開発を進めている.大型リチウムイオン二次電池は内部抵抗が低く短絡した際の電流が大きいた め取扱いには十分な注意が必要であるが,当社では開発の初期段階から大型リチウムイオン二   ±æ”¾é›»é›»æµã¯ï¼Œæ¸©åº¦ãŒ10℃上昇すると,値が2倍になると言われているようだ。 抵抗を接続しないとプラスとマイナス電極間に電流が流れません。 ただし、[T]電極がある充電器は充電電流が大きいのでリチウムイオン電池が熱くなったら直ぐに充電を止めて下さい。 同種イオン同士による反発が無視できなくなるためです。 リチウムイオン電池を回収する理由は二つあります。一つは有害物質の拡散防止であり、もう一つは資源の再利用です。 リチウムイオン電池に限っては水銀やカドミウム、鉛や硫酸といった禁止されている物質は使われておりません。 2021年1月15日(金) or 1月18日(月) 10:00~17:00(両日とも同内容), EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術とビジネスチャンス【提携セミナー】, 基礎からわかる、全固体二次電池[最新動向と粒界・界面抵抗の考え方、イオン伝導性の向上]【提携セミナー】. åˆè©¦é¨“研究会社です。分析・解析・測定から試作・製造まで、最新の設備と技術でお応えします。 リチウムイオン含有結晶(リチウム塩)と媒質からなる溶液・分散系の電解液が、多くのリチウムイオン二次電池で使用されています。 リチウムイオン電池の劣化のモデル化に関する研究 Table 1 Degradation conditions of LiB C-rate SOC range 25[℃] 50[℃] 100[%](CVCC) 1700 1500 リチウムイオンLi+ ・・・正極に向かって移動 ケースに入った「リチウムイオン電池」、詳しくは分かりませんが・・・ 外部充電についてどの様な説明がありますか? こります。図のようにリチウムイオン電池は安全の為に充電上限電圧が設けられており、それに到達すると充電が停止する機構になっています。 (日本アイアール株式会社 特許調査部 Y・W), 3分でわかる技術の超キホン リチウムイオン電池のセパレータ・要点まとめ解説(多孔質膜/不織布), これまで当連載では、リチウムイオン電池の正極材料、負極材料、電解液について説明しました。 今回は、主要構成材料として残っている「セパレータ」について説明します。 目次1.セパレータとは?2.セパレータの要求 …, 3分でわかる技術の超キホン 固体電解質との界面構造の制御(リチウムイオン電池の基礎知識), 目次イオンの移動と界面抵抗界面抵抗の課題と制御方法1.エアロゾルデポジション法2.硫化物系固体電解質の酸化物系固体電解質による表面改質3.可塑性電解質による表面改質4.単結晶の使用 イオンの移動と界面抵抗 …, 3分でわかる技術の超キホン ガラス/ガラスセラミックスの無機固体電解質とリチウムイオン電池, 今回は、ガラス、あるいはガラスセラミックスのリチウムイオン伝導性無機固体電解質について説明します。 ガラスは非晶質ですが、局所的な周期構造と(X線回折では、結晶特有なシャープなピークは観察されずブロードなパ …, リチウムイオン電池に関する当連載では、「真性高分子固体電解質」「高分子ゲル電解質」と、2回にわたって有機高分子系の固体電解質について説明しました。 今回は、代表的なもうひとつのタイプの固体電解質である無機固 …, リチウムイオン電池に関する前回のコラム「真性高分子固体電解質とリチウムイオン電池」では、有機高分子系イオン伝導性物質と電解質塩からなり、溶媒を全く含まない真性高分子固体電解質について説明しました。 実用的な …, 電解質を溶解してイオンに解離し、移動できる物質を「イオン伝導性物質」と呼びます。 