浦添間切崎間の地名に由来する。 ・ 沖縄県の崎間(さきま)家: 那覇士族張氏の本家。 祖の張献功は高麗の人で、薩摩に移り住んで陶工となったが、1616年に薩摩国に赴いた世子の尚豊が薩摩藩主の許しを得て、琉球に連れ帰った。 沖縄の名字の特徴その3:地名から来る名字. 犀川(さいがわ)、名の由来、下流域の佐奇神社(さきじんじゃ、金沢市)近くを流れる事から佐奇川(さきかわ)となり、訛(なま)って犀川(さいがわ)になった、日本各地の同名の犀川、とは(2014.10.13)(2014.10.13) 琉球は、九州に比べ文献資料に現れるのは新しく、 608年(推古16)の『隋書』の流求(りゅうきゅう)、 683年(天武12)の『日本書紀』の阿摩美(あまみ)、 714年(和銅7)の『続日本紀(しょくにほんぎ)』の … 照屋: 沖縄県。①沖縄県島尻郡南風原町照屋発祥。琉球王国時代に記録のある地名。琉球音はティーラ。②沖縄県沖縄市照屋発祥。琉球王国時代に記録のある地名。琉球音はティーラ。同地に分布あり。③沖縄県糸満市照屋発祥。琉球王国時代に記録のある地名。 1 1. 「都道府県(地名の由来、沖縄から北海道まで)」カテゴリの記事. アイヌ語が由来の北海道ほどではないですが沖縄も難解地名がたくさん。 沖縄のことばでは、沖縄のことを「ウチナー」と言いますが、これは琉球方言の母音が「あ・い・う・え・お」ではなく、「あ・い・う・い・う」というから。 地名の由来 |奄美| ... 1609年(慶長14年)の島津氏による琉球侵攻以前、琉球(沖縄)国に属しており、その名の由来は、琉球国の始祖「阿麻弥久(アマミク)」がこの地に降臨したことによるといわれ … 沖縄県の県名は、西暦779年の「唐大和上東征伝」という書物に書かれている「 阿児奈波(あこなは) 」という地名の表記に由来しているとされています。 沖縄県は明治時代の頃までは「琉球王国」だったといいます。 大分県の名前の由来 ~大分バサジィ・大分トリニータや「琉球」の由来も併せて~ 2015年7月4日 [ あ行 , 地名 ] 大分県と言えば温泉や唐揚げなどで有名ですよね。 沖縄はかつて琉球王国という独立した国でした。当館では王国時代からの歴史を、家文書や写真資料、美術工芸品等、そして国宝の尚家資料の展示を交えて紹介しています。また、1〜2ヶ月ごとにテーマを変え、企画展を開催しています。 『琉球国由来記』で各地の地名を調べると、玉城間切に仲村渠村があり、 喜屋武間切と久米具志川間切とに仲村渠大屋子(おおやこ)がひとつずつ出ています。 神殿の名前にも、「仲村渠の殿」は各地に五 … 沖縄はご存知のとおり本土とは違う地名も多いです。その地名がそのまま名字になるケースも多いです。 たくさんあるのですが一例として 仲村渠(なかんだかり) 我那覇(がなは) 喜屋武(きゃん) 歴史・文化・人びとのいずれから考えても、琉球と日本は別々の由来をもっているのではないか。そもそも「沖縄」という呼称自体が、日本がこの地域に名づけた地名であって、地域の人びとは、歴史的には「琉球」と名乗り、国際的にもそう呼ばれていた。 参考図書を調べる 『大日本地名辞書 第5巻 北国・東国 増補版』 吉田東伍/著 富山房 1982年 国郡別に地名の由来・史跡・地形などについて根拠となる資料を明示して解説しています。 東京の名所は「三京」の一つで「東の京」に由来します。「東京」が「東京」たる由来がきちんとあります。これを知れば、東京で生活していることが少し誇らしくなるでしょう。今回は「東京」の由来と合わせて「江戸」の由来も紹介していきます。 近世の俗称に由来する地名。 奈良末期には「阿児奈波島」で見え、それが本島の古名といわれる。 「おき」は文字通り「沖」を意味し、「なは(なわ)」は「魚場(漁場)」を意味する「なば」で、「沖合の漁場」とする説が有力とされている。 ラストは沖縄県 沖縄は元々「琉球王国(琉球國)」で、1429年から1879年の450年間、琉球諸島を中心に存在した独立国家でした 琉球語の地名 沖縄にあるほとんど地名は琉球語の由来が背景にあり、独特な読み方がある。 沖縄の地名を漢字で書くと、漢字と発音が合わないことが多い。 例えば、琉球語で「城」というのは「グスク」という。そして、東は「アガリ」西 由来した名前であると考えた方がより合理的である。 琉球弧の人なら、これ一度は、あっと思ったことがあるのではないだろうか。ぼくも、十代のころに、あれ、と感じたことがあったと思う。 No.102 平成19年10月1日号 習志野の地名5 新しい地名―花咲・泉町・新栄― このページは総務部総務課が担当しています。 所在地:〒275-8601 千葉県習志野市鷺沼2丁目1番1号 市庁舎3階 沖縄の珍しい苗字は、地名に由来しているものが多いです。 地名じゃない場合は、琉球王朝時代の役職名、王族、氏族の名前がほとんど。 理由は、昔は、苗字をつけれる人は位の高い人だけだったからです。 日本人の苗字の8割は地名に由来するといわれるほど、地名は私たちの歴史をひもとくためには大変重要な資料です。地名が文化遺産であるといわれる所以です。そこで、次に福生市の地名を中心に当市の歴史を探ってみます。 平安時代末期の福生村 さて地名の由来の旅もいよいよ最後です. 沖縄県の由来 779年の『唐大和上東征伝』では「阿児奈波」と表記されており「沖縄」はこれに字を当てたものだといわれている。 「おきなわ」の由来は「おき」は「沖」の文字通り沖合いを意味しており、「なわ(なは)」は「漁場」を意味する「なば」が由来とされている。 沖縄は地名もそうですが、その言葉は地元の人間以外が聞いても判別不可能な言語となっています。これは過去、沖縄地方は独立した琉球王国として発展しており、本土とはまったく違う進化を遂げたためだといわれています。 このように沖縄には珍しい苗字や地名がたくさんあります。 それは沖縄が「琉球」だった時代の文化を反映しているからなのです。 今回は、沖縄の珍しい苗字や地名、そして由来をご紹介していきたいと思います! これであなたも沖縄ツウになれるかも! 都道府県名の由来について 日本の47都道府県の名には、県庁所在地名と一致するものが29(1都2府26県)一致しないものが18(1道17県)あります。 この違いはどこからきたのか考えてみましょう。 沖縄県の由来. これは、琉球時代「城(ぐすく)」と呼ばれる城跡が各地にあったことから残された地名です。 しかし、読みは沖縄読みの「かなぐすく」「たまぐすく」だけでなく、標準語読みの「かねしろ」「たましろ」も混在しています。 沖縄観光の際に、読み方の難しい住所表示や地名の標識を見かけることがあるだろう。「保栄茂」「勢理客」はそれぞれ「びん」「じっちゃく」と読む。本土には少ない名字の人とも出会う。その理由を探っていくと、「琉球語」「沖縄言葉」の興味深い歴史が垣間見える。