がしかし、ここからがまた(? ライブラリーという名のラウンジ。 過去のブログを見てるとハッピーアワーにスパークリングワインも振る舞われたらしいのですが、今回はコーヒーやハーブティなど数種類のドリン … 伊東にある星野リゾート 界アンジンに宿泊してきました!写真をたっぷり使って実際に泊まってみて感じた魅力をご紹介!これから宿泊を考えている方は、ぜひ参考にしてください。 星野リゾート好きのくま()です!今回は以前 3 泊 4 日で行った北海道旅行についてです。. ワイキキの中心地に建ち、ビーチやショッピングエリアに徒歩でアクセスできる好立地。館内は1960年代のレトロハワイアンなつくり。心あたたまるサービスでワイキキを満喫する滞在を演出します。 ご覧のとおり、施設内には水の流れと高低差がふんだんにあり、谷の地形にあることが分かります。足腰が悪いとちょっとキツいかも。, 谷の景色を望むこんな絶景スポットもありますよ!星のやのHPに書いてある「特等席」ですね。, この施設のシンボリックな存在でもある「カフェガゼボ」。空中に浮かんでいるような構造が特殊です。中はテーブル席とソファ席の2タイプがあります。これ、入ってみるとわかるのですが、格子は結構大きくて、簡単に物が落ちちゃいます。写真を撮るときはiPhoneの落下にご注意を…, カフェの近くにはバーカウンターがあり、ソフトドリンクのほか、ビールも常時飲み放題の太っ腹サービスです。ここでも頂けますし、ガゼボまでデリバリーしていただけます。1日中アルコールが飲めるというのは、ラグジュアリーリゾートの特権ですね!欲を言えばスパークリングワインなんぞも…, こちらはショップスペース。編みかご製品はこのあたりの特産のようです。星のやのマークでも入っていればなお良いのにな~と思いますが、いずれもびっくりするくらいリーズナブル。, 部屋は運河プールを挟む形で、くしの歯のようにして並んでいます。プールサイドにもパブリックスペースが設えられていますが、この壁の装飾は息をのんでしまうような精緻さ。, 今回の部屋は3つあるうちの「ヴィラ・ブラン」というタイプです。面積は208平米という破格の広さ、というかどこからどこまでが面積に算入されているのかもはやわかりません。呼び鈴はこじゃれていますが隣の部屋のと聞き分けるのは至難の業です(笑), このタイプのヴィラの特徴は、2層構造になっていて、階下のブールサイドスペースからすぐにプールに入れるということ。ここだけでもくつろぐのには十分すぎるスペースです。トイレとシャワーが隣接しているあたりも抜かりありません。 全国すべての「星のや」を自腹で制覇した女子旅ライターが本音で書く宿泊記ブログ。その他、おすすめの星野リゾート施設も口コミも多数。 - そういえば、敷地外を散歩していると、ホタルが飛んでいるのも見えました。写真には収められませんでしたが、水がきれいな証拠です!「聖なる」という冠がつくこの地らしい光景に、しばし日常を忘れてしまいました。, 長旅の疲れもあり、ぐっすりと休んで目覚めたら、朝食もダイニングでいただけます。和食、洋食、インドネシアンと3種類ありますが、今回はご当地の朝食にしてみました。内容はおかゆとさまざまなコンディメントの取り合わせ。すっぱいものから辛いものまでさまざまです。朝からエネルギー満タンになります。, この日は何をするでもなく、ゆっくりまったりと施設内で過ごして、お昼もルームサービスでいただきました。ミーゴレンなど、こちらはどれもボリューム満点で、想像以上にコスパGoodです。日本の資本だと、ひとつひとつの食事も安心していただけるのが何より。ついつい水のことなど海外特有の事情も頭から離れていってしまいます。, 施設のご紹介はこんな感じですが、今回は行かなかったスパがあったり、夕方には強烈なスコールになって辺り一面水浸しになったりと、いろいろと見どころの多い環境、施設でした。この地の文化を楽しめるようなアクティビティ等は、オープン間もないこともあり、まだあまり作り込まれていないようでこれからの伸びしろに期待です。 2019/01/07, 2019年1月2日~7日。