単量体濃度の影響 セリウム塩濃度0.25%,重合時間 3時間;kps濃度 0.5 %,重合時間 2 時間とし,各々温度 50℃ におい 化学;ポリビニルアルコール・アクリル酸・メタクリル酸メチル共重合体 1-2)公定書・申請書への登録状況と使用実績 〇医薬品添加物規格;収載番号109120 (2012年12月新規収載) 〇日本MF登録;登録番号219MF20003 (Type F) 〇米国DMF登録;登録番号18033 ポリメタクリル酸メチル(pmma)に改質剤としてスチレン-メタクリル酸メチル-無水マレイン酸共重合(smm)を添加し相溶させることで,耐熱性が向上し,自動車のメーターパネル,光学フィルム,発光ダイオード用レンズなどに利用される。 メタクリル酸n-ブチル,イソブチル,sec-ブチルエステルに,広い温度範囲で,放射線重合,グリニャール試薬を触媒とする重合および過酸化ベンゾイルを触媒とする熱重合を試みた。n-ブチルエステルの放射線重合では,重合率がある値を越すと重合が加速され, ゲル効果が認められた。 道産材へのメタクリル酸メチルの注入および重合 第1図 材へのMMAの注入性 MMAの比重を0.944g/cm3(20℃)とする。 (a) 中片の重合率 (b) 端片の重合率(両端片の平均値) 重合温度70℃ BPO系は絶乾試片,HPOと無添加系は乾燥試 片使用 タクリル酸sec-ブチル, tert-ブチル,α-メチルベンジルを-78℃ から80℃ の温度範囲で過酸化ベンゾイル, γ線,グリニャール試薬を開始剤として重合させた。生成ポリマーをポリメタクリル酸メチルに誘導し,その立体規則性をIRとNMRスペクトルで決定した。 MMA(メチルメタクリレート)とは、アクリル樹脂系の材料です。 化学名は「Methyl Methacrylate(または Methyl-Metha-Acrylate)」で日本名は「メタクリル酸メチル」といいます。分子式は. 「メタクリル酸メチル, モノマー」。富士フイルム和光純薬株式会社は、試験研究用試薬・抗体の製造販売および各種受託サービスを行っています。先端技術の研究から、ライフサイエンス関連、有機合成用や環境測定用試薬まで、幅広い分野で多種多様なニーズに応えています。 いても調べ、単独重合性はないが、St、アクリル酸エステル類、 メタクリル酸エステル類等の各種モノマーとの共重合性があるこ とを報告した。Yamadaら7)はαブロモメチルアクリル酸エステル 存在下にMMAを始めとする各種モノマーをラジカル重合し付加 【課題】メタクリル酸メチル単独、またはメタクリル酸メチルを一成分とする単量体混合物を懸濁重合して、製膜時に優れた透明性、色味を有し、フィッシュアイ等の欠点が少ない優れたメタクリル系樹脂の製造方法を提供する。 連続重合法により合成したカルボキシル基含有マクロモノマ ー6)(tvdb-1)および、不飽和結合を持たない汎用分散安定 剤であるpvpを使用した分散重合も行った。tvdb-1はメタ クリロイル基に比べメタクリル酸エステルとの共重合性が低 リビング重合は阻害せず、ラジカル重合の併発を防ぐ。【解決手段】 式(1)の化合物、式(2)の重合開始剤、及び式(3)または式(4)の触媒を用い、酸素共存下でメタクリル酸メチル系単量体(混合物)をリビング重合する。【化1】 - メタクリル系樹脂の製造方法 - 特開平11−21306 - 特許情報 木質繊維へのメタクリル酸メチルのグラフト重合 第5図 過硫酸カリウムによるグラフト重合結果(濃度0.5%) 3. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 解重合の用語解説 - 重合反応の逆反応で,重合体が単量体に分解する反応をいう。高温になると重合反応の逆反応の速度が大となり解重合が起る。ポリ-α-メチルスチレンやポリメタクリル酸メチルのようなビニリデン型のポリマーは解重合が起りやすい。 3. 試料原料としてメタクリル酸メチル(MMA)、ポリメタクリル酸メチル(PMMA)、ラジカル重合開始剤、架橋剤(cross-linker)を混合した溶液を調整した。 