また、イオンが溶解したイオン伝導性物質が常温常圧で固体の場合、固溶体などとして溶解し電気伝導性を示す物質を「固体電解質」と呼 …, 開催日時 2021年1月15日(金) or 1月18日(月) 10:00~17:00(両日とも同内容). (CO2排出量計測を使用せずに)G-Pacs, (可搬型を使用せずに)小中型リチウムイオン電æ±. 方針.   さらに、良好な電池性能を得るためには、両極間を多数のリチウムイオンを高速で移動できること(高電気伝導率)が必要です。, 実用化されているリチウムイオン二次電池の多くは、正極活物質として遷移金属酸リチウム(平均電極電位~4V vs Li+/Li)、負極活物質としてグラファイトなどカーボン系材料(平均電極電位0.1~0.2V vs Li+/Li)が使用されています。 ¯ãŒã‚り、最近急にモーターの動きがおかしくなってきました。電圧を調べたら停止状態では8V程度あるのが作動させると6V位になって動かなくなります。OFFにして電圧を 各イオンの移動のし易さは、この溶媒和されたイオンの大きさ、溶媒の粘度および温度などに影響されます。溶媒の粘度が高いと、イオンの移動速度が低下します。ECは融点が高く(~36℃)粘度も高いので、減粘するために、DMCやDECなど他の溶媒を共用します。 マンガン酸リチウムは、リン酸鉄リチウムと同様に立体構造であることで、リチウムイオンの移動がスムーズに行われ、またこのスムーズさが電池の内部抵抗の低さとして現れてきます。 【大きいほど低抵抗?】リチウムイオン電池の容量と内部抵抗の関係 . また、耐還元性に優れるエーテル系溶媒やEC以外のカーボネート系溶媒を単独で使用した場合、二次電池は安定して作動しません。なぜでしょうか?, 充電時、電解液中のリチウムイオンが負極との界面から侵入します。電解液により程度の差はありますが、溶媒和したリチウムイオンが侵入します。 溶媒和したリチウムイオンがカーボン系負極活物質のグラフェン層間に侵入すると剥離が発生します。ある程度剥離が進行してしまうと、イオン移動が不可能となります。 対アニオンA– ・・・負極に向かって移動, 電極に向かってイオンが移動すると、対イオンとの再結合や液体分子との衝突などにより抵抗(電気抵抗)が発生します。電解液中のイオンの移動による電気抵抗Rは、以下の式で表されます。, R [Ω] = ρ ・ ℓ / S (2) その酸化電位は約6.3V(vs Li+/Li;PC)で、5V代の四フッ化ホウ酸リチウム(LiBF4)、過塩素酸リチウム(LiClO4)より安定です。, カーボン系活物質からなる負極は、充電時には、接触する有機物を還元する能力を持っています。 電気伝導率を最大にする、最適なイオン濃度(電解質濃度)が存在します。 このイオン濃度はLiPF6/EC系では、約1Mです。, LiPF6/EC(EC-DMCなど)系電解液を使用したリチウムイオン電池でも、充放電サイクル特性やレート特性が不十分でした(サイクルを重ねるごとに、あるいは高レートほど電池容量が低下)。内部抵抗の増大につながるSEI層の厚みの増大に反映されています。, これは負極活物質上のSEI層(電解質および溶媒により決まる)の最適化が不十分であることを意味します。 なぜ、電解液としてLiPF6/EC系を使用した場合、二次電池として安定に作動できるのでしょうか? リチウム電池の製品・製造メーカーを一覧にして紹介 (2020年版)。産業用製品の一覧・おすすめ紹介サイトのメトリーでは、適切な製品・部品を見つけることができます。 「CR2032」は国際電気標準会議 (IEC) が定めた電池の規格である。CR2032とは一次電池に関する規格IEC 60086で定められた規格名称だ。と、言うととっつきにくいかもしれない。頭文字のCはA、B、C….と順番に様々な種類や規格に別れている。Aは空気電池、Bはフッ化黒鉛リチウム電池、そしてCは二酸化マンガンリチウム電池(CR20xxなど)である。 CR20xxの”xx”にした意味は20mmなのでCR20だ。