年始早々の時期に、オープンから2年目の星のやバリに6日間滞在してきました(^-^)205平米のヴィラは言うまでもなく本当に素敵だったのですが、スタッフがすばらしい~(^-^)♪ 星のやファンでも何でもないのですが、お世辞抜きで、素晴らしいリゾートでした。帰る前から、次の星のやバリ行きを計画してしまいました(笑, 15時台デンパサール到着予定のエアジアが1時間ほど遅れ、16時半ころ到着。星のやさんであらかじめお願いしていたドライバーさんと空港で落ち合って、渋滞にもあいながら、途中、ウブドの手前で、ドライバーさんが案内してくれたお店で夕食。 インドネシア料理、清潔で広々としたお店、お値段も手頃。屋台でもなく高級店でもなく、何ごとにも程よい感じが、バリ1日目の気分にぴったりでした(^-^)星のやに到着したのは21時くらい。↑ ↑お部屋のリビング。感じのよい照明で落ち着きます。あたりはどっぷり夜。窓の外も真っ暗です。, さすがにヘトヘトに疲れて、広々お風呂にお湯はってゆっくり浸かって早めに就寝zzzベッドルームの間接照明も素敵です。ベッドのうしろは2m×4mくらいはある巨大な総木彫。, バスタブおっきい! 深くて大きいバスタブ。バスタブの隣にシャワーがあるジャパニーズスタイルのお風呂は、なんだかんだ日本のお風呂に慣れている身には落ち着きます(この作り、海外で初めて見ました。。) 蛇口がおしゃれすぎて、蛇口の使い方がちょっと難しいのですが、お湯もちゃんと熱いのがしっかり出ました(50度くらいまで出る感じでした)。, 洗面台も、ちゃんとツーボールです。洗面台にも毎日ボトルのお水が補給されています。ちなみにトイレは、TOTOのネオレスト(かなり最新式のフルオートウォシュレット) 。朝起きた瞬間、最初のうちは、「あれ? 湯布院にいるんだっけ?」みたいな変な気持ちになりました(笑, 翌朝、東向きの窓から入る心地よい朝日に、6:00過ぎには自然と目が覚めました。朝日で目覚める朝は、なんとも心地よい目覚めです。昨日は真っ暗でわかりませんでしたが、窓の外は一面の緑のジャングル~!, お部屋についている専用のガゼボ。プールで泳いだ後に、水着のままでくつろげる作りになっています。連れは、5日間毎晩、ここで夜風に吹かれながらビンタンビールを楽しんでいました。, お部屋のテラスから見えるプールと、お隣さん(お隣のヴィラ)。個人差はあると思いますが、お隣の視線は大して気にならないほどよい作りです。窓にはすべてロールカーテンがついていましたが、結局、カーテンはずっと開けたまま過ごしていました。, 日本で入手できなかった、星のやバリのリゾート内マップ。向かって右向きに、川に向かってジャングルが下っている作りです。滞在したのは201(ヴィラ ジャラク)。よいお部屋でした。もう一度行くとしたら、またきっとヴィラジャラクに泊まると思います。, お部屋の鍵に、ガムランボールがついています。細部まで抜かりない。ちなみに、お部屋の広さは約205平米とのこと。お部屋をぐるりと取り囲むテラス込みの面積だと思います。お部屋自体は、多分70~80平米くらいだと思いますが、それ以上の広さ、ゆとりを感じました。 2人だとちょっともったいない感じ。, お部屋に冷蔵庫があったので、フルーツを買ってきて冷やして食べました。ナイフ・フォークは、レストランで貸してもらいました。お部屋の装備は、冷蔵庫、湯沸かしポット、グラス、カップ、コーヒー・紅茶の補給。洗面所には大きめのドライヤーがありました。コンセントは、日本のコンセントもそのままでいけます(ただし、電圧は200v)。テレビはありませんでした。なくて正解だと思います(^-^), ルームライトも、バリの伝統的な生地で作られています。多分(^-^)大きなタオルハンガーが2つあり、ちょっとした洗濯物干しには重宝しました。なくて困るものはほとんどなかったのですが、朝夕涼しい時間帯など、エアコンでなくても、扇風機があったらいいのにな~と思うことがありました。シーリングファン、扇風機などはありませんでした。, 朝ごはん。インドネシア式のチキンスープのおかゆ。トッピングを変えると繊細に味が変わり、なかなかおいしいです。 滞在中、2回食べました。朝ごはんは、メインレストランで食べるインドネシア式おかゆ、和食、アメリカンブレックファーストと、ガゼボで食べるランチボックス(ブレックファーストボックス?)