・色んな資源が豊富にあるから。例えば移民などの人的資源や広大な土地資源、石油など。 100年前は他の先進国と同じぐらいの人口だったのに? この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。 なぜ米国で世界最悪の感染爆発が起きてしまったのか コロナ感染の震源地、ニューヨークに見る社会的文化的背景 2020.4.17(金) 結城 カオル 今で言えば中国はヒトが余っているので、人件費が安く。日本はカネ(貯蓄)が余っているので、金利が低いのです。 を目の前にすると実効が薄い(無いとはいいませんが SEXが好きといっているだけでスケベとはいってないけど・・ ユダヤ教徒の歴史では、そういう「ユダヤ人受難のとき」にはエリヤとか神様の言葉を預かる「預言者」が登場して人々を導きました。ユダヤ教徒たちは、そういう「救世主」が出てくることを待ち望んでいたのです。 ですから、上の説明も言葉足らずで誤解を生む可能性が ・現在の資本主義化は理想の共産主義を実現するための過程である。 そして、そのエルサレムの地で天に旅立ってしまったのです。エルサレムはイスラム教にとっても「教祖様が入滅された場所」となってしまったのです。 なぜ、中国のテクノロジーは、日本とは異なる成長をしているのでしょうか。その背景を5つの視点から読み解き、中国と日本の「違い」を理解した上で、日本企業が世界で戦う「知恵」を考察していきます。 詳しい方お願いします。, 第二次世界大戦が1945年に終戦し、軍務から離れた人たちが大量に帰国、帰宅して、妻帯者の場合、子づくりをすることができるようになったためです。 人間は好き嫌いのほかに生理的嫌悪ということもあります。戦後は戦争の被害ということも理由に付け加わりました。 女性が、全ていなく. その他(社会) - こちらのカテでいいのか分かりませんが、よろしくお願いします。 先日、中国の人口に関するサイトを見ていて気が付いたのですが、1900年台の初頭には4億人程だったよう … その後、1949年の統計では約5億5千万人、この50年間で約1億5千万人の増加だったようです。 毎年平均3百万人の増加ですね。 まず砲撃と航空攻撃だけで相手の6割に損害をあたえ、 ・様々な人種が存在するので、それぞれが納得できる合理的で、効率的な制度が整っている。 前述のフォードがはじめた大量生産方式もアメリカ発ですし、何万人という従業員を管理する為の『大企業』という組織形態もアメリカが開発した物です。松下幸之助が考案しその後の日本企業のモデルになった事業部制も、GMのアルフレッド・スローンが考えた組織形態を日本流にアレンジしただけです。 電気が一般化したのはエジソンが電球の商品化に成功し、普及させたからです。 弥生文化は中国大陸、朝鮮半島から日本に移住してきた渡来人によりもたらされたものです。水田稲作、金属器、支石墓、環濠集落など大陸の先進技術を日本列島に伝� 単な問題ではありません。(少なくとも、生半可な生物 アジア人や黒人は現実に今も差別されている「日本人の君はまだマシな方だ」と。 存在しない」なんて事になるんですね。 貧困に直面したとき、そこから抜け出す方法としては 石油を大々的に利用し始めたのもアメリカが最初です。元々は灯油を光源として用いられていましたが、灯油ランプが電球に駆逐された後は、内燃機関(エンジン)が開発されコレが後のガソリン車に繋がりました。 中国とインドの人口の差は.  自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む, 一年以上白人国家を旅行した人なら理解できると思いますが、最低でも1度や2度必ず差別を受けた経験があると思います、その時必ず中国人か日本人か聞かれます、ある店でボッタクリが嫌なので嘘をついて中国人と言ったらその後無視され出て行けと言われました、その後冗談で実は日本人と言うと180度態度が変わりました。白人は正直露骨です。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 さて、第2次世界大戦についてですが、あまり知られていませんがタイは枢軸国として参戦していた日本の数少ない味方国です。(以降は以前の回答から持ってきたものですが、そのまま回答になっています)。 だいたい、徳川家光が徳川幕府の足場を固めた辺りです。 ただ、もうひとつ見方があり、それはタイ自身で独立を勝ち取ったという見方です。タイ自身も、あの時代外国人誘致による近代...続きを読む, ベビーブームはなぜ、どのようにして起ったのでしょうか? 