人口減少は良い事かもしれないけど、子供が減ったからといって高齢者がその分へるわけではないから ちなみにデメリットは、やはり経費負担です。 問題なんだよとの事でしたが (税金の情報は思いつきです。余計でしたらごめんなさい・・・) 人口減の問題点をあげると年金、税収、労働力あたりをあげる人が大半なのですが メリット③日本にはすでに230万人の外国人が滞在. ということは、この50年の間に7億もの人口が増えた事になります。 つまり毎年平均1400万の人口増加という驚くべき結果となっています。 医療技術の発達ですか? 食料の安定供給ですか? 大規模戦争や大飢饉を回避できる国家になったからですか? q 人口を増やすメリット. 減るという事は社会保障費の支出を増やしている生活保護者も減るし、専業主婦なども減るし、ニートやフリーター、低所得者層なども減るので   毛沢東の建国した中国は、スターリンのソ連を手本にした国です。この国作りのモデルでは、人口は多ければ多いほど良いのです。 いかがでしょうか? 適正人口の話題ではこの6000万とか7000万というのはよく見かける物で ところがそれから約50年後の2000年の人口を見ると、何と12億6千万人以上との事です。   5)現在の先進国も、1世紀前には、実は、人口増大していました。先進国はどこもかも、産業化の時点から較べて、数倍から十倍ぐらいの人口に増え、その後、増加は停止し、減少へと転じます。このパターンからすると、現在世界の後発国は、産業化をすすめ、教育の普及などを進めていますが、この結果としての人口増大があります。衛生思想や技術の普及で乳児死亡率が低下し、人口増大へと転化した国も多数あります。中国もそうであり、1世紀前に較べ、第二次世界大戦などを経過したにも拘わらず、産業化・先進化の歩みの途上の人口増加を経験していると云えます。 流通量ではありません。需要と供給のバランスが 市区町村毎の人口動向を人口1,000人当たりの出生数(普通出生率)でみると、1980年時点では人口1,000人当たりの出生数が10人以上の地域の割合は92%であったが、2010年には同割合が7.8%へと急速に低下している。 2) 朝鮮戦争で、中国軍は人海戦術を取り、100万人が死亡したと言われます。人海戦術とは「敵の陣地に向かって突撃する。退却する者は後ろの督戦隊が機関銃で射殺する。退却した者の家族は反革命罪で強制収容所に送る」といったもので、2000年ごろの映画「スターリングラード」でソ連軍がやっている「ドイツ軍の陣地に銃も持たない新兵を突撃させ、ドイツ軍の弾薬を消耗させる」人海戦術を模倣したものです。こんな戦争をやっていれば、やはり国民はいくらでも要ることになります。 メリット 人口の増加はそのまま労働力増加へとつながる。 規模の経済が働く。 消費者の細かいニーズに応えられるような産業はある知度の市場規模がなければ生まれ出ない。 日本は世界に例のない少子超高齢化時代に入り、この先数十年で人口は急減し超高齢者ばかりの国になる可能性があります。, 国は、積極的には外国人の移民政策を取っていませんが、現状は約200万人以上が日本に在留し人手不足から労働しているのも現状です。, 移民を受け入れれば治安の悪化や民族や宗教上の争いにも発展する可能性もあり、移民を受け入れなければ人口が急減し税収も減り日本が成り立たなくなる可能性もあります。, 海外でも移民問題の反応は様々であり、今後、日本はどう対策していくのかが大きな課題となっています。, 日本の少子超高齢化は加速しており、人口も減少し深刻な社会問題となっています。この状況は先進国でも問題となっており、人口が減少することによって税収は減少、労働力も減り人手不足状態が続いています。, 社会保障・人口問題研究所によると、日本は36年後には人口が1億人を割り込む見通しと紹介され、その12年後には15歳から64歳の生産年齢人口が現在の60.8%から51.4%まで減少するとしています。, 人口全体の高齢者の割合も現在の26.6%から38.4%に上昇するとし、「日本は今の水準の人口を維持するなら、毎年50万人の移民を受け入れる必要がある」と指摘しています。, 一方、安倍政権は人手不足などに関し「女性の活躍、社会進出」を掲げており、社会保障・人口問題研究所では移民に関する政策は全く頭にないと主張。, 安倍首相は欧州を訪問した際、「日本はロボットやAI(Artificial Intelligence:人工知能)の活用で少子高齢化の危機を緩和する」と言及しました。, 日本は、機械に仕事を奪われることを懸念していないと思われ、現状のままでは人口が1億人を割り「日本は移民を受け入れないと手遅れになる」と論じました。, 日本の少子化問題の現状や原因、影響、そして対策について解説!少子化問題とは 少子化とは、子供の数が減少する状態を指します。 日本などの先進国で多く見られる...みんかね編集部, 日本は、少子長高齢化に伴い人口が減少しており、経済の活性化も見込めないことが予測されます。, ただ、欧州各国のように移民を受け入れることによって、人種・民族や宗教上の違いから治安は悪化し、争いが起きることはメディアでも紹介されています。, 日本が移民を受け入れることになった場合、欧州のように問題が起きる確率はなくはありません。