がありました。ガゼボの朝食は後ほど。。(^-^)これが、だいぶテンションが上がります。, バリ滞在前に日本から星のやさんの公式ウェブサイトを見ていたときは、「おかゆに豆かぁ。。」と、微妙な気持ちになっていたのですが、この豆がなにげにいい働きをします。豆、おかわりしちゃいたくなります。, 朝ごはんの時間帯のハーブティーは、レモングラスとレモンバームのフレッシュハーブティーでした。美しいグリーン。, 席数はそれほど多くないですが、何しろゲストの数が限られているので、朝も昼も夜も、いつもゆったりしています。, ゆったり朝ごはんを食べていると、ウブド行きの最初の11:00のバスにちょうどよい時間になります。ウブドまでは30分くらい。 1日目は21時の星のや到着でしたが、 2日目、4日目、最終日(帰国日)は外に出かけ、3日目と5日目はリゾート内でゆっくり過ごしました。欲張りさんには物足りないかもしれないですが、のんびり派なので、 1日おきにお出かけとリゾート内で、ちょうどよかったです。, バリは、ちょうど、ご先祖様をお迎えする日本でいうお盆のような時期とのことで、このびよ~~んとした飾り物が、家ごとに立っていました。現地のドライバーさんによると、このびよ~んを立てるのは意外とお金がかかるらしく、「お金持ちの家のびよ~んは大きい」とのことで、そういう気持ちでしげしげと見ていると、一つ一つ意外と作りが凝っていて、家々のびよ~んを見ているだけでも半日楽しめます。, ウブドで早めの夕食を済ませ、夜はウブドの王宮で、レゴンダンスを見たり。。(ダンスは基本的にどの会場も19:30~開始なのですね), 王宮で踊っているダンサーさん、すごく素敵でした(^-^) 思わず引き込まれます。ウブドで夕食を食べて、ダンスを見て帰ってくれば、星のやに帰ってくるころには、やっぱりどっぷり夜です。心地よい疲れで、おやすみなさいzzz, 陽はまた昇る。おはようございます。朝は毎日この景色です。東向きの窓からさす朝日で、毎朝6時過ぎには自然に目が覚めます。なんとも健康的。1月のバリは雨季真っ只中の時期とのことでしたが、朝は5日間、毎日よいお天気でした。午後は、ほどよく曇って涼しかったり、そのまま晴れていて暑かったり、結構なスコールだったり、日によっていろいろでした。そしてこの後、7時半からヨガに出かけます。緑のジャングルの中の朝ヨガはあまりに気持ちよく、結局毎朝ヨガに出かけました。, ヨガの専用ガゼボ。ちょうどお部屋から斜め下に見えました。この環境、最高です~(^-^), ヨガの先生は毎日変わりました。レストランなどのスタッフの方が先生を兼任しているようです。ヨガの後に、10分ほど瞑想がプログラムに入っています。瞑想中、、 肉体がなくなって、魂だけになる感覚になりました(°_°)。。ジャングルのパワ~, ココナッツの皮を細~い竹串(かな?)で縫うようにして容器を作って、バリの街でいたるところにお供えしてある例のお供え物を作ります。竹串がポキポキ折れて、結構難しい先生はスイスイ作っていました。バリ生まれの先生は、日常の生活の中で子どものころから毎日やっているそうです。, そんなこんなで、大体あっという間にランチタイムです。メインレストランのランチ。ナシゴレンとフライドチキンのワンプレート、ミーゴレンとフライドチキンのワンプレートが2000円くらい(サービス料、税込) 。変な比べ方ですが、町のワルン(屋台)で食べる100円のナシゴレンがダントツで1番おいしいとして、それを除くと、星のやさんのメインレストランのごはんは、昼も夜も、実は結構おいしかったので、値段はなかなかですが、何度も利用しました(^-^)♪, 1日リゾート内で過ごす日は、この鳥かごのようなガゼボに行きたくなります。ランチ後のお昼寝にはうってつけの場所zzz, 日中はコーヒーや紅茶軽食などが注文できます。こちらは↑↑ サービスでもらってきたジャムウー(^-^)朝ごはんの時間は人気で、そこそこ混んでいますが、日中は静かなもんです。, リゾートの Wi-Fi が、ここでも辛うじて通じています。大自然の中でケータイいじってます。ちなみに、レストランやヴィラ内では、問題なくWi-Fiが通じていました。