‚±‚ê‚Í•ªŽq‚̌”‚ɂ‚¢‚Ä‚Ì•½‹Ï‚Å‚ ‚èA––’[Šî’è—Ê–@‚âZ“§ˆ³–@‚È‚Ç‚ð—˜—p‚µ‚Ä‹‚ß‚ç‚ê‚éB”•½‹Ï•ªŽq—ʂ͍‚•ªŽq‚ÉŠÜ‚Ü‚ê‚é’ᕪŽq‰»‡•¨‚̉e‹¿‚ð•qŠ´‚Ɏ󂯂éB‚±‚ê‚ɑ΂µ‚āA‚•ªŽq—ʉ»‡•¨‚Ì•½‹Ï•ªŽq—Ê‚Ö‚ÌŠñ—^‚ðdŽ‹‚µ‚½d—Ê•½‹Ï•ªŽq—ÊMw‚́Ad—Ê•ª—¦‚É‚æ‚镪Žq—Ê‚Ì•½‹Ï‚Å‚ ‚èA − n 1 M 分子量・分子量分布 (数平均分子量、重量平均分子量など) 分子構造 (末端基構造など) 共重合体構造 (平均化学組成、共重合組成、連鎖構造など) 微細構造 (分岐構造、立体規則性、結合様式など) 非晶性樹脂 結晶性樹脂 ブレンドポリマー 重合度は、ポリマー分子の分子量が分かれば、以下の関係を用いて算出することができる。 m =(dp)m 0. mはポリマーの分子量、dpは重合度、そして 0 繰り返し単位の式量です。 例:ポリエチレンのサンプルの重合度を計算します。 0 合物である。 理論、実用の両面の理由から分子量の分布についての議論は興味を惹いている。 n 重合度(じゅうごうど)、すなわちDP(英語:degree of polymerization)は、巨大分子やポリマーやオリゴマー分子中のモノマー単位の数である[1] [2] [3]。, ホモポリマーの場合、1種類のモノマー単位しかなく、数平均重合度は次式で与えられる。, D @@ ¨å¤§åˆ†å­ã‚„ポリマーやオリゴマー分子中のモノマー単位の数である 。. p n = ¯ 平均分子量 M c 弾性的に有効な架橋! ¨å¤§åˆ†å­ã‚„ポリマーやオリゴマー分子中のモノマー単位の数である 。. = 分子量を無視すると,全体の重量はN 0W,重合度n の分子の重量はnNnWとなる。従って, Wn=nNnW/N0W Wn=nNn/N0=n(1-p) 2 p n-1 (8) で表される。数平均重合度Xnと重量平均重合度Xw は数および重量分率から導かれる。定義より, Xn=ΣnNn/ΣNn (9) と(反応度p=1),得られる⾼分⼦の数平均重合度をrを⽤いて表せ。なお導出の過程も すべて⽰しなさい。 (5)アジピン酸が5mol%過剰に存在した場合,反応度が0.98において反応によって得られる 高分子の数平均重合度を求めよ。 注1) 表に示したポリマーの溶解性は目安です。同じ樹脂種でも化学変性させたタイプや架橋構造を持つ場合は溶解性を示さないことがあります。測定に際しては予め溶解性を確認する必要があります。 注2) 外部委託となります(ODCB:オルソジクロロベンゼン,1-CN:1-クロロナフタレン,PFP:ペンタフルオロフェノール) {\displaystyle DP_{n}\equiv X_{n}={\frac {M_{n}}{M_{0}}}}, ここで、Mnは数平均分子量であり、M0はモノマー単位の分子量である。工業製品のポリマー製造においては、ほとんどの場合、数千または数万の重合度が必要とされる。この数はポリマーの分子サイズの通常の変化を反映しているわけではなく、モノマー単位の数平均を表しているだけである。, しかし、いくつかの専門書では、DPを繰り返し単位の数として定義しており、この場合はコポリマーでは繰り返し単位はモノマー単位と同一ではないかもしれない[5] [6]。 例えば、 ナイロン66では、繰り返し単位は、2種類のモノマー単位、-NH(CH2)6NH-および-OC(CH2)4CO-を含むので、1000個のモノマー単位の鎖は500個の繰り返し単位に相当する。重合度または鎖長は、最初の(IUPAC)定義(モノマー単位)で1000、2番目の定義(繰り返し単位)で500になる。, 逐次重合では、高い重合度 Xn(分子量)を達成するためには、 カロザースの式 [7] [8]によると、モノマー転化率pを高くする必要がある[9], X 数平均分子量(Mn,l)の まわりの分散Mn,l(Mw,l-Mn,l) に等しく,分布の形によってきまる定数と考えてよい。 