事務職の人 ちなみに、最低限「VLOOKUP関数の基礎」を把握している想定での記事となります。 ※自信がない方はこちらの記事で学んでください。 →【初心者向け】データ転記の作業時間を9割カット!VLOOKUP関数の使い方 ここでは複数シート、複数セル範囲の指定をする応用方法を紹介します。. vlookup関数は、検索条件に一致するデータを指定範囲の中から取り出したいときに使うものです。まずは、このvlookup関数の基本的な使い方を解説します。数式は、以下の通りです。 数式:vlookup(検索値,検索範囲,列番号,検索型) Vlookup関数で、アウトプット範囲の列指定は、複合範囲の中で1列のみと定まっています。 よって、アウトプット範囲が複数列にまたがっている場合、従来は列ごとにVlookupする必要があり … vlookupを複数条件/2つの条件を検索値にする方法. index+match関数で複数条件をandで指定したい時、計算式の形は次のようになります。 【計算式の形】 {=index(配列,match(検査値①&検査値②, 検査範囲①&検査範囲②,照合の種類),列番号)}特に普通の使い方と違うのは赤字の部分で、違いは3か所あり次の通りです。 office365に新しく追加された、filter関数を使えばリスト(表)から条件に合うものを抜き出すことができます filter関数を使えば、条件に合うdata(行)を別の場所に抜き出すことができます 1.vlookup関数で条件に合うものを"抜き出して表示" 2.「フィルター機能」で条件に合うものを"表示" 3.「… vlookup関数の基本的な使い方. 2020年5月13日. countifs関数で検索条件範囲を複数列、連続/飛び飛びで指定する方法; countifs関数が#value!エラーになる2つの原因と対処法; countifs関数で指定した複数条件をまたは(or条件)にするには? sum関数を使って指定範囲内の数値を合計する方法と使用上の注意点 excel find関数で複数条件指定したい. 図1の得点評価対応表から「70」点に対応する評価を調べます。 VLOOKUP関数の引数[検索値]に検索条件となる「70」を入力したセル「B2」、[範囲]に得点評価対応表のデータが入力されているセル「D3:F6」(「D3:E6」と指定してもOK)、[列番号]に「評価」の列「2」を指定すると、70点に対応 … vlookup関数の引数[範囲]には、複数範囲を指定することはできません。ではどうするればよいか。 今回は2つのvlookup関数で求め、アンパサンド(&)を使用して答えをつなげます。 式の構成は次のようなイメージです。 =vlookup(その1) & vlookup(その2) 1. この記事では、vlookup関数とif関数を組み合わせた使い方を紹介します。vookup関数と同様に、if関数もexcelやスプレッドシートの定番の関数です。 これらを組み合わせると、検索結果によって異なる文字列を表示したり、検索範囲となる表を条件によって使い分けたりする使い方ができるよ … vlookup関数で検索、取得したリストの数値を合計したい場合は多々あります。vlookup関数は検索する関数ですので合計することはできません。ここではsumif関数を使って、条件を指定して合計する方法をご説明します。 vlookup関数は、シート内の大量のデータから特定の情報を絞り込むのに大変便利な関数です。ですが、仕様上1つの条件しか設定できず、複数条件で絞り込もうと工夫する必要があります。今回は複数条件指定した上でvlookup関数で絞り込む方法を解説していきます。 excel 置換関数にワイルドカードが使えない!代わりの方法を考えました。 VLOOKUP関数で一致データが複数ある場合はこの方法でかんたん解決!本記事では、Excel(エクセル)の【VLOOKUP関数を複数条件(複数の検索値)で検索する方法】を紹介しています。3つ4つ条件を指定することもできるので幅広く応用も効きますよ。 xlookup関数はlookup関数系の新しい関数で、vlookup関数やhlookup関数の後継となるものと思われます。 