鳥の声と川音、熱帯特有のまったりした空気にビールでも入れば、もう、ガゼボで確実に熟睡ですzzz お昼寝気持ちいい~ 季節によるのかもしれませんが、虫や蚊に困ることはありませんでした。, ガゼボで気持ちよくお昼寝していると、またまたあっという間に夕方です。毎日夕方5時から(確か土曜日はお休みでした)、フロント前のガゼボで、ガムラン生演奏か、キッズバリニーズダンスをやっています。キッズとは言っても多分高校生くらいだと思います。王宮で見たフルオーケストラのレゴンダンスも本当に素敵でしたが、数名のゲストのために目の前で演じられるダンスも凄くよかったです。思いのほか上手で、目が離せませんでした。きっと、子供のころから何年も練習して、この域に達するのでしょうね~✨, メインレストランの夕ごはん(^-^)美しい彩りの料理が並びます✨この日は、お通し(?)に、ウニとイクラが出てました。どちらかと言えば甘さに軸足のある甘辛味のバリ料理にちょっぴり飽きてきたころに、予期せぬウニ&イクラ。なんか嬉しい。, シーフードサラダ。グリルされたナスとズッキーニの上に大きなプリプリ海老が載っかっていて、夕食メニューの中で1番好きなメニューでした。滞在中に2回食べました。メインレストランの夕食は、ビール、ワインなど飲みながら、 2人で10,000円という感じ。アラカルトメニュー、かなり充実しています。, 実はアルコールが全く飲めない私は、こんなおしゃれなノンアルコールモヒート。おいしかったです, ヴィラの前のプルメリアを拾って飾って、おっきなお風呂に入っておやすみなさいzzz 退屈してしまうかと思ったリゾート内での1日も、こうしてあっという間に終わっていくのでした。, 夜はコテっと寝て、朝はしゃきっと朝日で、決まって6時過ぎに目が覚めます。健康的です。朝はひんやり涼しいので、このいっぱいある引き戸をついつい全部開けたくなってしまいます。毎朝の日課。そして今日は、日課のヨガの後は、楽しみにしているガゼボの朝食です(^-^)♪, フルーツと、おかわり自由のパンと南国フルーツのジャム、バジルたっぷりのドレッシングのサラダ。, ところで、プールに対する情熱が低すぎてプールの写真があまりないのですが(笑)、お隣さん、お向かいさん、皆さん泳いでいました。 1月初旬。気温は、暑いときで30℃くらい、涼しいときは23℃くらいだったのではないかと思います。, プールには1度も入っていないのですが、スパには行きました!価格は街の10倍ですが、とんでもないスペシャル感。。, 専用のスパルームが、下のほう~~にあります。専用のゴンドラでぎゅい~んと降りて行きます。↓ ↓ こちらは、スパルームではなくて隣の控え室。スパルームは2つしかないので、とにかくゆったりとして優雅です。ぐ~んと下に降りるので、窓の外は青々とした深い森。覗きにくるのは鳥と虫くらい。, メニューは90分、120分、180分など。せっかくなので180分にしました。またも熟睡。いかにもバリらしいスクラブ&ラッピングで、帰国後も腕脚がピカピカ&すべすべ✨ どういう成分だったのでしょう、あのスクラブ。。写真は撮れなかったですが、お花いっぱいフラワーバスもメニューに含まれていました。, お部屋に、日本語で書かれたスパメニューのパンフレットが置いてありました。フラワーバスは、この写真↑ ↑そのまんま。贅沢な時間です。ちなみに、スパだけでなく、ルームサービスやホテル内サービス、お部屋の使い方など、すべてわかりやすい詳しい日本語のパンフレットが部屋にありました(^-^), 施術後は、優しい味のお茶をいただきました。飲んだことのある味でした。ロータスティーかな。。ロータスティーはベトナムですねぇ。何茶だったんだろ?, 長いと思っていた6日間の滞在も、あっという間に終わってしまいました! 最後に星のやさんの門。星のやバリ、なによりも、スタッフの方がとても素晴らしかったです。日本人のスタッフはおそらく2人、現地のバリ出身のスタッフがほとんどでした。フレンドリーでホスピタリティーもあり、皆さん誇りを持って働いているのがよくわかりました。レストランで「この席がいい」と一度選ぶと、次からもその席に案内されました。ちゃんと記録をとっているのでしょうか。何だかよく分かりませんが、すごいですね。