歩鉄とは広義の意味では乗り鉄になるが、私が考えている歩鉄とは、鉄道を利用してjrの駅からハイキングに参加し歩くとか、廃線、廃道を歩くことを歩鉄と呼ぶことにした。 廃線跡 宇部-吉部9.7km 戦後も営業していた万倉までの区間は、鉄道の痕跡があまり見つけられない。有帆駅付近で辛うじて路盤を見つけた程度である。船木町はバスターミナルで、待合室は鉄道時代の駅舎のようである。 2008.12 宇部-有帆間① 鉄道跡は新たに造成された南平台団地を左手上方に仰ぎ見ながら進む。東側に並行する市道をしばらく進むと、左手に橋梁跡 (写真d) を見つけることが出来る。 橋台上には立入禁止と書かれた立看板もあるが、現実には既に藪地と化し、入り込めるのは野良犬ぐらいだろう。 Amazonで宮脇 俊三の鉄道廃線跡を歩く〈7〉 JTBキャンブックス。アマゾンならポイント還元本が多数。宮脇 俊三作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また鉄道廃線跡を歩く〈7〉 JTBキャンブックスもアマゾン配送商品なら通常配送無料。 なお、本項では1951年に廃止された長木沢支線についても触れる。 2017' MAR 24 Message いままで訪ねた廃線跡をまとめてみました。太平洋戦争における物資の供給によって廃止された鉄路、またね自動車社会による乗車人員の減少による鉄路、石炭から石油の資源構造の変化による炭鉱路線の廃止など、昭和晩年は各地で鉄路が廃止されました。 藤琴粕毛内川林鉄 1/2/最終回 <廃線レポ-20 福岡県の鞍手郡から宮若市にかけて、約90年間つかわれていた鉄道がありました。1901年2月13日から1989年12月23日まで使われていた、jr宮田(みやだ)線です。 場所:福岡県鞍手郡小竹町~福岡県宮若市宮田 2019年現在、宮田線の跡はほとんど残っていません。 鉄道である平坦線の終点。清滝の登山口にあり。清滝駅(今の清滝バス停前)からは坂を下って清滝川の橋を渡り、10分ほど歩く必要あり。 駅舎は撤去され、スペースはそのまま残されてケーブルの廃線跡が山の上へと伸びている。 泡沫の夢と消えた幻の鉄道線「未成線」。廃線跡に続く新たな観光資源となるか。lifull home's pressは、住宅の最新トレンドや専門家による正しい住宅情報を発信していきます【lifull home's press/ライフルホームズプレス】 長門鉄道 ①小月~岡枝間 長門鉄道の小月駅は、jr山陽線小月駅の北東側にあった。現在はかなり広い駐車場になっている。ここからすぐに、北にカーブしていたが、カーブする線路跡に、複数の店舗が角度を変えて建っている。 鉄道廃線跡といえば、地方のローカル線が思い浮かびますが、最近は都心でも、駅の地下化などに伴い地上線が廃線になるケースもあります。商業施設やサイクリングロード、遊歩道など様々に活用されている首都圏の鉄道廃線跡を、見に出かけてみましょう! 五新線(ごしんせん)は、かつて、奈良県 五條市の西日本旅客鉄道(jr西日本)和歌山線の五条駅と、和歌山県 新宮市の紀勢本線 新宮駅を結ぶ計画だった日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線(未成線)である。 またはこの路線に先行して開設された国鉄の自動車路線である。 宇部鉄道の国有化に合わせて廃止になっているが、廃駅になったのは駅間が短かった(床波から0.9km)からというばかりではなかったようだ。 宇部線と並行して宇部市交通局のバスも走っている。 その先で堤防から降りてきた県道22号線と合流し、廃線跡は県道の拡幅に利用されているようだ。 水呑 には同名のバス停が設けられている。道路は県道から市道へと変わり、緩く左カーブする地点で鞆鉄道が右に分離する。 j: 16年3月 鉄道チャンネル ※2020年8月撮影. 山口県宇部市、セメントをはじめとした産業を有する工業都市です。写真の建物は宇部市を代表する企業、宇部興産の本社です。 写真は山陽本線宇部駅の駅舎です。「宇部」という名前とあって代表駅と思われるかもしれませんが、宇部駅は宇部市の代表駅ではありません。 