inSSIDerは、wi-fiなどの無線LANの電波強度や、干渉していないか確認するためのソフトウェアです。以前はフリーソフトだったのですが、Ver4以降はシェアウェアになってしまいました。 ただし、過去のバージョンは無料で利用できるのでこ 画面中央のタブを切り替える事により、各種データを表示可能です。, ▲ツールバーの「View」から「Mini Mode」を選択すると、画面表示がコンパクトになります。, ▲受信強度をモニタリングしている画面。 2014.12.12:inSSIDerのシェアウェア化に伴い、コンテンツの一部を修正。 inSSIDer3は、[LEARN]と[NETWORKS]、2つのタブが用意されており、[NETWORKS]タブ側でネットワークのモニタリングが出来るようになっています。, inSSIDer2の起動画面 Ekahau Proは、机上での無線LAN設計を可能とするプランニング機能に加え、電波の到達範囲、スループット、 外来波を効率よく把握し、データ解析による電波干渉や信号強度不足等のトラブル回避を実現するサイトサーベイツールです。 5. iOS/Android用ネットワーク調査アプリ アプリの名前・入手先 「Fing」 という名前のフリーソフトにな … ワイヤレスlanは、lanケーブルで接続する有線lanに比べ、使用する場所の自由度が増す一方で「通信速度が遅い」「雑音・騒音が入る」という問題が出てくる可能性があります。その元凶といわれる「電波干渉」について紹介します inSSIDer3以降も基本的な操作は変わりません。, inSSIDerの初回起動時、PCに接続・内蔵された無線LAN子機の「どれを利用してモニタリングするか?」を指定する必要があります(PC内に1個しか存在しない場合はスキップされます), あとは自動的にスキャンが始まり、周辺の無線LANアクセスポイントの一覧が表示されます。 スマートフォンアプリ「Wi-Fi Analyzer(ワイファイ アナライザー)」は、無線LAN(ラン)環境を可視化できるアプリです。 スマートフォンをwifi(ワイファイ)に接続してデータ通信をおこなっていると、データ通信が極端に遅くなったり、接続が切れてしまうなどの経験はあるかと思います。  inSSIDer 3.1.2.1 Download - TechSpot, inSSIDerのインストーラーは全て英語で表示されますが、クセのない基本的なインストーラーです。全て「Next」をクリックして行けば大丈夫です。, ▲クリックで拡大 無線lanの電波干渉調査. ネットワーク調査 ... サーバー. 旧版・無料版の入手方法やMD5値などを掲載。, inSSIDerは、複数の無線LANのチャンネルが干渉を起こしていないか確認し、モニタリングできるツールです。, ダウンロードURL:inSSIDer |MetaGeek (公式サイト) スペクトラム・テクノロジー株式会社は、無線LANの電波調査(サイト・サーベイ)を提供します。Airmagnet、Chanalyzer、スペクトラム・アナライザを使用し、現状及び構築後の無線LANの状況を可視化します。アクセスポイントの設置場所決定、チャンネル設計を行う上では必須です。 無線LAN(WiFi)は、見えないため故障切り分けに時間がかかります。故障切り分け用のツールがいろいろありますので、用途に合わせ使い分けしましょう。また、困ったときは専門家に相談してください。 自社所有の測定器で、無線歴35年によりトラブル対応力No.1を目指します。 無線LANの混雑状況はwifi Analyzerというアプリで確認することができます。 このアプリはiOS、android、windowsそれぞれに同じようなアプリがあります。 アプリを起動すると下の図のようなグラフで電波の強弱と使用しているチャネルが表示されます。 無線lanの電波状況、電波強度をヒートマップで表示してくれるソフト 家庭内や職場の電波がつながりやすさを視覚的に確認できます。 無線LANの電波がどれくらいの強度なのかをヒートマップで表示し、緑色~黄色~赤色へと変化するごとに電波が弱くなっていきます。 無線lan導入時に電波調査(サイトサーベイ)は必要です。 事前調査を行うことで無線lanネットワーク構築に陥りがちな電波干渉や信号強度不足等のトラブルを回避することができ、設置位置や台数を検討することで無駄な初期投資を防ぐことが出来ます。 ▲クリックで拡大 家の中だけでなく、駅や空港など様々な場所で使用されるようになったWi-Fi。しかし、利用する人が増えた半面、他の電波に妨害されて自分のWi-Fiが繋がりにくくなってしまうこともあるのです。ここでは、そんなときWi-Fiが繋がりにくくなってしまったときに使える対処法をご紹介! ネット上で検索をかけると、アチコチでフリー版の配布サイトが見つかります。 