諸外国の年金制度比較 ―年金財政から見た制度の維持可能性― 野 副 常 治 はじめに 先諸国においては、多くの国でわが国と同様、少子高齢化を迎え社会保障制 度における改革の必要を余儀なくされている。年金制度も例外ではなく、少子 高齢化に対応すべく様々な施策が実施されている。 � 日本のキャッシュレス化は世界と比べると20%程度であり遅れております。中国ではqrコード決済が普及し、急速にキャッシュレス化が進んでおります。本日は日本と世界のキャッシュレス化のデータを比較し日本のキャッシュレス化の現状について解説します。 表に示されている17カ国の中で最も割合が低い。. 高齢者の所得と消費は安定 高齢者向けサービス従事者の所得と消費も安定 少子高齢化で労働力不足の経済に 労働力不足で失業が増えにくいため消費が減りにくい 省力化投資が景気を下支え インフレ時の金融引き締めは残存 (本文) 高齢者の所得と消費は安定 少子高齢化によって引き起こされる問題8つと海外の事例についてご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。少子高齢化は直接関係ないと思っていることは間違いです。数年後には自分にも影響することがあります。どんなことが起こり影響するのかを知ることは大切です。 今回は高齢化についての紹介です。 高齢化が進んでいくにつれて、病気や新たな障害を負うリスクが増えていくことが予想されます。日本は既に超高齢社会の現代ですが、オーストラリアの高齢者の情報と比較すると、より課題が分かっていきます。 日本は、急速なペースで高齢化が進んでいます。このまま高齢化が進むと経済や社会に深刻な影響を与えることになります。また世界的に見ても高齢化は大きな問題となっているのです。, 特に先進国では日本と同じように高齢化が進んでいます。この記事では日本と世界の高齢化の比較、そして世界の現状などについて紹介します。, 30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「社会的課題の解決に取り組む」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!, 設問数はたったの3問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?, 日本の高齢化事情は深刻な状態です。高齢化社会や高齢社会、超高齢社会に明確な定義はありませんが、日本や世界の高齢化の現状を説明する上で、一般的にこれらの言葉がどう規定されているかに触れておきます。, これらを決める上で必要なのが高齢化率になりますが、これは高齢者人口が総人口に占める割合になります。, 高齢者人口の年齢についても日本政府の見解では現在の運用は適切ではない可能性があるとしていますが、高齢社会対策大綱などでは65歳以上の割合を高齢者率としていることから、現在の基準は65歳以上を高齢者人口とします。, 高齢者率が7%以上14%未満の場合を高齢化社会、14%から21%を高齢社会、21%以上を超高齢社会としています。, 日本の高齢化の現状は、この規定に基づくと超高齢社会に当たります。2018年時点の日本の総人口は1億2644万人ですが、このうち高齢者人口は3558万人となっており、総人口の28.1%に相当します。, 過去の日本と比較すると高齢者率は1950年には総人口の5%未満となっていましたが、1970年には7%を超えて7.1%に、1995年には14%を超えて17.4%に、そして2010年には21%を超えて23%にまで上昇しています。, 40年の間に16%も増加したことが分かります。なお、2010年は総人口が1億2800万人とピークを迎えていることから、高齢者人口の急激な上昇が見られます。, 第二次世界大戦後75年の間に日本は急速な高齢化が進行しました。その要因は戦後の生活環境の改善や食生活・栄養状態の改善、そして医療技術の進歩によるものであり、これによって年齢調整死亡率が大幅に低下しています。, この「年齢調整死亡率」とは年齢構成の異なる地域間で死亡状況の比較ができるように、年齢構成を調整した死亡率のことです。, このような要因により、日本の平均寿命は飛躍的に増進しました。その結果2017年時点で男性は81.09歳、女性は87.26歳となり、男女合わせた平均寿命では世界1位でした。