やダイナミックな自然など心に効く“おいしい”風景もいっぱい!ココロとカラダに嬉しい「おいしい久米島」の魅力をご紹介します。 GW期間中などの繁忙期、車・バイク組は注意! - フェリーなんきゅう(鹿児島県)に行くならトリップアドバイザーで口コミを事前にチェック!旅行者からの口コミ(36件)、写真(41枚)と鹿児島県のお得な情報をご紹介しています。 久米島へは、直行便の場合、フェリー琉球で約2時間50分、ニューくめしまだと約3時間15分。 渡名喜島を経由する午後便の場合は、フェリー琉球で約3時間20分、ニューくめしまだと約4時間かかります。 すぐに乗り継いでもよかったのですが、朝一番で久米島に行きたかったので、那覇で1泊することに。 渡名喜島は慶良間諸島の北西、久米島の東にある周囲12.5kmの小さな島。 那覇市の泊港から久米島行きのフェリーで約2時間です。 人口は400人弱で、日本で2番目に小さな自治体なんだそう。(渡名喜島公式HPより) よくある質問 - 沖縄の癒しの離島「久米島」の観光情報を発信「一般社団法人 久米島町観光協会」。一年を通して多彩な観光資源に恵まれた久米島で、自分だけの“家出旅”をお楽しみいただけます。 【GoToトラベル販売中】全商品『最大半額』支援!久米島旅行ツアーのご紹介一覧です。沖縄離島旅行を探すならオリオンツアー!ダイビングツアーや人気観光スポット特集も掲載中! ご予約受付期間は 2ヶ月前同日から希望乗船日の前日までとなります。 (受付時間 午前10:00~午後5:00) ※当日予約は受付しておりません。予約の変更についても乗船前日までにお願いいたします。 久米島の兼城フェリーターミナルから那覇のとまりんまで、片道だけフェリーの旅をしてきました。久米島から那覇までの大人運賃は3,390円。僕が乗ったのはニューくめしまの直行便だったので、3時間15分の船旅でした。那覇から久米島へ飛行機なら約25分。 を見ながら久米島までの船旅が楽しめます。ここでは、久米島へのフェリーについて紹介します。予約方法や乗り場、料金、所要時間といった情報を紹介するので、ぜひ参考にしてくださ … フェリー・クイーンざまみ3のご予約、お問い合わせ先. 沖縄県の久米島にはフェリーで行くことができます。沖縄の素晴らしい海を見ながら久米島までの船旅が楽しめます。ここでは、久米島へのフェリーについて紹介します。予約方法や乗り場、料金、所要時間といった情報を紹介するので、ぜひ参考にしてください。, 久米島は沖縄諸島の最西端にある島です。久米島周辺では、素晴らしい海の風景が楽しめます。久米島に行く場合にはフェリーをおすすめします。素晴らしい海の風景をすぐ近くに感じながら、久米島まで行くことができます。ここで紹介するフェリーの情報を参考にしてもらい、久米島までの船旅を楽しんでください。, 久米島へのフェリーは那覇市内にある泊港から出ています。那覇市内から出ているため、非常に利用しやすいところにフェリー乗り場があります。泊港を出発して、途中渡名喜島を経由して久米島まで至るルートになっていますが、渡名喜島を経由しないフェリーもあります。船から見られる海の風景にはくぎずけになるでしょう。, 泊港が那覇市内のどこにあるのかは後ほど紹介しますが、沖縄本島を訪れる人のほとんどが那覇空港を利用しているでしょう。沖縄本島に滞在して、久米島に遊びに行くことも可能です。那覇市内にフェリー乗り場があるのは、大きなメリットです。, 久米島へのフェリーは那覇市内の泊港から出ていることを知っておきましょう。久米島に行くためには便利な乗り場と言えます。, 久米島と那覇を結ぶフェリーの料金を紹介します。久米島と那覇の片道料金は、大人料金3390円・小人料金1700円です。往復料金は大人料金6450円で、少し割引になっています。小人の往復料金の設定はないため、往復で利用する場合、片道料金を2回払わなければいけません。なお、小人は6歳から11歳までの小学生となっています。, 障がい者の片道料金は大人1700円・小人850円です。障がい者の往復料金は大人3400円・小人1700円です。障がい者割引を利用する際には、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳の提示が必要となります。, 久米島と那覇を結ぶフェリーの料金を知っておきましょう。大人が往復で利用すれば割引となるので、良いシステムと言えるでしょう。, 久米島へのフェリーの予約方法を紹介します。久米島へのフェリーは、フェリー琉球とフェリー海邦の2つがあります。どちらのフェリーも定員が350名となっています。