AirMacってチャンネル指定できたっけ?, >>3 パソコンやスマートフォンのWi-Fi(無線LAN)の接続が切れる・不安定になるなどの原因と解消方法を、初心者にもわかりやすく解説します。なかなか繋がらない、速度が不安定で使いにくい、という症状に悩まされる時は参考にしてみてください。 実際にLANネットワーク上のデバイスを検索した結果の一覧画面です。 スポンサーリンク. だが、Wifi Analyzerのようなアプリを利用すれば、周辺の電波状況を簡単に見える化できる。. Router Default Password バージョン・リリース日 v1.1(19/08/17) インストールアプリ. ※Ver3 はIEEE802.11 acには未対応。(IEEE802.11 ac対応ツールの紹介ページ), 旧版・無料版の入手方法などについての補足項目です。 ※Ver3 は Windows10 TH2/RS1で正常作動することを確認 しかし、それらを利用する場合は、ウィルスやスパイウェアの混入に、厳重な注意を行う必要があります。, ※ダウンロード可能なサイトの一例 ほどんどの機種は、最初から自動設定になっています。 2018/7/21 受信強度が-85dB以下になると、ネット回線はかなり不安定になります。, ▲チャンネルのモニタリング画面 受信強度が-70dB以下になると、ネット回線はやや不安定になります。 操作方法に不安を覚える方は、次のページを参考にして下さい。 WiFi ExplorerはネットワークエンジニアのAdrian Granadosさんが開発&販WiFiの電波強度やチャンネルの重複を可視化して表示してくれるアプリです。 無線LANでは、2.4GHzと5GHzの2種類の電波が使用されています。 2.4GHzは、機器の発売当初から用いられてきていますが、最近では5GHz帯の電波も使われるようになっています。 無線LANは、「IEEE 802.11」という国際的な規格が定まられており、技術の進歩に伴って、 2.4GHzの場合、「11n」,「 g … ▲クリックで拡大:inSSIDerのおおまかな使い方 無線LANルーターを2台以上置くと、飛び交うWi-Fiの数が増えて干渉するリスクが高くなるからです。 ですので、自宅でWi-Fiを使うときは、設置する無線LANルーターを1台だけにしましょう。 Wi-Fiの混線状況を確認する4つの方法 配線の必要がなく便利だが、目に見えないのが難点。. 対応機器:Wi-fi / IEEE802.11 a/b/g/n(2.4Ghz帯 / 5Ghz帯の両方に対応)  → 英語のソフトも怖くない!ソフトのインストール方法・ルールを学ぼう), inSSIDer3の起動画面 クリックがダブルクリックになるのを防止するフリーソフト - マウスチャタリングキャンセラダイアログボックスなどのテキストをコピーできるGetWindowTextメモリとCPUの耐性を同時に計測してくれるベンチマークソフト: IntelBurnTest (Linpack)(inSSIDer3の紹介付き) 無線LANのチャンネル干渉状態を調査できるツール inSSIDerMD5,SHA1,CRC32 などのハッシュ値をチェックできるフリーソフト: HashMyFiles複数の画像を1枚の紙にまとめて簡単に印刷できるフリーソフト:テキトウインサツSDカードやUSBメモリを診断・検査・修復できるツール Check Flash, 少し古いソフトで入手方法が特殊なため、ページ前半はこのツールの入手方法について詳しく書いています。inSSIDer の使い方はページの後半に記載してあります。, http://anago.2ch.net/test/read.cgi/notepc/1325542801/869, 「IPv6無効設定」はもう古い?IPv6を有効にしたままIPv4の優先順位を上げる設定, Firefox と Google Chrome のキャッシュ(履歴)をクリアする方法, USB3.0機器から発生するノイズは、2.4Ghz無線LANに悪影響を与えるらしい。, 免責事項&お願い: 当サイトで紹介する情報で何らかの損害・損益・問題が発生しても、ソフトの製作者及び当サイトは如何なる責任も負いません。ご利用はご自分の判断・責任の元お願い致します。また、当サイトの情報を著作権を侵害する目的でご使用になるのはおやめください。大切なデータのバックアップ, パソコン技術の向上を目的にご活用下さい。