シャルドネは白ワインを造るブドウの代表品種。この記事では、シャルドネの魅力とオススメのワインをご紹介します。造り手や土壌によって味わいが大きく変わるシャルドネ。そのシャルドネで造られたワインもバリエーション豊かです。その理由について徹底解説します。 白ワインに合う人気のおつまみレシピ☆特集!白ワインはこれからの季節よく冷やして飲めば、さっぱりと喉の乾きも潤いますよね。そこで今回は白ワインに合うようなおすすめレシピをたくさん紹介しま … 世界中を魅了する白ワインの王様「シャルドネ」の特徴や合う料理、おすすめのワインをご紹介します。 シャルドネの特徴 フランス ブルゴーニュ地方原産の代表的な白ワイン用ブドウ品種。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 料理に合うワインで迷ってしまいませんか?こちらは普段作る家庭料理にも合わせやすい白ワイン「ビコーズ・アイム・シャルドネ・フロム・サザンフランス」について解説した記事となっています。ワイン初心者に優しく理解できるラベルと味わいなので、是非1度お試しください。 シャルドネは、フランスのブルゴーニュ地方を原産とする白ワイン用ブドウ品種。ブルゴーニュの名醸ワインから大量生産される安価なテーブルワイン、また、シャンパーニュ等の発泡性ワインと幅広いスタイルのワインを生みます。 ブドウの生育については、発芽が早いため春霜の危険を被りやすいというリスクがありますが、早熟で寒冷地でも適合することから、ブドウ栽培の限界地区以外ならどこでも比較的容易に生育、成熟させることができます。そのため、世界中のワイン産地で栽培されています … シャルドネワインはアルコール度数が13.5~14%と高めの商品が多いので、パーティーなどでワインを選ぶときにはアルコール度数もチェックしてくださいね。 私の一押しシャルドネ白ワイン♪. 「肉には赤ワイン」という考え方があります。たしかに赤ワインに合いやすい肉料理が多いのは事実ですが、実際には、さまざまな理由で白ワインが肉に合うケースもあります。以下に、白ワインを肉に合わせやすいパターンをご紹介します。 シードルと白ワインを使ってフルーツの風味を加えたブライン液が、七面鳥のしっとり感と美味しさを引き立てる秘訣です。ブライン作業は七面鳥を焼く2日前に始めます。カリフォルニア・シャルドネまたはメルローと一緒にお楽しみください。 [CDATA[ 樽熟成のワイン。それは、選ぶのが難しいジャンルの一つです。白ワインは樽で熟成させることでその香りが映り、得も言われぬ味わいになります。美しく輝く黄金色に、香ばしい香りにコクのある味わい。バナナやバニラ、ナッツを思わせる風味は樽熟成ワインの醍 楽天が運営する楽天レシピ。白ワインのレシピ検索結果 19,970品、人気順。1番人気は♪簡単イタリアン!レモンバターのチキンソテー!定番レシピからアレンジ料理までいろいろな味付けや調理法をランキング形式でご覧いただけます。 シャルドネは、世界でもっとも知られた白ワイン用の品種です。 これからの季節はbbqなどにもぴったりですね。シャルドネは、こっくりしっかり味付けしたお料理に。クリーム系やバター系など。赤ワインが苦手な方は、お肉料理にも合わせられる厚みのある白、シャルドネがおすすめですね」(本橋さん) 繊細な旨みを引き出すエレガントなシャルドネ. シャルドネは白ブドウの中でも特に有名な品種だ。他の品種のように強い個性は持ち合わせないニュートラルなブドウといわれる。しかし産地や造り手などによって味わいは大きく変化し、高級ワインからテーブルワインまで幅広いワインを生み出している。 ここでは、シャルドネにあう料理や産地、香り、度数、値段別、日本産のシャルドネを使ったワインの紹介をしていきます! それでは、はじまり〜はじまり〜 シャルドネとは? 「白ワインの女王」 マコネ地区が原産!? シャルドネの果実と色合い 白ワイン用ブドウ品種の代表格 シャルドネは、果皮が緑色の白ワイン用ブドウ品種の代表格です。フランス東部ブルゴーニュ地方原産で、マコネにあるシャルドネ村で生まれたともいわれますが、真偽のほどは確かではありません。 ワインの白ブドウ品種で最も知名度と人気が高いのは「シャルドネ」でしょう。 しかし一方で、シャルドネ種のワインは特徴を表現しにくいワインでもあります。 ぜひこの記事でシャルドネの個性を知るヒントを押さえて、シャルドネのワインをこれまで以上に美味しく楽しみましょう。 