宿泊者は、日本の方が7割、欧米の方、韓国、中国などの方が残りの3割という感じでした。, 最終日。チェックアウトは正午ですが、帰りの飛行機は夜11時過ぎ。星のやバリでも手配可能でしたが(30分= 100,000ルピア= 約800円でした) 、私たちは現地のツテがあったので、外の車を手配して、出発までたっぷり時間があるので、バリの南部に遊びに出かけました。ウルワツ寺院のケチャダンス。インド洋に沈む雄大な夕日をバックに、とても素敵なパフォーマンスでした。 6日間のバリ滞在。旅の最後はワルン(屋台)の夕ご飯で締めくくって、おしまいおしまい。, 利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 星野リゾート公式サイト。各地にあるリゾートホテル・温泉旅館・都市観光ホテル・スキー場などの最新情報、空室情報、旅行の魅力などについてご案内します。ご予約は当サイトが最もお得です。 『星野リゾート リゾナーレ小浜島』が2020年4月より再びオープンすることになりました。まだ運営が星野リゾートだった2016年当時訪問した際とっても満足度が高くて大好きになったホテルなので参考までにレポします^^ 自腹ライターが行く!星野リゾート 星のや. 470円/日~, おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします! それでも、全体的なハードはアマンなどに負けないハイクオリティになっていると思います。ぜひ、日本代表としてどんどんいい施設になっていってほしいですね。また遊びに来たいと思います。. ~星野リゾートが考える3密回避の旅~ 2020.01.10 2020年3月14日より、八重山諸島は海開きです 2019.10.01 星野リゾート 西表島ホテル 10/1オープン 対岸のヴィラとは向かい合わせなので、植栽があるとはいえお恥ずかしい姿を晒すことのないように配慮しましょう。隣人とお互いに少しずつ気を配りながら暮らしていくのも、バリニーズの精神ということです。, 階上にもガゼボがもう1つあります。部屋の中にはベッドが2台しかありませんが、あちこちの大きなソファで寝れば軽く10人くらいは泊まれちゃいそう…, ようやく寝室です。こちらはどこの星のやでもおなじみのデュベタイプ。とはいえ海外ではなかなか経験できないレベルのふかふかなお布団です。 Copyright(c) forTravel, Inc. All rights reserved. 星のやバリはインドネシアバリ島にあり、星野リゾートにとってバリはタヒチに次いで2カ所目となる海外施設だ。 開業は17年。 タヒチが既存施設の運営を引き継いだのに対して、バリでは現地の投資家と組み、建物を設計する段階からかかわった新規案件だ。 フォートラベルポイントって?, フォートラベル GLOBAL WiFiなら 2019/01/02 新しい感性が息づく加賀伝統の温泉宿 加賀文化にひたるご滞在♪. QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。, 掲載のクチコミ情報・旅行記・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。. 世界遺産の棚田を潤す聖なる川のほとり、ウブドを代表するリゾート、星のやバリ。バリ建築の集落でお寛ぎください。ご予約は当サイトが最もお得です。 [Data] それならということで、気分を変えて館内を探索に出ます!このあたりでスムーズさを欠いているのは、オープン時期だから仕方ないですかね。そんな大らかな気分にさせてくれるのもバリ島の力。, フロントの付近には、東屋ともう1つ、能舞台のようなスペースもあります。伝統芸能の披露?と思いましたが、特にそういう催しもないようです。活用方法の考案はまだまだこれから? Date: Jan.XX.2017 Room: Villa Bulan 青森・奥入瀬渓流。夏は新緑と涼しげな渓流が印象的な場所ですが、冬になると渓流周りの葉は落ち、雪に包まれ、冬の森へとその姿を変えます。