したがってMw,l/Mn,lは 分布の形が全く同じならば (10)式によって数平均分子量Mn,lの みに依存する。 2.2ç°¡ 単な分子量分布模型 1. 高分子化合物の一次構造・二次構造や共重合体の構造などを説明できる。 2. 粘度平均分子量,ラジカル重合における数平均重合度,ラジカル共重合におけるQ,e値などの基本的な計算ができる。 数平均分子量Mnは単純に分子1本あたりの算術平均値を考えていきます。数平均分子量Mnの計算式は以下の通りです。 数平均分子量Mn=(1000×3 + 2000×2 + 5000×5 ) / (3 + 2 + 5) = 3200となります。 ‚Å—^‚¦‚ç‚ê‚éBd—Ê•½‹Ï•ªŽq—ÊMw‚́AŒõŽU—–@‚ð—˜—p‚µ‚Ä‹‚ß‚ç‚ê‚éB. ,屈折率がpeg の重合度によって異なるため、その補正が必要となる.分取後に 重量法で定量する方法もある23).peg の分子量を知るためにはtlc が簡便であ る。しかし、重量及び数平均分子量を同時に求めたり、その分布度を知るために N1とN2の比を r とすると、数平均重合度は、最初の全分子と、反応が p だけ進行したときの全分子数の比なので、次のようにあらわせます。 片方の官能基が3%だけ多くても、数平均重合度は67となり、十分な重合度が得られません。 高分子試料の多分散度(不均一度)は、その高分子との親和性が大きく異なる 複数 の 溶媒を用いて測定した粘度平均分子量の比から決定できる。 この課題では、トルエン (K = 0.017 m L /g, a = 0.69) およびメチルエチルケトン (K = 度が低下するという考え方をもとに導かれた … X 分子量が高分子量になるとTgは高くなるんですよね?ここで言う分子量というのは、Mwのことですか?Mnのことですか?“末端効果”や“自由体積”なども関係しているようですが、なぜ高分子量になるとTgが高くなるのかを教えてください。小生の € µ eff € µ=µ i,k i,k ∑ 架橋密度(均一か不均一か?) € µ i,k 架橋数 ・空間配置(大局構造)! ≡ 平均分子量に関する例題 問分子量10000の分子30個、20000の分子40個、50000の分子30個からなる 高分子の数平均分子量・重量平均分子量・多分散度を求めよ(有効数字3桁)。 よって、数平均分子量は30000/12=2500 初めに質問者様が考えた答えと同じ結果です。 No.1さんのアドバイスで、質問者様が計算した方法で正しいと思います。 計算結果によれば、この場合の数平均分子量は2500となります。 連結度(パス数) i! 重合度を求めるための化学反応式 重合度とは 重合体1 分子を構成する単量体の数 重合度はある分布をもっているため,重合体の測定分子量はその平均分子量である。 たとえば,市販の実験試薬ポリエチレングリコール4000(p eg 4000)の4000 は - 2 - 量分布が存在する。横軸にMiを,縦軸に対応する分子量の数分率(モル分率,ni)をプロットし てもよい。もし,横軸に高分子の重合度xiを,縦軸にwiかniのどちらかをプロットすれば,得ら れる図は分子量分布の一種であるが重合度分布と呼ぶ方が正確であろう。 M 化学 - ラジカル付加反応における重合度 ラジカル重合において平均分子量(重合度)は反応率に依らないですよね これはなぜですか? 質問No.2018462 逐次重合:反応の進行度と分子量分布 分子量分布:「分子数×分子量」を分子量に対してプロットしたもの 分子量 ポリマー質量 (分子数×分子量) p = 0.3 p = 0.5 p = 0.7 p = 0.9 分子数 分子量 y=N 0 (1−p)2pk−1•(mk) 16 17 18 ‚é‚ƁA”•½‹Ï•ªŽq—Ê‚ÍŽŸŽ®‚Å’è‹`‚³‚ê‚éB P šã®å®Œæˆ) となります(図8)。濃度分率を分子量の対数値で微分するから、「微分分子量分布」なのです。 それゆえ平均分子量は,その平均の方法によって異なった結果を与える。例えば,重量平均分子量(Mw),数 平均分子量(Mn),粘度平均分子量(Mv)等で,一般にこれらの間には Mn<Mv<Mw となる関係がある。 