食品類は、商品の性質上、お客様のご都合による交換はお受けできません。 フェアトレードコーヒーはスーパーやネットでも購入できる、 身近なフェアトレード商品。 労働条件を守る はじめまして!当サイトへご来店頂き誠にありがとうございます。コーヒー用品において日本最大級の品揃えとコーヒー豆においては、フェアトレード商品を中心に各国の美味しいコーヒー豆をご紹介しております。他では手に入らない商品も数多くご用意し、今後もどんどんと商品を追加して参りますので、ごゆっくりご覧くださいませ。. 日本国内では、一般社団法人日本フェアトレード・フォーラムから熊本市、名古屋市、逗子市、浜松市、札幌市、いなべ市の6市が認定されています。 copyright© 2011 Fa Coffee.All rights reserved. コーヒー豆の主な生産地は、中米、南米、東アフリカ、西アフリカ、カリブ海、アジア、オセアニアなどで、およそ世界で70余ものコーヒー生産国があり、南北回帰線内では、一年中どこかでコーヒーの栽培・収穫が行われています。 フェアトレードは、オランダから始まった活動で、国際フェアトレードラベル機構が認証作業を行っている。フェアトレード認証を日本で行っているのは、1993年に設立されたフェアトレード・ラベル・ジャパンという団体。その団体によると、フェアトレードは以下のように定義されています。 フェアトレードとは直訳すると「公平な貿易」。つまり、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、 … フェアトレードとは なぜフェアトレードが必要なのか. 強制労働の禁止、児童労働の禁止、安全な労働環境、人権の尊重、人種差別の禁止など, 2. Amazon Pay・・・Amazonに登録されているクレジットカード情報で決済が可能です。, 一律840円(税込)沖縄、離島は3,300円(税込)※クール便、メーカー直送、海外への発送はそれぞれの金額を頂戴いたします。お買い上げ金額10,800円(税込)以上で送料無料となります。, 配送は佐川急便(一部ヤマト運輸)です。 フェアトレード認証生産者数の推移 フェアトレード認証に参加する生産者組織の数も増加の一途をたどっています。2 2015年末時点で、その数は世界75カ国、1,240組織に達しました。 Fa Coffeeでは、代表的なものになりますが、コーヒー生産国について生産地マップ作成と各国の情報をご紹介させて頂いております。お時間のございます時には、こちらもぜひご覧頂き、少しでもコーヒーの生産地やその国に興味を持って頂ければ嬉しく思います。またコーヒー豆のご購入の際の、ご参考にして頂けましたら幸いです。, クレジットカード・・・・JCB,VISA,Master,MUFG,DC,UFJ,NICOS,UC,SAISON,AMEX,Diners,Orico,楽天,TS CUBIC,AEON,Cedyna/OMC,JACCS、がご利用いただけます。 こんにちは、アフリカ・マラウイ産フェアトレードコーヒーのウォームハーツコーヒークラブです。, カフェや店頭などで時々目にする「フェアトレードコーヒー」。なんとなくいい印象はあるものの、他のコーヒーよりも値段が高いので、なかなか手が出ないという人も多いのではないでしょうか。, この記事では、フェアトレードコーヒーとは何か、フェアトレードを選ぶとどんないいことがあるのか、おすすめのフェアトレードコーヒー豆など、皆さんが具体的にイメージしやすいように実例も交えてフェアトレードコーヒーを紹介したいと思います。, 1. ウォームハーツコーヒークラブ(Warm Hearts Coffee Club)のアフリカ産チャリティコーヒー豆のオンラインショップ。あなたが飲むコーヒーの全額が生産国の恵まれない子どもの給食支援に寄付されます。焙煎したてを送料無料でお届け。手軽なドリップパックやギフトセットも フェアトレード(公平な貿易)は、開発途上国の生産者や労働者と適正な価格で公正に取引をする貿易の仕組みです。 生産者は、正当な報酬を受けることで生活水準を向上させることができ、安心して品質の良いコーヒー生産に取り組めるようになります。 [1]フェアトレードとは 買い物をする際に、「どうしてこんなに安いのだろう」と感じたことはありませんか。