, Traffic Management Controller: ネットの通信速度や転送量を制限できるツール, Windowsでネット動画が見れない、Flash が再生できない・作動しない場合の対処方法, mp4 to mp3 converter・・・・m4aやmp4を簡単にmp3に変換, クリックがダブルクリックになるのを防止するフリーソフト - マウスチャタリングキャンセラ, メモリとCPUの耐性を同時に計測してくれるベンチマークソフト: IntelBurnTest (Linpack), (inSSIDer3の紹介付き) 無線LANのチャンネル干渉状態を調査できるツール inSSIDer, MD5,SHA1,CRC32 などのハッシュ値をチェックできるフリーソフト: HashMyFiles, 無線LANを利用したネット環境が不安定だったり、すぐに切断してしまう場合は、このinSSIDerで電波の干渉状況を調べてみると便利です。, 周囲にどれくらいの無線LANアクセスポイントが存在しているか?チャンネルの干渉がどれくらい発生しているか?電波強度は十分か?などが一目でわかります。, 各無線LANポイントのMACアドレス, SSID, チャンネル, RSSIなどを取得可能. 「WiFi Analyzer」が日本語に対応、無線LANの状況をビジュアルに表示するUWPアプリ (2016/7/26) 無線lan電波の強度を見取り図に色分けで表示する「サイトサーベイツール」を使用し、調査エリアをくまなく歩き回りながら測定することで、当該エリアにおけるアクセスポイントからの電波強度を等高線状に色分けしたマップ(ヒートマップ)を作成します。 ▲クリックで拡大 2013/8/19 対応OS:Windows Vista/7/8/8.1 (32bit / 64bit) ライセンス:Ver4からはシェアウェア (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 関連ページ 5. inSSIDerは、複数の無線LANのチャンネルが干渉を起こしていないか確認し、モニタリングできるツールです。 無線LANを利用したネット環境が不安定だったり、すぐに切断してしまう場合は、このinSSIDerで電波の干渉状況を調べてみると便利です。 無線lanでは電波を使うために、法律によって使用できる周波数帯が定められています。現在の無線lan規格では、2.4ghz帯と5ghz帯という2つの周波数帯を使用しています。周波数帯による違いと、それぞれのメリットやデメリットを紹介します。 このような状態になっている場合、チャンネルの干渉が発生しています。 無線LANの環境をチェックするには、現在の電波状況をビジュアルに表示するアプリ「Wifi Analyzer」がお勧めだ。 フリーソフトだが、期限が来ると広告が表示される程度で機能制限はない。 無線lanで利用する帯域のリアルタイムfftグラフ を表示したり、無線lan機器以外の干渉源リストを表示したりできる。 図2-3 無線LAN以外の電波も調べられるスペクトラムアナライザー「AirMagnet Spectrum … 無線LANのAPを選択すると、そのAPからの電波の強さをシグナルメーターとして表示する。. Android向けの無償アプリとして提供されている。 ... 無線LANで利用する帯域のリアルタイムFFTグラフ を表示したり、無線LAN機器以外の干渉源リストを表示したりできる。 ... RPA導入に関する実態調査. こんな場合は、電波の強い無線LAN機器か、5Ghz帯に対応した機器を購入するしか手段はありません。, 最近の無線LAN機器は、自動で空いているチャンネルを探し出して設定変更を行ってくれますが、ちょっと古めの無線LAN機器を利用している場合は電波が干渉していても自動的にチャンネルを割り振ってくれないものも多くあります。, そんな場合などは、このようなツールでチャンネルの干渉具合をチェックし、手動で無線LANのチャンネルを切り替える必要があります。. 無線LAN(Wi-Fi)電波干渉問題について。 つい先日、分譲マンションに引っ越しました。それから気づいたのですが、Wi-Fi経由でのネットがなぜかできない現象が発生しました。厳密には、IP取得は完了し … inSSIDer2には[LEARN]タブは存在せず、シンプルなGUIになっています。, 以下はinSSIDerがバージョン2の頃に記載した情報です。 無線lanを構築するにあたり、 「電波干渉」 は必ず考慮しなければなりません。電波干渉とはおよそ以下の2つに分けられます。 ①限られた帯域の中で複数の無線lanが帯域を奪い合う この2.4GHz帯は13チャンネルを共有しますので、近隣の無線LANと電波の干渉してしまう可能性が高いWifi規格なのです. inSSIDerとは inSSIDerとは、無線LANにおける最高のフリーソフトです。自分のPCの無線LANカードが受信できる電波 により、近くに存在するアクセスポイントの情報(MACアドレス、メーカ名、SSID、使用チャネル、RSSI セキュリティ、ネットワークタイプ、速度)等の情報を収集することができるので … 最近、近所にワンルームマンションが建ったなどの近隣状況が変わった方は特に要チェックです. Wifi調査アプリをインストール 米farprocが開発したWifi AnalyzerはAndroidのみに対応。. AirMacユーティリティ>ワイヤレス>ワイヤレスオプション でチャンネル指定できるよ, 複数のスパムフィルタをかけていますので、コメントが反映されない場合はコンタクトフォームでご連絡下さい。