今回は、関数を使用して、条件を満たす複数のデータを表から取り出すテクニックを紹介します。vlookup関数を使用した場合、取り出せるデータを1行分だけ、ということもあり、読者の方々からの問合せが比較的多い内容でした。 VLOOKUP関数は「=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, [検索の型])」のように記述しますが、指定された範囲から1つの検索値を検索してその結果を抽出します。. このように、検索用に値を&でつなげたものを範囲の左端に用意し、vlookup関数で指定する検索値も&でつなげたものにすることがポイントです。 このようにすれば複数条件での検索が可能で、条件を3つ、4つと増やすこともできます。 2-2.if関数と組み合わせる 利用シチュエーション 複数列にまたがる既存のデータから特定の条件に一致する値を抽出したい時 直面した問題 × VLOOKUPだとキーにする値は1列しか指定できない 記述方法 =INDEX(抽出対象範囲,条件… そのままでは複数条件の検索は不可能です。 この記事では複数条件での検索を行う応用法を紹介します。 【超便利】ExcelのVLOOKUP関数の使い方-複数条件のやり方は?よくあるエラー対処法, 【初心者向け】失敗しないパソコンの選び方-あなたの必要スペックは?おすすめパソコン5選, 【動画編集向け】失敗しないパソコンの選び方-あなたの必要スペックは?おすすめパソコン7選, 【10万以下あり】失敗しない初心者向けゲーミングPCの選び方-必要スペックは?おすすめPC5選, 【購入不要】無料でExcelを使う方法3選-ダウンロード不要アプリや公式の無料体験の登録方法も!, 【画像あり】エクセルで散布図を作る方法(基本と応用)-グラフが見やすくなるマル秘テクとは?. excel 置換関数にワイルドカードが使えない!代わりの方法を考えました。 vlookup関数で複数条件を設定する方法 検索値が一つだけだとデータが重複してしまう時、複数の項目を検索値にすることもできます。 やり方は簡単で、先ほどの「検索値」に複数の条件を「&」でつなぐだ … XLOOKUP関数 でも同様の方法で実現可能です。. 本題に入る前に、この記事がおすすめな人を挙げてみます。 1. if関数の引数「真の場合」に、vlookup関数を入れて検索していきます。if関数は、複数条件です。vlookup関数の検索範囲は、複数あります。vlookup関数の複数範囲から検索して値を返していきます。vlookup関数とif関数は、単独でもよく使われる関数です。 データの転記・集約作業が多い人 2. ExcelのVLOOKUP関数を複数条件で検索する方法. 複数条件でデータを抽出する(sumproduct関数)excelでデータを抽出することはよくあります。特に「vlookup関数」を用いることが多いのではないでしょうか。しかし「vlookup関数」はひとつの条件で一意のデータしか抽出できませ excelで期間集計(日付や範囲指定での抽出合計)ならsumifs関数. 表や範囲から行ごとに情報を検索する topへ エックス ルックアップ =xlookup(検索値,検索範囲,戻り範囲,[見つからない場合],[一致モード],[検索モード]). そのため通常の使い方では複数シート、複数セル範囲を検索対象として指定出来ません。. vlookup関数で「複数の条件」を指定できたらいいのに...と思うことはありませんか? 今回は「サービスnoと会員種別を指定すると実績が取り出される」といった数式を、ある関数を使って実現します。 lookup、vlookup、hlookup関数の検索範囲は一列もしくは一行しか検索することが出来ません。 こういった表があった場合に「パーツ7」から何が出来るのか関数で出したい場合の処理です。hlookupで検索結果から横2列ずれた値を返す方法もありますが、これでは今回は出来ません。 複数シート上にある参照リスト vlookupとindirect. vlookupの検索に複数条件を指定vlookup関数を使用する際、検索条件が2つ以上ある場合の対処方法です。vlookup関数自体は対応していない残念ながら、vlookup関数自体には、複数条件を指定する機能はありません。ifで使ったりす vlookup関数、hlookup関数で複数の条件を指定して検索する場合には、lookup関数と同様、複数の検索条件を1つにまとめる必要があります。2つ以上の条件を&またはconcatenate関数で結合し、結合した1つの文字列で検索する必要があります。 Copyright(C) vlookup 検索範囲にワイルドカード. VLOOKUP関数は、IF関数やSUM関数と並んで「よく使われる関数」上位にランキングされるものの一つです。 しかし使う際には条件や注意しなければならないこともあって、始めはちょっと難しいかもしれません。, ここではそんなVLOOKUP関数の基本や応用テクニック、エラー時の原因と対応方法について解説します。 これであなたもVLOOKUP関数を使いこなせるようになりますよ!, では始めに「VLOOKUP関数の基本的な使い方」や「列番号の自動取得の仕方」、「0ではなく空白で表示する方法」と「含む条件の指定の仕方」をみてみましょう。, VLOOKUP関数とは、「指定された1列目で特定の値を検索し、指定した列と同じ行にある値を返す」とても便利な関数です。 では具体的な例を見てみましょう。, セルF2に氏名を入力した時、左の表をもとにその人の受講日をセルF5に表示させたい時、VLOOKUP関数は有効です。検索値とデータの範囲、欲しいデータの列番号などを指定すれば、検索値がある行の任意の列にある値を返してくれます。, このように、元になる表から必要な情報だけを取り出せるのがVLOOKUP関数なのです。, ではVLOOKUP関数ではどのようなことを指定すればいいのでしょうか? VLOOKUP関数の構文は次の通りです。, (2)関数の引数ウィンドウで検索値、範囲(元の表の範囲)、列番号(範囲の内での左からの列番号)、検索方法(完全一致はFALSE)を指定する, なお、VLOOKUP関数を使う時には、「範囲の1列目を検索列とする」ことに注意しましょう。 範囲の1列目が検索値を検索する列になっていないとエラーとなってしまいます。, VLOOKUP関数は、「検索値」と一致した行のデータをまるっと抜き出すこともできます。, つまり上の図のように、セルF2に入力した「5」を検索値として№5の氏名や出身県、受講日などのデータを全て、VLOOKUP関数を使って抜き出すことができるということです。, VLOOKUP関数の引数において検索値はF5、範囲はA2:D7、検索方法はFALSEとし、列番号を「氏名の表示セル」では2、「出身県の表示セル」では3、「受講日の表示セル」では4とすればよいのです。, でも全部のセルに手入力で数式を入れるのは大変ですよね。そこで使えるのが「COLUMNS関数」です。 COLUMNS関数は「配列または参照の列数を返す」関数で、簡単に言うとカッコ内で指定した範囲の列数を返してくれます。, 例えば「=COLUMNS(A1:B1)」は、カッコ内でA列からB列までの2列が指定されているので「2」と返ってきます。, つまりVLOOKUP関数の引数である列番号に上手くCOLUMNS関数を使えば、後は数式をコピーするだけで2、3、4と変わってくれるのです。, 例えばセルG2に入れる数式は「=VLOOKUP($F$2,$A$2:$D$7,COLUMNS($A$1:B$1),FALSE)」となります。 COLUMNS関数の結果は「2」となるので、№5の人の氏名が返ってくるのです。 ちなみに「$」マークは、付けると数式をコピーしても行や列を固定してくれるものになっています。, 次にこの数式をセルH2にコピーすると、「=VLOOKUP($F$2,$A$2:$D$7,COLUMNS($A$1:C$1),FALSE)」と、COLUMNS関数のカッコ内だけが変わります。 これによりCOLUMNS関数の結果は「3」となって、№5の人の出身県が返ってきます。, このようにVLOOKUP関数とCOLUMNS関数を組み合わせれば、行のデータを抜き出すときにとても楽になるのです。, VLOOKUP関数を使った時の困りごととして、上の例のように「返す値が空白の時には0になる」ことが挙げられます。 これはVLOOKUP関数の仕様なのである意味仕方ないのですが、これにも対処法はあります。, 例えば「あの人名前何だっけなぁ?」といった時、上の例のように思い浮かんだ名字や名前だけで検索できると楽ですよね。 このようにVLOOKUP関数は特定の文字列を含む条件で検索することもできます。, 数式のポイントは検索値の所で、「値の中に特定の文字列が含まれている」としたい時には上の例のように検索値の前後に&でつなげた「“*”」を付けます。, *(アスタリスク)は「ワイルドカード」と呼ばれ、これを後ろに付ければ「文字列の頭に特定の文字がある」、前に付ければ「文字列の最後に特定の文字がある」、前後に付ければ「特定の文字列が含まれている」という条件にすることができます。是非試して見てくださいね。, 次にVLOOKUP関数のもっと複雑な使い方を紹介します。 複数条件の指定の仕方やIF関数の組み合わせ方を見てみましょう。, 通常VLOOKUP関数では一つの条件しか指定できません。 しかし工夫すれば複数条件にすることもできるのです。, 例えば上のような表があったとします。 ここでは販売先と品名を検索条件として、該当する行の数量をセルH2に表示させてみます。, (3)セルH2に「=VLOOKUP(F2&F5,A2:D6,4,FALSE)」と入力すれば完了, このように、検索用に値を&でつなげたものを範囲の左端に用意し、VLOOKUP関数で指定する検索値も&でつなげたものにすることがポイントです。 このようにすれば複数条件での検索が可能で、条件を3つ、4つと増やすこともできます。, 例えば上のような表があり、セルD2で氏名を指定するとセルE2に合否の判定が表示されるようにしたい時には、セルE2に「=IF(VLOOKUP(D2,A2:B7,2,FALSE)>=60,”合格”,”不合格”)」と入力します。, この数式は、VLOOKUP関数で氏名を検索値としてその人の得点を抽出し、IF関数で合格基準点に照らし合わせて合否を表示させており、具体的にはVLOOKUP関数の結果「69」が返され、IF関数で60以上のため真となり、結果「合格」が表示されたのです。, このようにVLOOKUP関数とIF関数を組み合わせればさらにやれることの幅は広がります。 是非この組み合わせも使えるようになってくださいね。, 最後にVLOOKUP関数がエラーになる原因と対処法について確認します。 エラー毎に見てみましょう。, 例えば上の表からセルF2に指定した人の受講日をセルF5に表示させようとしてVLOOKUP関数を使いましたが「#REF!」エラーとなりました。, エラーとなった原因はVLOOKUP関数で指定した「範囲」がB列~D列と3列なのに対し、「列番号」を4としており、範囲を超えているためです。, 例えば上の例は「佐藤 幸三」さんを検索していますが、セルB3にいるにもかかわらず、結果はエラーとなっています。, この原因は「苗字と名前の間の空白」で、検索列(B2:B5)は全角スペースが入っているのに検索値(F2)は半角スペースとなっているからです。, #N/Aエラーが出た時にはまず、検索値と検索列で一致するものがあるかを確認しましょう。, つまりこの例では、「範囲」を「$A$2:$D$7」ではなく「$B$2:$D$7」にし、「列番号」を「4」から「3」にすることで正しく表示されます。, #N/Aエラーが出た時には「範囲の左端の列が検索列となっている」かも確認しましょう。, 以上VLOOKUP関数について、基本的な使い方から応用編、さらにエラーの原因と対処法について解説しました。, VLOOKUP関数はとても使える関数で、活躍する場面は多々あります。 ここで紹介した内容を覚えれば今後資料を作る時などに大いに役立つと思いますので、何度も確認してくださいね!, エクセルが重く、動作が遅いことでお困りの方必見!当記事ではエクセルが重くなる原因の見つけ方から対処法まで詳しく解説しています。お使いのPCや古いOffice(2016以前)、複雑な関数により容量が重くなっている可能性も!