安価であることは消費者にとってありがたいことですが、驚くほど安く購入できる商品の中には、開発途上国でつくられたものが少なくありません。 これらも生産者が長期的に安定してコーヒーの生産を続けるためのものです。, 最低価格の保証や奨励金を受ける生産者側(コーヒー生産者の労働組合や大規模農園)にも、持続可能な生産を行うためのルールが設けられています。, 1. フェアトレードのコーヒー豆とは? コーヒー、紅茶、果物などの生産物を、それぞれに合った値段で途上国から輸入することにより、立場が弱くなってしまいがちな途上国との関係を公平にしようというシステムのことです。 フェアトレードを可視化する ――コーヒーとカカオの生産現場から 共同研究 フェアトレードの思想と実践( 208- 1) 2本共同研究は 08年度から20 1年度まで3年半の計画で 実施している。前半は思想としてのフェアトレードについて 議論した(鈴木2 01 )。 フェアトレードコーヒーとは何か? まとめ, フェアトレード(Fair Trade)を直訳すると「公正な取引」という意味になります。フェアトレードコーヒーという名称が必要になるほど、コーヒー豆は公正な取引が行われていないという現状があります。, コーヒーが育つには一定の条件が必要で、コーヒーベルトと呼ばれる赤道の近くの地域が栽培に適しています。アフリカ(エチオピア、タンザニアなど)、中南米(コロンビア、ブラジル、グアテマラなど)、東南アジア(ベトナム、インドネシアなど)が代表的な産地です。地名を見てお気づきかもしれませんが、発展途上国が多くを占めています。, コーヒー豆は発展途上国で生産され、中間業者を通して、アメリカ、ヨーロッパ、日本などの先進国に輸入されます。そのため、生産者の立場が大変弱く、コーヒー豆の価格のうち生産者が手にする収入はほんのわずかです。, また、発展途上国で作られたコーヒー豆は、遠く離れたニューヨークやロンドンの国際市場で取引価格が決められます。その取引価格は株価などと同じように大きく変動するため、コーヒー生産者の収入は安定せず、コーヒー豆の価格が下がると十分に生活もできなくなります。, 公正な取引が行われるフェアトレードコーヒーが一般のコーヒーよりも値段が高くなるのは当然とも言えますが、一般的なコーヒーと何が違うのかをもう少し具体的に見ていきましょう。, 国際フェアトレード基準では、コーヒー生産者が安定した生活ができるように、以下のルールが定められています。, 1. ゼンショーでは、途上国生産者との直接取引によるフェアトレードを行なっています。すき家・はま寿司・ココスなど国内外3,000店舗以上でフェアトレードコーヒー・紅茶・ココア(チョコレート)を提供しています。「ゼンショーのフェアトレード」を紹介しています。 フェアトレードとは、コーヒーやチョコレート、手仕事の雑貨など、発展途上国で作られている作物や製品を適正価格で継続取引すること。 その商品を買うことは生産者の生活向上を応援することにもなる … 支援できます。 おすすめのフェアトレードコーヒー. 5. 引用元: https://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/intl_standard.php, 一般のコーヒーよりも値段が高いフェアトレードコーヒーですが、生産者の生活や労働環境を守るのはもちろんのこと、生産地の社会全体を支援することができるんですね。, また、環境基準が守られていることは、私たち消費者にもメリットとも考えられます。それにフェアトレードコーヒーでは生産者が長期的に生産を続けられるので、コーヒーの品質の向上も見込まれます。, フェアトレードコーヒーは、フェアトレード・プレミアム(奨励金)によって地域全体を支援することができます。・・・と言われても、あまりイメージがわかない人も多いのではないでしょうか。, そこで、ウォームハーツコーヒークラブのコーヒー豆を生産している、ムズズコーヒー協同組合の実例を紹介したいと思います。, アフリカにあるマラウイという国は、2019年の1人あたりの国民所得が世界ワースト2位という最貧国の1つです。, 産業の少ない国ではありますが、北部を中心にコーヒーの栽培に適した条件がそろっており、生産量は多くないものの質の高いスペシャルティコーヒーが育てられています。