経済では、ヒトでもモノでもカネでも、余っているところから足りないところへ流れるのが基本です。 しかし、逆に「いや、中国は他国だ。戦争をしてでも我々は独立国家となるべきだ」という意見もあります。 ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。   毛沢東の死後、文化大革命が打ち切られ、トウ小平が権力者になった1980年ごろに、「産めよ増やせよ」が「一人っ子政策」に180度転換しました。これは「二人目の子供を産むと厳しく罰せられる」もので、「産めよ増やせよ」の反対です。 日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、  非常にばかな質問かも知れませんが、誰に聞いてもあいまいな答えしか返ってこないのでよくわかりません。 はっきりとした答えをききたいです。 台湾の人は台湾を中国の一部だとは思ってないとか、ききますが実際はどうなんですか。 ていうか逆? 中国が認めてないの? 誰か分かりやすく説明してほしいです。  また、今後の世界経済がどう進展していくのか、予想できる方がいたら、その意見も聞いてみたいです。 確かにこれは有力な説かもしれませんね。 ただし、新技術開発が得意なアメリカに対し日本が得意だったのは『既存のモノを安く作る』ことでした。良い例が電卓で、当初十万→数千円にしてしまいました。安い→普及という事ですので、日本の果たした役割は小さくないです。 ぶっちゃけ1860~1950年くらいまでのアメリカは、本当に『神』です。アメリカは、良くも悪くも20世紀のありとあらゆる事に大幅に関わっています。 環境サミット等の国際的会議では、かねてよりこの問題 >東京に職を求めて地方から集団就職するみたいな感じですね。 このままのペースで増え続けていく事はないでしょうが、たとえ増加のペースは鈍るとしても、いずれにしてもこの地球の存亡は中国の人口次第という事になるのでしょうか? ・歴史的経緯 ですが、実質的に現在の台湾は独立国のようなものです。独自の政体・軍隊・法体系をもっており、中国とは対立しています。また、2020年のオリンピック開催国に立候補もする話があるようです。  1.妊婦は出産の極短い期間を除いて労働にいそしみ ・右派、保守 ジューコフは、 何故なら、ヒトが余っているならば給料が安くなり、ヒトが足りなければ給料が高くなるからです。同じようにモノならば価格が、カネならば金利が、上下に動きます。 >東京に職を求めて地方から集団就職するみたいな感じですね。 中国では、この人口動態が「多産多死」から「多産少死」へと転換したのが、1950年代であると言われている。 上記の表とグラフを見ると、1949年から1954年にかけて、出生率は37‰前後でほとんど変わっていないのに対して、死亡率は20‰から13‰弱にまで下がっている。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? ※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。 正しくその通り、基本的には全く同じです。 そこで、極々概略を書いてみます。 (当然現実では、このようなやり方よりも本などで勉強したり、特許契約をした事の方が多かったです) 前に聞いた事のある話では、 いえいえ。 「ホテルのフロント係は、女性の方を見向きもせずに、デュボイスへの対応を続けた。勘定がすべて終わると、彼はデュボイスに向かって深々とお辞儀をし、それからやっと、その厚かましいアメリカ女性の方を向いたのだった。フロント係の毅然とした態度は、これまでの白人支配の世界とは違った、新しい世界の幕開けを予感させた。 ぜひお教え下さいませ。, 基本的には、「英仏の緩衝地帯」という見方でよいと思います。 さて、ユダヤ教徒はエルサレムに神様を祭る壮大な神殿を作りました。その頃がユダヤ教とユダヤ王国の絶頂だったといえるでしょう。その後神殿は破壊されてしまい、その一部が残るのみとなりました。その遺跡が「嘆きの壁」と呼ばれるところで、そこでは常に敬虔なユダヤ教徒が祈りをささげていますが、そのお祈りの内容は、「神様、あの栄光の日々がまた訪れますように」というものです。その「また訪れてほしい栄光の日々」とは3000年くらい前の話なんですけどね。 中国は日本のように、言論の自由が認められていません。そのために、いくつかの政治的批判を連想させる特定のワードに関しては、検索しても、不自然なほど情報が出てこないといった情報規制を行っています。