大きなフェリーなので、十分な乗船人員となっていますが、混雑時になると一杯になってしまうことがあります。そのため、確実に席を確保しておく必要があります。, 久米島へのフェリーの予約方法には2つの方法があります。窓口での予約・オンラインでの予約の2つの方法があるので、どちらかやりやすい方法で予約をしてください。フェリーの予約をしておけば、間違いなく席が確保されるため安心です。, 久米島へのフェリーの予約方法を知っておきましょう。難しい方法ではないので、すぐにわかってもらえるはずです。, 久米島へのフェリーの窓口での予約方法を紹介します。泊港の窓口で乗船日の1ヶ月前から予約することができます。窓口で希望の乗船日と乗船時間、乗船人数を伝えてください。希望のフェリーに空きがあれば、すぐに予約することができます。予約をしたら、当日は乗船名簿を記入して、チケットを購入することになります。, 久米島のフェリーの窓口での予約は、沖縄に住んでいる人におすすめの方法です。沖縄に住んでおり、泊港に行ける環境ならば、窓口の方が便利かもしれません。また、オンライン予約が苦手だと思う人にもおすすめの方法です。, 久米島に行く日が決まったら、すぐにフェリーの予約をすることをおすすめします。確実にフェリーの席を確保しておきましょう。, 久米島へのフェリーのオンラインでの予約方法を紹介します。窓口での予約だと沖縄に行かなければいけないため、沖縄に住んでいない人にはオンライン予約をおすすめします。オンライン予約をするためには「skychiket」というサイトを利用して行います。このサイトでは久米島へのフェリーの他にも、ホテルや航空券の予約もできます。, 「skychiket」のサイトを開いたら、フェリーという項目を選択してください。選択すると、フェリーの格安乗船券という項目があり、ここに出発港と到着港、出発日、乗船人数、車両の有無を選択して、最安値を検索をクリックすると、結果がすぐに出てきます。, 出発港に那覇港、到着港に久米島兼城港を選択してください。選んだ乗船日で予約可能な便とプランが出てきます。予約可能な便とプランが出てきたら、希望の便の予約ボタンを選択してください。予約ボタンを選択すると、選択したプランの詳細が表示されます。詳細を確認して、この便で大丈夫ならば、予約を進めていきましょう。, 「skychiket」での予約の場合の支払い方法は、クレジットカードになります。使用可能なクレジットカードが表示されるので、必ずチェックしてください。あとは、画面の指示に従って進めていけば、予約をすることができます。, 久米島へのフェリーは便利なオンライン予約がおすすめです。時間や料金、船について詳しく説明されているので、事前知識の収集にもつながります。, 那覇と久米島を結ぶフェリーの乗り場を紹介します。フェリーの乗り場がどこにあるのかわからなければ、フェリーを利用することができません。フェリーに関するいろいろな情報を紹介しますが、肝心の乗り場に関する情報は必要不可欠です。久米島の兼城港と那覇の泊港の乗り場の場所や行き方について紹介します。, フェリー乗り場をあらかじめしっかりと把握しておき、フェリーを利用する際には乗り場がわからないということがないようにしておきましょう。乗り場を把握しておくことは、フェリーを利用する際に最も重要な情報と言えるでしょう。, 久米島の兼城港は、久米島の西にあります。県道89号線沿いにあるため、わかりやすい位置にあります。久米島の海の玄関口で、こじんまりとした港ですが、お土産店や喫茶コーナーもあります。また、船の時間に合わせて、レンタカーの受付をしています。久米島では車があると便利なので、レンタカーをうまく活用しましょう。, 久米島には公共交通機関としてバスが運行していますが、本数が限られているため、久米島の隅々まで楽しむならばレンタカーがおすすめです。レンタカーならば、最終的に兼城港まで戻ってこれば良いので、帰りが楽になります。, 那覇の泊港には、久米島行きのフェリーの他にも、沖縄の離島へのフェリーが運航されています。泊港は「とまりん」という愛称で親しまれています。那覇空港から行きやすいところにあるので、非常に便利です。那覇空港から泊港への行き方は、那覇空港駅からモノレールを利用すると便利です。美栄橋駅で降りて、徒歩10分のところにあります。, 那覇空港から路線バスや高速バスでも泊港に行くことができます。泊高橋というバス停で降りてから徒歩8分くらいで泊港まで行くことができます。あまり歩きたくない人は、那覇空港からタクシーを利用することをおすすめします。, 泊港は那覇空港から行きやすい位置にあるため、沖縄に着いた日に久米島までいきなり向かっても良いでしょう。