その後に2位がスイス、3位がスペインと続きます。, 平均寿命が高いということはそれだけ医療が進歩しており、衛生的な生活環境が形成されていると判断できますが、高齢化が進んでいると見ることもできます。, 先進諸国と日本の高齢化率を比較してもそれは明らかです。日本とアメリカ、スウェーデン、ドイツ、フランス、イギリスと比較した場合、1980年代まで日本は下位に位置していました。90年代には中位に位置し、2000年代には各国を抜いて、2005年には最も高い水準となっています。, (出典:千葉県「高齢化社会とはどういうことですか。」,2019)(出典:内務省「令和元年版高齢社会白書」,2019)(出典:内務省「令和元年版高齢社会白書」,2019)(出典:厚生労働省「年齢調整死亡率について」)(出典:外務省「平均寿命の長い国」), 日本では急速な高齢化が進んできた中で、世界の現状や高齢化の推移はどうなっているのか見てみましょう。, 1950年以降、世界は急速な人口増加を続けてきました。そして2015年には73億人もの人がこの地球の様々な国や地域で生活しています。このうちの高齢者人口は全体で6億1189万人であり、先進地域では2億2057万人、開発途上地域では3億9132万人という記録があります。, 先進地域=ヨッロッパ、北アメリカ、日本、オーストラリアおよびニュージーランド開発途上地域=アフリカ、アジア(日本除く)、中南米、メラネシア、ミクロネシア、ポリネシア, この結果から、高齢者人口だけでみれば開発途上地域で急増していることが分かります。しかし高齢化率で見ると、開発途上地域は6.4%と世界全体の高齢化率8.3%より低く、先進地域は17.6%と高くなっています。, 開発途上地域は高齢者人口も増えていますが、総人口が多いことから高齢化率は7%以下となっています。それに対して先進地域は総人口自体も減少しているため、高齢化率は高くなっています。, 世界の総人口は今もなお増加を続けていますが、2030年から2050年の間に緩やかな増加へと移行すると推測されています。これは今後の人口増加のほとんどがサブサハラ・アフリカで起こるものであり、世界では人口減少が始まる地域もあると考えられているためです。, 日本もその1つですが、現在でも先進地域は少子高齢化が進行しており、総人口が減少に転じて高齢化率が高くなっています。, 先ほど先進諸国の中でも日本の高齢化率は最高水準であることは紹介しましたが、これは日本の高齢化が急速に進みすぎているためであり、先進諸国も高齢化は進行しています。, 先ほど挙げたどの国も高齢化率は既に14%を超えており、今後も進行すると予想されています。, 先進国ばかりでなく、アジア諸国に目を向けてみても日本は高い水準で高齢化が進んでいます。, しかしその中でも韓国は18年、シンガポールは20年で高齢化率が7%から14%に増加しています。日本は24年かかっているので、日本を上回る急速なペースで高齢化が進むと見込まれています。, (出典:内閣府「令和元年版高齢社会白書」,2019)(出典:国際連合経済社会局「世界人口推計2019年版」,2019), 高齢化は現在も進行しており、日本だけでなく世界で問題視されています。国連では定期的に人口推計によるデータを公開し、警鐘を鳴らしています。, 世界全体で問題に取り組む持続可能な開発目標(SDGs)の中でも高齢者に対しての取り組みも各所に盛り込まれており、高齢化の進行に合わせた施策が必要であるとされています。, また高齢化だけでなく少子化など様々な要因が入り混じり、世界的に問題が起こっています。, こういった問題に対して国の行政だけでなく、関連機関や企業、そしてそこに住む人々が問題を理解し、取り組まなければ改善はしていきません。, 私たち自身もまずはこの高齢社会の現状と予測、問題を整理し、取り組んでいきましょう。, グループメディア:BITDAYS | DELIGHTmedia | GANMA!ニュース, gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。, 高齢者率が7%以上14%未満の場合を高齢化社会、14%から21%を高齢社会、21%以上を超高齢社会, 1980年代まで日本は下位に位置していました。