また、インターネット全般で検閲をしており、SNSなどに政治的批判を書き込むと、瞬く間に消されたり、最悪逮捕されたりすることもあります。2010年にGoogleが中国本土から撤退を余儀なくされたのも、中国政府から検閲を要請されたことを、Google社が自社の理念に反するとの理由で拒否 … 医学的、社会学的見地からこの「からくり」を解明してくださる方々の回答をお待ちしています。あるいは、このことを明らかにしている書物等ご存知でしたら教えてください。, 人口爆発は、出生率(人口1000人当たり)と死亡率(人口1000人当たり)の差が大きいことが原因です。現在の日本は、どちらも10ほどです。 19世紀の日本の農地扶養力は1.24人/10a、ヨーロッパは0.3人/10aです。, 先日、池上彰さんのテレビ番組で「第2次世界大戦のソ連の戦死者は2000万人を超えている」「その恐怖からスターリンは、隣国を共産国にした」ということを知りました。   5)現在の先進国も、1世紀前には、実は、人口増大していました。先進国はどこもかも、産業化の時点から較べて、数倍から十倍ぐらいの人口に増え、その後、増加は停止し、減少へと転じます。このパターンからすると、現在世界の後発国は、産業化をすすめ、教育の普及などを進めていますが、この結果としての人口増大があります。衛生思想や技術の普及で乳児死亡率が低下し、人口増大へと転化した国も多数あります。中国もそうであり、1世紀前に較べ、第二次世界大戦などを経過したにも拘わらず、産業化・先進化の歩みの途上の人口増加を経験していると云えます。 有色人種を人間と認めざるをえなくなったのは、後の方の世界的な大戦のあとではないかと考えます。第一次世界大戦ののちある有色人種の国家が提案した人権平等条項の提案は英米によって葬り去られました。 中国の一人っこ政策ってありますよね、 当時、イギリスはビルマとマレー半島を植民地化していました。フランスは仏領インドシナと呼ばれる、現在のベトナムを含めたインドシナ半島の東側を領有していました。 世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。 だから、日本は台湾が中国の一部とは認めていますが、米国との会談などで中国への台湾への圧力を問題視したりしています。米国もこれに同調しています。 私にはどうしても分からないのでよろしくお願いします。, まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。 どうして日本の人口はこれほど過密? 来ております。 日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。 ですが、実質的に現在の台湾は独立国のようなものです。独自の政体・軍隊・法体系をもっており、中国とは対立しています。また、2020年のオリンピック開催国に立候補もする話があるようです。 戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。 日本の太平洋戦争での戦死者は300万人くらいと聞いてますが、日本の戦死者と単純に比較できるのかどうかわからないのですが、日本の7倍の戦死者の数には、とても驚きました。  先進国から見れば栄養状態が悪いのですが、発展途上国の生活レベルは、江戸時代(子供を生んでいた)より、はるかに上です。全体的には、子供を生み・育てられないほど悪い状況ではないのです。, 人口爆発は、出生率(人口1000人当たり)と死亡率(人口1000人当たり)の差が大きいことが原因です。現在の日本は、どちらも10ほどです。 でしょう。) (多量に有るはずですから、容易に手に入るでしょう) という分類ができると思うのですが、 http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/964059/ ところがそれから約50年後の2000年の人口を見ると、何と12億6千万人以上との事です。 という痛ましいことが書かれているものが多いです。 「産めよ増やせよ政策」とは、平たく言いますと「避妊と中絶は認めない」というものです。この頃の中国に住み、最下層の生活で貧困に喘いでいた中国残留婦人の手記を読むと これが第1次ベビーブームです。 世界の人口は増加傾向にありますが、その中でもアフリカ大陸の近年の人口増加率は頭一つ抜けており、2050年には倍増して25億人に、2100年には44億人にもなるといわれていま … この残酷な単純化となりふりかまわなさが、精鋭のドイツ軍相手に血を流しつつも、ソ連軍を勝たせたのです。, まあ、漫談です。 大人気だし。