, 久米島と那覇を結ぶフェリーの時刻を紹介します。ここで紹介する時刻は2019年8月現在のものです。通年運行されている便で、1便が那覇泊港を9時に出発して、10時55分に渡名喜島に到着します。11時10分に渡名喜島を出発して、12時30分に久米島に到着します。2便が泊港を14時00分に出発して、渡名喜島を経由せず、17時00分に到着します。, なお、2便は月曜日は運休となっています。久米島を出発する便で、4月1日から10月31日以外は1便9時00分久米島発で、10時20分に渡名喜島を経由して、10時35分に渡名喜島を出発し、12時30分に那覇泊港に到着します。2便は14時久米島発で渡名喜島を経由せず、17時那覇泊港着です。これも2便は月曜日運休となっています。, 久米島を出発する4月1日から10月31日は、1便と2便は前述した通りです。なお、2便の金曜日は14時久米島発で、15時20分渡名喜島を経由して、15時35分に渡名喜島を出発し、17時30分に那覇泊港に到着します。この時刻を頭に入れておきましょう。, 久米島と那覇を結ぶフェリーを利用する時に知っておきたいポイントを紹介します。ここで紹介するポイントは、フェリーに乗船してもらうために必要な情報です。フェリーに乗船する場合は、電車と違っていろいろなルールがあります。そのルールを知っていれば、より安心してフェリーに乗船することができるはずです。, 難しいポイントではないため、誰にでも理解してもらえるでしょう。あらかじめ、知っておきたいポイントを理解しておき、フェリーに乗船しましょう。フェリーに乗船した経験があまりない人には、参考にしてもらいたいです。, 久米島に車やバイクと一緒に乗り込みたいという人も少なくありません。久米島で沖縄の海を間近に感じながら、ドライブやツーリングをするのは間違いなく最高に気分になれます。久米島へのフェリーでは、車とバイクは別料金で輸送することができます。車とバイクの料金は、そのサイズによって決められています。, 車と一緒にフェリーに乗りこむ場合には、車両1台につき運転手1名の料金は含まれます。またバイクの場合は、50ccを超えるか、超えないかで料金が異なります。車やバイクの料金に関しては、久米商船株式会社の公式ホームページを参照してください。, 久米島へのフェリーに乗船する前に、乗船申込書は必ず書かなければいけません。乗船申込書は何かあった時のために必要となるので、正しい氏名・住所などを記載してください。乗船申込書は、フェリーのチケットを購入する時に必ず記入してくださいと言われるはずです。用紙に従って記入すれば良いので、難しくはありません。, フェリーに乗船したことがある人ならば、乗船申込書を書いた経験はあるはずです。フェリーにあまり乗船した経験がない人は「何でこんなことをさせる」と思わずに、乗船申込書を記入してください。それほど時間がかかることでもありません。, フェリーに乗船する際には窓口で申し込むことになりますが、窓口での支払いは現金のみとなっているので注意してください。最近は多くの場所で、クレジットカードや電子マネーといったように、いろいろな支払方法に対応しています。久米島へのフェリーの場合は、クレジットカードや電子マネーが使えないので注意してください。, 日本の全ての場所でクレジットカードや電子マネーが普及するのは、なかなか難しいと言えます。そのため、旅行に行く時には現金をある程度持っておかないと困ったことになります。離島はATMもないところが多いので、あらかじめ現金を準備しておきましょう。, 久米島までフェリーと飛行機のどちらがおすすめなのかを紹介します。久米島にはフェリーだけでなく、飛行機でも行くことができます。久米島空港には那覇空港からの飛行機が運航しています。また、那覇空港経由で羽田空港からも運航しています。那覇空港からは1日7便で所要時間約35分、羽田空港からは1日1便で所要時間約2時間35分です。, 那覇空港から久米島まで飛行機で行く場合の料金は約12000円です。久米島までフェリーと飛行機でアクセスする場合の時間の比較をすると、フェリーの場合は3時間30分、飛行機の場合は35分なので、圧倒的に飛行機がおすすめです。, 久米島までフェリーと飛行機での料金の比較は、フェリーの場合は片道3390円、飛行機の場合は片道12000円なので、圧倒的にフェリーがおすすめです。時間を優先したい人は飛行機がおすすめで、料金を優先したい人はフェリーがおすすめです。重要視したい要素でおすすめの交通手段は変わってきますが、飛行機も便利です。, 久米島までのアクセスで、フェリーと共に飛行機での方法を知っておくと、比較をすることができるので良いです。