90年代には中位に位置し、2000年代には各国を抜いて、2005年には最も高い水準, 高齢者人口は全体で6億1189万人であり、先進地域では2億2057万人、開発途上地域では3億9132万人, 開発途上地域は6.4%と世界全体の高齢化率8.3%より低く、先進地域は17.6%と高く, 今後の人口増加のほとんどがサブサハラ・アフリカで起こるものであり、世界では人口減少が始まる地域もあると考えられている, 高齢者率が7%以上14%未満の場合を高齢化社会、14%から21%を高齢社会、21%以上を超高齢社会としている, 2018年時点の日本の総人口は1億2644万人であり、このうち高齢者人口は3558万人で、総人口の28.1%に該当する, 高齢者人口だけでみれば開発途上地域で急増しているが、高齢化率で見ると、開発途上地域は6.4%と世界全体の高齢化率8.3%より低く、先進地域は17.6%と高くなっている, 開発途上地域は高齢者人口も増えていますが、総人口が多いことから高齢化率は7%以下となっている. 世界全域の年少人口割合(国連推計)が26.1% であるのに対し、 日本の総人口に占める年少人口の割合は12.4% と世界的にみて小さいことがわかる。. 1992年に発表された国民生活白書によれば、合計特殊出生率(一人の女性が出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均)が人口を維持するのに必要な水準を相当期間下回っている状況を少子化と定義しており、1970年代半ばから日本では少子化現象が続いています。 既に40年以上、少子化が続いている日本の現状は非常に深刻な状況と言わざるを得ません。 少子化が続く現状を数値的な推移で見てみましょう。 まず … 少子化の現状を知りたいですか?日本において少子化は悪化してきています。しかし、出生数減少を実感しにくいという人は多いのではないでしょうか。そこで、日本と海外の出生率や婚姻について、グラフや表を用いて説明します。広い視野で少子化の現状を捉えたい方は必見です。 海外への進出を考えている企業であれば、その地域や国の出身者の採用は非常に効果的です。 現地の言葉はもちろん、文化やマナーなど活きた情報を手に入れることができ、進出の際の大きな足がかりとなるでしょう。相手国との架け橋となり、スムーズな� 各国の介護事情は国によって異なります。どんなところが日本と違うのか?それぞれの介護事情とこれからの介護政策を考えてみます。資格取得を目指すなら【ケア資格ナビ】!全国の講座料金を一覧比較して資料を無料一括請求。電話受付:0120-421-294 2)フランスフランスは、1世紀にわたり少子化に取り組んできた国です。出産育児にかかわる問題をひとつづつ解決し、たえず家族政策の改革、改善に取り組むことにより、少子化問題に向き合おうとして … 日本で社会問題として大きく取り上げられる少子高齢問題。テレビやネットニュース等で字面として目にする事も多く、今後日本が直面しなければならない問題です。問題面ばかりが取り上げられるのが少子高齢化問題ですがその対策案はどのように挙げられるのでしょうか。 ironna編集部 「日本に比べると海外での子育ては楽だ」海外で子育てする母親はそう口を揃える。日本と海外の子育て環境を比較した場合、大きな違いは子連れや妊婦に対する「温かいまなざし」の有無で … 世界中で高齢化が進んでいて、中でも以下に示した25の国々ではそのスピードが速い。世界銀行は、各国及び特別行政区における14歳以下の人口比率(若年人口比率)をまとめた。これらの少子化が進んだ国々の中で、1人当たりの子どもの数が少ないのは、 日本の少子高齢化、国際比較と世界ランキング | 女性マーケティング視点で読み解く、女性ヘルスケアビジネスニュースサイト, 世界に先駆け超高齢社会に突入した日本。急激な人口減少、超高齢社会、少子化が社会問題に挙げられて久しいが、日本は世界と比較して子供の人口の割合はどれくらい低く、どれくらい高齢者の割合が高いのか?その割合を国際比較している資料が平成29年版 少子化社会対策白書(内閣府)の中で公表されている。, 世界全域の年少人口割合(国連推計)が26.1%であるのに対し、日本の総人口に占める年少人口の割合は12.4%と世界的にみて小さいことがわかる。表に示されている17カ国の中で最も割合が低い。一方、世界全域の65歳以上の人口割合は8.3%に対し、日本は27.3%。17カ国の中で最も割合が高い。