宇部駅に宇部市の案内板がありました。実は山陽本線の宇部駅は、宇部市の入口を意味しているだけで、宇部市中心部から外れています。宇部市街地へ向か … 山陽本線宇部~厚狭の貨物線跡. 41. 立喰い生麺川崎店とホンダ フィットの位置が鉄道用地. のと鉄道能登線は、かつて穴水駅(石川県鳳珠郡穴水町)と蛸島駅(石川県珠洲市)を結んでいた鉄道路線です。 2005年(平成17年)4月1日に穴水-蛸島間 (61.0km)が全線廃止となっています。 1959年(昭和34年)6月15日に穴水-鵜川間 (22.9km)が開業したのが最初で、その後、1964年(昭和39年)9月21日 … アルプ・グリュムさん フォローする. Amazon.com で、鉄道廃線跡を歩く〈7〉 JTBキャンブックス の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。 福岡県鞍手郡-宮若市 JR宮田線』のなかで、JR宮田(みやだ)線が、誰の手によって、どんな目的で作られたのか?ご紹介しました。, 宮田線は、1901年2月13日から1989年12月23日まで、約90年間にわたり使われていた路線です。現在の地名でいうと、福岡県鞍手郡小竹町~福岡県宮若市宮田に設置されていました。, ざっくりいういと、宮田線は、貝島炭鉱を運営していた貝島氏によって、石炭を運ぶために自費でつくられた路線だったことがわかりました。, 今回の記事では、その宮田線の跡を2019年5月19日にたどった際、痕跡をみつけた箇所について、3か所ご紹介したいと思います。, 廃線となった宮田線をたどろうと思ったきっかけは、『九州の鉄道おもしろ史』(P382-384「貝島炭鉱の鉄道と九州鉄道を繋ぐために造られた勝野駅」)を読んだことからです。, ただ、この書籍には詳しい路線図は掲載されていないため、どこをどういうふうに宮田線はとおっていたのかわかりません。そこで参考にしたのが、「歩鉄の達人-廃線探索 宮田線」というサイトです。, こちらのサイトでは地形図に路線図が掲載されているので、明らかな鉄道跡が残っている箇所にめぼしをつけて、いってみることにしました。, JR勝野駅から、直線距離にして南西630mほどの場所にあります。鞍手郡と宮若市との、ちょうど境目となる用水路上に架かっています。, おそらく現役時代には、この鉄製の桁橋のうえに線路が敷設されていたものと思われます。桁橋というのは”橋を支えるためにアーチなどの特別な構造体を用いない橋”(参照:桁橋 - Wikipedia)とあり、鉄柱を川の上に「デンッ」とわたして、橋代わりとしているもの…というイメージでしょうか。, 橋を支える土台部分(橋台)はレンガ造りです。明治時代は、トンネルや橋台などを構成していたのが、まだコンクリートではなくレンガが主だったので、当時の面影がここに残っています。, 「こんなものまで残っているのか!」と感じたもので、宮田線の線路に使われていた枕木です。↓下の写真は、筑前宮田駅側から、勝野駅方面を眺めたものです。交差点となっていますが、写真の向こう側にコンクリート製の道路が伸びているのがわかります。写真の向こう側へ伸びている道路が、むかしの線路跡です。線路跡を道路に転用したのですね。, ↓こちらの写真は、筑前宮田駅方向を眺めた写真です。写真の左下あたり…砂利になっている部分に枕木跡があります。線路跡が土手になっているのが、よくわかります。, こちらの写真は、前回の記事でもご紹介しました↓ 平成元年まで使用されていた、筑前宮田駅のホームです。, バス停「筑前宮田」の裏側に位置しており、ホームを分断するように小路が通されています↓, この駐車場となっている場所に、石炭を運んでいた当時、複数本の線路が並行して敷設されていたと想像されます。草に覆われていますが、コンクリート製のホームは今も残っています↓, 貝島炭鉱で使用されていた機関車のひとつに「弁当箱」の愛称をもつ、「Cサイドタンク」機関車があります。こちらの機関車は宮田市の石炭記念館(場所:福岡県宮若市上大隈)に保管されています。, 市民センターや公園などで、このように機関車が保管されている場所がありますが、わたしが小さい頃は「どうしてこんなところに機関車があるの?」