メタクリル酸メチル:750 g (7.5 mol) ジメチルアミノエタノール:268 g (3.0 mol) Pb:12.4 g(0.06 mol) 反応温度:65~70℃ 反応時間:4.5時間 【蒸留精製】 留出温度:72℃/2.4 kPa~63.5℃/0.7 kPa; アクリル酸:1 L; 蒸留温度:103℃/20 kPa ポリアクリル酸エチル、ポリアクリル酸ブチルについて、誘導体化処理を行 いnmr にてエステル交換が生じないことを確認した(図4)。 図5 にアクリル酸/アクリル酸エチル2 元共重合体のメチルエステル化物 の熱分解gc-ms のクロマトゲラムを示す。 文献「メタクリル酸メチル,スチレン,およびアクリロニトリルからの共重合体のガラス転移温度 : 二元系共重合体」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。 す。ポリメタクリル酸メチル(MMA)のTg が約100℃、ポリアクリル酸メチルのTg が3℃と差がある のは、主鎖にバルキーなメチル基があるために、動きにくい構造であることから説明される。またm 数が ラジカル重合―メタクリル酸メチルのバルク(塊状)重合―MMA→aibn/( )→PMMAaibm(アゾビスイソブチロニトリル)の実験をしましたが、AIBNを用いたときの重合開始機構について屈曲矢印を用いて示すと、どのようになりますか??屈 【解決手段】 メタクリル酸メチル単位を主成分とする 重合体において、該重合体の重量平均分子量が8万〜4 0万であり、Z平均分子量を用いて求められる分岐点間 分子量が3万〜100万であることを特徴とするメタク リル酸メチル系重合体である。 天井温度(てんじょうおんど)() は、ポリマーがモノマーに戻る傾向の尺度である。 天井温度にあるポリマーは、その重合速度と解重合速度が釣り合った状態となる。 一般に、ポリマーの天井温度は、そのモノマーの立体障害と相関している(立体障害は天井温度の低下をもたらす)。 アクリル酸ブチル・スチレン・メタクリル酸メチル共重合体 ii 3 メタクリル酸メチルは基ポリマー構成成分に対して50%以下であること。 アクリル酸ブチル及びメタクリル酸メチルの合計は、基ポリマー構成成分に対して50% 以上であること。 10時間半減期の高い開始剤ほど、重合操作自体を高い温度で行う傾向があるので、重合温度が高くなると言うことも影響します。 また、bpoとaibnとの比較では、aibnは炭素原子がラジカルになっているのに対して、bpoは酸素原子がラジカルになっています。 第5章 メタクリル酸メチル-メタクリル酸t-ブチル二元共重合体の立体規則性 の定量解析 87 5-1 緒言 87 5-2 モデル共重合体の合成 87 5-3 主成分分析 ~単独重合体を主眼とした解析~ 91 5-4 共重合体の主成分分析と統計的二次元NMR による考察 95 重合は、モノマーの液滴中で進行し、粒子状のポリマーが得られる。モノマーとして、酢酸ビニル、スチレン、メタクリル酸メチルなどを用いて懸濁重合させると、真球状の粒子が得られるので、このような場合はパール重合と呼ばれる。 44 見は、メタクリル酸メチルやメタクリル酸エステルから得られたものである。メタクリル 45 酸メチルは、最初のステップとして、血清中のカルボキシルエステラーゼによりメタクリ 46 ル酸とメタノール … 48)ポリビニルアルコール・アクリル酸・メタクリル酸メチル共重合体 49)ポリビニルアルコール・ポリエチレングリコール・グラフトコポリマー 50)マレイン酸 51)D-マンニトール・カルメロース・結晶セルロース・クロスポビドン混合 物 CH 2 =C(CH 3)CO 2 CH 3. ル酸ドデシルを用いたmma とmaa の半回分乳化重合法[2] により合成した。 2.3 メタクリル酸メチルの乳化重合の操作法 mma の回分乳化重合反応にはガラス製攪拌槽型反応器を 用いた。反応器にイオン交換水,モノマー,高分子乳化剤水