図2 市町村別の人口増加率【日本人】 表5-1 人口増加数の大きい市町村【日本人】 ※人口が増加している市町はありませんでした. では、今後一都三県で住む場合はどんなエリアが望ましいのでしょうか? これまでのデータをもとに考察します。, 先にご紹介したような東京都の中央区、港区や神奈川県の武蔵小杉などは、住みやすさやアクセスの良さなどから人気が集中しています。富裕層向けの新築物件が立ち並ぶ一方、コストを鑑みると住みづらいエリアとも捉えられます。 武蔵小杉駅は東急目黒線と湘南新宿線双方の停車駅であり、神奈川県内ながら東京都への約30分以内でのアクセスが可能な好立地です。 今後子育てをすることを想定して住まいを検討するのであれば、頻繁に利用する可能性の高い施設との利便性を考えると良いかもしれません。また、大型ショッピングモールや子育て世帯をターゲットにした施設があるエリアも人気があります。, 一都三県はそれぞれ人口増加が見られるものの、各県では人口増加の傾向に特徴があります。住みやすさの条件はライフスタイルによって異なりますが、人口の増減はその町や区の現状を判断する重要な基準になります。今回ご紹介したような傾向をもとに、自分にあった県やエリアを検討してみてください。, ※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。, 岸博幸さん、竹中平蔵さん、森永卓郎さんといった識者の最新インタビューに加え、月間100万人が訪れる「ARUHIマガジン」から厳選した「今、読むべき記事」を多数収録。新時代の「家」と「お金」のことがまるごとわかる!, 【本当に住みやすい街大賞2019】第1位 赤羽:利便性と親しみやすさで人気急上昇の街, 【本当に住みやすい街大賞2019】第2位 南阿佐ヶ谷:緑豊かな環境と利便性、子育てに最適な街, 【本当に住みやすい街大賞2019 シニア編】第1位 大泉学園:買い物もお出かけも便利な安心・安全の街. 県が発表した第20回国勢調査(昨年10月実施)の速報値によると、県内の総人口は912万7323人で、5年前の前回調査から7万8992人(0・9%)増えた。 神奈川県の市町村(合併市町村を含む)を人口増加率が高い順にランキング表示および散布図にプロットしました。。ランキングから現状の相対的位置を知ることができます。 全国1741市区町村の人口増加数ランキングです。2015年10月1日の国勢調査人口から2020年10月1日の推計人口までの人口増加数です(区は特別区のみ対象とします)。 神奈川県平塚市の人口推移は総人口の2010年の260780人をピークとするなど日々変動があり、年少人口の1980年、生産年齢人口の1995年など、年代ごとのピークや増減推移も違っていますので、それら神奈川県平塚市地域の特徴を確認しておきましょう。 2045年 神奈川県 の市町村将来推計人口ランキング. 高い市町村 低い市町村; 市町村名 増加率 市町村名 増加率; 1位: 三重県朝日町: 35.3% 奈良県野迫川村-29.5% 2位: 東京都御蔵島村: 19.2% 高知県大川村-23.6% 3位: 茨城県守谷市: 16.4% 北海道占冠村-23.4% 転出者の増加率は6・9%と全国で最大だった。 ⇒雇用に要因、地方の人口流出が加速 東京圏への転入者は54万140人で、転出者は39万1357人。 全国・神奈川県・近隣市の常住人口、昼間人口、昼夜間人口比率 ... その他の市町村 89 0.1% 県外 8,902 8.3% 埼玉県 182 0.2% 千葉県 97 0.1% ... 就業地不詳 2,795 2.6%. 令和2年1月1日現在の神奈川県の人口は9,201,825人で、前年同期に比べ、20,200人(平成30年:18,346人)増、人口増加率は0.22%(平成30年:0.20%)でした。 (注)転入・転出には、県内市区町村間の移動を含む。 1. さいたま市内で特に人口数・世帯数共に多いのは北区 です。大宮とのアクセスも良く、埼玉県と東京都をつなぐ各路線の駅が充実している北区は、住みやすさという点で評価されているのでしょう。, 神奈川県の市区町村別増減をみると、平成31年1月時点で県全体の人口が減少に転じています。その中で唯一100人以上の人口増加を見せているのが中原区 です。その中原区でもっとも人口増加が見られるエリアは、武蔵小杉でした。 福岡県市町村の人口ランキングです。2019年4月1日での人口数も元に、福岡県の市町村の人口ランキングをお伝えします。福岡県の2020年4月の人口数福岡県の人口…5,101,947 人2020年(令和2年)4月の福岡県の総人口は、5,101, 自治体別「人口増減率ランキング2017」をお届けする。全国TOP50では、沖縄県の与那国町が1位になった。全国TOP50のほか、人口規模別や都道府県別のランキングも掲載している。 一方、2045年の人口が2015年の水準を上回る市町村が全くない道府県は多く、 たとえば、大阪圏では大阪府、兵庫県、奈良県は皆無で、京都府も増加は京田辺市の1つにとどまる。 2020年愛知県人口動向調査結果(年報)です。この資料は、毎月公表している「愛知県人口動向調査」の結果に基づき、2019年10月1日から2020年9月30日までの一年間の人口動向について取りまとめたも … 全国1741市区町村の人口増加率ランキングです。