日本人初の国連難民高等弁務官 国連難民高等弁務官就任当時 ©UNHCR/E.Brissaud 緒方貞子さんは、日本人で初めての国連難民高等弁務官として、1991年から2000年まで10年間の任期を務めました。 私が心がけているのは、現場事務所の裁量を増やすことです、任せられる裁量の大きさが仕事への動機づけになるから… 緒方 貞子. 緒方貞子さんは数々の名言を残されています。名言の一部をご紹介します。 文化、宗教、信念が異なろうと、 大切なのは苦しむ人々の命を救うこと。 自分の国だけの平和はありえない。 世界はつながっているのだから。 緒方貞子(おがたさだこ)さんがお亡くなりになりました。92歳でした。 緒方貞子と聞いて一体この人はどうゆう人?と思う方もいらっしゃるかと思いますので 緒方貞子さんの経歴や名言集、本のまとめ についても書いてみたいと思います。 1865年11月22日 - 1927年5月2日 2016 All Rights Reserved. 緒方 貞子 の名言. 東京,東京[没]2019.10.22. 江戸時代末. “知恵の雫”では、『豆知識』をお届けしています。 5つ星のうち2.6 2. 緒方貞子さんは、長年国際政治家を務められていたため、英語での会話は日常的に行われていました。 外交官の父を持つ緒方貞子さんは、父の転勤で 幼少期をアメリカ・サンフランシスコ、中国・広東省、香港などで過ごされていました 。 【動画】緒方貞子の英語スピーチが凄すぎる! 国際政治学者 緒方 貞子さん死去. 緒方貞子さんはアメリカの大学院を卒業されてますし、大学教授も務めてますし、生まれも育ちも超ハイスペックな方ですが、彼女の英語を見習って少しでも近づきたいものです。 というか、ネイティブが聞けばやっぱり英語聞いただけで分かるんですね。 //