, 地方の経済活性化を目指す「地方創生」を担当する石破大臣は平成27年11月24日、会見で世界が経験のない速さで少子高齢化する日本に「移民の受け入れを進めるべき」と述べました。, 日本は平成29年11月1日より、技能実習制度が介護分野にも解禁されました。タイやベトナム、ミャンマーなど発展途上国の若者など外国人が日本で労働、技術を取得する技能実習制度は平成28年末時点で、農業や漁業、製造業など70種を超える職種で、合計すると約23万人に上っています。, 実習生は実習実施企業(機関)と雇用契約を結び実践的な能力を高めるため3年間の技術実習を受けます。, 技術や知識を身につけ3年後に母国へ帰り、各々の地域でその技術を活用するというシステムです。, 日本は移民を受け入れるという政策は取っていませんが、現実、技能実習制度以外の留学生ビザなどで日本へ来日、人手不足からサービス業や工事現場で規定時間外でも外国人が数多く見られ黙認されているようにも見えます。, 見方を変えると現実、日本は不法滞在の外国人が働いているのが実情で「移民の受け入れ」は日本にとっては最後に切り札とも言えます。, 近未来の日本にとって人口激減時代は目前に迫っており、移民受け入れのために国民的な議論が必要になってきます。, 総務省は、平成28年の日本の出生数が100万人を割り、死亡者数は130万人を超え、日本の人口が約30万人減少したと発表。, この問題に対し、なぜ日本は移民を受け入れないのかが問われますが、現在の日本では移民受け入れという政策がないためであり、移民を受け入れるには国民投票に匹敵するほどの慎重さが必要になってきます。, 移民を受け入れることにより、治安の問題、抗争問題など、これまで日本が体験したことのない状況が出てくる可能性があるからです。, ただ、現実的には、日本には不法労働者が働いているのも事実であり、すべて帰国させてしまえば経済が成り立たなくなるのは予測できます。, また、日本は国土が狭く、75%が山間部で移住に適した面積はわずか32%。さらに日本は社会の安定を重視し、欧州で移民受け入れの実態を見て治安が悪化するという影響が大きく、移民受け入れには消極的です。, 平成29年7月19日、中国のポータルサイト「今日頭条」は、日本は人口減少にもかかわらず移民を受け入れないのは移民者数が圧倒的に少ないことだと掲載。, サイトには「日本は年をとっても豊か、中国は年をとっても貧しい」とコメントが多数寄せられたと言います。, 中国は人為的で強制的な人口構造であり、10年後の高齢化問題は、日本の10倍深刻だと掲載されました。, 日本が移民を受け入れるメリットとして最大の効果は税収でしょう。少子超高齢化が進む日本において、若い移民を受け入れることによって労働を供給し、税収は増え、GDP(国内総生産)も押し上げ、経済的にも活性化が見込めます。, 日本の社会保険費は破綻寸前状態であり、財政も1,000兆円を超え世界でもトップクラスの財政赤字大国です。移民の受け入れで労働により税収を確保することがメリットとなります。, 米国の大手総合情報サービス会社・ブルームバーグによると、日本が移民受け入れに賛成することが正しいとすれば、現在は移民に対して厳しい日本は圧倒的に経済大国になっていたと分析しました。, しかし、現状の日本は小規模事業者などの経済や人口問題で危機的状況です。日本の平均年齢の高さ、出生率の低さは世界一であり、移民を受け入れず経済成長の問題は深刻だと指摘しています。, ブルームバーグの分析を見た場合では、日本は移民を受け入れることが経済的にメリットとなると言えます。, OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development:経済協力開発機構)によると、日本には約230万人の外国人が暮らし、3年前からは約25万人増加し日本の人口の1.8%に上るとしています。, OECDの統計上では、国内に1年以上滞在する外国人は移民と定義されています。すでに日本にとって外国人は不可欠な労働力となっており、移民がビザ(査証)終了後、退去させられれば経済的に大打撃となると予測されます。, 外国人を移民として受け入れることによって、日本企業にとっては人件費の削減効果が見られます。, メディアでも紹介されるように不法滞在者を重労働や長時間、安い賃金で労働してくれると言うメリットは大きく、本来であればグレーな部分ですが実態は企業にとって人件費削減がメリットとなっています。, 特にアジア圏の外国人においては、日本で10万円ほど稼いで母国に仕送りすると、その家族や親族が15~20人暮らせるとしています。それだけ物価の差があると言うことです。, メディアでも、このことに関し日本企業に雇用契約上、違法として取り締まりが行われる業者も紹介されています。, 日本が移民を受け入れることによって人口減少を移民が埋め、多文化や国際化が促され多様性への理解が進みます。, ドイツやフランスなど一部問題もありますが経済は移民によって経済が活性化された実績があり、米国は高度技術を持った移民によりIT(情報技術)AI(人工知能)などの技術に貢献。, ドバイでは約9割が労働者として人手不足を補っており、ベトナムでは小学校で日本語が第一外国語となり、言葉の壁をクリアしようとしています。, 日本に移民が入ることで治安が悪化することが一番の懸念となります。