統計地図を作成する他に、利用者のニーズに沿った地域分析が可能となるようなさまざまな機能を提供しています。 防災、施設整備、市場分析等、各種の詳細な計画立案に資する基本的な分析が簡単にでき … All rights reserved. ュを手軽に作れる機能がGISに実装されていなかったため、これまではほとんど活用されてきませんでした。 2010年代以降、統計解析の分野では、扱うデータ数の増大によりデータの分布を散布図で表現しても点が重な… ュポリゴンの利用例は、以下がわかりやすいと思いま … ュコード(2分の1)からポリゴンを作ることになった。 クエリ とはいっても、ほとんど temp function ですが。 create temp function INT(S STRING) AS (CAST(S AS INT64)); create temp function STR(F FL… 4-16. ページを確認 してください。 ®æ¥•å†† 3. ュを任意な位置に配置するということができません。 ュのパラメーターを適切に設定してくれるツールです。 ュが簡単に作成できる便利なツール, 基盤地図情報データの変換と活用のコツ!- 数値標高モデル(5m)の活用. 作成されるポリゴン インデックス フィーチャのフィーチャクラス。 出力フィーチャクラスの座標系はこの順に決定されます。 [環境設定] で座標系が [出力データの座標系] の変数で指定されている場合、その出力フィーチャクラスはこの座標系を使用します。 ュを作成するのが手っ取り早いので、ダウンロードしましょう。 ュデータについて、 ShapeFile に変換後こちらで公開しても良いと許可をいただきました。 矩形ポリゴン フィーチャのグリッドを作成します。このグリッドは、データ ドリブン ページを使用してマップ ブックのページを指定するためのインデックスとして使用できます。 ュによる点密度の表示 ... 身近な地域の調査のためのフィールドワーク 防災教育で利活用可能な簡易Web地図の作成 ... 同じ方法で、ラインやポリゴンからのバッファも作成できる。 出力のグリッド フィーチャクラスを、入力フィーチャ レイヤまたはデータセットと交差する領域だけに制限します。, 指定した座標、行、および列を使用して、出力のグリッド フィーチャクラスを作成します。, 指定した開始ページ番号(ラベル)から始まるシーケンシャル ページ番号(デフォルトは 1)を、出力グリッドの左下隅にあるポリゴン フィーチャから開始します。, 指定した開始ページ番号(ラベル)から始まるシーケンシャル ページ番号(デフォルトは 1)を、出力グリッドの左上隅にあるセルから開始します。, GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)ツールの例 1(Python ウィンドウ), GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)ツールの例 2(Python ウィンドウ), GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)ツールの例 3(Python ウィンドウ), GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)ツールの例 4(Python ウィンドウ), GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)ツールの例 5(Python ウィンドウ), GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)ツールの例 1(スタンドアロン Python スクリプト), # Description: Creates Grid Index Features using the intersection of input, # features and specified index feature dimensions in map units, GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)ツールの例 2(スタンドアロン Python スクリプト), # Description: Creates Grid Index Features using the entire extent of input, # features and specified index feature dimensions in page units, GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)ツールの例 3(スタンドアロン Python スクリプト), # features, specified index feature dimensions in map units and 5 as the, GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)ツールの例 4(スタンドアロン Python スクリプト), # Description: Creates