, *AirMac Extreme 2013を借りて見たところちゃんと11acも対応していました, Macのメニューバー下にホットキーで素早く表示可能な計算機アプリ「CalcBar」がmacOS Big Surに対応。, iPhoneやカメラからMacに写真を読み込む時は自動的にフォルダを作り振り分けてくれる”AutoImporter”が便利。, Homebrewで管理しているパッケージのアップデートを通知してくれるユーティリティ「Brewlet」がUniversal Binaryとなり、IntelとApple Siliconのインストールパスに対応。, Apple M1チップのNeural Engineを利用し、iOS版Among UsをMacのキーボードで操作できるようにしてくれるユーティリティ「AmongKey」がリリース。, macOS 11 Big SurへアップデートしたMacでGoogleのビデオ会議サービス「Google Meet」が利用できない、接続中に音声が途切れる不具合。, Apple Silicon MacではMacのストレージに外部からアクセスできるターゲットディスクモードが廃止され、SMBファイル共有ベースの「ディスク共有」がMac Sharing Modeとして導入。, ビデオ会議サービスZoomの会議室向けクライアント「Zoom Rooms」のMac版が、最高のシステムパフォーマンスを得るためとして毎週のシステム再起動機能などを求めてくると話題に。, Phase One、macOS 11 Big SurとWindows 10 20H2をサポートした「Capture One 20 (v13.1.4)」をリリース。Apple Siliconのサポートは今後。, macOS 11 Big Surアップグレード後、特定のUSB to Ethernetアダプタが機能しなくなる不具合。, macOS 10.14 MojaveのMac App Storeでアプリのアップデートや購入が完了できない不具合が発生中。. 障害調査に伺ったら当初の無線lan導入時に想定したエリアを確実にカバーさせるために、業者が必要以上にアクセスポイントを設置提案しその結果、ひどい電波干渉が発生したという事例があります。 無線lan環境の導入や見直しに際し、電波状況を事前に把握して快適な環境を構築したい。 稼働中の無線lanが遅くなったため、原因を調査したい。 外部からの無線lanへの電波干渉(公衆wifi・周辺建物・他フロアー)が気になる。 特長 こちらのアプリからwi-fiルーターへログインし設定が可能です。 やることはpcの場合と同じで、「無線lan」を選択し、チャンネルを変更すればokです。 3.4自動設定の方法. 無料で利用できる。. 2016.08.28: Windows10で作動する旨、IEEE802.11 ac未対応な旨を追記 両端(1chと13ch)の強い電波を受信できる場合は問題ありませんが、中央の4ch~11chを利用しているアクセスポイントの利用はかなり不安定になります。 その後、NetSpotやその他のWiFi信号強度アプリを開き、地域の他のワイヤレスネットワークが使用しているチャンネルを確認します。干渉を避けるために、最も混雑していないチャネルを使用するようにルータを設定する必要があります。 @applechinfo, このアプリチャンネルのオーバーラップが見えてありがたいんだけど、 Mac, アプリ, 11acにも対応した無線LAN(WiFi)の電波強度やチャンネル重複を可視化して表示してくれるアプリ「WiFi Explorer」350円が無料セール中です。詳細は以下から。, WiFi ExplorerはネットワークエンジニアのAdrian Granadosさんが開発&販WiFiの電波強度やチャンネルの重複を可視化して表示してくれるアプリです。, Windowsの(Mac版もありますが)InSSIDerの様なアプリで調べられる情報は以下の通り。, InSSIDer for Macではまだサポートされていない11acをサポートしているほか、グラフデータのCSVファイルエクスポート、SNR(dB表示)も可能だそうです。, Mac, アプリ, セール, ユーティリティ, レビュー 無線lanの通信には電波を利用する。ところが電波には「干渉」という厄介な現象がある。無線lanの電波が利用している同じ周波数帯に異なる電波が存在すると、通信速度が大幅に落ちたり通信が途切れたりするといったトラブルが発生する。