メディアでも紹介されているように、アフリカ大陸や中東諸国から地中海を挟んでイタリアやギリシャなどに移民が移動し、治安の悪化が深刻な問題となっています。, 移民の増加は深刻で各国受け入れを制限してきましたが、イタリアへ入った移民は、再びアフリカ大陸へ返すことは法律上禁止されているので移民を受け入れることしかできません。, 以前はドイツやフランス、オランダなどにも移民は振り分けられてきましたが各国で規制され現在はイタリアに集中。治安の悪化、騒音、ゴミ問題、犯罪などの問題が起きています。, イタリヤでは、国が用意した移民用の簡易アパートや施設はパンク状態で、住まいだけでなく食べ物など生活費必需品も用意されます。, これらはイタリアの税金だけでなく国連からも支援があり、イタリア人にとってはストレスとなり精神的なダメージが大きく見られます。, 自分たちが納めた税金が全く知らない移民に提供されているという、イタリア人のイライラ感は将来的にも大きな不安材料となっています。, 現在、日本への移民は高度で技術のある人材などが期間を限定され入国していますが、少子超高齢化を改善するには内閣府によれば毎年20万人の移民を受け入れれば日本の人口大幅減を回避できると試算しています。, ただ、その20万には技術もノウハウも何も持たず単純労働しかできない移民も数多く含まれるはずです。, このようになれば単純労働市場に門戸を開くことが必要となり、このことで日本人の雇用が圧迫される懸念があります。, 日本は現在、企業において人手不足状態であり、その代変えとして移民を雇用すると、賃金は安くなることが予測されます。それは日本人労働者にも言えることで、同じ作業、労働をしてくれるのなら賃金が安い人を雇用するのが商売の鉄則です。, 移民を受け入れるデメリットとして、移民の出生率が挙げられています。移民の出生率は高く、平成2年から10年のフランスでの1人の女性が一生に産む子供の平均数である特殊出生率は、フランス人が1.6に対し、移民の女性は2.5と1.5倍の開きがあります。, フランスの女性は一生に1人か2人出産するのに対し移民は3人近くを出産し、その子らが大人になってまた3人近くを出産するとすれば、その違いは大きなものとわかるはずです。, 一般的に移民は所得水準が低く、雇用環境も決して優遇されているとは言えません。単純に考えれば移民第1世はから2世、3世と代を重ねれば移民人口が急増することがわかります。, 米国ではメキシコからヒスパニック系の移民が急増しており、33年後には米国は非白人国、100年後にはヒスパニックの国になると試算されています。, これが日本に移民が2世、3世と増加したと考えると日本の文化などが懸念されることになります。, 日本と異なる民族が移民して2世、3世と移民人口を増加させ、50年、100年後に日本はどうなっているのかは予測できません。, 神社がモスクやヒンズー寺院に変わったり、お寺の住職が韓国系移民になる可能性もあります。日本が移民を受け入れ、これが将来の日本像だと国民が納得でき覚悟があるのか問われます。, 日本は、陸続きで他国と接する欧州や米国に比べ島国であるため外国人と接触は少ないとされています。, ここ数年は、東京オリンピック・パラリンピックが平成32年に開催されることで訪日外国人客も過去最高を記録していますが、これは移民ではなく旅行でビザ(査証)期間内での滞在に過ぎません。, 米国や欧州では、イスラム過激派を警戒しており、米国では反移民政策を掲げ、英国は移民を嫌いEU(European Union:欧州連合)を離脱しました。, では、海外から見た日本の移民政策はどう思われているのか。米国では日本の移民受け入れで経済大国になるとしていますが、欧州ではアジアの中ではシンガポールやドバイなど収入の高い国に移民し、日本はスルーされています。, 海外から見れば日本の移民受け入れに関し、ここ数年での訪日外国人客の増加、消費力など力の差は歴然であり、日本が世界で注目されている今こそ親日派を受け入れる政策をとるべきとしています。, 日本政府は世界の現実からは目を背け、単純労働者の移民を認めないとしていますが現実には日本には約230万人の在留外国人がおり、過去最高となっています。, しかし、日本は閉鎖的であり、海外からヒト・モノ・カネが集まらないと言われ、内向きな「人づくり改革」や「教育無償化」などの政策となって移民に関しての議論がされていないと見られています。, 日本国民は、人口減少の危機感は乏しいもので、特に首都圏では地方の問題として見ているとも言えます。ただ、国立社会保障人口問題研究所では、2025年には東京でも人口はピークを迎え、その後は急減することが予測されています。, この間近に迫った危機に対し、政策は不十分であり平成26年には、女性の出生率の向上と、首都圏から地方への人口移動を目指し「地方創生法」が整備されましたが、これまで数千億円の予算をかけながらも出生率は上がらず、人口は東京など首都圏に移動するという逆効果の結果となりました。, 【2025年問題】超高齢化社会がもたらす医療・介護・年金・社会問題2025年問題とは 団塊の世代が75歳となり2025年問題が始まる 日本は2007年に総人口に...みんかね編集部, ただ、日本は移民受け入れを最後の砦と考えているようにも見え、国は移民政策を積極的には行っていませんが、地方自治体やNPO(Non Profit Organization:営利目的でない団体)などは、過去20年前から外国人住民の支援活動を積極的に行ってきました。