Rは円形(round)を示し … 小形リチウムイオン二次電池の材料」 でも述べたように、負極にチタン酸リチウムを採用したことで低抵抗 となり、極低温環境下(-30℃)においても電池をそのまま充電・放電を行うことができます。 また、解離定数を大きくするため、誘電率が大きな溶媒(EC・・・90,40℃)を選択することも重要です。, 電解液中のイオンは、液体分子により溶媒和された状態で存在します。 Copyright © 2020 アイアール技術者教育研究所. 3分でわかる技術の超キホン 結晶性の無機固体電解質とリチウムイオン電池. エチレンカーボネート(EC)で1~4.4 V(vs Li+/Li)、プロピレンカーボネートでは少し高電位にシフトします。, LiPF6が優れている点のひとつは、耐酸化性が良好なことです。 All Rights Reserved. ぜひ、続けてご覧ください ステム研究所と共同で、透過電子顕微鏡法と機械学習を用いて、バルク型および薄膜型の全固体電池内部のリチウムイオンの動きをナノメートルスケールでリアルタイム観察する技術を開発した。 カーボネート系溶媒は比較的広い電位窓を持つ溶媒のひとつです。 LiPF6の大きな電気伝導率は、主にイオン解離定数が大きいことに起因しています。 (ρ:電気抵抗率、ℓ:イオンの)移動方向の長さ、S:イオンの移動方向に垂直な断面積), ℓ / Sは電池の形状により決まり容器定数と呼ばれます。 これらのリン化合物はカーボネートと反応します。 リチウムイオン電池に関する当連載では、「真性高分子固体電解質」「高分子ゲル電解質」と、2回にわたって有機高分子系の固体電解質について説明しました。 この電極活物質との界面に生成し、電極活物質を不活性化、安定化(剥離の抑制など)する被膜を「SEI」と呼びます。, SEIは非電子伝導性です。SEIの生成がグラファイト層の剥離に優先する場合は、SEIが形成されます。SEIの生成は、リチウムイオンに対する溶媒和能、溶媒の還元安定性、溶媒和リチウムイオンの大きさなどが関係します。PCなど他の有機溶媒単独ではグラファイト層の剥離が優先されるため、単独では安定して二次電池を作動できません。, LiBF4/EC系でもSEIは生成しますが、充放電を繰返すと、LiPF6より電池性能が劣ります(内部抵抗の増大が大きい)。 リチウムイオン電池の動作温度範囲の上限値は、主に高温での容量劣化や内部抵抗が進みず、かつ電池が爆発などの危険な状態にならないような温度 として決められています。 その電解液として、1M六フッ化リン酸リチウム(LiPF6)/エチレンカーボネート(EC)含有溶媒が使用されています。, 電極活物質と接触する電池材料(電解液など)の電位窓上限値(酸化電位)が平均正極電位を下回る場合、充電時に、この電池材料の酸化が進む状態になります。, 同様に、電位窓下限値(還元電位)が平均負極電位を上回る場合、還元が進む状態になります。ある物質の電位窓とは、その物質が電気分解されない電位領域を指します。, 水の電位窓は3.04~4.07V(vs Li+/Li)で、リチウムイオン二次電池の電解液媒質として使用できないひとつの理由です。 (左から)ビニレンカーボネート(VC)  1,3-プロパンスルトン(PS), 次回は、スルホンアミド系の電解質、イオン液体を使用した電解液、水系電解液について解説します。 【内部抵抗の計算】リチウムイオン電池の内部抵抗を反応面積から予想してみよう! スマホ向けのバッテリーや電気自動車向けバッテリーを始めとしたリチウムイオン電池において、更なる高容量化、高電圧化、高エネルギー密度化に向けて、各企業で様々な研究開発が進められています。 ニトリル類・スルホン類は耐酸化性には優れていますが、耐還元性に乏しいという具合です。 また、良質なSEIを形成できる電解液であることが必要です(後述)。 放電時、電解液中では、以下のイオン移動が起きています(充電時は逆向きの移動)。