そんな奥入瀬渓流沿いにある、星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルで、そんな冬の奥入瀬渓流を思う存分満喫してきました。 西表島で星野リゾートへ泊まってきました!実ははじめての星野リゾート。 口コミを見る限り、わりと厳しい評価をされていたので始めからあまり期待しないようにしていました(笑) 計8泊9日(初日は羽田に前泊)の長旅で、石垣初日の宿泊。 星野リゾートが自社ブランド施設の海外展開第1号としてオープンさせたバリ島・ウブドの星のやバリに早速お邪魔しました。ダイナミックな風景に溶け込む広大な施設を満喫します。 そしてここにも、枕元の木彫りの装飾は見事というほかありません。, カトラリー類も、基本的に必要なものはひとしきり揃っています。免税店でボトルワインを買い込んでくればよかったなと思ったんですが後の祭り。近隣に商店らしきものは見当たらなかったので、ステイを彩るアイテムはトランジットの際にでも買い込んでくるのがよさそうです。 星野リゾート 界 日光. 星野リゾートの成功理由・成功要因は一体なんなのでしょうか?星野リゾートは今や誰もが一度は泊まってみたいホテルであり、成功しているホテルの一つです。 星野リゾートが「星のやバリ」をインドネシアのバリ島のウブドに2017年1月20日にオープンしました。 次回は、ゲレンデでのスキー以外の楽しみ方をお届けします☆ (前回のスキー旅行ブログはこちら→家族で初スキー! 星野リゾート 界 加賀. インドネシア・バリ島ウブド地区にある星のやバリ。神話に語り継がれるプクリサン川と、その流域に広がる世界遺産の風景があり、人々の生活と美しい棚田を潤しているこの聖なる川のほとりに集落が広がります。【ご予約はベストレート保証の公式サイトがお得です】 問題のある投稿を連絡する, マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる インドネシアらしい香草の香りをまとった、日本料理の技法を凝らしたお料理が続きます。どれも見た目に美しく、ボリュームよりは目で食すほうに重点が置かれている印象です。, 「ギンダラのスパイシーグリル 西京味噌風味」「湯葉とココナッツのスチーム」、そしていろいろなものが並んださながら八寸のような一品。バリ調の器に日本料理が盛り付けられているような雰囲気で、味はどれも確かです。, メインは「牛フィレ肉のステーキ バリ風コンディメント添え」、そして「ソトアヤムと餅」。後者はどっちもほぼ餅なのですが、国によって異なる2種類の餅を一皿に合わせることで、両国のフュージョンを表しているそうです。, デザートは2品供されます。1つめは「ほうじ茶のブランマンジェ」、そして最後に「軽いチーズのムースとフレッシュフルーツ カクテルスタイル」。後者は、チーズムースが出てきたあとに、目の前でフルーツなどを入れたカクテルをシェイクし、上からかけて完成という、目にも楽しい1品です。 他の星野リゾートにも泊まりたいなぁと思いました・・が、今回2泊3日(リフト券付き)で11万円。。 懸賞で当てよう!と決心しましたww. ここまで、1つ1つは小さいながらも10品のコースとなり、思った以上にお腹いっぱいになりました。これくらい長くなると、サーブが間延びしないようにすることも大事ですね!混雑してくると大変そうですがぜひ頑張ってほしいところです。 )一悶着。一向に何も始まらないのです(笑)チェックインの手続き(といっても記帳のみですが)まで15分待たされる始末。実は、我々の部屋の清掃が終わっていないらしいのです(それもこちらから聞いて分かったこと)。夕方の17時前なのですが… 今回はGo to Travel キャンペーンの旅行の第2弾として、星野リゾートのリゾナーレ八ヶ岳に2泊3日しました!先月に行ったリゾナーレ那須に続いて、星野リゾート系列のホテルに泊まったのは今回で2回目です。リゾナーレ八ヶ岳の情報をできるだけ詳しく記事にしましたので是非ご覧ください。 宿・ホテル予約 > 石川県 > 加賀・小松・辰口 > 加賀 > 星野リゾート 界 加賀のブログ詳細 エリア: 石川県 > 加賀・小松・辰口 > 加賀 宿番号:309552. 北海道勇払郡占冠村にある約1,000haの広大なスノーリゾート。