と、ぼんやりと疑問に思っていました。地元の歴史をたどってみると、その疑問の答えがだんだんとわかってきました。, 地元の歴史を詳しく調べていくと、「なにもない地元」から「かけがえのない情報の宝庫」となってくるのが感じられます。, 地形図をもって、町や山を歩き回ることに喜びを感じています。ふだんの生活のなかから、どうすれば”楽しい!”を見つけられるか試行錯誤しています。, regenerationderhydraさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 日本の廃止鉄道路線一覧は、日本の鉄道の廃止路線(廃線)を都道府県別に列挙したものである。 複数の都道府県を通過していた路線に関しては、そのそれぞれの都道府県に記載し、都道府県内では国鉄・jr、それ以外の順に並べ、さらにそれぞれ五十音順に並べてある。 2019年5月25日の記事『個人が自費で鉄道をつくった!? 今日は突然思い立って初詣ランで行けなかった関西鉄道大仏線廃線跡の遺構を探して走ってきました。 最近、仕事や父のことなんかがあってなかなか予定が立てられずいつも急に思い立って出かけると言う … 連絡乗車券. 国道は山を迂回し、海岸線一杯を使って抜けています。 ご覧の写真はトンネル北側付近に存在する古い廃橋。 果たしてあれは鉄道用? 廃橋方面に入りました。国道は海岸線をショートカットす るかのような線形で、山肌に向かって伸びています。 明らかに車道用と分かる廃橋。どうやら旧国� 0. 推定大庭廃寺塔跡1 推定大庭廃寺塔跡2 寛文9年供養塔及び台石:供養塔の彫は浅くかつ摩耗し、年紀を含め判読はできない。 寛文9年供養塔台石:台石は柱座を造り出し、塔の礎石であろうか。礎石実測図 … 江若鉄道は、京阪系列(京阪グループ)の鉄道路線で、浜大津駅が京阪大津線との乗換駅だった経緯もあり、京阪の主要各駅から大津線・浜大津駅経由で、浜大津 - 近江今津間の各駅への連絡乗車券が販売されていた。. 『20年ぶりに18きっぷの旅にチャレンジしました。と言ってはみたものの、若い頃に比べて体力も忍耐力も時刻表の読解力も落ちています。どうなることやら…1日目 橋本(...』島根県旅行について迷い猫同好会さんの旅行記です。 線跡2: 土讃本線と一部共用していた2本で一セットの鉱山鉄道跡。前回未踏の隧道など、廃線歩きに特化して探索しました。斗賀野側の新たな痕跡を多く紹介します。 高知県 須崎市: 石灰鉱山 専用線跡: ×: H.19 2.12: No.28: 土佐石灰 工業専用 線跡3 小坂線(こさかせん)は秋田県 大館市の大館駅から秋田県鹿角郡 小坂町の小坂駅に至る小坂製錬が運営していた貨物 鉄道路線である。 小坂鉄道とも呼ばれる。2009年に廃止された。 1994年までは旅客営業も行っていた。. 江差線廃線跡の“道南トロッコ鉄道”を楽しむ | 汽車旅ひろばは日本旅行。めずらしい鉄道ツアー情報や、「鉄道フォーラム」の「鉄道フォーラム」代表の伊藤博康氏が書く鉄道コラムなど、鉄道に関する情報が満載!鉄道やJRで行く、格安旅行・ツアーのことなら日本旅行! ⑥鹿篭駅(かごえき)は、かつて鹿児島県枕崎市にあった鹿児島交通枕崎線(南薩鉄道)の駅(廃 駅)である。 ⑦鹿児島交通枕崎線の金山駅 - 鹿篭駅間の廃線跡。橋台跡が残る。 ⑧鹿児島交通枕崎線の金山駅 - 鹿篭駅間の廃線跡。 ⑨鹿児島交通枕崎線の金山駅 - 鹿篭駅間の廃線跡。 ⑩鹿児島� 1 いいね! 2017/12/21 - 2017/12/21 636位(同エリア704件中) # 鉄道・バス 関連タグ # 鉄道 旅行記グループ 廃線探訪. ここはとある終着駅。朝と夕方しかやってこない荷物列車は、炭鉱住宅を背に今日も静かにいつもの風景を繰り返す…, 小野田線本山支線長門本山駅、小野田市本山にあった炭鉱から採掘される石炭輸送を目的に開業しました。その役割を終えた現在、本山支線は朝夕3往復だけの運航となっています。, なお長門本山へ向かう列車は運航数の少なさ故、難易度が高くなっています。この記事の最後には、長門本山へ訪問する方法を同時に紹介いたします。, 山口県宇部市、セメントをはじめとした産業を有する工業都市です。