, Li+A–(結晶) ⇄ Li+A–(溶解) ⇄ Li+ + A–(解離) (1) 3分でわかる技術の超キホン 結晶性の無機固体電解質とリチウムイオン電池. 本連載の別コラム「電池の性能指標とリチウムイオン電池」で説明したように、電池として機能するためには、充放電に伴い、正極と負極の間で、電荷キャリアとなるリチウムイオンが移動でき、かつ電子は移動できないことが必要です。, 今回は、正極と負極の間にある電解質、リチウム塩(リチウムイオン含有結晶)と有機溶媒からなる電解液、特に広く実用化されている六フッ化リン酸リチウム(LiPF6)/エチレンカーボネート(EC)系の電解液について説明します。, 電池における電解質は、正極と負極の間にあって、電荷キャリアとなるイオンを含む物質です。 これは生成するSEIの質が劣るということです。良質なSEIを形成する電解液である必要があります。, 電解質Li+A–が液体に溶解している電解液からなるリチウムイオン二次電池を考えます。 きています。 電池容量を大きくするためには、リチウムイオンの挿入脱離ポイントが多いほ … 有機溶媒では電位窓が拡がりますが、0.1~4.2Vの範囲を超えるものはありません。, 例えば、エーテル系溶媒では耐還元性はありますが、耐酸化性が不足しています。 充電時には同時に、強い還元電位に曝されると(1V以下)、侵入した溶媒和イオンの有機溶媒の還元分解が発生します。還元分解生成物は対アニオンとの反応などにより様々な二次生成物を与えます。ECを含む溶媒系で生成する還元分解由来生成物は、活物質と溶媒和イオンとの界面に被膜を生成します。 イオン1モルあたりの電気伝導率をモル電気伝導率Λと呼びます。, 電気伝導率は一定のイオン濃度までは増大しますが、それを超えると減少に転じます。 ICの必要性について説明したいと思います。 リチウムイオン電池は旭化成で発明され、ソニーが1991年に「リチウムイオン電池」と命名して最初に商品化した二次電池です。従来の二次電池に比べて重量エネルギー密度、体積エネルギー密度ともに3倍以上あり、小型、軽量化が可能なうえ、従来の二次電池が1個で1.2Vの電圧しか取り出せなかったのに対して3倍の電圧が得られる高性能な電池です。このような特徴によって、 … キーワード:リチウムイオン二次電池,過電圧抵抗,エントロピー変化,急速充放電,2 次元発熱挙動モデル Keywords: lithium-ion secondary battery, overpotential resistance, entropy change, rapid charge and discharge cycles, two-dimensional thermal behavior model 1. はじめに 【大きいほど低抵抗?】リチウムイオン電池の容量と内部抵抗の関係 【内部抵抗の計算】リチウムイオン電池の内部抵抗と反応面積から予想してみよう! 【リチウムイオン電池の接触抵抗低減】Al箔やCu箔の接触抵抗を下げる方法 他のセーラーからも沢山の「リチウムイオン電池」が出品されてます。 しかし「内部抵抗」について書かれていないセーラーや0.7mΩと言う従来の鉛バッテリー(単純に鉛に置き換えると5倍の容量なので3.5mΩ)みたいな値を持ったものも出品されてます。 ステムが連動しているためSOCの推定値が基本的に表示される仕組みとなっています。 それでは、厳密にSOCを測 … リチウムイオン電池に関する当連載では、「真性高分子固体電解質」「高分子ゲル電解質」と、2回にわたって有機高分子系の固体電解質について説明しました。 VCなどが存在すると、ECなど溶媒同士の反応、溶媒とLiPF6分解物との反応などに優先あるいは競合して添加物との反応が生じ、より良質なSEIが生成することが判明しています。 外部充電電圧の高い(14.4v以上とか)物で充電して下さいとされていれば、専用の「走行充電器」を付けたほうがいいと思います。 