2018年05月. オーガニックワイン専門店マヴィのワイン通販サイト。このページでは「白ワイン」を紹介しています。マヴィは認証付きオーガニックワインのみを200種類以上も取り揃えているオンラインショップです。 白ワインに合う人気のおつまみレシピ☆特集!白ワインはこれからの季節よく冷やして飲めば、さっぱりと喉の乾きも潤いますよね。そこで今回は白ワインに合うようなおすすめレシピをたくさ … 料理に合うワインで迷ってしまいませんか?こちらは普段作る家庭料理にも合わせやすい白ワイン「ビコーズ・アイム・シャルドネ・フロム・サザンフランス」について解説した記事となっています。ワイン初心者に優しく理解できるラベルと味わいなので、是非1度お試しください。 キャンティ. 白ワインといえば、やはりフランスでしょうか。それともイタリア? 安旨なチリ? 日本をあげる方もいらっしゃるかもしれません。オーストラリアの白ワイン、シャルドネと言われても、ピンと来ないという方も多いのでは?今回はそんなあなたのために、オース 料理の味を邪魔しない辛口の白ワインが大好き! 奈良県在中の事務職「こじかちゃん」(40代・女)です。 今回はお財布にやさしい 「アルパカ・シャルドネ・セミヨン」白ワイン について シャルドネは白ワインを造るブドウの代表品種。この記事では、シャルドネの魅力とオススメのワインをご紹介します。造り手や土壌によって味わいが大きく変わるシャルドネ。そのシャルドネで造られたワインもバリエーション豊かです。その理由について徹底解説します。 鯛のソテー 桜白ワインクリームソース. オイルサーディンと松の実と新玉ねぎのキッシュ. ワインの白ブドウ品種で最も知名度と人気が高いのは「シャルドネ」でしょう。 しかし一方で、シャルドネ種のワインは特徴を表現しにくいワインでもあります。 ぜひこの記事でシャルドネの個性を知るヒントを押さえて、シャルドネのワインをこれまで以上に美味しく楽しみましょう。 お家で白ワインを飲もうと思っても、どんな料理を用意したらいいのか分からない!というあなたのためにぴったりな料理や作り方など、白ワインに合う魚料理と肉料理、おつまみの3つのカテゴリーに分けて、おすすめの人気レシピを各5選ずつご紹介します。 ワインが好きな方も、そうでない方も、誰もが耳にしたことのある「シャルドネ」。このシャルドネとは、白ワイン用のぶどうの品種のことをさしています。 ワインといえば赤が重要視される風潮の中、知名度の高さで白の代表として君臨するのが「シャルドネ」である。一口にシャルドネといっても、魅力は多岐にわたる。フランスのブルゴーニュ地方が発祥とされるが、現在では世界各地で栽培されており、驚くほどバリエーションが多い。 シャブリは、ブルゴーニュ地方の白ワインを代表する存在です。6つの地区からなるブルゴーニュワインの中で土壌にも強い個性をもつシャブリについて、味の特長や格付けなどをご紹介しています。シャブリのシャープな味わいに合わせやすい、おすすめの料理の例もあげています。 「もっと!ワイン」のホームページです。世界各国のこだわりのワインや和酒、食品などの情報や、皆様の豊かな食文化や食生活の向上のために取組むモトックスの活動についてご紹介します。 鯛のソテー 桜白ワインクリームソース. シードルと白ワインを使ってフルーツの風味を加えたブライン液が、七面鳥のしっとり感と美味しさを引き立てる秘訣です。ブライン作業は七面鳥を焼く2日前に始めます。カリフォルニア・シャルドネまたはメルローと一緒にお楽しみください。 白ワインといえば、定番の「シャルドネ」。白ワイン用ブドウで最も多く栽培されている品種です。シャルドネは、気候が温暖でも冷涼でも育つ品種で、できるワインのタイプはさまざまです。多くのワインがあるので、どれを選べばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか? 良い白ワインが手元にあるときや、白ワインを飲みたい気分のとき、折角ならその白ワインを美味しい料理と共に楽しみたいですよね。ここでは、白ワインに合う、ちょっとオシャレで見栄えのする料理と、そのレシピで管理人がこれぞ!と思うものをご紹介します。 チリ産安くて美味しいワイン ~白ワインPart1~ サンタ・バイ・サンタ・カロリーナ2015. 日本のあわ 甲州&シャルドネの商品ページです。繊細で『和』のニュアンスのある甲州にリッチな味わいのシャルドネによるさわやかさとふくよかさを併せ持つスパークリングワイン。