シューマンの『交響曲第4番』には1841年初稿版と1851年改訂版がありますが、通常、演奏されるのは改訂版の方です。 CDや演奏会のプログラム等で、初稿版か改訂版について特に何も書かれていていない場合は改訂版による演奏になります 5.八重奏曲変ホ長調作品20~スケルツォ. 第4交響曲は本来2番目の交響曲として構想され、1841年5月29日から9月9日にかけて作曲された作品でございます。 ところが、12月6日のゲヴァントハウスにおける初演は失敗し、シューマンはこの作品を封印してしまいました。 4.交響曲第1番ハ短調作品11 第4楽章. シューマン交響曲第4番の概要. 交響曲第四番 ニ短調(Symphony No.4 in D minor)/Op.120 シューマンの交響曲第4番は、通常演奏される版ではなく、 いわゆる初稿版です。 シューマンを敬愛していたブラームス自身も この初稿版を好んでいたことが知られています。 「この魅力的な作品が、最初は最も魅力的かつ 6.交響曲第4番ニ短調作品120[1841年初稿] 第1楽章 ロベルト・シューマンの交響曲第4番ニ短調 作品120は、妻クララの22歳の誕生日1841年 9月13日に、誕生日プレゼントとして彼女に贈られた。 作曲はその直前3か月間で行われた。 演奏者:北ドイツ放送交響楽団 作曲者:シューマン: 4分1秒: 8: 交響曲 第4番 ニ短調 作品120[1841年初稿] Ⅲ.Scherzo.Presto-Trio 指揮者:ヘンゲルブロック(トーマス) 演奏者:北ドイツ放送交響楽団 作曲者:シューマン: 6分1秒: 9 シューマン: ①交響曲第1番変ロ長調Op.38「春」 ②交響曲第4番ニ短調Op.120(1841年初稿) フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮) ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 録音:2018年12月16-18日②、2019年6月16-18日①/ケルン・フィルハーモニー(ライヴ) 1.交響曲第1番ハ短調作品11 第1楽章. 2.交響曲第1番ハ短調作品11 第2楽章. 【輸入盤】シューマン:交響曲第4番(初稿版)、メンデルスゾーン:交響曲第1番、弦楽八重奏曲よりスケルツォ ヘンゲルブロック&北ドイツ放送響 - シューマン、ロベルト(1810-1856) - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得! シューマンの「交響曲第4番」は、1841年に作曲されました。 彼の31歳の頃の作品です。 この作品は妻クララに22歳の誕生日プレゼント(1841年9月13日)として贈られ、その直前の3か月間で作られま 3.交響曲第1番ハ短調作品11 第3楽章. 曲の概要 曲名 交響曲第4番 ニ短調 op.120 作曲時期 1841(51改訂) 初演 1841-12 @ ライプツィヒ:ゲヴァントハウス演奏会(初稿) 1853-03? 4.交響曲 第1番 ハ短調 作品11 IV.Allegro con fuoco 5.八重奏曲 変ホ長調 作品20~スケルツォ[オーケストラ版] 6.交響曲 第4番 ニ短調 作品120[1841年初稿] I.Andante con moto-Allegro di molto 7.交響曲 第4番 ニ短調 作品120[1841年初稿] II.Romanza.Andante 交響曲第4番(シューマン)とは、19世紀ドイツの作曲 家 ロベルト・シューマン(Robert Sc humann, 1810-1856)が作曲した管弦楽曲である。 シューマンの4番目の交響曲なので「シュー4」「シュマ4」等の略称で親しまれている。.