2015年10月1日の国勢調査人口から2020年10月1日の推計人口までの人口増加率です(区は特別区のみ対象とします)。 人口増減数の推移をみると、昭和39年から昭和46年(昭和41年の丙午を除く。)の間は、20万人を上回り、特に昭和46年は最も多い233,876人となっています。 2. 間で約96 万人減少したが、東京圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)では約51 万人の 増加となり、人口増加傾向が継続している。 筆者は、社会資本と人口の関係の分析として、全国の市町村を対象に、 … 神奈川県の人口推移は総人口の2015年の9147970人をピークとするなど日々変動があり、年少人口の1980年、生産年齢人口の2000年など、年代ごとのピークや増減推移も違っていますので、それら神奈川県地域の特徴を確認しておきましょう。 再開発によって高層マンションが増えている武蔵小杉周辺。引き続き人気が高まっていきそうです。, 人口増加が見られるエリアを各県でご紹介しましたが、実はこの他の区市町村は人口減少に転じている場所がほとんどです。特に交通の便が悪く、東京都からの距離が遠いエリアになればなるほど、人口減少率が高い傾向が見られます。 国立社会保障・人口問題研究所の『日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年3月推計)』のデータを使用して、2045年の 神奈川県 の市町村の人口ランキングを作ってみました。 2015年から2045年の人口増減率によって色を付けています。 人口統計調査結果. 自治体別「人口増減率ランキング2019」をお届けする。今回は北海道の占冠(しむかっぷ)村が、昨年に続き2年連続で1位になった。全国TOP50のほか、人口規模別や都道府県別のランキングも併せてお伝 … 国立社会保障・人口問題研究所の『日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年3月推計)』のデータを使用して、2045年の市町村の人口ランキングを作ってみました。 2015年から2045年の人口増減率によって色を付けています。 人口が増加している都県は、東京都、神奈川県、愛知県、埼玉県、沖縄県、福岡県、千葉県、滋賀県の8 都県 で、39 道府県は減少しています。これらの人口増加県の多くは、大都市、大都市に隣接しているという特徴があ ります。 106 0 50 100 150 200 250 300 350 神奈川県の人口と世帯(令和2年9月1日現在)(PDF:603KB) 市区町村別の詳細統計表をExcel形式で公表しております。ご利用ください。 人口と世帯(令和2年9月1日現在 神奈川県計・県内市区町村)(エクセル:21KB) 人口、人口動態、福祉、医療、行財政、産業、医療、コミュニティー、所得など21分野・811項目、1980年〜2016年までの市町村オープンデータを活用し、市町村の比較ができるツールです。 神奈川県の市区町村ごとの人口と、5年間の人口増減率の一覧表です。市区町村コード順、人口順、人口増減率順の並べかえができます。どなたでもご利用いただけますのでどうぞご活用ください。 こういった人気エリアではなく、その周辺エリアを検討すれば平均家賃や地価も下がります。経済的な不安がある場合は、周辺エリアに視野を広げて検討してみましょう。, 一都三県で年少人口が多い傾向のある地区は、いずれも区役所や学校、大型の地区センター等公共施設とのアクセスが良い共通点がありました。また、大きな病院があるエリアにも同様の傾向が見られます。 今回は日本全国にある市区町村平成27年の国勢調査による結果から人口増加率の高い街のランキングトップ100をまとめてみました。日本は今人口減少が続いておりますが、少なからず増加している街もあります。増加率の高い街は一体どこなのでしょうか? 18市町で人口増加、最高増減率は流山市2.68% 平成29年中の人口増減を市町村別にみると、18市町で人口が増加し、36市町村で減少した。増加数では、流山市が4,823人で最も多く、以下、船橋市4,580人、市川市3,861人、柏市3,743人、千葉市2,226人と続いている。 日本の過疎地域のデータによれば、2006年4月時点で過疎市町村となっている地域の面積は 204,329km 2 で全国面積に対する割合は54.1%、そこに居住する人口は約1064万人で全人口に対する割合は 8.3%、この地域での人口密度は52人/km 2 となっている。 平成23年は調査開始以来、初めて1万人を割り込む9,229人となりましたが、平成24年から1万人台を回復し、平成31 … 愛知県の人口は 7,552,873人で、前年に比べ、13,688人増加しました。 地域別にみると、尾張地域、西三河地域は増加しましたが、東三河地域は減少しました。 市町村で増加したのは 34市町村で、増加率は長久手市(1.75%)が最も高く、次いで、 東京都に勤務する世帯のベッドタウンとして有効な市に、人口が集中している傾向があると考えられます。, 埼玉県の市区町村別人口増減では、他の市を大きく引き離してさいたま市の人口増加数が多くなっています。次いで緑区、浦和市、朝霞市の人口が増加していますが、さいたま市の人口増加数はこれらのいずれの市と比較しても2倍以上 になります。 