ムズズコーヒー協同組合には、マラウイ北部の3,000の小規模コーヒー農園が所属していて、2009年に国際フェアトレード認証を取得しています。, ウォームハーツコーヒークラブのスタッフがコーヒーの生産地を訪れた際に、フェアトレード・プレミアムで運営されているという病院を訪問しました。, 入口にフェアトレードのマークがついていますね。スタッフと一緒に写真に写っているのは病院に勤めているお医者さんです。, 地元に病院があることはアクセスの悪いミスク地方に住む人々への大きな助けになっています。, ムズズコーヒー協同組合の奨励金は、最貧国マラウイの病院の運営に使われていました。このようにフェアトレードコーヒーを買うと、途上国の地域コミュニティを支援することができます。, フェアトレードコーヒーを選ぶだけで発展途上国を支援できますが、もっと生産地を支援できる「チャリティコーヒー豆」をご存じでしょうか?, 貧しい国では、子どもの人口が多くなる傾向があります。子育てにお金がかかる日本人からすると不思議かもしれませんが、貧しい国では子どもに教育費をかける家庭は少なく、ある程度の年齢になると稼ぎ手になるためです。あとは、平均寿命が短かいことも、子どもの人口が多くなる原因のひとつです。, 世界最貧国のひとつであるマラウイでは、人口の約半分を14歳未満の子どもが占めています。, 1994年に小学校が無償化され入学率は上がったものの、半数近くが初等教育を終えることなく中退しているというのが現状です。, 継続的な給食支援を行うことで、学校に通う子どもたちが増え、未来を切り開く力を育むことができます。, マラウイでの給食支援活動に賛同した複数の企業がウォームハーツコーヒークラブを支援しているからなんです。コーヒー豆の仕入れ、焙煎、包装、配送といった全ての費用を支援企業が負担しています。, マラウイでの給食は1食およそ15円なのですが、あなたが1,000円のコーヒー豆を申し込むと、1,000円が給食支援活動に寄付され、65人の子どもたちが今日も給食を食べることができます。, チャリティコーヒーというと、味は期待できないと思われることもあるのですが、日本では流通の少ないマラウイ産コーヒーのおいしさを知っていただきたいという想いから、高品質AAランクのスペシャルティコーヒーを仕入れています。フルーティーな香りとすっきりした味わいが特徴です。, さらに毎週木曜に焙煎し、その日のうちに送料無料で発送することで、焙煎したばかりの一番おいしい状態でマラウイ産コーヒーを味わっていただけます。, 少し値段が高いフェアトレードコーヒーですが、一般的なコーヒーとの違いを知ることで、フェアトレードコーヒーを選ぶ人が少しでも増えると嬉しいです。, また、もっと生産地を支援したいという方は、コーヒー豆が生産国の恵まれない子どもたちの給食になるウォームハーツコーヒークラブをぜひご検討ください。, これとは違い、公正な取引で仕入れられたコーヒーのことを「フェアトレードコーヒー」と呼びます, 引用元: https://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/intl_standard.php, 継続的な給食支援を行うことで、学校に通う子どもたちが増え、未来を切り開く力を育むことができます, あなたが1,000円のコーヒー豆を申し込むと、1,000円が給食支援活動に寄付され、65人の子どもたちが今日も給食を食べることができます. 農薬や薬品の使用規制、リサイクルの促進、土壌や水源の保護、遺伝子組み換え作物の禁止など, プレミアム(奨励金)を民主的に運用し、組織と地域全体の社会・環境にとって持続可能な発展に取り組む。また付加価値の向上や品質管理への取組みなどを通して生活向上を目指す。 2. コーヒーの樹は、熱帯・亜熱帯に自生、もしくは栽培されるアカネ科に属する常緑樹です。熱帯・亜熱帯とは経度上では、南北23.27度の北回帰線と南回帰線の間をいいます。コーヒーの樹は赤道をはさんだ、この地域での栽培が可能で、この地域は、一般的にコーヒーベルト、またはコーヒーゾーンなどと呼ばれています。 「エシカルコーヒー」「フェアトレードコーヒー」という言葉、聞いたことありますか?