野球でも黒人が大人気なのに 〇第五章人口爆発はなぜ起きたのかー歴史人口学的な視点から。 〇第六章人口と反乱ー19世紀 〇終章現代中国人口史のための序章 私的感想 〇第一章から第四章までは、一般的な中国史事実に、人口動態の変化を加えたような叙述で進行していく。 聞いたのですが・・・。, >(住民表などがなく学校にも行けない)と もちろん精鋭であり戦略予備といえるシベリアの部隊はありましたが、ノモンハンのときに日本の帝国陸軍と正面衝突を初めてして大損害をうけた経験から、軽々しく欧州戦線に移動させるつもりに、ソ連軍指導部はなれなかったのです。 普通の産業に近い事をやれば、その植民地が普通の国に近くなるのも当然でしょう。かくして北米は普通の国に近づき、普通の国のように他国の支配を受け入れる事に反発して、独立したわけです。 あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。 実は避妊具の配布や中国で行われた出生制限等の国家施策 文献等を図書館で探すことをお勧めします。 で、問題なのは「喰えないのに何で子供を作る?」という ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 そのため1947~8年あたりに出生者数が急激に増えました。 で、これらを見てみると、キーワードは「人々が安心 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 増やす=子供を作る」になっています。 エーリック,ポール / エーリック,アン『人口が爆発する――環境・資源・経済の視点から――』新曜社、1994年、, まず、前提として「発展途上国での人口爆発を防止する ・オマケ日本の果たした役割 の種論では解決しないというのは多くの人の指示を得る 環境に居る人間の甘さ」が有りまして、 1) スターリンのソ連が外貨を獲得する手段は、適当な理由で政治犯を「製造」し、強制収容所(実態は、待遇最悪・安全設備なし・無給の鉱山等)に「政治犯」を送り込んで、人海戦術で好物を採掘して海外に売り、外貨に換えることでした。この方法ですと、政治犯は半年もすると半分くらいに減ってしまうので、次々に政治犯を補充しなければなりません。この手法は「国民の生命を外貨に換える」に等しいですが、スターリンのソ連では確かに有効でした。 コンピューターも殆どアメリカが発展させたようなものです。戦後、電話ネットワークの維持に真空管大量に必要になり、真空管より長持ちして高性能なトランジスタが開発され、これがコンピューター産業発展の起爆剤になりました。 そうすると、今まで見向きもされていなかった北米でも儲けられるようになったわけですし、アメリカ大陸でも食糧が生産されるようになったのです。 イギリスの爆撃や、B-29の空襲も経験しています。関係としては、日本が仏印(今のベトナムを含めたインドシナ半島の東、つまりフランス領です)に進駐したころから、歩調を合わせ始めています。その前は第2次大戦について中立宣言をしていました。その後、日本が参戦するとほぼ同時に、宣戦布告を行っています。 中国政府は少子化政策を一生懸命推進していると聞きますが、おそらく都市部の一部富裕層にしか浸透していないのが現状ではないでしょうか? 新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほ...続きを読む, 病気・栄養失調などで飢餓に瀕している子供たちを見て心をいためています。   …私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。   かと言って中国もなんだか危うい。  なお、平均寿命と出生率、死亡率との関係については、因果関係の無い擬似相関ですが、分かりやすいかと。 当時の日本の技術者たちはアメリカの学会に参加しまくって、発表内容を写真で取り捲ったそうです。当時は『ジャップがなんかやってるぞ』とか笑われていたようですが、必死に研究しまくって一時は追い抜いちゃったわけです。 それにしても なぜ中国でばかり新しい病気が発生するのでしようか? 中世に 世界中で猛威をふるい ヨーロッパで人口の3分の1~半数が命を落としたという「ペスト」も、中国からの流行でした。 日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。 こう考えると、幾多の理由はあれど、人口爆発の根底には ということは、この50年の間に7億もの人口が増えた事になります。 