オシャレな食事の場にふさわしいお酒の代表といえば、ワインだ。肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン、赤と白のいいとこ取りのロゼワインなどがある。だがしかし、なぜワインはどれもブドウから作られたお酒なのに、色や味がぜんぜん違うのだろうか? じゃあ逆に 魚料理に赤ワインだと なんでダメなの?? 魚料理=白ワイン肉料理=赤ワインこれらはずっと言われてきた定番料理ですが、その枠に収まるのは可能性を狭めてしまうだけです。ワインと合うもの、合わないものを自分が体感することで新たな発見が生まれます。今日は魚料理は ワインはブドウの品種によって味が変わってきますので、自分の好みの目安になります。 赤ワインは、濃厚で口当たりが良くお肉料理やチーズに合うものが多いですね。 白ワインは辛口でスッキリとした飲み口で、魚料理や野菜に合うものが多いです。 白ワインに合うチーズ 4. 手軽なおつまみで最高のマリアージュを楽しもう 白ワインに合うおつまみを選ぶコツ 「魚には白ワイン、肉には赤ワイン」という迷信めいた言葉がありますが、本当にそうなのでしょうか。 白ワイン由来の酸が決め手で、魚の生臭みを消してくれる。さらに白ワインを飲むことで、白ワイン醤油が刺身とワインの仲を取り持って、相乗効果で美味しさが増すんです。 試しに「普通の醤油」と「白ワイン醬油」をそのまま舐めてみました。 夏は白ワインの美味しい季節!白ワインが好きな方も多いですよね。白ワインって魚と合わせるって思っている人がいたら是非この記事を読んでほしい!赤ワイン同様、白ワインもお肉料理に合うんです。白ワインとお肉料理の合わせ方をソムリエ・エクセレンスに教えてもらいましょう! リカーページ・お酒初心者ための情報サイト|同じくブドウを原料とするのに、赤ワインと白ワインとでは、ワインの色合いが全く違います。 「なぜブドウから赤いワインと白いワインができるのか?」 このワインの色の謎について迫ります。 白ワインに合うおつまみ 3. 白ワインがなくても諦めないで! シャルドネの白ワインはなぜ人気? Barmalini / Shutterstock.com. 2. ワインの種類には大きく分けて、白ワインと赤ワインがあります。自分の好みでワインを選べばいいですが、一般的によく知られている定番があります。「魚料理には白ワイン、肉料理には赤ワイン」です。 では、なぜこの原則なのでしょうか。 お家で白ワインを飲もうと思っても、どんな料理を用意したらいいのか分からない!というあなたのためにぴったりな料理や作り方など、白ワインに合う魚料理と肉料理、おつまみの3つのカテゴリーに分けて、おすすめの人気レシピを各5選ずつご紹介します。 赤ワインで代用はできないの? 白ワインを代用して作るおすすめレシピ. 赤っぽい料理であれば赤ワイン、白っぽい料理であれば白ワインのように、メインとなる食材の色とワインの色を合わせてみましょう。例えば、牛や子羊の赤身肉には赤ワイン、白身魚や豚や鶏肉のような白身肉には白ワインを選ぶのが理想です。 白ワインを美味しく飲むためには、何に気を付ければいいでしょうか。「冷やして飲む」「魚料理に合わせる」などは、どこかで聞いたことがあるかもしれません。 しかし、白ワインを美味しく飲むためのヒントは、まだまだたくさんあります! 「肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン」というのは有名。でも、一口に「白ワイン」と言っても、何を選んでいいか困った経験はありませんか? そこで、今回はお魚に合う"さかなワイン"を一瞬で見抜く方法をご紹介。 シャルドネの白ワインは世界的に人気. この組み合わせが 美味しく食べられるということ . 白ワインがないときどうする? 料理にワインを使うのはなぜ? 料理用のワインと飲む用のワインの違いは? 白ワインの代用になるもの. お料理に合わせてワインを選ぶのは難しいと思っていませんか?たくさんある中からどう探せばいいのかヒントをご紹介します。お魚料理に合わせるのは白ワインとよく聞きますが、実はとても使いやすく便利なロゼワインや、赤ワインのおすすめもあります。 白ワインと魚の相性が良い理由 あまりワインに詳しくない人でも、赤ワインはお肉料理、 白ワインはお魚料理というのが 暗黙の了解になっていますね。 なぜ、白ワインと魚なのでしょうか。 肉料理には赤ワイン 魚料理には白ワイン . 白ワインに合うおつまみって何だろう?と悩んだことはありませんか?実は白ワインに合うおつまみには「法則」があるんです。今回はコンビニやスーパーで購入できる白ワインに合うオススメのおつまみ … 白ワインは夏の暑い季節にぴったり!ただ、実際白ワインに合う料理やおつまみはどんなものがあるのか意外に知らない人も多いのでは?そこで、今回は定番の魚介料理の他に、肉料理や煮込み料理など白ワインに合うおすすめのレシピをご紹介します。 ワインって難しい・・・?世の中で広く言われるワインの常識を、ワインのプロが実際に検証!毎月1つのテーマに絞って連載していきます!今回のテーマは「「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」ってほんと?~肉編~」です。 赤ワインと白ワイン、色味も風味も違うことは知っているかもしれませんが、何が違うかと言われたら難しいですよね?一つはもちろん使われるブドウの品種が違います。赤ワインは黒ブドウ、白ワインは白ブドウから主に作られます。ただ実は黒ブドウからも白ワインは造られます。 「白ワインは冷やして、赤ワインは常温で」誰もが聞いたことがあるであろうワインの飲み方に関するルールですね。これにならって白ワインはしっかり冷やし、赤ワインは常温の状態で飲んでいる方は少なくないと思います。ですが、果たしてその理由まで理解した上で実践できていますか? なぜ魚料理と 赤ワインは合わないのか?? お酒を召し上がる人なら ほぼ99%の方が知っているのが . しかし白ワインは金額の高い安いに関わらず、違和感なく美味しく飲めるので好きです。 一般的にはお肉には赤ワイン、魚には白ワインと言われてはいますが、お肉にも白ワインは合うと自分では思っています。 赤ワインの良さがわからない私の舌はお子様? 「味覚の秋」に旬をむかえる鮭や秋刀魚。これらの魚にワインをマリアージュさせる際のポイントをご紹介します。 ワインと秋の魚のマリアージュ 「魚介には白ワイン、お肉には赤ワイン」——と、ざっく … 年間1,500種類以上ワインを飲むソムリエが厳選するおすすめの白ワインです。予算別にピックアップしているので、用途に合わせてお選びいただけます。白ワインの種類、選び方のコツもあわせて解説しま … ドレッシングに、マリネに、隠し味にと大活躍の酢。欧風料理に欠かせない「白ワインビネガー」は自宅にあるだろうか?日本の酢が穀物酢なのに対し、白ワインビネガーは果実酢である。酢と白ワインを混ぜたものは、きちんと作られた白ワインビネガーとは別物なのだ。 ワインラバーの方だと、わざわざ料理用のワインを購入して、料理を作るよりも中途半端に残ってしまったワインや、あまり好みじゃなくて進まないワインを料理に使うなんてことありませんか?そこで、本日は市販されている料理用のワインについてお話したいと思います。 和食の代表選手であるお刺身。お刺身と合うワインとは?一般的に魚介類に合うと言われているワインを中心に10本をセレクトし、実際にどんなお刺身と合うのかを検証します!