埼玉県 では、このほど令和2年1月1日現在の推計人口を取りまとめました。. 県内市町村で男性の割合が最も高いのは愛川町で108.73、女性の割合が最も高いのは湯河原町で86.84となっています。 この統計は[神奈川県人口統計調査](3ページ参照) 人口増減率 1位 開成町 1.08% 2017年の神奈川県の人口増加率は0.17%です。 令 和2年1月1日現在の埼玉県の推計人口は、7,338,536人で、前月に比べ533人(0.01%)の減少となり、2カ月連続で減少しました。. 一都三県は、働きやすさや利便性の観点から人口が集中するエリアです。ひとまとめにすれば人口増加が続く一都三県ですが、それぞれにどのような傾向があるのでしょうか?人口データをもとに、今後住みやすいのはどこなのかを考察します。, 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県で構成される一都三県。南関東とも呼ばれており、一都三県を合わせると人口3,000万人以上になります。, 東京都の人口は年々増加の一途をたどっていますが、15~64歳の人口は平成22年から平成27年にかけて減少しました。一方で65歳以上の人口は大幅な増加が見られます。15歳未満の人口は増加が続いていることから、出生率は低下していないと考えられるかもしれません。, 東京都の人口増加のピークは2025年と予想されており、以降は死亡数が増加し、人口の自然減が進むと考えられています。, 千葉県の人口推移は、東京都よりさらに顕著な64歳未満の人口減少が見られます。一方で総人口は増加していることから、65歳以上の人口増加率が激しいことがわかります。千葉県の特徴は、平成22年~平成27年にかけて15歳未満の人口減少が著しい点です。, 平成17年~平成27年にかけて10万人ずつ総人口が増加しているにも関わらず、64歳以下の人口は10年間減少し続けています。65歳以上の人口増加率は、千葉県よりもさらに大きなものとなっています。, 神奈川県も千葉県・埼玉県と同様の傾向はあるものの、詳細な人口増減にはやや違いがあります。, 神奈川県もゆるやかに総人口が増加する一方、64歳以下の人口は減少しています。しかし、15歳未満の人口減少率は他県と比較してやや低い傾向があります。, このように、一都三県は総人口を見れば増加していますが、15歳未満の人口増加が見られるのは東京都のみです。また、15歳未満の減少率を比較すると埼玉県と千葉県が高く、神奈川県は緩やかな傾向があります。, では、一都三県の市区町村の人口推移を比較した際、増加の傾向が色濃く出ているのはどこなのでしょうか? 先ほどの全体の傾向もふまえて、確認していきましょう。, 都内の市区町村別人口増減(平成29年~平成30年)を確認すると、増加率上位5区は順に中央区、千代田区、港区、文京区、墨田区 です。これらの区はいずれも東京の中心部としての利便性を持ち、多くの企業のオフィスを擁するエリアである一方、住みやすさに対する都市開発も進んでいる傾向のあるエリアです。, また、人口と居住形態に関するリサーチ では、人口増加の傾向のある東京のエリアは11階以上の高層マンションが多く、一戸建ての居住地が少ない共通点があるということがわかっています。 2045年市町村将来推計人口ランキング. 人口増加率が多い5区ではそれぞれ高級タワーマンションが複数あることを鑑みると、こうした居住形態との関連性があるとも考えられます。, 千葉県の市区町村別人口増減で人口増加数が特に多かったのは、流山市、柏市、八千代市 です。3市の特徴は、いずれもつくばエクスプレス線、常磐線、東葉高速鉄道など都内の拠点にアクセスが容易な路線があり、大型ショッピングモール等の施設がある街。 25 第3章 社会経済の動向分析 全国・神奈川県・近隣市の区域内就業率 市区町村 就業者数 平成31(令和元)年中の人口増減を市町村別にみると、14市で人口が増加し、40市町村で減少した。増加数では、流山市が4,942人で最も多く、以下、柏市4,892人、船橋市3,340人、市川市2,656人、千葉市2,467人と続いている。 表5-2 人口増加率の高い市町村【日本人】 ※人口が増加している市町はありませんでした. 神奈川県人口推移 平成12年~平成27年 ※出典:「人口推計」:政府統計の総合窓口(e-Stat) ※画像をクリックすると拡大されます. 前月からの人口増減の内訳は、自然増減が1,946人の減少、社会増減が1,413人の増加です。 ®å¼•ã„た数)は、39,800人の増加で(平成30年:33,117人増)でした。その内訳をみると、転入者数は514,781人で前年と比べ7,202人の増加、転出者数は474,981人で前年と比べ519人増加しました。, 社会増減は、昭和35年から昭和46年までは増加数が10万人を超える水準で推移しました。以降は10万人を下回り、平成23年は3,259人となりましたが、その後また増加傾向となり、平成31・令和元年は2年連続で3万人台の増加となりました。, 人口増減を月別にみると、例年4月が社会増の影響を受け大幅に増加する傾向があります。, 平成31・令和元年は平成29年から3年連続ですべての月が自然減となり、減少数1,000人以上の月が10か月あり、特に2月は2,000人、1月は3,000人を超えました。, 社会増となった月は4月を含めて11か月、社会減は2月のみでした。.