つまり毎年平均1400万の人口増加という驚くべき結果となっています。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 また、WW1を契機に石油科学が発展し、天然ゴムに変わる石油ゴムが開発され、その後石油繊維も開発されました。WW2ではプラスチックが開発されました。 ちなみに、日本の土壌と気候のバランスは世界的に見れば奇跡に近いものです。 今で言えば中国はヒトが余っているので、人件費が安く。日本はカネ(貯蓄)が余っているので、金利が低いのです。 『法の精神』で知られるモンテスキュー。 T-34は名高い戦車ですが、他につかえる戦車が当初はなくなってしまっていたから使った、というのが実態です。 しかし、中国は岡本教授が「官民乖離」と呼ぶほど、距離がありました。清国は18世紀半ばの人口が1億人弱だったのに、経済成長と人口爆発によって19世紀半ばには4億人に達します。それに対して満州人を中心とする官僚機構はほとんど増えていないのです。 そうやってみると、先に書いた代表例も解けるのではない だいたい、徳川家光が徳川幕府の足場を固めた辺りです。 理由: ・色んな資源が豊富にあるから。例えば移民などの人的資源や広大な土地資源、石油など。 ところがそれから約50年後の2000年の人口を見ると、何と12億6千万人以上との事です。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 なんてところが代表的な物として出ているでしょう。 ありますので、ここでお聞きになるよりしっかりとした  「時代遅れなのですか?」というご質問ですが、現在の中国は本来の「資本主義→社会主義→共産主義」ではなく、文化大革命によっていきなり社会主義となった(多くの社会主義国家が同様ですが)ため、思想的にはあり得ない「社会主義状態での資本主義導入」という現象が起こっただけです。したがって「時代遅れ」とは別の次元で判断した方がよいでしょう。 しかし、飢餓なのになぜ子供がたくさん生まれるのか、ふと不思議に思いました。というのも、一般的に女性は行過ぎたダイエットや拒食症の場合、(つまり飢餓状態になると)生理が停止するからです。なぜ出産が可能なのでしょうか? 第2次世界大戦のソ連の戦死者が多い理由をお教えいただけましたら助かります。 して生存できる状態になる」って事です。 イスラム教にとって最も重要な聖地は、ムハンマドが神の啓示をうけたメッカです。しかしムハンマドは一神教教徒なわけですから、「死ぬまでに偉大な神殿があったエルサレムで死にたいなあ」と当然といえば当然で、ややっこしくなることを願います。 新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほど多くなかったわけです。ですから、南米では金銀の採掘と砂糖などの生産だけを行いアメリカで食べる食糧は欧州から輸入していたほどです。欧州でも出来る事はアメリカでやる余裕はなかったわけです。   4)あまり説明が長くなるのも困りますから、もう少し簡単にしますが、次に、社会の「近代化」という問題があります。農業生産を基盤とする社会は、可能な上限まで人口を増やします。国連が食料を援助すると、その援助分だけ、人口が増えて行ったりします。しかし、先進近代国家は、人口減少へと現実的に向かっています。この理由は、高度文化社会となると、餓死の心配などはなくなり、国家の国民支援も、制度的に保証され、子どもをたくさん造って、家族や自分たちの「保険=保証」にしようという必要がなくなることがあります。また、高度文化においえ、義務教育他高等教育も普通となり、生活費用も高くなり、一人の子ども成人させるのにかかる費用が大きくなって行き、多くの子ども育てるということが、合理的でなくなってきます。不可能になるとも云えます。国民全体が、餓死などない、相応に豊かな生活水準になり、義務教育の普及が90%を越えて来ると、こういうことになり、人口増加は逆転して人口減少になります。これが先進国の実状です。 日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。 それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか? 明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。 これは微妙な問題です。台湾人もこの問題に関しては一枚岩ではないからです。   3)もう一つの理由として、中国の社会の構造があります。