ホテル・スキー場・氷の街アイスビレッジ・ミナミナビーチをはじめとした通年型複合リゾートです。 コロナ禍を理由としたキャンセルについて、星野リゾートが“100パーセント請求する”という投稿がsnsで拡散炎上した。実際はどうなのだろうか。 バー状のチョコレート「Pod」がインドネシア産の素材を使ったもののようで大変おいしく、帰りの空港で大人買いしてしまいました。, 地味に嬉しいのはトイレのウォシュレット。これがありがたいのなんの…バリ島の大自然を楽しみたい一方で普段の快適さは失いたくないという人間様の究極の我が儘も、星野リゾートなら叶えてくれます。, チェックインが遅かったので、あれこれと見て回っているうちに19:30の夕食が近づいてきました。しかし、レストランに直行する前に…, はい、例の無料ビール@カフェです。アペリティフってやつですね(貧乏根性が働いている), レストランにやってきました。こちらもやはりオープンエアーですが、不思議なくらい虫はいません。, 夕食のダイニングは120万ルピアのコース1本。日本の感覚ならそうでもないですが、インドネシアでこの値段は超高級料理です!ちなみにお隣はルームキー。, 最初の3品。「レモングラスの香りをまとったアミューズ」「フォアグラの田楽仕立て こぶみかん風味のコンソメとともに」「お造りのアソートメント サンバルの香りとともに」。 Booking: Hotel Website, 2017年1月20日、星野リゾートの最上級ブランド「星のや」が満を持して海外に進出しました。場所は高級リゾート地として名高いバリ島のウブドエリア。深い谷に緑が鬱蒼と茂る、神秘的なエリアです。早速お邪魔できる機会がありましたので、じっくり中を探検してみましょう!, 始まりはデンパサールのングラライ国際空港から。予約すると往路の片道送迎がついてきます。今回はジャカルタからの国内線だったのですが、ドライバーの方は国際線だと思っていたらしく、落ち合うのに相当な時間を要してしまいました。到着便名は伝えてあるのですが…幸先の悪いスタートで一抹の不安です。, 車に揺られること約2時間、山深いウブドにある星のやバリに到着しました。ヒンズーの様式のエントランスが出迎えてくれて、テンション下がり気味でしたがワクワクしてきました!, フロントはオープンエアの空間にあります。目の前の東屋?みたいなところに通され、ウェルカムドリンクのもてなしです。グァバジュースはさっぱりとした味わい。 こちらの旅行は実は出発の 3 日前ほどに急遽予約したもので、しっかりの計画を立てたものではありません。. どれもおいしいお料理で、ご馳走さまでした~, 部屋に戻る道すがら、夜のプールも素敵な雰囲気です。24時間入り放題なので、ナイトプールも一興ですね。 高級リゾートチェーン「星野リゾート」の一つ「星野リゾート界かい 箱根」。 日本の伝統文化であるおもてなしにこだわり続けるこ 「星野リゾート界 箱根」の部屋・食事などを当ブログで紹介! 青森旅行に行くなら星野リゾートの青森屋がおすすめです! ここ、ブログでの口コミや評判がすごくよいので、以前から気になっていたのですが、今回実際に青森に行くことになったので、青森屋に行ってきました。 そして、その居心地の良さを実感! 『 2019年1月2日~7日。年始早々の時期に、オープンから2年目の星のやバリに6日間滞在してきました(^-^)205平米のヴィラは言うまでもなく本当に素敵だった...』バリ島(インドネシア)旅行についてでんちゃんさんの旅行記です。 「星野リゾート界 アルプス」の部屋・食事などをブログで紹介! 信州の大自然を堪能できる温泉宿! それでは、「星野リゾート界 アルプス」の部屋、大浴場、食事、イベント、アクセスなどを詳しくご紹介 … 30代バリキャリママの子育て日記 30代バリキャリママの子育て日記です。バリキャリを目指しながらも子供もしっかり育てたい。そんな思いのつまったブログにしていきます。娘との日々の生活や旅行などマメにアップしていきます。 少し前になりますが、三沢市にある『星野リゾート 青森屋』に行ってきました八戸駅から無料送迎バスで40分、三沢駅からはすぐです。念願の初星野リゾート。こちらは、… インドネシア最安