身近な嗜好品コーヒーの取引の実態やコーヒー生産者の切迫した実情などをまとめました。一大国際貿易商品コーヒーを取り巻く悲惨な状況を知ることで、 […] メールアドレスshopinfo@fac.co.jp, お電話でのお問い合わせに関しては恐れ入りますが、営業日時をご確認の上、お問い合わせいただく思います。, 即納品以外、原則としまして、翌日〜10日以内とさせていただいております。但し、在庫の状況により、納期が変わる場合がございます。その際は、また商品によっては、日数がかかる場合がございます。その際には、メールまたは、お電話にてご連絡いたします。, お客様のご都合による返品はお受けできません。 フェアトレードのバナナ=意識が高い?その感覚大丈夫? 最近cmで「フェアトレードのバナナ」が宣伝されており、それを高校生が聞いて、「意識が高い」と言っているのを見ました。 私はこれを見たとき、未だにフェアトレードは日本で普及していなとがっかりしました。 銀行振込【前払い】・・・ご入金が確認されてからの発送となります。 フェアトレード最低価格を保証する 万一、不良品・商品違い・商品の不足等がございましたら、商品到着後7日以内にご連絡ください。. 世界のコーヒー豆の主な生産地は、ブラジルやコロンビア、グアテマラといった中南米、東ティモールが中心となっていて、フェアトレードの認定を受けたコーヒーはオリジナルのラベルが表示されていま … フェアトレードコーヒーでは最低価格が決まっていて、コーヒー豆の市場価格がそれを下回った場合はその最低価格で買い取ります。最低価格が決まっているおかげで、コーヒー豆の市場価格が暴落した時も、生産者が生活ができ、コーヒーの生産を続けることができます。, 2. フェアトレードには「国際フェアトレード基準」と呼ばれる基準があります。 発展途上国の小規模な生産者や労働者に対して持続的な開発・発展を促すことを目的として設定されているこの基準は、大きく分けて三つの柱から成り立っています。 もっと生産地を支援できる! おすすめのフェアトレードコーヒー通販 日本も、沖縄諸島がかろうじてコーヒーベルト内に入っており、小規模ながら今でもコーヒー栽培を行っています。また明治期には、小笠原諸島でもコーヒーが栽培され、さらに沖縄や日本統治下の台湾でも試植栽培が試みられましたが、それなりの成果はあったものの、定着するには至らなかったようです。 代金引換・・・代引手数料+商品代金(税込)をお届け時配達員にお支払いください。 このコーヒーベルト(コーヒーゾーン)内では、年平均気温が20℃を超えます。コーヒーの樹は熱帯性の植物のため、この温度帯の下でないと、健全な生育が保てません。 標高差の大きな産地では、気温差があるため、暖かい低地から収穫が始まり、南北に長い産地は、北半球では南から収穫が始まります。また、雨季の2回あるコロンビアやケニアは年2回の収穫があります。 長期的な取り引きや、前払いの保証など フェアトレードとは なぜフェアトレードが必要なのか. コーヒーは、世界中で多くの人々に愛飲される最もポピュラーな飲料です。しかしながら、コーヒーの栽培できる地域は、世界でもごくごく限られた地域になります。 【フェアトレード食材】 国内フェアトレード組織と連携し、途上国の生産者の自立を促す各種フェアトレード食材をお届けしています。 【オーガニック食材】 自然環境と生態系に負担をかけない各種オーガニック・ベジタリアン食材をお届けしています。 器具類は、未開封・未使用にかぎり別の商品と交換が可能です。その場合のご返品時の送料と、交換品発送に掛かる送料はお客様のご負担となります。 私たちの生活の中の様々なものが貿易によって世界中から届けられています。それらの生産している国、人々のことを考えてみたことはありますか? 私たちの生活の中の様々なものが貿易によって世界中から届けられています。それらの生産している国、人々のことを考えてみたことはありますか? フェアトレードコーヒーの値段が高い理由 フェアトレードの商品の購入は、遠い国の生産者の手助けができる画期的な方法です。 いつも買うチョコレートやコーヒーは、開発途上国の人の労働で作られているかもしれません。 フェアトレード団体は、生産者の支援、啓発活動、および従来の国際貿易のルールと慣行を変える運動に積極的に取り組む事を約束する。 