drinx(ドリンクス)はkirin(キリン)の公式通販サイトです。限定商品やギフト商品多数。 樽熟成のワイン。それは、選ぶのが難しいジャンルの一つです。白ワインは樽で熟成させることでその香りが映り、得も言われぬ味わいになります。美しく輝く黄金色に、香ばしい香りにコクのある味わい。バナナやバニラ、ナッツを思わせる風味は樽熟成ワインの醍 // ]]>, ワインの銘柄名にしばしば登場するシャルドネは、シャルドネと呼ばれるブドウの品種を原料に使った白ワインです。シャルドネは、白ブドウの品種でもとくに扱いやすく、いろいろなアレンジができることから「白ワインの女王」として高い評価を得ています。アルコール度数は13〜15%のケースが多いようです。, 一説によると、この品種はフランスのブルゴーニュ地方にあるマコネ地区が原産と言われています。マコネ地区にあるシャルドネ村では、古くからブドウの栽培がおこなわれてきました。アメリカの大学でおこなわれたDNAの解析で、シャルドネはブドウの自然交配によって生まれた品種であることが明らかになっています。 シャルドネの祖先と言われているのが、赤ワインに使われるピノ・ノワールとグエ・ブランの2種類です。グエ・ブランは中世の頃にフランスで栽培されていた品種で、現代ではほとんど作られていません。, 白ブドウであるシャルドネの果実は、透明な黄色の実が緑色の果皮に包まれています。仕上がったシャルドネのワインも、透明感のある黄金色です。シャルドネを造るときには、樽発酵やマロラクティック発酵などのいろいろな方法を組み合わせることが多いです。オークの樽を使った発酵や熟成はとくに有名な製法です。, シャルドネは酸味がやや強く、繊細な味わいが魅力の品種です。テイストにクセが少ないことから、シャルドネは栽培された土地や製造方法によって味わい、香りが変わる傾向があります。, 例えば、比較的涼しいフランスのブルゴーニュ地方やアメリカのカリフォルニア地方ロス・カーネロス地区などで生産されるシャルドネは、すっきりとした香りや軽くフルーティーな味わいが楽しめることが多いです。冷涼な地域で作られたシャルドネには、リンゴやスモモ、柑橘系のフルーツの香りがするものもあります。, オーストラリアやニュージーランドなどの暖かい地方で生産されるシャルドネは、ふくよかな香りや甘くコクのあるテイストが楽しめるのが特徴になっています。桃やメロン、パイナップルなどの香りがするシャルドネも多く、リッチなテイストが味わえるのが魅力です。, シャルドネは、製造方法によってもテイストが変わってきます。バニラやナッツなどの温かみのあるテイストが味わえるのが、オークの樽で発酵させたシャルドネや乳酸菌を使ってマロラクティック発酵をしたシャルドネです。ステンレス製の樽で発酵させたシャルドネは、シャルドネならではのシャープな味わいが楽しめます。, ワインのシャルドネは、フランスをはじめ、アメリカやオーストラリアなどの世界各国で生産されています。, 名産地として有名なのが、フランス東部のブルゴーニュ地方です。ブルゴーニュ地方では、コート・ドール県やシャブリ地区でシャルドネの生産が盛んです。ブラン・ド・ブランなどのシャンパンに広く用いられているシャルドネのブドウは、フランスのシャンパーニュ地方でも多く生産されています。, 大陸性気候のブルゴーニュ地方は雨が少なく、年間を通じて穏やかな気候に恵まれているのが特徴です。 ブルゴーニュ地方のコート・ドール県の土壌は、石灰岩と泥炭岩です。日当たりのよい畑では、たくさんのブドウが栽培されています。シャブリ地区は、石灰岩とキンメリジャンと呼ばれる白亜質の土壌です。ブルゴーニュ地方の北側にあるシャブリ地区は涼しい気候が特徴で、シャープな味わいの白ワインが作られることで有名です。, フランス北部にあるシャンパーニュ地方は、年間の平均気温が10度から16度前後と低く、冷涼な気候が特徴になっています。フランスでは、ブルゴーニュ地方がワインの生産の北限です。この地方の石灰岩の土壌からは、ミネラルが豊富で酸味のあるブドウが作られます。, シャルドネは、いろいろな料理との組み合わせが楽しめるワインです。銘柄によってテイストが変わるため、相性のよい食材の幅は広いと言えます。初心者でも比較的トライしやすいのが、魚介類とシャルドネの組み合わせです。例えば、ワイン蒸しにした白身魚にフルーティーなシャルドネを合わせると、魚の繊細なテイストが引き立つことが多いです。, また、牡蠣の料理と辛口のシャルドネのシャブリも王道の組み合わせです。