リチウムイオン電池は、その内部抵抗の低さから、大きい電力を放出する際の安定性に優れており、一気に定格容量分の電力を放電する特性を 持っています。 リチウムイオン二次電池では、少なくとも一部がリチウムイオンとして存在し、両極間を可逆的に移動する物質です。, 電解質としてリチウムイオンを含むイオン性結晶が思い浮かびますが、結晶単独では移動できません。電解質がイオン性結晶の場合、少なくとも一部が媒質に溶解または分散してリチウムイオンとする媒質(溶媒など)が必要です。媒質の選択も重要なので、媒質も含めて電解質、あるいは電解液と呼ぶこともあります。 電気伝導率(導電率、電気伝導度)κは、電気抵抗率の逆数として定義されます。電荷キャリアがイオンの場合、イオン伝導率とも呼ばれます。SI単位は[Sm-1](ジーメンス毎メートル)ですが、電解液では[mScm-1]も使われます。, 電解液の電気抵抗率および電気伝導率は、イオン濃度およびイオンの移動のし易さ(移動速度)により決まります。LiPF6の電気伝導率が大きいことも長所のひとつです。, 上記(1)より推測されるように、イオン濃度は電解質の溶媒への溶解度や解離定数に影響されます。 スマホ向けのバッテリーや電気自動車向けバッテリーを始めとしたリチウムイオン電池において、更なる高容量化、高電圧化、高エネルギー密度化に向けて、各企業で様々な研究開発が進められています。 横軸は放電容量もしくは放電時間(定電流放電ですから、結局放電容量を示しています。)、縦軸はセル電圧とし、放電温度は一定で、放電電流をパラメータとしたグラフです。 通常示されるグラフは、放電温度20℃において、放電レートが0.2Cと1Cです。 1Cとは公称容量値の容量を有するセルを定電流放電して、ちょうど1時間で放電終了となる電流値のことで、たとえば2.2Ahの公称容量値のセルでは 1C=2.2Aです。 0.2Cは公称容量値の容量を有するセルが5時間で放電終了となる電流値で、上述の2.2… Si、Ge、Sn、Al、Znなどは、下式のように充電時にはリチウムイオンの挿入によりリチウム合金相を形成し、放電時には合金相からリチウムイオンが脱離します。 xLi+ + xe– + M1 ↔ LixM1(M1・・・Si,Ge,Sn,Al,Znなど) (1) リチウム合金相の形成を伴う負極活物質を合金系負極活物質と呼びます。 電池容量が高く、資源として豊富に存在し、最も検討されているSiについて説明します。 3.1 電池放電容量・内部抵抗値の変化 先の充放電パターンで充放電を繰り返し、3000 時間毎に-5℃、25℃で放電容量、内部抵抗値を測 定した結果を図-5~8に示す。いずれも新品時を1 00%とした相対値で示す。内部抵抗値は放電容量の エネサーブ株式会社 Copyright eneserve CO.,LTD All rights reserved. ビニレンカーボネート(VC)、1,3-プロパンスルトン(PS)などを微量(0.1~1w%)添加すると、サイクル特性およびレート特性が改善されることが判明し、電解液への添加が一般的になっています。これらの化合物を添加すると、電解液の溶媒としてPCを使用することも可能になります。, LiPF6は加水分解し易く、PO3Fを生成します。また、熱安定性も悪く、特に充電時の負極など還元状態では60℃程度から分解し始めPF5を生成します。 結晶相と液相の間に、どちらにも属さない中間相が安定に存在する物質があります。中間相のひとつであるイオン性液体や柔粘性結晶は、電解質として機能します。柔粘性結晶は固体電解質となります。, 他の電池材料と同様、電解質やその媒質には、電気化学的安定性(充電時の耐酸化性、放電時の耐還元性)、熱的安定性、化学的安定性が求められます。 šå½¢çŠ¶ã®é•ã„ では、この違いはどのようにして生じるのでしょうか。ここでは大きく分けて2つのメカニズムが関わっています。 リチウムイオン電池には内部インピーダンス(抵抗)があり、充電や …