写真の建物は宇部市を代表する企業、宇部興産の本社です。, 写真は山陽本線宇部駅の駅舎です。「宇部」という名前とあって代表駅と思われるかもしれませんが、宇部駅は宇部市の代表駅ではありません。, 宇部駅に宇部市の案内板がありました。実は山陽本線の宇部駅は、宇部市の入口を意味しているだけで、宇部市中心部から外れています。宇部市街地へ向かうには、宇部駅を発着する宇部線に乗る必要があります。, 宇部市の代表駅は、こちらの宇部線の宇部新川駅です。新川というのは宇部中心部を指す旧地名であり、今も駅名で残されています。先ほどの宇部興産の本社も、駅前通りを少し歩いた先にあります。, 宇部新川駅は宇部線の途中駅ですが、宇部線及び小野田線の重要な拠点となっています。列車の行き違いはもちろん、写真のように車庫からの列車の出し入れ時には線路も大混雑です。, ここで路線図を改めて見てみます。東西に貫く山陽線から、新山口から宇部新川を通って宇部に至る路線を宇部線、居能から雀田・小野田港を経由して小野田に至る路線を小野田線があります。今回紹介するのは、小野田線の雀田から長門本山を結ぶ本山支線です。, 宇部新川駅の時刻表です。宇部新川駅は宇部線ですが、小野田線の列車も全列車宇部新川の発着となっています。宇部線はラッシュを除き基本1時間半間隔、小野田線に至っては1日11本しかありません。, 今回乗車する列車は、宇部新川を朝6時40分に発車する長門本山行という列車です。詳しい理由は後述しますが、長門本山行きに乗れる列車は、実質この朝1本しかないのです。, 宇部新川駅を発車した列車は、6駅先の終点長門本山を目指して進みます。写真は雀田駅、小野田線の本線と本山支線の分岐駅です。本数自体が少ない小野田線ですが、雀田駅は本線と本山支線専用のホーム2つがあり、乗継に配慮したダイヤが組まれています。, 雀田駅で本山支線に入った列車は、ただ1つの途中駅である浜河内駅にまず到着します。浜河内駅はホームだけで、その周りに家が数軒だけの駅でした。, そして終点長門本山駅にたどり着きます。本山支線は、わずか3駅2.3kmしかありません。, 長門本山駅のホームと列車です。紹介が遅れましたが・・・この電車は国鉄時代に作られた123系という電車で、荷物電車として使われていた車両を改造して作られたものです。民営化直前に一部ローカル線に点在していましたが、現在は宇部線と小野田線に5両程しかいないという何気に大変希少な電車です。ちなみに2003年までは「旧国電」と呼ばれる茶色の電車が走っていたそうです。, 123系の車内は、このような感じです。荷物電車を旅客用に改造した経緯のためか、扉や窓の配置など不自然な個所がいくつかあります。そして写真の通り、この日往路の乗客は、私一人しかいませんでした。, こちらが長門本山駅の全景です。駅員どころか誰一人いない無人の駅、異様に広いロータリーと倒れた数台の自転車というこの上なく場末感漂う終着駅です。この駅の構造を紹介してまいります。, まずは長門本山駅の待合室です。長門本山駅は終着駅でありながら、駅舎がありません。代わりの待合室も、屋根とベンチと風よけのみという極めてシンプルなものです。, 待合室にあった長門本山駅の時刻表です。本山支線こと長門本山に来る列車は、現在1日3往復しかありません。時刻表の案内も、7時に2本と18時に1本とスカスカです。, 長門本山駅前にあった本山周辺の観光地図です。ここでは「本山線」と案内されています。石炭輸送という説明から、本山炭鉱の石炭を輸送するために本山支線は敷設された経緯がかかれていました。, 列車が発車した後の長門本山駅のホームです。ホーム1つ、線路1つ、架線1本と車止めというシンプルこの上ない構成です。しかし線路脇にあった生活道路にはバラストが残されており、石炭輸送で活躍したであろう線路跡がわずかながら残されています。, 長門本山駅の遠景です。駅前はポスト1つとバス停があります。本山岬と小野田へ行くバスが1時間1本あり、1日3往復しかない長門本山駅よりも利便性があります。, 本記事でもお伝えしましたが、小野田線本山支線の運航は朝2、夕方1の実質3往復しかありません。