役割を果たしているのかを解説するとともに、入手方法についても紹介します。 所得税確定申告書(第一表・第二表・第三表・第四表)の記載方法は、国税庁ホームページの確定申告に関する手引き等 を参照してください。 手引きの記載内容や個々の事例確認については、最寄りの税務署へ確認をお願いします。 確定申告書b 第一表. 申告書第四表(損失申告用)付表(東日本大震災の被災者の方用)【平成25年分】(pdfファイル/81kb) 申告書第五表(修正申告用・別表)【平成29年分以降用】(pdfファイル/520kb) 申告書第五表(修正申告用・別表)【平成26年分以降用】(pdfファイル/487kb) 確定申告書bの書き方. 確定申告書bは個人事業主や不動産収入のある人向けの用紙です。会社員や年金受給者の場合には、記入項目数が少ない申告書aの方が使いやすいでしょう。これに対して、確定申告書bは汎用性があるので誰でも使うことができる申告書であるといえます。 確定申告書bは、株などの譲渡所得がある人が使う書式。サラリーマンなどの給与所得者を例に、申告書bの書き方を解説します。源泉徴収票と照らし合わせながら書けば、意外と簡単に仕上げられますよ。 確定申告書bの書き方についてです。用紙は申告書b、第二表、第三表の3枚が最低必要となります。 第二表には所得の内訳等、第三表には退職金の所得に関する記載を行ってください。 【確定申告書第一表】 ・その他>未納付の所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額「53」 配当割額控除額 【確定申告書第二表】 ・住民税・事業税に関する事項>配当割額控除額. 確定申告の用紙はいつ、どこで入手できるのか。確定申告書aと確定申告書bのどちらを選べばいいのか。申告書第三表、収支内訳書、青色申告決算書は必要か。そんな確定申告の用紙に関するさまざまな疑問を税理士の渋田貴正先生が解説します。 確定申告書b 第一表は、1回目の確定申告のときにも提出しているので、お馴染みの書類なはずです。 ちなみに修正申告の場合は、第二表の提出は必要ありません。 まずは国税庁hpからダウンロードします。 所得税の確定申告を国税庁のHPから作成していますが使用する様式についてわからないので教えてください。事業所得は赤字、長期譲渡(一般)所得は黒字で納付する税額もあります。ただ国税庁のHPから申告書を作成していくと出来上がる 1 確定申告で、昨年平成28年11月に障害者手帳貰った時 平成29年の確定できますか。; 2 所得税 確定申告書 第三表と第四表について ; 3 確定申告の控除について質問です。 平成28年12月の国民健康保険料が平成29年1月4日に銀行引き落と 4 個人事業主で青色申告初心者です。 申告書第四表(損失申告用)付表(東日本大震災の被災者の方用)【平成26年分】(pdfファイル/79kb) 申告書第五表(修正申告用・別表)【令和元年分以降用】(pdfファイル/293kb) 申告書第五表(修正申告用・別表)【平成29年分以降用】(pdfファイル/520kb) 負債の利子 【確定申告書第三表】 ・所得金額「66」