ャル高分子の13-14ページの抜粋です 高分子中に分子量Miの分子がNi個存在するとすると、数平均分子量は次式で定義される。 これは分子の個数についての平均であり、末端基定量法や浸透圧法などを利用して求められる。 数平均分子量の求め方がよくわかりません。 自分の考えでは モノマーの分子量×数平均重合度-副成した水の重量 (副成した水の重量=18×数平均重合度) で求められると思うのですがいかがでしょうか。 {\displaystyle {\bar {X}}_{n}={\frac {1}{1-p}}}, 例えば、Xn = 100を達成するためには、p = 99%のモノマー転化率が必要である。, しかし、連鎖重合(フリーラジカル重合) の場合、カロザースの式は適用されない。その代わりに、長い高分子鎖が反応の初期から形成される。反応時間を長くすると、ポリマー収率は増加するが、平均分子量にはほとんど影響を及ぼさない[10]。 重合度は、動力学的鎖長に関係しており、これは開始鎖当たりに重合したモノマー分子の平均数に相当する[11]。しかし、それは以下のようないくつかの理由で動力学的鎖長とは異なる。, 同一の組成のポリマーであっても、分子量が異なると、違った物理的性質を示す。一般的に、重合度が上がると、溶融温度が高くなり[15]、機械的強度が向上する。, 一般的には、分子量10万以上になると、軟化温度・密度・引張強度などへの分子量の影響は無関係となる[16], 合成ポリマーは、異なる重合度を持った巨大分子成分の混合物からなっており、したがってさまざまな分子量を有する。いろいろな種類の平均分子量があり、それぞれ異なった実験で測定することができる。最も重要な2つの平均分子量は、数平均(Xn)と重量平均(Xw)である[5]。, 数平均重合度は、ポリマー成分の重合度の加重平均であり、それぞれの成分のモル分率(または分子数)によって重み付けされる。それはポリマーの浸透圧の測定により通常決定される。, 重量平均重合度は、ポリマー成分の重量分率(または分子の全重量)で重み付けされた重合度の加重平均である。それはポリマーによるレイリー散乱の測定により通常決定される。, Fried J.R. "Polymer Science and Technology" (Pearson Prentice-Hall, 2nd edn 2003), p.27, Rudin, Alfred "Elements of Polymer Science and Engineering" (Academic Press 1982), p.7, “Glossary of basic terms in polymer science (IUPAC Recommendations 1996)”, http://pac.iupac.org/publications/pac/pdf/1996/pdf/6812x2287.pdf, http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja00905a004, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=重合度&oldid=78944686, 連鎖停止反応において、2つのラジカル鎖が、全体的または部分的に再結合することによって、重合度が倍になる可能性がある. ゆる「ペットボトル」の材料)のような高度な商業製品でも、その分子量はたかだかm =1×104 ~ 8×104 にすぎない。例えば、一般的なpet の分子量はm =4.000×104 である(mu =96.09 なので、重合度ではx ≒ 416.3)。このとき、テレフタル酸と1,2-エタンジオール @@ 1 マトリクスへ どのパラメータがゲルのどのような物性に関連するのか?! 重合度は、ポリマー分子の分子量がわかっている場合、次の関係を使用して計算できます。 m =(dp)m 0. mはポリマーの分子量、dpは重合度、m 0 ... 数平均分子量を計算する式 . 多重度k! n