シャブリのすっきりとしたテイストが牡蠣や付け合わせのレモンの風味を引き立ててくれるとして、この組み合わせは人気を得ています。, オークの樽で発酵させたシャルドネやマロラクティック発酵のシャルドネは、バターやクリームを使った料理との相性がよいと言われています。鶏肉のクリーム煮やローストポークのリンゴ添えなどは、シャルドネと比較的合わせやすいメニューです。, 樽発酵やマロラクティック発酵のシャルドネは、概して口当たりがソフトでコクがあります。このようなテイストのワインは、バターやクリームのリッチなテイストを引き立ててくれます。適度な酸味があるシャルドネは、バターや生クリームの重さをほどよく和らげてくれるのも魅力です。, 1,000円以下の手ごろな価格で購入できるのが、チリ産の「ペリート・シャルドネ」です。子犬のイラストがラベルにデザインされたこちらのワインは、Amazonなどでも人気の商品です。レモンや洋ナシを彷彿させるフルーティーなテイストが特徴で、ポテトサラダなどの料理によく合います。「ペットの子犬のように毎日愛されたい」という願いが込められたこのワインは、シャルドネを試してみたい初心者にとっても利用しやすい商品です。, 「ピエール&レミー・ゴーティエ シャルドネ」も、1,000円以下のシャルドネです。このワインは、フランスのブルゴーニュ地方にあるアルベール・ビショー社が、ワイン造りに力を注いだゴーティエ家の功績をたたえて発売しています。アルベール・ビショー社は、1831年創業のブルゴーニュの老舗メゾンです。ワインは南フランスのシャルドネを使っているのが特徴で、白い花や柑橘類のフレッシュな香りが楽しめます。, 3,000円以下で買えるシャルドネでは、「ブレッド&バターシャルドネカリフォルニア」が人気です。アメリカのカリフォルニア州で生産されているこちらのワインは、辛口でありながらもコクがあり、魚介の料理からクリームを使った料理まで幅広く合わせられるのが特徴になっています。クレームブリュレのような甘い香りが魅力のこの銘柄は、アメリカ大統領のランチミーティングでもオンリストされた実績があります。, 「中央葡萄酒グレイスシャルドネ」も、人気のシャルドネです。楽天のサイトで5,000円以下の価格がついているこの商品は、山梨県の勝沼町にある中央葡萄酒が製造しているシャルドネのワインです。山梨県勝沼町は、日本のワインの名産地として知られています。原料には、山梨県北杜町にある自社農場で生産されたシャルドネが使われており、フレンチオークの樽で10カ月間の発酵がおこなわれました。「中央葡萄酒グレイスシャルドネ」は、ソフトでまろやかなテイストが楽しめる一品です。, 「オーベールシャルドネリッチヴィンヤード」も人気の商品です。20,000円台で販売されており、パーカーポイントでも高得点を獲得しているカリフォルニアのシャルドネです。「オーベールシャルドネリッチヴィンヤード」は、アメリカのメーカーであるオーベールが製造しています。価格はヴィンテージの年によって少し前後しますが、通販では20,000円前後で販売されている銘柄が多いです。, 今回は、シャルドネとは?香りや味、合う料理も徹底解説!というテーマで記事を書きました。, シャルドネについて詳しくなったらぜひ読みながら一杯飲んでみてくださいね。もっと知識が深まりますよ!, 【 日本 白ワイン 】グレイス シャルドネ 750ml / 山梨県 中央葡萄酒 【 5176 】【 贈り物 ギフト プレゼント バレンタイン 】. ャルスポンサー, キリンホールディングス株式会社, 商品の原材料・栄養成分等一覧を見る, キリングループお問い合わせ一覧, ラベルからワインの味をイメージする, ノンアルコール・ワインテイスト飲料, キリリと切れ味のある芳醇で豊かな味わい, 寒い地域はレモンやライム、温暖な地域ではトロピカルフルーツにナッツやバターの香りも, 「アゲアゲの楽しい気分になりたい」ときにぴったり。芳醇でコクのある味わいがリッチな気分に誘ってくれます♪. 辛口白ワインは食事の味を邪魔せず、料理に合わせやすいのがポイントです。甘みが少なく酸味がやや強いのが特徴で、スッキリと引き締まった味わいが楽しめます。 食事と甘い飲み物を一緒に飲むのが苦手な方には、辛口白ワインがおすすめ。 ワイン好きな方は、シャルドネって聞いたことがあるかもしれませんね。ここでは、シャルドネにあう料理や産地、香り、度数、値段別、日本産のシャルドネを使ったワインの紹介をしていきます!, //