, 少子化対策に成功している海外事例として、内閣府が取り上げているのはフランス、スウェーデン、フィンランド、イギリス、アメリカ。, 例えば、フランスは家族給付の水準が全体的に手厚い上に、特に、第3子以上の子をもつ家族に有利になっているのが特徴である。また、かつては家族手当等の経済的支援が中心であったが、1990年代以降、保育の充実へシフトし、その後さらに出産・子育てと就労に関して幅広い選択ができるような環境整備、すなわち「両立支援」を強める方向で進められている。, スウェーデンでは、40年近くに渡り経済的支援や「両立支援」施策を進めてきた。多子加算を適用した児童手当制度、両親保険(1974年に導入された世界初の両性が取得できる育児休業の収入補填制度)に代表される充実した育児休業制度、開放型就学前学校等の多様かつ柔軟な保育サービスを展開し、男女平等の視点から社会全体で子どもを育む支援制度を整備している。また、フィンランドでは、ネウボラ(妊娠期から就学前までの切れ目のない子育て支援制度)を市町村が主体で実施し、子育てにおける心身や経済の負担軽減に努めている。, 一方、高い出生率を維持しているイギリスやアメリカといった国では、家族政策に不介入が基本といわれる。アメリカでは税制の所得控除を除けば、児童手当制度や出産休暇・育児休暇の制度や公的な保育サービスがないながらも、民間の保育サービスが発達しており、また、日本などで特徴的な固定的な雇用制度に対し子育て後の再雇用や子育て前後のキャリアの継続が容易であること、男性の家事参加が比較的高いといった社会経済的な環境を持つ。(引用:内閣府「人口・経済・地域社会をめぐる現状と課題」), 【編集部おすすめ記事】 ■【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ 一方、日本と同様に合計特殊出生率が低い水準である韓国、シンガポールでは、少子化の進行が日本よりも遅い時期に始まったものの、他国より大きく年少人口割合が減少しており、日本では12.9%(2008(平成20)年比0.6ポイント減)、韓国16.2%(2008年比2.9ポイント減)、シンガポール17.3%(2008年比2.3ポイント減)となっている。 少子高齢化は、日本のみならず多くの先進国共通の問題となっている。この問題は、人口抑制のために一人っ子政策を長年実施してきた中国でも見られるほか、韓国も同様に直面…(2020年12月22日 12時12分47秒) 「統計で見る」シリーズ。 今回は、前回「【統計で見る】イギリスの人口が史上最多に。人口増加の原因とは? 」で参考にした資料と同じ、イギリス統計局が2017年に公表した「イギリスの人口統計2016年(執筆当時最新)」から、イギリスの高齢化社会の実像を見ていきたい。 少子高齢化 世界ランキング. 日本で社会問題として大きく取り上げられる少子高齢問題。テレビやネットニュース等で字面として目にする事も多く、今後日本が直面しなければならない問題です。問題面ばかりが取り上げられるのが少子高齢化問題ですがその対策案はどのように挙げられるのでしょうか。 日本は現在、世界一の高齢社会を迎えているといわれています。医療制度・生活保障制度・学校教育の充実が、高齢社会につながったものと考えられます。本頁では、一体何が世界一なのかを、高齢化率・高齢化速度・平均寿命について世界各国と比較しながら説明します。 ■【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ, ウーマンズはヘルスケア業界向けの講演やイベントを通して女性の声を届けています。最新の講演・イベント情報はこちら。, 女性マーケティング視点で読み解く、女性ヘルスケアビジネスニュースサイト【ヘルスケア女性マーケティングのウーマンズラボ】, 【生活行動調査】“withコロナ時代” の女性の日常 家ナカの行動・ニーズ・価値観はどう変化した?, 女性ヘルスケア市場の調査研究・分析に基づいた、各種情報サービスを提供する、女性マーケティング会社「ウーマンズ」が運営する法人向けメディアです。多様化・複雑化・高度化が進む、女性向けヘルスケアビジネスの課題を情報で解決します。女性生活者に売れる商品・サービスのシーズ探索、新規開発事業の検討、販売戦略立案や意思決定の材料としてぜひ当メディアをご活用ください。