Grid Index Features by specifying the origin, # coordinates, the index feature dimensions in map units, the number of, "North America Albers Equal Area Conic.prj", GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)ツールの例 5(スタンドアロン Python スクリプト), # coordinates, the index feature dimensions in page units, the number of, # rows, the number of columns, 5 as the starting page number and labeling, GUID-B888B8CC-6888-4E91-B21D-D6E3B789B2CA, GUID-F117F881-4DFE-4DC5-9FA8-BC955A6C6D75, [環境設定] で座標系が [出力データの座標系] の変数で指定されている場合、その出力フィーチャクラスはこの座標系を使用します。, 座標系が [出力データの座標系] で指定されていない場合、その出力フィーチャクラスはアクティブなデータ フレーム(ArcMap が開いている)の座標系を使用します。, 座標系が [出力データの座標系] で指定されていないときに、アクティブなデータ フレームがない(ArcMap が開いていない)場合、出力フィーチャクラスは最初の入力フィーチャの座標系を使用します。, 座標系が [出力データの座標系] で指定されていないときに、アクティブなデータ フレームがなく(ArcMap が開いていない)、入力フィーチャが指定されていない場合、出力フィーチャクラスの座標系は不明になります。. Copyright © 1995-2013 Esri. 動時には表示されていないので、以下の方法で表示させ … サマリ. K-関数法 実習用データ 実習をはじめる前に、tokyoをダウンロードしてください。 スライド教材 本教材は、スライド_点データの分析としても、ご利用いただけます。 ュポリゴン」と言います) を作成することにより、CSV形式のデータをGIS用のデータセットに変換するワークスペース例を掲げます。 FME 2017.0.1.0 build 17288 2020/12/24 ArcGIS Online, ArcGIS Enterprise, ArcGIS Apps, モバイルGIS, クラウドコンピューティング. マップ形式の多機能現地調査アプリ、ArcGIS Field Maps が 12 月 9 日にバージョン アップしました。 手順1:ポリゴンは、浸水推定段彩図の浸水エリアをなぞって作成します。 メニューの統計グラフ>エリア作成 >多角形 で作成. エリアの中に作成したポリゴンが作成されま す。 詳しくは、マニュアル. ¨æˆã—たもので、行政施策等の企画・立案の基礎資料として用いられています。 矩形ポリゴン フィーチャのグリッドを作成します。このグリッドは、データ ドリブン ページを使用してマップ ブックのページを指定するためのインデックスとして使用できます。グリッドは、別のフィーチャ レイヤと交差するポリゴン フィーチャだけを含むように作成できます。, [入力フィーチャ] には、ポイント、ライン、またはポリゴンを指定する必要があります。, ツール ダイアログを使用していて、[ポリゴン グリッドの原点座標] が指定されていた場合、ポリゴンの幅または高さの値を変更すると、行数と列数が自動的に変更されます。, [入力フィーチャ] を追加すると、[ポリゴン グリッドの原点座標] が自動的に計算されます。, 出力フィーチャクラスをジオデータベースに保存することを検討してください。シェープファイルに出力を保存する機能はサポートされていますが、[中央子午線と緯線の計算] ツールまたは [UTM ゾーンの計算] ツールを使用してインデックス レイヤ フィーチャに対する空間参照を計算しようとした場合、生成された座標の文字列結果が、シェープファイルのフィールド文字長の制限(255 文字)を超過してしまうことがあります。, [ページ単位と縮尺の使用] がオンになっている場合、[ポリゴンの幅] と [ポリゴンの高さ] の単位が、アクティブなマップ ドキュメントに設定してあるページ単位に一致するよう、自動的に変更されます。ArcMap セッションの外部でツールを使用している場合、この単位はインチにデフォルト設定されます。メートルやマイルなどのマップ単位を指定することも可能ですが、ページに適した単位を使用することを推奨します。, [ページ単位と縮尺の使用] がオンになっている場合、マップの縮尺は、アクティブな ArcMap ドキュメントの印刷レイアウトに表示されるアクティブ データ フレームの縮尺値にデフォルト設定されます。ArcMap セッションの外部でツールを使用している場合、この縮尺は 1 にデフォルト設定されます。, 最適な結果を得るには、すべての入力フィーチャレイヤおよびフィーチャクラスをデータ フレームと同じ座標系に配置する必要があります。なお、ArcMap セッションの外部でツールを使用している場合は、入力フィーチャ レイヤおよびフィーチャクラスをすべて、リスト内の 1 番目の入力フィーチャレイヤまたはフィーチャクラスと同じ座標系に配置する必要があります。, 入力フィーチャを使用して、作成対象のポリゴングリッドの範囲を定義することができます。, 出力のグリッド フィーチャクラスを、入力フィーチャ レイヤまたはデータセットと交差する領域だけに制限します。入力フィーチャを指定した場合、デフォルト値は INTERSECTFEATURE です。入力フィーチャの交差部が、インデックス フィーチャの作成に使用されます。, インデックス ポリゴン サイズの入力をページ単位に含めるかどうかを指定します。デフォルトは NO_USEPAGEUNIT です。ツールはデフォルトでマップ単位を使用します。, インデックス ポリゴンの高さと幅をページ単位で計算する予定がある場合は、縮尺を指定する必要があります。アクティブな ArcMap セッションの外部でツールを使用している場合、デフォルトの縮尺値は 1 です。, マップ単位またはページ単位のどちらかで指定された、インデックス ポリゴンの幅。ページ単位を使用した場合、デフォルト値は 1 インチです。マップ単位を使用した場合、デフォルト値は 1 度です。, マップ単位またはページ単位のどちらかで指定された、インデックス ポリゴンの高さ。ページ単位を使用した場合、デフォルト値は 1 インチです。マップ単位を使用した場合、デフォルト値は 1 度です。, 出力グリッド フィーチャクラスの左下の原点座標。入力フィーチャを指定した場合、指定されたフィーチャの範囲の結合範囲によってデフォルト値が算出されます。入力フィーチャを指定しない場合、デフォルトの座標は 0、0 です。, それぞれのグリッド インデックス フィーチャには、指定した開始ページ番号で始まる連続するページ番号が割り当てられます。デフォルトは 1 です。, 指定した開始ページ番号(ラベル)から始まるシーケンシャル ページ番号(デフォルトは 1)を、出力グリッドの左下隅にあるセルから開始します。デフォルトは NO_LABELFROMORIGIN です。, 入力フィーチャの交差部を使用し、指定したインデックス フィーチャのマップ単位のディメンションを使用して、GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)を作成します。, 入力フィーチャの全範囲を使用し、指定したインデックス フィーチャのページ単位のディメンションを使用して、GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)を作成します。, 入力フィーチャの交差部を使用し、指定したインデックス フィーチャのマップ単位のディメンションを使用して、開始ページ番号を 5 として GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)を作成します。, 原点座標、インデックス フィーチャのマップ単位のディメンション、行数、および列数を指定して、GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)を作成します。, 原点座標、インデックス フィーチャのページ単位のディメンション、行数、および列数を指定し、開始ページ番号を 5 とし、原点からラベリングを開始するように指定して、GridIndexFeatures(インデックス フィーチャ(格子状)の作成)を作成します。, GridIndexFeatures_cartography (out_feature_class, {in_features}, {intersect_feature}, {use_page_unit}, {scale}, {polygon_width}, {polygon_height}, {origin_coord}, {number_rows}, {number_columns}, {starting_page_number}, {label_from_origin}). ュ間とのデータの比較が容易といった利点があります。 ArcGIS Field Maps 2020 å¹´ 12 月 アップデートの新機能情報. インデックス フィーチャ (ポリゴン) の幅に「 6.25 」、高さに「 7.5 」と入力します。ページ単位としてインチを使用しているため、これらの単位がインチであることを確認してください。 [x 座標] に「 726000 」、 [y 座標] に「 4858000 」と入力します。 ュ (polygon mesh) または非構造格子 (en:unstructured grid) とは、3次元コンピュータグラフィックスとソリッドモデリングの多面体オブジェクトの形状を定義する頂点、辺、面の集合のこと。 レンダリングを簡素化するため、通常は三角形、四角形または他の単純な凸型のポリゴン … ⼥別⼈⼝データが無償で利⽤できるのは、町丁字等集計のみ。 ュ別将来推計人口(H29国政局推計)(shape形式版) šã‚’スケッチできる場合に作図ツールバーに表示されます。