このようにフェアトレードは発展途上国の生産者や労働者の生活改善を目指す貿易の仕組みだと言えます。 フェアトレードコーヒー *13_p.30. コーヒー豆の主な生産地は、中米、南米、東アフリカ、西アフリカ、カリブ海、アジア、オセアニアなどで、およそ世界で70余ものコーヒー生産国があり、南北回帰線内では、一年中どこかでコーヒーの栽培・収穫が行われています。 たとえば、6月にはブラジル、東ティモールなどで収穫が始まり、インドネシアでは10月、コロンビアやタンザニアでは11月頃の収穫です。中米の高地では翌年2月頃から収穫が始まります。 みんさんはフェアトレードをご存じですか?フェアトレードを知って、いつものコーヒー選びの選択肢に加えてみてください。美味しいコーヒーを飲める仕組みを、みんなで作っていきましょう。 フェアトレードコーヒーを選ぶだけで発展途上国を支援できますが、もっと生産地を支援できる「チャリティコーヒー豆」をご存じでしょうか? コーヒー豆の100%が、生産国マラウイの恵まれない子どもたちの給食になる。 フェアトレード・プレミアムという奨励金を生産者組合に支払う その過程では、フェアトレードラベル運動の国際組織 Fairtrade Labelling Organization (FLO)が定める「フェアトレードの基準」を守り、途上国の生産者または輸出組織との間で、公平な取引関係を結んでい … 4. コーヒーの購入価格とは別に、フェアトレード・プレミアムという奨励金を支払うことで生産地を支援します。金額はコーヒー1ポンド(約454g)につき20セントです。(100gのコーヒー豆に対して5円程度), 3. 環境基準を守る ご注文時に日時指定が行えますので、ご利用下さい。, メールでのお問い合わせは24時間受付をさせていただいております。 後払い・・・後払い手数料+商品代金(税込)を、商品到着後郵送される請求書にてコンビニ等でお支払いください。 フェアトレードとして認証されるコーヒーは、生産者自身が所有し、民主的に営むコーヒー組合として、国際フェアトレード認証を受けなければなりません。世界のコーヒー総生産に占めるフェアトレード認証コーヒーは約4.5%です。 【フェアトレード】世界の貿易の不平等をなくす取り組みの一つ「フェアトレード」SDGsとの密接なかかわりとは? SDGs(エス・ディー・ジーズ)持続可能な開発目標の17の目標が掲げられた背景から、目指すゴールまでをわかりやすく解説しています。 すでにフェアトレードが普及しているヨーロッパ各国でも、オーストリア (46%)、ルクセンブルク (39%)、 ノルウェー (29%)、 オランダ (21%)、スイス (21%)、フランス (21%)、ドイツ (18%)と大きく拡大しています (2016-17時点)。 1 コーヒー ~フェアトレードと貧困~ 2013/05/27 瀧川ゼミ 楓 陶山 野田(五十音順) Ⅰ.コーヒーとは コーヒー(coffee)とは、コーヒー豆を焙煎して粉末状にしたものから、水を加えて成分を フェアトレードとは、コーヒーやチョコレート、手仕事の雑貨など、発展途上国で作られている作物や製品を適正価格で継続取引すること。 その商品を買うことは生産者の生活向上を応援することにもなる … フェアトレードの中でも最も注目されているのはコーヒーなのではないかと思いますが、それには理由があります。そもそもコーヒー豆を栽培するためにはいくつかの条件があります。そして、その条件が整っている場所は赤道付近の途上国が中心になっています。 フェアトレード商品を購入すれば、エシカル消費につながり、 途上国の生産者や労働者を. ご注文の際はお間違いのないようご注意ください。 フェアトレードとは直訳すると「公平・公正な貿易」。つまり、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」をいいます。 フェアトレードコーヒーは生産地にどのように役立つのか(実例) 3. フェアトレードコーヒーは、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と、公平で持続可能な取り引きを理念として、1960年代以降に活動が盛んになってきました。 図8「国際フェアトレード認証ラベル」