(, 出産・子育てと就労に関して幅広い選択ができるような環境整備、すなわち「両立支援」を強める, 【推薦図書】2040年 日本は先進国でなくなる?1000年後人類滅亡?どうなる日本の未来, 【健康美容行動調査】365日超多忙の働くママ、一体いつ&どんな健康・美容行動してる?, 【健康行動調査】女性のヘルスケアニーズに変化、コロナ共存で生まれた新たな健康問題と健康行動, 【オンラインセミナー】始まる消費のニューノーマル withコロナ時代の女性マーケティング, 【展示会講演】女性ヘルスケア市場の新規開拓・攻略ヒントに  ヘルスケア市場の女性ニーズ&消費トレンド 2021年, まだプラスチック使ってるの?消費者意識と商品事例から見る、ヘルスケア業界の”脱プラマーケ”, 【メディア掲載】フィットネス業界誌「NEXT」様に当社の調査分析レポートをご利用頂きました. 「統計で見る」シリーズ。 今回は、前回「【統計で見る】イギリスの人口が史上最多に。人口増加の原因とは? 」で参考にした資料と同じ、イギリス統計局が2017年に公表した「イギリスの人口統計2016年(執筆当時最新)」から、イギリスの高齢化社会の実像を見ていきたい。 ■人口1億人割るのは何年後?改めて確認しておきたい日本の総人口と人口構造の推移 我が国では、諸外国では類のないスピードで高齢化が進行し、平成6年には高齢化率が14%を超え、本格的な高齢社会が到来しました。併せて、合計特殊出生率が平成元年にそれまでの戦後の最低値を更新、その後も低下を続けたことにより、少子化が進行し、ついには平成17年に人口減少社会に突入しました。 世界中で高齢化が進んでいて、中でも以下に示した25の国々ではそのスピードが速い。世界銀行は、各国及び特別行政区における14歳以下の人口比率(若年人口比率)をまとめた。これらの少子化が進んだ国々の中で、1人当たりの子どもの数が少ないのは、 17カ国の中で最も割合が高い。. 少子高齢化によって引き起こされる問題8つと海外の事例についてご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。少子高齢化は直接関係ないと思っていることは間違いです。数年後には自分にも影響することがあります。どんなことが起こり影響するのかを知ることは大切です。 少子化は日本だけの問題じゃない! 中国だって韓国だって・・・=中国メディア(サーチナ) 少子高齢化は、日本のみならず多くの先進国共通の問題となっている。この問題は、人口抑制のために一人っ子政策を長年実施して… ①日本、韓国、アメリカ、フランス、スウェーデンを比較すると、日本の少子化の大きな要因 は若い間のカップル形成の遅れと希望する数まで子どもを増やせない人が多いことである。 ②日本においてカップル形成が遅いのは、増大する非正規雇用者が、他国以上に家族形成をし にくいためで 少子高齢化は、日本のみならず多くの先進国共通の問題となっている。この問題は、人口抑制のために一人っ子政策を長年実施してきた中国でも見られるほか、韓国も同様に直面している。中国メディアの百家号は16日、同じく少子化問題に悩む日中韓それぞれの対策を比較する記事を掲載した。 各国予算別比較!止まらない日本の少子高齢化!社会保障費増大には増税と国債発行で対応しゆくゆくはマイナンバー制度で資産把握から・・・? | K2 Partners眞原郁哉 証券IFAのための海外投資ブログ 日本の高齢化事情は深刻な状態です。高齢化社会や高齢社会、超高齢社会に明確な定義はありませんが、日本や世界の高齢化の現状を説明する上で、一般的にこれらの言葉がどう規定されているかに触れておきます。 これらを決める上で必要なのが高齢化率になりますが、これは高齢者人口が総人口に占める割合になります。 高齢者人口の年齢についても日本政府の見解では現在の運用は適切ではない可能性があるとしていますが … 2.3 少子化対策に関する議論 3.海外の少子化対策・議論 3.1 フランスの少子化対策 3.2 ドイツの少子化対策 3.3 日本との比較 4.まとめ 1.はじめに 少子化は日本で大きな問題となっており、今後も進行していくことが予測されている。少 グローバル化、海外進出への対応 . 一方、世界全域の65歳以上の人口割合は8.3%に対し、日本は27.3%。. 少子化の現状を知りたいですか?日本において少子化は悪化してきています。しかし、出生数減少を実感しにくいという人は多いのではないでしょうか。