中国は、大家族制社会で、もう一つ大結社的社会でもあるのですが、中国の歴史上の争い、戦争や政争などは、大家族・大結社の規模や、どれだけ、それらを糾合できるかで決まりました。従って、大家族は、人数が多いほどよいというので、農業文化の基本である、子どもは造れるだけ造るという原理以外にも、社会的競争の結果、大家族集団では、育てることのできない子どもは、力ある、大家族の別の家族が引き取り養うという形で、単に、農民家族が多くの子どもを育てるというだけではなく(これだと、個人家族の限界が出てきます)、大家族共同体が、そのなかで、多数の子どもを再生産するという、大共同体レベルで、多産多育成を可能とする社会機構があったので、そういう機構がない農業社会に較べ、多数の子どもが、成長し得たということで、人口増大がすぐ起こったのです。 この間に挟まっているのがタイで、双方どちらかがタイを植民地化してしまうと、国境を接してしまうことになるのでよろしくない・・ということです。 日本ってなんでこんなに人口いるの? 毛沢東の建国した中国は、スターリンのソ連を手本にした国です。この国作りのモデルでは、人口は多ければ多いほど良いのです。 新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほ...続きを読む, 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 ちなみに、日本の土壌と気候のバランスは世界的に見れば奇跡に近いものです。 ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。 一八世紀に突如起こった人口の爆発的増加は、中国を知るための鍵である。それはなぜ、… Pontaポイント使えます! | 人口の中国史 先史時代から19世紀まで 岩波新書 | 上田信 | 発売国:日本 | 書籍 | 9784004318439 | HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です! 2人目が出来たらどうするんですか? 極端な人たちの中には、すぐにでも中国と統一すべき、という意見もあります。 中国とインドの人口の差は . 大げさかと思いますが、この地球は中国人によって滅びていくような気がしてなりません。, 有難うございました。 中国は社会主義国のはずです。しかし昨今の中国経済の成長の話題から、経済は資本主義化していますか? 昔、沖縄は中国だった?清の時代は沖縄は中国だったのなら日本は中国に返すべきなのでは? 需要、生産と消費の形態、貧困、開発水準はすべて関連し   1)まず、中国は、黄河・揚子江を擁し、肥沃な大平野があり、古来より、麦・米の栽培による灌漑農耕があり、「四大文明」の一つだともされています。二千年乃至三千年以前から、肥沃な土地にあって農業を営み、養える人口が、他の地域よりも多く、結果的に、古代から人口過剰になっており、農耕地をどんどん拡大し、揚子江南岸の三国志時代の呉などの地域は、あまり農業生産性が高くなかったのですが、ここも農耕地に変え、食料生産能力を高度に上昇さ...続きを読む, 中国はどうしてあんなに人口が多いの? 社会主義国にとは、「勤勉勤労は無駄。皆一並び」という考えは時代遅れなのですか? だいたい2500万人ぐらいです。 インドの人口が毎年2500万人ぐらい増えているそうなので 中国の増加分を考えても、あと5年ぐらいで追い付きそうですね。 電話も、ベルがアメリカで開発しました。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 途上国の典型的な例を元に説明します。 やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。, 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 一八世紀に突如起こった人口の爆発的増加は、中国を知るための鍵である。それはなぜ、… Pontaポイント使えます! | 人口の中国史 先史時代から19世紀まで 岩波新書 | 上田信 | 発売国:日本 | 書籍 | 9784004318439 | HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!  社会主義という思想は格差の是正を目的としているため、「資本家と労働者」という階級闘争に結びつきやすく、国家や官僚による国民の支配を強めてしまう側面があります。中国が抱えるさまざまな問題は、資本主義の導入が原因というよりも、社会主義が持っている問題が抑えきれずに露呈したといえますね。 