問題を今すぐ解決して、作業中のイライラを解消しましょう!, エクセルでは、様々なファイル形式のファイルを開くことができます。当記事では、エクセルの拡張子について基本から応用の知識、困った時の対処法を解説しています。違いがわかりにくいxlsとxlsxも違いが分かるようになります!エクセルを適切に使いこなすためにぜひご覧ください。, 当記事ではエクセルで平均値を求める方法を解説しています。AVERAGE関数をはじめ、四捨五入や条件に合った値のみの計算、エラーを表示させないようにするなど、平均値を求める時に役立つ関数も併せてご紹介!平均値の計算で引っかかったら是非参考にしてください。, エクセルは、ちょっとした工夫で簡単に見やすくなります。初心者でも簡単、難しい上級知識は不要!このページでは、デキる人がやっている『エクセルが劇的に見やすくなる10のテクニック』を解説しています。さらに時短に役立つ関数や機能もご紹介しているので、仕事効率化にも役立ちますよ!, 大量のデータを指定した順序に倣って連続入力(コピー)できるエクセルのオートフィル機能。当記事ではオートフィルの基本的な使い方、絶対参照やユーザー条件を設定して入力する方法など、知っていると役立つ機能を解説しています。, ExcelのOFFSET関数の使い方でお悩みですか?当記事ではOFFSET関数の基本的な使い方から、SUMやVLOOKUPなどの他の関数との便利な組み合わせ方について詳しく解説します。実際の画像を使って解説しているので、OFFSET関数について深く理解できますよ!, 【便利】エクセルで棒グラフを作る方法-単位や間隔を変えるには?複雑なグラフ作成方法も!. エクセルを使う頻度が高い人 3. excel find関数で複数条件指定したい. vlookup 検索範囲にワイルドカード. 数値範囲で指定されている表を検索する場合は、vlookup関数の近似一致を使います。 以上~ 未満、 超~ 以下、このような数値の範囲で示されている表を検索する場合は、vlookupの近似一致を使う事で検索できます。具体的に良くあるものとして、所得税の税率があります。 vlookup関数は一つのセルを検索値として検索を行う関数であり. VLOOKUP関数 は本来、一つのセル範囲を検索対象に指定して結果を取得する関数です。. Excel VLOOKUP関数で複数シート(セル範囲)から検索する方法. Excel VLOOKUP関数とは?使い方が分かる! VLOOKUP関数とは、検索条件に一致したデータを指定範囲の中から取り出す関数です。. All rights reserved. vlookup関数で複数の表を切り替えてデータを取り出す. vlookup関数を使うと. 条件に一致する行が複数ある場合、 vlookup関数や、match関数を普通に使うと、 条件に一致する最初の行が抽出されます。 それでは、 条件に一致する最後の行を抽出するには、 どうしたらい … Briarpatch 《INDEX・MATCH・COUNTIF・MAX》, 参照式の参照セルが移動しても固定されるようにしたい 《INDIRECT》, 2つのデータを比較し、他方にない(両方にある)データを探す 《VLOOKUP・COUNTIF》, VLOOKUP関数一方または両方でエラーが出た場合. Excel(エクセル)2016で追加された新関数「MINIFS」(ミニマム・イフ・エス)の引数や使用例、活用のポイントを解説します。複数の条件に一致する範囲に対応するデータの中から最小値を求めます。 vlookupを複数条件/2つの条件を検索値にする方法. 例えば商品番号と商品の情報が一覧となった表があった場合、商品番号を指定しただけで商品の情報を取り出し表示することが可能です。 そこで、こういった条件判定の場合にはvlookup関数を使ってみましょう。 次のような数式を入れます。 セルb8の数値(「75」)をセルa1からb5の範囲から探して、左から2列目を表示させるという意味です。 ExcelのVLOOKUP関数では条件を1つしか指定ができません。. excelで期間集計(日付や範囲指定での抽出合計)ならsumifs関数.