そこで、日本と海外の出生率や婚姻について、グラフや表を用いて説明します。広い視野で少子化の現状を捉えたい方は必見です。 人口成長と経済発展 少子高齢化と人口爆発の共存ならYahoo!ショッピング!3,740円~ご購入可能です。最安値情報や製品レビューと口コミ、評判をご確認頂けます。 あなたが暮らす都道府県の高齢化率は?日本の高齢化率は約28%と深刻ですが、都道府県別にみると高齢化率1位と47位の差は14.8%!同じ日本でも大きく違います。世界での日本の高齢化率ランキングも。 高齢者の所得と消費は安定 高齢者向けサービス従事者の所得と消費も安定 少子高齢化で労働力不足の経済に 労働力不足で失業が増えにくいため消費が減りにくい 省力化投資が景気を下支え インフレ時の金融引き締めは残存 (本文) 高齢者の所得と消費は安定 ■【推薦図書】2040年 日本は先進国でなくなる?1000年後人類滅亡?どうなる日本の未来 日本のキャッシュレス化は世界と比べると20%程度であり遅れております。中国ではqrコード決済が普及し、急速にキャッシュレス化が進んでおります。本日は日本と世界のキャッシュレス化のデータを比較し日本のキャッシュレス化の現状について解説します。 ここから本文です。 5.国際比較でみる高齢者 日本の高齢者人口の割合は、世界で最高 2018年の高齢者の総人口に占める割合を比較すると、日本(28.1%)は世界で最も高く、次いでイタリア(23.3%)、ポルトガル(21.9%)、ドイツ(21.7%)などとなっています。 今回は高齢化についての紹介です。 高齢化が進んでいくにつれて、病気や新たな障害を負うリスクが増えていくことが予想されます。日本は既に超高齢社会の現代ですが、オーストラリアの高齢者の情報と比較すると、より課題が分かっていきます。 「少子化に対して危機感を覚えているか」と尋ねる調査が行われたところ、「非常に危機感を覚える」と回答したのは39.9%と最も多く、「やや危機感を覚える」の32.9%と合わせると7割以上の人が少子化に対して危機感を抱いていることが分かった。 ■日本人口、調査以来初の減少で深刻化 海外の反応 自分が理解している限り、日本の出生率は他の多くの国よりも遥かに急速に低下している。これは他の先進国と比較してもそうだ。 日本は高齢者や退職者への大きな支援をしている福祉国家であり、これを支えるために税収に依存している。 日本は現在、世界一の高齢社会を迎えているといわれています。では、一体何が世界一なのでしょうか。 まず、「高齢社会」であることを表す数値として、「高齢化率」があります。高齢化率とは、そのエリアに住む全人口のうち、65才以上の人口が占める割合のことで、%(パーセンテージ)で表します。 日本の場合、平成28年(2016年)に高齢化率が27.3%となりました1)。これは世界のどの国よりも高い数値です。 エコノミストは少子化 がもたらす超高齢・人口減少社会が経済衰退を招 くことを懸念する。これらは少子化が天下国家に 及ぼす「マクロ問題」である。 少子化問題はそれだけであろうか。そもそも少 子化はなぜ起こっているのか。人々が子どもを産 まなくなったのは,子どもを欲しくなくな 各国の介護事情は国によって異なります。どんなところが日本と違うのか?それぞれの介護事情とこれからの介護政策を考えてみます。資格取得を目指すなら【ケア資格ナビ】!全国の講座料金を一覧比較して資料を無料一括請求。電話受付:0120-421-294 2.3 少子化対策に関する議論 3.海外の少子化対策・議論 3.1 フランスの少子化対策 3.2 ドイツの少子化対策 3.3 日本との比較 4.まとめ 1.はじめに 少子化は日本で大きな問題となっており、今後も進行していくことが予測されている。少 (出典:財務省) 財務省のHPを見れば日本の財政(赤字国債)について言及していますが(日本の財政を司る役所なので)、一般的にわざわざ覗きに行く人は少ないのではないでしょうか?もっと国民一人ひとりにとって重要事項なので頑張ってSEOで上位にくるように対策してもらいたいですね(苦笑) ①日本、韓国、アメリカ、フランス、スウェーデンを比較すると、日本の少子化の大きな要因 は若い間のカップル形成の遅れと希望する数まで子どもを増やせない人が多いことである。 ②日本においてカップル形成が遅いのは、増大する非正規雇用者が、他国以上に家族形成をし にくいためで