, 日本にふさわしい移民の受け入れは、日本の人口急減を緩和する他にも、労働力の確保だけでなく日本の若者がハングリー精神を持つ外国人に刺激され、互いに競争・協力することで日本再生のための切り札ともなりえます。, 日本の移民問題は、政策的にも現在のところ積極的には行っておりません。ただ、この状況のままでは、数十年で超高齢化率は高くなり子も少ないという現実は避けられません。, 日本の文化を守るという意味では移民は受け入れられないという意見が多く聞かれますが、秋田県の伝統文化「なまはげ」は人口減少で4割以上が消滅しましたが、外国人留学生が担うことで復活した事例もあります。, 日本の文化に親密感があり好感を持つ外国人の移民は、今の日本には必要かもしれません。, 「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 変化することによる経済の委縮です。人口が増加 少子化問題とは 少子化とは、子供の数が減少する状態を指します。 日本などの先進国で多く見られる... 2025年問題とは 団塊の世代が75歳となり2025年問題が始まる 日本は2007年に総人口に... 【お金から見た働き方改革③】会社でお金の借りるのは「借金」とは少し違う、借入金の考え方. 「産めよ増やせよ政策」とは、平たく言いますと「避妊と中絶は認めない」というものです。この頃の中国に住み、最下層の生活で貧困に喘いでいた中国残留婦人の手記を読むと 日本の例で考えると、第一次石油ショックぐらいま http://www.chinavi.jp/jinkou.html 日本最大の問題が資源不足で、人口減少すればこの難題を解決できるからです。 確かに、人が減れば必要な資源も減るわけで、資源の乏しい日本にとってはメリットになります。 人口減少、万歳。 同様の議論は以下の書籍でもみることができます。 基礎自治体の担い手の減少、東京圏の高齢化. 市になるのに何かデメリットでもあるのでしょうか? 者数の増加です。就業者の増加は賃金の増加にも 中流層や高額納税者だけが減るのであればたしかに大きな税収ダウンと国力ダウンにはなりますが インバウンド客の増加は、日本に大きな経済効果をもたらしています。 2018年1〜12月、インバウンドによる消費額は過去最高の4兆5,000億円を記録しました。 この記録は、2012年から7年連続の更新です。 人口が多いことのメリットとデメリットは何ですか?? ここで質問です。国の人口を増やすメリットを具体的に教えてください。漠然とは外貨を獲得する機会が増えるとか、流通貨幣額が大きくなりそれにより様々なものが作り出されるぐらいしか思い浮かびません。よろしくお願いします。, ジム・ロジャーズ氏の発言を20年以上に渡って 追いかけている者です。 一方、中国の人口の9割くらいが農村戸籍保有者ですが、彼らは子供の教育など一切考えずに子供を作っています。なぜかというと、教育等無視すれば「子供は多ければカネになる」からです。農村では法律などあってないようなものですから、農村の人口増加抑制は難しいでしょう。そのため、中国の人口増加は今後も加速する方向と思われます。, 毛沢東が中華人民共和国を1949年に建国した後、中国は「産めよ増やせよ政策」を文化大革命終了(1970年代後半)まで30年に渡って取りました。 食料問題、エネルギー問題、環境汚染 ・・ 全て中国人に振り回される事になるのでしょうか?, こちらのカテでいいのか分かりませんが、よろしくお願いします。 中国政府は少子化政策を一生懸命推進していると聞きますが、おそらく都市部の一部富裕層にしか浸透していないのが現状ではないでしょうか?   そうすれば、質問者さんがおっしゃるように、歳入も歳出も両方減るのでメリットが出てくるでしょう。 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=02266749 することになりますが、生産物の流通の増減が彼 理由: OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development:経済協力開発機構)によると、日本には約230万人の外国人が暮らし、3年前からは約25万人増加し日本の人口の1.8%に上るとしています。 毎年20万人以上もの移民を受け入れている日本ですが、多くの人から問題視されているのが現状です。そこで今回は、移民受入によって得られるメリットと引き起こすデメリットをそれぞれ見ていきま … 発生しにくい環境となります。 不可欠なのが、国内需要の増加です。この需要の 質問者さんはどのような方法で、人口を減らそうと考えているのですか?, 最近、市から町へと引越したですが、ふと疑問に思ったことがあります。 経済界の専門家も人口減はプラスという人も多い 毛沢東の死後、文化大革命が打ち切られ、トウ小平が権力者になった1980年ごろに、「産めよ増やせよ」が「一人っ子政策」に180度転換しました。これは「二人目の子供を産むと厳しく罰せられる」もので、「産めよ増やせよ」の反対です。 国内経済がある程度の成長を遂げると、次の成長に このままのペースで増え続けていく事はないでしょうが、たとえ増加のペースは鈍るとしても、いずれにしてもこの地球の存亡は中国の人口次第という事になるのでしょうか? 