朝は6時40分に宇部新川から長門本山へ向かい、雀田~長門本山間の本山支線を1往復、そして9時に宇部新川に戻ってくる運航となっています。夕方も、18時の雀田発長門本山行の後に宇部新川へ戻る1往復だけです。無論太陽が出ている時間帯で訪問したいことを考えると、朝の電車に乗るしか方法がありません。, その朝の電車に乗る方法はただ1つ、宇部新川に宿泊するしかないのです。宇部新川駅は周辺に工業地帯の人たちのためのビジネスホテルがある一方、逆に宇部新川以外から訪問しようとしても宿泊施設が乏しいうえに本山支線にアクセスするための宇部線や小野田線の列車自体が早朝に存在しないためです。, 「それでも行きます」というあなたに少しだけ情報を…123系の上に行先表示がありますが、「雀田⇔長門本山」という表示が現れることがあります。3往復といえど前後1往復は宇部新川駅からの出入庫を伴うため、「宇部新川」「長門本山」という表示になります。つまり純粋な本山支線内の往復を示すこの表示は、朝7時台の1往復しか表示されないレア表示です。必ず確認しましょう。, こちらは長門本山駅の遠景ですが、ここから遠くに本山の炭鉱住宅が見えます。わずか2.3kmしかない本山支線が炭鉱目的で開業した路線であることを知ると、石炭輸送によって日本を代表する工業都市へ宇部を導いたことを今に伝える風景でもありました。, 炭鉱輸送を当初の目的とした路線はいくつかありますが、代表的なのは2019年4月に廃止されてしまった北海道の夕張線があります。夕張線も夕張炭鉱などから採掘された石炭を輸送する路線でしたが、炭鉱が閉山となると同時に衰退の一途を辿り、廃止直前は1日5往復まで減らされました。その夕張線の終着駅である夕張駅も、夕張炭鉱の閉山によって駅自体が移転となり、最後は写真のように1つのホームだけの駅となっていました。, そんな夕張線同じ炭鉱輸送目的で作られた本山支線ですが、廃線となった夕張線が5往復であるのに対して本山支線はさらに少ない3往復です。通勤・通学目的の利用客があるとはいえ、もはや待ったなしの状況であることは間違いないとは思います。, 実は2018年、宇部一帯の鉄道路線をBRT化しようという計画が持ち上がります。つまり本山支線どころか宇部線および小野田線諸共なくなってしまう可能性が出てきたのです。写真は東日本大震災によってBRT化された気仙沼線と大船渡線です。2019年に全線復旧したした右の三陸鉄道とは異なり、鉄道による復旧をやめることになりました。, 石炭輸送によって宇部を発展させた立役者である宇部線と小野田線、宇部新川で国鉄時代の列車が行き交うこの光景も、そのうち見られなくなってしまうかもしれません。, 今必死にWordpressでのブログ執筆の勉強中です。投稿が遅れることがございますが、暖かい目で見守ってくれれば幸いです。フォローよろしくお願いいたします。Follow @TrainNostalgia. ブログを報告する, 『カメラ好きがつくった史跡ガイド②(福岡・大分編)』福岡県、大分県のマニアックな史跡・写真スポット17カ所をご紹介, 『カメラ好きが作った史跡ガイド(北九州編)』 北九州市のマニアックな史跡 写真スポット21か所をご紹介. 中央の南北道路が旧長門鉄道の廃線跡、上部の豊田梨共同出荷組合(JA梨選果場)あたりが旧西市駅 . 廃線探索 長門鉄道(歩鉄の達人). 美祢駅に訪れたこの日、美祢線を満喫するつもりが、 平成9年に廃止された大嶺駅跡や専用線の旧線跡などを見ぬまま、 中途半端にして帰ってきちゃったことに気づきました。 この趣味って、いつまでたってもゴールに辿り着けませんね。 宇津野駅(岩泉線) 岩手県下閉伊郡岩泉町. ドラッグ コーエイから続く道路が豊洲炭鉱線跡. この建物が長門鉄道の駅舎跡とのこと。で、その左側のサンモール商店街が、鉄道敷設跡なのです。今は小さな飲み屋街になっています。ここを進むと . 豊洲炭鉱線は奥へ続く. 1905年(明治38年)9月13日:山陽鉄道 厚狭駅 - 大嶺駅間(12.2M≒19.63km)が開業。厚保駅・四郎ケ原駅・伊佐駅(現在の南大嶺駅)・大嶺駅が開業。 | しばらく進むと前方には愛知環状鉄道の連続高架が姿を現し、舗装路はその下に潜り込む。