ソヴィエト軍はバルバロッサ作戦当初にその主体が壊滅したので、1941年のタイフーン作戦を乗り切って以降の部隊が、みな新兵、という特徴がありました。 中国人ブロガー「Dashan166」さんは、「日本に2年間住んで、日本人が中国人をバカにする理由が分かった」というタイトルでブログを掲載している。 オバマ大統領はなぜ黒人なのか。ハーフではないのか。白人男性の主人と黒人女性奴隷の間に生まれた子どもは、生まれながらにして奴隷であり、色が白いほど高く売れたと聞きます。人種差別に法的に最終的な決着がついたのは1964年(昭和39年)かともいわれます。 という構図があります。 当時の日本の技術者たちはアメリカの学会に参加しまくって、発表内容を写真で取り捲ったそうです。当時は『ジャップがなんかやってるぞ』とか笑われていたようですが、必死に研究しまくって一時は追い抜いちゃったわけです。 1,398,582,297ー1,373,605,068=24977229 . この他にも何か、理由が分かる人が居たら教えていただけないでしょうか。 因みに私は21世紀はアメリカの一人勝ちとは行かないと思います。 中国はどうしてあんなに人口が多いのでしょうか?同様にインドもなぜあんなに人口が多いのでしょうか?日本も他国に比べると狭い国なのに人口が多いような気がします。教えてください。, モンスーンアジア地域の特性として、水田の単位面積当たりの人口扶養力が高いからです。 在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。 中国はなぜウイグルを弾圧するのか?歴史的背景も含めてわかりやすく解説します . もうすぐクリスマスがやってくる。意外にも中国で、クリスチャンが急増しているのをご存知だろうか。中国の総人口14億人のうち、キリスト教徒が約5%を占めている。中国でキリスト教会が公然と活動するには、中国共産党政府が認めた団体に所属し、政府当局  真中 Centrist(中間主義) アメリカ大陸がモロに生産基地だったのは、スペインが南米に進出した頃です。 英仏が北米に進出したのはもう少し後です。 q 中国の人口増加はどうして爆発的になったの? こちらのカテでいいのか分かりませんが、よろしくお願いします。 先日、中国の人口に関するサイトを見ていて気が付いたのですが、1900年台の初頭には4億人程だったようです。  各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。 アメリカ大陸がモロに生産基地だったのは、スペインが南米に進出した頃です。 どうして差別されちゃうのでしょうか? 日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。 この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。 ぶっちゃけ1860~1950年くらいまでのアメリカは、本当に『神』です。アメリカは、良くも悪くも20世紀のありとあらゆる事に大幅に関わっています。 環境サミット等の国際的会議では、かねてよりこの問題    各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。 日本の戦後復興の要因一つは、アメリカで開発された最新の技術をパクリまくったからというのもあります(トヨタの自動車も、ソニーのトランジスタも、シャープの液晶など、戦後の日本の技術の大部分は元を辿ればアメリカ由来のものです)。 一体、どこの国が覇権をにぎるのでしょうね。, >アメリカは生産基地だった、とありますが、要するにアメリカは独立前、南米で取れた作物などを輸出するための基地だったということでしょうか。 一方、インドや中国、インドネシアといったアジアで人口が多い国々はアフリカ中部よりは出生率は低かったものの、経済や医療・疫病の水準は最貧国よりはまだマシです。 これもアジア圏の人口爆発の理 … 【中国】中国の満州族は満族のことですか?満州族と満族は同じですか?違う少数民族ですか? 特にナイジェリアは人口1億9千万人とアフリカ大陸最大の人口を誇る国です。今後も増え続け、2050年までには4億人を超え、中国・インドに次ぐ世界で3番目に人口が多い国となると推測されています。 人口増加にともなう問題 逆に十分な土壌、気候、作物がそろっていれば、その地域の人口増加を促します。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%A3%E5%AD%90%E6%94%BF%E7%AD%96. 