追いかけている者です。 問題なんだよとの事でしたが ていた時代です。この間に起っていたことは、就業 図書館で探してください。涙なくして読めない本です。 外国人観光客の増加がもたらす日本経済へのメリット. また、それだけエネルギーを使わないのでコストダウンにつながる上に環境にも良いという指摘。   2.1 海外不動産投資のメリット1 日本と異なり不動産価格が上がっている(値上がり益が狙える) 2.2 海外不動産投資のメリット2 日本と異なり人口が増加している(空室リスクが低い) 2.3 海外不動産投資のメリット3 国ごとに異なる特徴 の主張するところです。それ以外に、震災前の 増加が供給の増加に結び付き、国内経済は敗者が   2)上の周期的な人口減少があるということは、それを回復するための努力や、また自然に回復する理由があったとも云えます。その理由の一つは、中国の社会が、農業文明であって、農業文明では、人口調整は自分たちでは行わないのです。つまり、生まれる数だけの子どもを育成しようという文化慣習があります。この結果、戦争・天災などで、減った人口はすぐに回復するということが繰り返され、また、このような経験を蓄積した文化として、「子どもはできるだけ多数造る」というのが、歴史を越えて、文化の基底習慣にもなってしまいました。 原田泰氏「日本は狭いので人口が多いとむしろ困る」 産業革命がすごかったのは、人口が予想されたほどは増加しなかったため? 日本の人口減少・少子化の利点・メリット むしろ豊かになる部分 … 生活保護費は「町」は負担しなくていいですが、「市」は全体額の1/4を負担しますし、職員も担当者を置かなくてはならないので、人件費がかさみます。いくらかは生活保護世帯の人数でまったく変わりますから、なんとも言えません。(でも、人件費も含めれば当然○億円だと思います) 財政的にはむしろ歳出減でプラスだと想定します。 先日、中国の人口に関するサイトを見ていて気が付いたのですが、1900年台の初頭には4億人程だったようです。 中国人のマンパワーを借りなくても経済成長で, アメリカが中国の為替偽装を認定とか。 そもそも 中国て何から何まで 偽装だらけで。 為替て 要は 円, 中国てバブル崩壊している…らしい。 とか 何から何まであいまい。 中国から撤退したい企業があれば ま. 村や町が市になるメリットとは? 2018年現在、日本には814の市があります。 人口が372万人の横浜市から、人口約3500人の北海道歌志内市まで人口の面では大きな開きがあります。 村や町と市では、イメージにも違いがありますよね? お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 人口減少時代の日本は中国を利用しないと経済成長できない? のです。, ジム・ロジャーズ氏の発言を20年以上に渡って   ジム・ロジャーズ氏が指摘しているのは、貨幣の 中流層や高額納税者だけが減るのであればたしかに大きな税収ダウンと国力ダウンにはなりますが   人口を増やすメリットとは? 2011年4月16日朝日新聞に、ジム・ロジャーズ氏に対して巨大地震に見舞われた日本の復興に関するインタビューを行った記事が掲載されていました。 毛沢東の「産めよ増やせよ政策」は、「産んだ子供が生き残れるか」は無視していましたので、生まれた子供の多くが飢えや病気で死にました。1950年代の中国は農業生産力は低く医療レベルも最低でしたので。しかし、生き残った分は人口を増加させました。1950年代末には大躍進政策の失敗で飢饉が起き、そこでも多くの子供が餓死したでしょうが、その後も産めよ増やせよ政策は継続され、人口が増え続けました。 ですので、「市」になっても、職員の目に見えないサービスが維持されることを祈りましょう。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 町が市になる要件は、現在人口3万人ですよね。(本来は5万人) することになりますが、生産物の流通の増減が彼 これらは「推測」です。 変化することによる経済の委縮です。人口が増加 理由は どうか市になるデメリット、ならびにメリットもあれば教えてください。お願いします。 原発停止で流通面以外でも人口が減ればへるだけエネルギー消費量は減るのでそういった面でもプラスになる。   していたので、国民所得は底上げの時代となってい 以前の国会でもそういった会話があったとの事でしたのであえて適正人口という言葉を使ってみます。, このサイトとかでも日本は人口が多すぎるというのをよくみるのと この町は、以前住んでいた市よりも人口が多く、5万人弱います。 る局面に突入していたので、日本経済が収縮してい では、年齢80歳以上の人口を1割減らしましょう。70代も1割減らしましょう。60代も1割減らしましょう。50代も、40代も、30代も、20代も、10代もそして1桁も1割減らしましょう。 日本の人口減少は悪いことなのか?逆にメリットなどを考えてみる. 人口が半分になると推定すると税収も半減して20兆程度、しかし歳出も半分へると48兆程度 そもそも、人口が減るとどのような問題が起こるのでしょうか?整理してみましょう。人口減少=人が減る、ということです。まず、人が減るとともに分かりやすく減るのが「カネ」です。