この愛知環状鉄道、国鉄岡多線からjr東海を経由して第三セクターに転換されたもの。 この先は挙母線跡と愛知環状鉄道の軌跡が重なる。 93年5月 成宗電気軌道. 廃線跡はくすりのコーエイ池尻店の駐車場になっている. 長門鉄道(ながとてつどう)は、かつて国鉄山陽本線小月駅より分岐して西市駅までの18.2kmを結ぶ鉄道路線を有していた鉄道事業者である。. ① 長門鉄道について. JA梨選果場の西側の建物は旧西市駅舎の一部か! 昭和26〜27年、旧西市駅に停車中のガソリンカー「キコハ10」(ふるさと下関より) 参考. 廃線・旧線・森林鉄道・未成線~廃線レポート~ 山さ行がねが 廃線レポート <1> 【廃線レポート分布図】 1/2/3/4 トップページ. 現在は県道に整備されており鉄道遺構は残っていないが、 駅前だった道路には桜並木、また公民館には「駅前公民館」という看板があり、 当時の面影を見ることができます。 【泰久寺(たいきゅうじ)駅跡】 勾配の関係で泰久寺集落より少し山守側に設置された泰久寺駅。 現在はホーム跡と� 駅名となった子持御前は1Km以上西方にあります。 雀田・長門本山間の開業時の昭和12(1937)年1月21日に設置されましたが、宇部鉄道の他の多くの廃駅と同じく、昭和18(1943)年5月1日の買収時に廃止されています。 訪問日2002-12-29 仙崎駅は、山口県長門市仙崎新屋敷町にある、西日本旅客鉄道(jr西日本)山陰本線支線(通称:仙崎線)の駅です。駅は、単式ホーム1面1線の地上駅で、来た列車が折り返すだけの構造。現在は長門鉄道部管理の無人駅です。自動券売機等の設備はありません。 南武線矢向駅から川崎河岸駅までの貨物線跡の痕跡を求めて . トップ画像は、jr西日本美祢線渋木駅出入口。出発した厚狭駅と湯ノ峠駅は山陽小野田市内、厚保駅から於福駅までは美祢市でしたが、この渋木駅からは長門市に入りました。 ... 静岡県浜松市. 美祢線に編入後、大嶺支線と呼ばれていた南大嶺 - 大嶺間は1997年(平成9年)に廃止された 。 山陽鉄道→大嶺線. 宇部鉄道の国有化に合わせて廃止になっているが、廃駅になったのは駅間が短かった(床波から0.9km)からというばかりではなかったようだ。 宇部線と並行して宇部市交通局のバスも走っている。 長門上市駅跡付近より北側は廃線跡が舗装道路として残存。長門鉄道現役時代には存在し得なかった山陽新幹線の下を潜る。 廃線跡の脇で側溝渡板に使われる鉄道用枕木。長門鉄道のものである可能性が高い。全線でも枕木の残存例は極めて珍しい。 山陽本線宇部~厚狭の貨物線跡は山口県山陽小野田市にある廃線跡。 宇部ー厚狭間は1968年9月21日に3線.... 廃線・鉄道駅 山口県. むこうに見える築堤は位登産業専用線と日田彦山線のもの Amazonで宮脇 俊三の鉄道廃線跡を歩く〈7〉 JTBキャンブックス。アマゾンならポイント還元本が多数。宮脇 俊三作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また鉄道廃線跡を歩く〈7〉 JTBキャンブックスもアマゾン配送商品なら通常配送無料。 その後山口線が開通したことにより防石鉄道当初の計画はあえなく潰えている。ここ中国地方には幾多の陰陽連絡鉄道が計画され、ことごとく挫折している。この鉄道も残念ながらその中の一つに数えられてしまった。裏返せば、廃止された鉄道が多いともいえる。 廃線跡はほぼ全線一般道に� 千葉県成田市. 廃線となった宮田線をたどろうと思ったきっかけは、『九州の鉄道おもしろ史』(P382-384「貝島炭鉱の鉄道と九州鉄道を繋ぐために造られた勝野駅」)を読んだことからです。 ただ、この書籍には詳しい路線図は掲載されていないため、どこをどういうふうに宮田線はとおっていたのかわかりません。そこで参考にしたのが、「歩鉄の達人-廃線探索 宮田線」というサイトです。 こちらのサイトでは地形図に路線図が掲載されている … 更新日時 2014年10月13日. 廃線鉄道の地図(国土地理院発行の地形図)を順次公開してゆく予定です (ただし1983年以後に廃止された国鉄線・JR線を除く)。 また、1983年以後に廃止された国鉄線・JR線、