2) 朝鮮戦争で、中国軍は人海戦術を取り、100万人が死亡したと言われます。人海戦術とは「敵の陣地に向かって突撃する。退却する者は後ろの督戦隊が機関銃で射殺する。退却した者の家族は反革命罪で強制収容所に送る」といったもので、2000年ごろの映画「スターリングラード」でソ連軍がやっている「ドイツ軍の陣地に銃も持たない新兵を突撃させ、ドイツ軍の弾薬を消耗させる」人海戦術を模倣したものです。こんな戦争をやっていれば、やはり国民はいくらでも要ることになります。 本気で軍事力を行使された場合、日米両国は台湾側に付く可能性も否定できないなど、この地域は本当に紛争地帯の様相を呈しています。, 他の方も言っておられますが、日本政府の立場を一言で言えば「台湾は中国の一部」となっています。これは日本だけではなく、中国と正式な国交を持っている全ての国がそうだったかと思います。逆に、中国と国交を持っていない国が台湾を独立国として認めています(世界中で二十~三十くらい) しかし、人口増加率は他国とほとんど差がない。米国勢調査局は以前、2016年1月時点の世界人口は72億9588万9000人だと発表した。 今日インドと中国の人口が多いのは、100年前の人口も多かったから … そして第一陣が弱った敵に突っ込みその第一陣が自分の損害を省みず敵をなぐるだけなぐったら、 また旧式の機械装備も壊滅したので、結果的に機械装備が新式のものにいれかわりました。 その通りです。 http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog053.html の種論では解決しないというのは多くの人の指示を得る つまり、コンピューターを開発したのはアメリカですが、それを安くして電卓を作ったり、炊飯器や掃除機に搭載させたのは日本で、これが世界のコンピューター市場を飛躍的に拡大させたわけです。, >アメリカは生産基地だった、とありますが、要するにアメリカは独立前、南米で取れた作物などを輸出するための基地だったということでしょうか。  ちなみにこの疑問が生まれたのは、F4という台湾のアイドルグループが流行っていることを「華流」というのをきいたからです。 華は中華人民共和国の華ですよね?, 他の方も言っておられますが、日本政府の立場を一言で言えば「台湾は中国の一部」となっています。これは日本だけではなく、中国と正式な国交を持っている全ての国がそうだったかと思います。逆に、中国と国交を持っていない国が台湾を独立国として認めています(世界中で二十~三十くらい) >産業革命が生まれたのはイギリスだが、それを育てたのはアメリカ…まさにそうですね。自動車や電気・電話など画期的なものばかりですよね。 が取りざたされていて、対策案も方向性としては出て どうして白人は黒人を差別するのでしょうか? 社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」 >飢餓なのになぜ子供がたくさん生まれるのか ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 初期の北米の植民地もヨーロッパの為の植民地だったことには変わり有りません。しかし、スペインが中南米でやった事は、略奪に近かったのに対して、英国が北米でやった事は普通の産業に近かったわけです。 すなわち、極論すれば、「出産日以外は労働力の減少は 経済では、ヒトでもモノでもカネでも、余っているところから足りないところへ流れるのが基本です。 なるほど、近代化の影響が時間的に遅れて出てきた事が理由に考えられますね。 過去を振り返っても仕方ないかも知れませんが、中国政府は10数億という膨大な数の国民生活を一体どこに導いていくんでしょうね。, 「外貨 中国」に関するQ&A: 日本国内で、中国紙幣(中国元)を日本円に両替したい場合, 「環境問題 中国」に関するQ&A: 中国人との結婚。どんな問題がありますか?, 基本的に幾つかの理由が輻輳しています。 昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=02266749 戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。 この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。 この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。