なぜなら、人が減る=生産者・消費者がともに減る、からです。そうなると、(生産サイドも消費サイドも)1人当たりの金額を増やさない限り、経済規模は縮小していきます。今の世のなか、何だかんだ「カネ」のチカラは大きいものです。 … することにより、結果として貨幣の流通量が増加 都会人からは日本の一番嫌な所は人口が多すぎてストレスになるというのが都民のアンケートで4位にランクインされていた(経済紙のアンケート) の主張するところです。それ以外に、震災前の 少子高齢化社会を突き進む日本。 人口予測は下記の通り。今後の人口減少は間違いないです。 しかし 江戸時代の頃は日本の人口は3000万人程だったと考えられ 国内経済がある程度の成長を遂げると、次の成長に 小川氏によると、公的年金である老齢基礎年金は、原則、65歳から受け取れるという(本人の希望で繰り上げ・繰り下げは可能だが、多くの人は65歳から受け取る)。 年々65歳以上で働いている人口が増えているが、その理由として、最近の60代後半が元気であるということに加え、会社や団体が中高年のマンパワーを活かすため、再雇用年齢を65歳から70歳に引き上げたり、定年を廃止したりしている社会背景があると小川 … することにより、結果として貨幣の流通量が増加 くじ引きで1割ずつ国外追放しますか? 不可欠なのが、国内需要の増加です。この需要の ちなみにこの町は、歳入で町税が5割を超えているのに対し、 1) スターリンのソ連が外貨を獲得する手段は、適当な理由で政治犯を「製造」し、強制収容所(実態は、待遇最悪・安全設備なし・無給の鉱山等)に「政治犯」を送り込んで、人海戦術で好物を採掘して海外に売り、外貨に換えることでした。この方法ですと、政治犯は半年もすると半分くらいに減ってしまうので、次々に政治犯を補充しなければなりません。この手法は「国民の生命を外貨に換える」に等しいですが、スターリンのソ連では確かに有効でした。 日本企業が海外進出する理由は数多くあり、具体的には国内市場の縮小・海外市場の大きさ・人件費の安さ・取引先の海外進出などがあげられます。 では、それぞれ具体的に見ていきましょう。 企業の海外進出が必要な理由とは?成功事例・失敗事例から見えてくる法則 これが積み重なって今は1000兆もの借金大国になっていますが ところがそれから約50年後の2000年の人口を見ると、何と12億6千万人以上との事です。 なかなか聴けなくて・・・(^_^;)), たぶん、次回の国勢調査で人口が5万人以上なら「市」になると思います。きっと、いまの町には病院とかもありますよね? 人口だけで「市」にはなれないと聞いたことがありますが、やっぱり決めては人口でしょうね。 ということは、この50年の間に7億もの人口が...続きを読む, 毛沢東が中華人民共和国を1949年に建国した後、中国は「産めよ増やせよ政策」を文化大革命終了(1970年代後半)まで30年に渡って取りました。 日本経済には問題がないからです。 中国はとても人口が多いですが、これはとても羨ましい事ですよね??, 人口が多すぎる日本、多すぎて何か利点あるのですか 減らすべきでないですか(もちろん自分以外で), 嫁のクリトリスを2時間近く舐め続けていたら、突然腰や膣がビクビクと動いた後に嫁がぐったりとしてしまい, 人口を増やすメリットとは?   1)まず、中国は、黄河・揚子江を擁し、肥沃な大平野があり、古来より、麦・米の栽培による灌漑農耕があり、「四大文明」の一つだともされています。二千年乃至三千年以前から、肥沃な土地にあって農業を営み、養える人口が、他の地域よりも多く、結果的に、古代から人口過剰になっており、農耕地をどんどん拡大し、揚子江南岸の三国志時代の呉などの地域は、あまり農業生産性が高くなかったのですが、ここも農耕地に変え、食料生産能力を高度に上昇させました。そのため、古代、二千年とか辺りからすでに人口問題があり、周期的な大戦争や天災で、死んだり、餓死したりで、人口調整がなされていたとも云えます。つまり、昔から、中国は人口が多かったのです。人口密度も高かったのです。 「避妊も中絶もみつかると厳罰に処せられる。妊娠は避けられず、出産時は自力で産むしかない。極貧のため産婆に来て貰うことも出来ない。産んだ子供は、栄養不良と病気でどんどん死んでいった」 ...続きを読む, このサイトとかでも日本は人口が多すぎるというのをよくみるのと 今では「人口減少=諸悪の根源」の観があります。 このような議論の前提は次の2つです。第1に、かつて人口が増え続けていた時代は、日本は人口増のメリットを享受できていた(しかし、現在ではそのメリットが失われた)。 それから増加傾向が続き、 2018年 には109万人に達しています。 10年で30万人も増加したことになり、人口推移だけを見るとかなりitエンジニアは増えています。 しかし、itエンジニアのニーズは、itエンジニアの人口増加よりも急速に高まっています。 1 人口減少のメリット. 解消される。 ました。国内需要が増加し、国内での供給が増加し 2011年4月16日朝日新聞に、ジム・ロジャーズ氏に対して巨大地震に見舞われた日本の復興に関するインタビューを行った記事が掲載されていました。その中で『 日本が再度成長軌道に乗るために、最も大事なことは何か? 』という問いに対して『 復興は遅々としてでは必ず回復できる。そう信じている。しかし震災以前からあった長期的な最大の問題は人口減と巨額の借金。前者には子供を増やすことと外国人を呼び込む移民政策の促進が解決のカギ。 後者は思い切った消費税の増額が必須である 』と応えていました。 メリット2 将来的な労働人口&若年層人口の増加. またそれに伴い外国人観光客からもあまりの住宅密度が過密で景観が悪いと指摘されていた点も 人口が減少するという「受給のバランス」が悪化す その後、1949年の統計では約5億5千万人、この50年間で約1億5千万人の増加だったようです。 毎年平均3百万人の増加ですね。 そこで、日本の労働力人口がどのように推移し、これからどのようになるのか、将来の見通しについてご紹介します。 労働力人口の推移. 2012年度も税収が39兆円なのに対し歳出は96兆円と57兆も借金の方が多く よって借金の増加額は28兆円程度に抑えられる事になる。 流通量ではありません。需要と供給のバランスが   日本は2008年をピークに「人口減少」が始まり、2020年代初頭までは年間約60万人、2040年代では年間約100万人の減少となり、その後は加速度的に進行するものと推計されています。 「人口減少」は ①第1段階・・・若年層減少、高齢者層増加 ➡②第2段階・・・若年層減少、高齢者層維持/微減 ➡③第3段階・・・若年層減少、高齢者層減少 の3段階を経て進行するものと考えられています。 しかし、東京都など都市部はまだ第… となります。これが供給の増加となります。 影響しますので、増加した収入で消費も伸びる図式 労働力人口とは、15歳以上の人口のうち、「就業者」と「完全失業者」を合わせたものをさしています。 労働力人口の内容である就業者、従業者、休業者、完全失業者については以下の通りです。 労働力人口に含まれないのは「就業者」と「完全失業者」以外の者ですが、具体的には「専業主婦」「学生」「高齢れや病気で働けない人」などがあてはまります。 労働力人口は、総務省統計局が毎月実施・公表している「労働力調査 … 増加が供給の増...続きを読む, 基本的に幾つかの理由が輻輳しています。 人口減の問題点をあげると年金、税収、労働力あたりをあげる人が大半なのですが 日本では特に少子高齢化により、高齢者の人口が増加し、年金など社会保障を支える人口が減りつつあります。 社会保障の財源が確保できないことから、消費税を上げることで対応していますが、このまま人口が減り続ければ、それすらも覚束なくなります。 その後、1949年の統計では約5億5千万人、この50年間で約1億5千万人の増加だったようです。 毎年平均3百万人の増加ですね。 http://www.chinavi.jp/jinkou.html ジム・ロジャーズ氏が指摘しているのは、貨幣の 前の市では市税が3割ちょっとだったはずですが・・・ 先進国の中でもトップであろう渋滞数が緩和し流通がスムーズになる 中国では都市戸籍保有者(エリート)と農村戸籍保有者(その他)が法律ではっきり分けられており、都市戸籍保有者は少ない子供に多額の教育費をかけています。都市戸籍保有者については、人口爆発は止んで久しいです。日本に報道される「中国の様子」は、都市戸籍保有者の話ばかりです。 先日、中国の人口に関するサイトを見ていて気が付いたのですが、1900年台の初頭には4億人程だったようです。 日本経済には問題がないからです。 バブル崩壊後の日本は税収は年間に40兆未満なのに歳出は増え続けここ5年は毎年90兆を超えて イスラム教圏では「子供は多いほうがいい」という考えが残っている地域が現在でも多く、近年でも中東地域の人口増加率は相対的に高いとされています。 現在、日本に在住する外国人留学生は、337,000人(2018年12月末時点)ですが、この外国人留学生は、日本政府が意図的に増やすべくして増加した結果となります。 1983年に、中曽根康弘首相の掛け声で、21世紀の初頭までに留学生受け入れ数を10万人にするという『留学生10万人計画』が策定・発表されました。それ以来、日本の国費による外国人留学生が増え、国費留学生は年々増加し、経済成長にともない、あわせて私費留学も増加しました。 そして、2008年には福田康夫首相のもと「日本を世界に …   3)もう一つの理由として、中国の社会の構造があります。中国は、大家族制社会で、もう一つ大結社的社会でもあるのですが、中国の歴史上の争い、戦争や政争などは、大家族・大結社の規模や、どれだけ、それらを糾合できるかで決まりました。従って、大家族は、人数が多いほどよいというので、農業文化の基本である、子どもは造れるだけ造るという原理以外にも、社会的競争の結果、大家族集団では、育てることのできない子どもは、力ある、大家族の別の家族が引き取り養うという形で、単に、農民家族が多くの子どもを育てるというだけではなく(これだと、個人家族の限界が出てきます)、大家族共同体が、そのなかで、多数の子どもを再生産するという、大共同体レベルで、多産多育成を可能とする社会機構があったので、そういう機構がない農業社会に較べ、多数の子どもが、成長し得たということで、人口増大がすぐ起こったのです。 (近所の方に聴こうにも、離れの為、近所まで300mくらいあり、 震災以前の日本経済は、供給力を維持しながら、 くじ引きで1割ずつ殺しますか? 「避妊も中絶もみつかると厳罰に処せられる。妊娠は避けられず、出産時は自力で産むしかない。極貧のため産婆に来て貰うことも出来ない。産んだ子供は、栄養不良と病気でどんどん死んでいった」 文献:「満州・その幻の国ゆえに 中国残留妻と孤児の記録」 では、高度経済成長を遂げていました。この時期に また消費者減も国がその分を税金で購入するなどもできますし、 1.1 人口が減るとロボット技術が急速に進む; 1.2 自動化とa.i.化で働く人の数は減る; 1.3 日本の防衛はどうする? 1.4 数十年後の未来   インドやバングラデシュや、アフリカなどの人口増加はどうなるのかは、主に第五の理由が共通しています。その他には、インドには、また固有の事情があります。とまれ、中国は、先進国化してしまえば、人口増加は停止するはずですが、「先進国化」というのは、文明の展開で、最初に突破した少数の国々・地域だけに可能で、後発諸国は、そういう可能性はないのではないかという可能性もあります。つまり、中国が近代化・先進化する見込みはないという可能性が高いです。先進化への開始から、実現までのあいだに、日本・欧米で、数倍から十倍ぐらいの人口増加と言いましたが、その数字からすると、中国が近代化を進めて行く過程で、いまから、農業国であった理由での人口増大とは別の要因の人口増大が加わって、まだまだ、増えて行くと考えられます。, 基本的に幾つかの理由が輻輳しています。 これはなぜですか? 何が主な原因と考えられますか? 実は日本では、生産年齢人口が減少しているにも関わらず、労働力人口自体は増加してきました。 減るという事は社会保障費の支出を増やしている生活保護者も減るし、専業主婦なども減るし、ニートやフリーター、低所得者層なども減るので...続きを読む, 問題は、数ではなく、構成比なのです。すべての年齢層を均等に減らすことができるのなら、メリットがあります。 日本は少子化にともなう、人口の減少が心配されていますね。ところが世界に目を向けてみると、国や地域によっては人口の増加が予測されています。この状況下ではまた、ビジネスチャンスの広がりも考えられます。 まず、現在の世界人口と順位を見てみましょう。 日本選手の世界での活躍に伴い、増加傾向にある日本のバドミントン競技人口数。 どの範囲までを人数に含めるかで数字が違ってきますが、公式試合に参加せず楽しんでいる人たちも含めるとバドミントンの競技人口数は約800万人と言われています。 でも、どうやって?   1)まず、中国は、黄河・揚子江を擁し、肥沃な大平野があり、古来より、麦・米の栽培による灌漑農耕があり、「四大文明」の一つだともされています。二千年乃至三千年以前から、肥沃な土地にあって農業を営み、養える人口が、他の地域よりも多く、結果的に、古代から人口過剰になっており、農耕地をどんどん拡大し、揚子江南岸の三国志時代の呉などの地域は、あまり農業生産性が高くなかったのですが、ここも農耕地に変え、食料生産能力を高度に上昇さ...続きを読む, こちらのカテでいいのか分かりませんが、よろしくお願いします。 元々WEB系のお仕事をするつもりで独立をした訳ではなく、前の会社(IT関係)の退職時に担当していたクライアントと一切の縁を切った事もあり、パソコンの先生になれればと思っていました。 今思えば大変な選択だったなと思いますが、紆余曲折あってWEB系の仕事をそのまま続けることができてい … 業務が増えれば、既存の受付事務をしていた職員もしわ寄せが来て「効率的に」事務をこなさなければならなくなります。窓口に相談に行っても、今までは長い時間を割いて聞いてくれていたのが、今度からは「申請いただいた事項について処理させていただきます」となり、職員から積極的に関わる時間はなくなるかもしれません。 こういった面で私は6000万程度までの人口減少はむしろメリットの方が多いと思うのですが   4)あまり説明が長くなるのも困りますから、もう少し簡単にしますが、次に、社会の「近代化」という問題があります。農業生産を基盤とする社会は、可能な上限まで人口を増やします。国連が食料を援助すると、その援助分だけ、人口が増えて行ったりします。しかし、先進近代国家は、人口減少へと現実的に向かっています。この理由は、高度文化社会となると、餓死の心配などはなくなり、国家の国民支援も、制度的に保証され、子どもをたくさん造って、家族や自分たちの「保険=保証」にしようという必要がなくなることがあります。また、高度文化においえ、義務教育他高等教育も普通となり、生活費用も高くなり、一人の子ども成人させるのにかかる費用が大きくなって行き、多くの子ども育てるということが、合理的でなくなってきます。不可能になるとも云えます。国民全体が、餓死などない、相応に豊かな生活水準になり、義務教育の普及が90%を越えて来ると、こういうことになり、人口増加は逆転して人口減少になります。これが先進国の実状です。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。. は、日本政府が格差が発生しにくいシステムを構築 という痛ましいことが書かれているものが多いです。 「産めよ増やせよ政策」とは、平たく言いますと「避妊と中絶は認めない」というものです。この頃の中国に住み、最下層の生活で貧困に喘いでいた中国残留婦人の手記を読むと 人口減少は良い事かもしれないけど、子供が減ったからといって高齢者がその分へるわけではないから