どちらも那覇から行くことができるので、利用しやすい方法で行きましょう。, 沖縄の久米島へのフェリーでの行き方を紹介しましたが、久米島に行く際の参考にしてもらえれば幸いです。フェリーは月曜日以外は2便運航されているので、久米島に旅行に行く際の参考にしてください。那覇の泊港から行くことができるため、沖縄旅行の際には久米島に遊びに行くスケジュールをぜひ立てて、久米島で楽しんでください。, 久米島へフェリーで渡航!予約方法や乗り場・料金・所要時間まで徹底ガイド!のページです。TRAVEL STAR[トラベルスター]は旅行・観光スポット・ホテル・グルメなどの情報サイトです。旅行や観光に役立つ情報を無料でご購読して頂けます。. は水着だけで入... コンピューター・テクノロジー, エンターテインメント・スポーツ, 訪日外国人の日本に関する質問, dアカウントで新規登録・ログイン. はとても気持ちよく、思ったより快適でした。 久米島旅行記0日目:羽田出発、那覇へ! 羽田から久米島まで直行便があるのは夏の期間のみ(2018年は7月14日~8月31日)なので、今回は那覇で飛行機を乗り継ぎます。. 運(合)だ。 便数は一日6便、料金は高速船が片道¥740、フェリーが片道¥650。所要時間はそれぞれ約15分、約25分ほどだ。 安いし近いし便利なはずだが・・ šï¼ˆLocal’s View)」の2つを通じて久米島の魅力をご紹介します。 Kumejima is located to the west of the main island of Okinawa. 久米島および渡名喜島での体温測定ご協力のお願い 2020å¹´04月16日 体温測定ご協力のお願い 2020å¹´04月16日 毛布・枕の貸出し中止について 2020å¹´04月16日 新型コロナウイルス感染予防策について 2020å¹´04月16日 来島の自粛要請について 運航状況のご確認は 北部港運会社:0980-47-3801 久高島フェリー(南城市)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(21件)、写真(29枚)、地図をチェック!久高島フェリーは南城市で17位(46件中)の観光名所です。 っています。飛行機は少し高いかなと思っています。船だと3時間~4時 久米島の日帰りは月曜日以外なら可能ですが、滞在時間が1時間程度となります。 渡名喜島の日帰りは、4月~10月末までの毎週金曜日に可能です。 また、ドック期間中は往復とも渡名喜島に寄港しますので日帰りが可能です。 ¯ï¼šé‚£è¦‡-渡名喜島-久米島:<久米商船>[フェリー]で発生している運行情報も合わせて確認できます。 洋レジャー協同組合周辺情報も充実しています。沖縄の観光情報ならじゃらんnet ハテの浜への渡船や遊覧等。料金等については、お 久米島 2019.8.25 【久米島の風景】那覇からのフェリーが発着する兼城港周辺の市街地を歩く 久米島 2019.8.7 【はての浜】東洋一美しい無人島!ツアーに参加して久米島沖の砂上の楽園へ 久米島 2019.8.2 ーで3分(徒歩10分位) 駐車場 :有り 5台 無料 … ・座間味・粟国・渡名喜・久米島・南北大東の離島を結ぶ船舶が発着する泊港へお越しの際は、泊ふ頭地下駐車場をどうぞご利用ください。 泊ふ頭地下駐車場 雑しますが、この久米島は主力の移動手段は飛行機。フェリーでも行けますが日帰りは無理なので自然とダイバーも少なくなります。 格安な観光・ツアーはもちろん、格安航空券パック(航空券+ホテル)が24時間オンライン予約できる。 きでせっせと準備して、とまりんのフェリーのりばへ。 ネットで見たよりだいぶ立派な船で、安心してちゃりを任せられる(*´v`*) 久米島にイモ、ウンチェーを持ち込まないでください。 那覇と久米島を結ぶフェリー琉球ですが、直行便と渡名喜島を経由する2つの便があります。直行便は2時間50分、渡名喜島を経由する便は3時間20分で那覇久米島間を結んでいて、午前便が渡名喜島経由、午後便が直行便となっていて1日2便運航されています。 伊江:0980-49-2255 本部:0980-47-3940. 雑しているため、事前予約をしてから行くのをお勧めしま … 久米島(沖縄県)で人気のグルメ・レストランスポットをランキング形式でご紹介!旅行者のクチコミをもとに久米島のグルメ・レストランスポットが探せます。最新のグルメ・レストランスポット情報は日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルで …