映画『ダークナイト ライジング』でバットマンの終焉が伝説となる。 『ダークナイト ライジング』は、クリストファー・ノーラン監督によるバットマン三部作「ダークナイトトリロジー」の最終章です。 「ダークナイトトリロジー」最終章にして、最大の危機がゴッサムシティを襲います。 ジャンル: アクション, 監督:クリストファー・ノーラン シリーズの完結作『ダークナイト ライジング』。平和なのに悲しい世界から、最後にはバットマンらしい最高のラストを迎えてくれるような作品になっているので、前2作がお好きだった方にはぜひ観ていただきたい映画です!, 今回はそんな『ダークナイト ライジング』についての詳しい感想と解説をご紹介していきます。感想ではネタバレを含みますので、映画ご視聴前の方やネタバレを避けたい方はご注意ください!, ・これぞバットマン! ・シリーズの伏線・展開を受け継ぐ完結作! ・バットマン好きにはぜひ観ていただきたい映画!, ハービー・デントの死の真相を隠すために殺害容疑を被ったバットマンがゴッサムシティから姿を消して8年、ハービーの死後制定されたデント法のおかげでゴッサムシティには束の間の平和が訪れていました。, しかし、そんな平和な街に新たな脅威・ベインと名乗るマスクを付けた不気味な男と、突如ブルースの前に現れた美しく危険な泥棒・キャットウーマン。ブルースに憧れ、バットマンに戻ってきてほしいと願っている正義感溢れる警察官・ブレイクという新たな理解者が現れます。, 生きる気力を失ったことで表舞台から姿を消し、絶望に暮れて屋敷に引きこもるようになっていたブルースは待ち望んでいた悪の登場に、ついにバットマンへと戻る決心を固めますが…。, 今作では平和が訪れたものの、平和の立役者たちにとっては悲しい世界という独特な世界観で始まるので、切ない部分が多いしんみりしたストーリーになっていました。, しかし、最後には今までの全ての伏線を回収しながら盛り上がるハッピーエンドが用意されているので、シリーズを通して楽しめるような、さすがとしか言いようがない素晴らしいシリーズ完結作だったと思います!, 悪と戦い続けてやっとゴッサムシティに平和が訪れたのに、その平和のために戦ってくれた人々には悲しい現状が続いているというのが何とも切なくて、シリーズ3作目にして平和だけど悲しい世界になっていましたね。, 悪と戦い続けた正義の男・ゴードンは出世して人々から英雄と呼ばれているものの、警察内部では平和の世には不要な人物としてクビになりかけていて、仲の良かった家族は彼の元を離れていました…。, そして影からずっとゴッサムシティを守り続けてくれていたダークナイト(バットマン)はハービー殺害容疑で世間からは悪者認定されていますし、戦いによって負った傷のために片足に障がいが残って杖が必要な状態になり、部屋に引きこもりがちなために妙な噂ばかりが立ち、会社の利益も下がり気味という転落人生に…。, 何よりもレイチェルを失ってしまったことで、生きる気力すらも失ってしまっている状態というのが切なかったですね。, ゴッサムシティと街の人々の幸せのために戦い続け、やっと平和が訪れたのにどうしても守りたかった大切な人を失うことになり、街の人々は平和になった途端彼らを不用品のように扱い…何ともやり切れないものがありました。, 最終的には2人とも新たな理解者を得ることで幸せになるのですが、映画前半はなかなかに切なく悲しかったです。, 今作はブルースが世界に絶望した状態でバットマンとして戦おうとしていることで、アルフレッドにとっても切なくツラい選択たセリフが多いストーリーになっていましたね。, 自暴自棄のままバットマンに戻ろうとするアルフレッドに対して言った「ふっと顔を上げ前を見ると、そこにはあなたと、隣に奥様とそれにお子様もいらっしゃる。あなたも私も声は掛けない。でも分かるんです。あなたが幸せを掴んだと…。(ゴッサムに)戻ってはほしくなかった。」「あなたの幸せを願っていました。今もです。」というセリフ。, そして止まらないブルースを止めるためにシリーズ2作目の映画『ダークナイト』でレイチェルの手紙を燃やしたこと、その手紙の内容についても打ち明けたあとに言った「ご主人を怒らせた。執事としては失格です。」「産声をあげたあの日からずっとお仕えし、成長を見守ってきた…。でもこれであなたの命をお守りできるなら…私は本望です。」というセリフ。, 我が子同然のブルースをずっと見守り続けたアルフレッドにとって、ブルースが帰ってきた時に無事が確認できたこと、ウェイン家でまた一緒に生活ができるようになったことは喜びでもあったと思うのです。, しかしゴッサムに戻ること、バットマンを続けることはブルースにとって本当の幸せではないから、自分と共にいるよりもどこか遠くで幸せに暮らしていて欲しかったというセリフには、主従関係を超えた無償の愛・親子愛にも似た愛を感じられて何とも切なかったですね。, 今作はブルースの両親の代からウェイン家に仕え続け、両親が亡くなった後もブルースに寄り添い続けたという過去があるからこそ、ただただブルースの幸せを願っているというアルフレッドの気持ちに共感できて、余計に切なくて泣けてしまうようなセリフが多かったなと思います。, 今作では前作で死亡してしまったヒロイン・レイチェルとは全く違った、美しく危険なヴィランヒロイン、セリーナ・カイル(キャットウーマン)が登場します!, キャットウーマン役は、映画『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズの白の女王役でもお馴染みのアン・ハサウェイ。, 目鼻立ちのハッキリとしたお顔立ちが印象的なザ・美人!という雰囲気を持つ女優さんで、アニメ『ルパン三世』でいう所の不二子ちゃんのような、美しく危険な女泥棒というキャラクターがよく合っていたなと思います。, 使用人になりすまして自然に屋敷内に侵入し、指紋を取るだけでなくちゃっかりとブルースの母の形見であるネックレスを盗んだり、ネックレスを取り返しに来たブルースに負けてネックレスを奪われたものの、ちゃっかりホテルの預かり証を盗んで車を盗んだり…なかなかの食わせ物というか、大胆不敵な女泥棒という感じでした。, そして手癖は悪いけど根は優しい女性で、過去の自分を消して新しい人生を始めたいと思っていたり、敵だけど味方でもあるような絶妙なポジションでバットマンを導きながら時には支えていて、ヒロインとして魅力のあるキャラクターだったと思います。, 最終的にはシリーズ通して女運のなかったブルースが幸せに、そしてキャットウーマンが幸せになってくれて良かったなと安心するような、ほっこりするエンディングを迎えるのも良かったです。, バットマンシリーズの科学発明品を駆使したアクションは大好きなのですが…今作では「バットマン ビギンズ」と同じように肉体的なアクションがメインになっていますし、そのアクションも正直微妙だったかなと思います。, 効果音はオーバー気味に入れているのですが、パンチやキックのシーンを観てみると全く力が入っていないというか、カスッてすらいなさそうなのに打撃音だけがしっかりと入っているアクションがあって何ともシュールでした。, あくまでも映画ですから、相手にケガをさせないために力を抜く・実際には殴らないようにするというのはしょうがないことなのですが、だからといって力を抜き過ぎなのではないかなというアクションが多かったです。, 「バットマン ビギンズ」と比較してみると、変わらずカット割りは多いもののアップ過ぎずアクションが観やすい距離感で映されていましたし、アクションの時間も気持ち短くなっていたので全体的にスッキリしていて良かったと思います。, そして、キャットウーマンの長い足を駆使した蹴りのアクションや銃撃アクションは画面映えしていてキレイだし観やすいし、ムリして肉体的なアクションをするよりも迫力があって楽しめたので、その辺りのアクションは個人的に好きでした!, ダークナイトでバットモービルが破壊されてしまっため、今作から新しく登場した乗り物が空飛ぶ乗り物・バット!, 空を飛ぶ乗り物ということで飛行機・ヘリコプター系の形を想像していたのですが、そういった既存の乗り物では言い表せないような斬新な形をしていて、強いて言えばドローンのような形をしている乗り物でした。, 個人的には太めなタイヤとゴツめなフォルムが印象的なバットモービルとバイクの方が好きではあるのですが、バットの薄くて地球外の乗り物っぽい未知なフォルムもカッコよかったですね。, 初期形態が車、次にバイクバージョンが登場して最後が空飛ぶ乗り物バットと、バットマンの成長や変化に合わせて乗り物も変化していくのが面白くて、バットマンの科学発明品が好きな者としてはシリーズ通して心をくすぐられました。, 今作ではてっきりジョーカーとの戦いの続きが描かれていると思っていたのですが、ジョーカーとは違った新しい敵が登場し、新しいストーリーを展開しながらシリーズの伏線を回収し、最高のエンディングを迎えるような堂々たるシリーズ完結作になっていましたね。, 特に「バットマン ビギンズ」で登場したラーズ・アル・グール、影の同盟、デュカードがストーリーの中で密に絡んでいて、今作の展開の中で1作目の伏線を回収していきながら、どんでん返しも組み込まれていて面白いストーリーになっていました。, そしてバットマンのことに関してはダークナイトで登場したハービー・レイチェルのことが密に絡んできていて、シリーズ最後の作品にふさわしい、今までのシリーズでの展開・伏線を回収する見事な完結作だったと思います。, なので作品として面白い反面、前作までの2作品を観ておかないと理解出来ない部分が多いです。, ダークナイトの時にはシリーズ2作目からでも大体の内容は理解できたのですが、今作ではどんでん返しの部分にシリーズ作品が深く絡んできているため、2作品とも観ていないと何となくは理解できても面白さは半減してしまうと思います。, そして前2作品をすでに観ている方であれば、回収されていく伏線を懐かしみながらそんな風に展開していくのか!と驚かされ、最後まで楽しめるような作品になっているので、ぜひぜひ見ていただきたいと思います!, ブルースはアルフレッドの願い通り、バットマンを辞めてブルース・ウェインとしての幸せを掴み、キャットウーマンとしての過去を捨てたセリーナと外国で幸せに暮らしていて、それを旅行中に見掛けたアルフレッドは嬉しそうにしていて…アルフレッド好きとして涙が出そうなくらい嬉しいラストでした。, そして、警察を辞めたブレイクはバットマンと屋敷地下のアジトを引継ぎ、ゴッサムに新たなバットマンが現れたことでゴードンに笑顔が戻ります。, ブルースがバットマンでいることで悲しい過去を背負ってしまっていたことを思うと、バットマンが引き継がれていくことが幸せな道と言えるのかどうかは難しいところではあるのですが、少なくとも嬉しそうにしている人物が2人もいるわけですからハッピーエンドでいいのかなと思います。, 最後にブレイクがリフトに乗ってアジトに向かっていく演出には、トリハダがブワッと立ちましたね。, 映像的にカッコいいというだけでなく、ブルース・ウェインがバットマンを辞めても誰かがバットマンを引継ぎ、ゴッサムは永遠に守られ続けるという展開・ストーリーが、シリーズ完結作にピッタリなカッコいいラストだったと思います。, 今回はシリーズ3部作全て観てみた私が、個人的に面白いと感じた作品順に良かった点と合わせて解説していきたいと思います。, 個人的な意見ではありますが、1作品しか観たことないけど他の作品も面白いの?と悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!, 最初に観た作品だったので、自分の中でインパクトが大きかったというのもあるのかもしれませんが、ストーリー・敵・展開・アクション共にシリーズ内で最高の作品だったと思います。, ヒロインとの斬新な恋模様が面白かったというのもありますが、個人的にはシリーズ2作目という真ん中にあたる作品でありながら、シリーズ作品を観ていなくても内容を理解できて楽しめたというのが最大の魅力でしたね。, ラストやキャラクターたちとの出会いに関しては「バットマン ビギンズ」を観ていた方が理解しやすい部分もあったりするのですが、観ていなくても理解できるので特に問題はありませんでした。, 個人的にイチオシの映画なので、バットマンが気になるけど面白いのかなと思っている方、バットマンを知らないけど楽しめるかなと悩んでいる方にもおすすめしたい映画になっています!, シリーズ完結作ということで、シリーズ作品を観ていないと理解できない部分が多いというデメリットはありますが、その分シリーズの伏線を回収しながら展開がどんどん広がっていくストーリーのボリューム感と、最高にテンションの上がるエンディングが良かったです。, ダークナイトの敵・ジョーカーに比べると敵のインパクトが弱い感じはしますが、ジョーカーとは違った人情的な部分を追求したようなキャラクターになっているので、ジョーカーにはない魅力のある敵キャラだったと思います。, バットマンシリーズ最初の作品。シリーズ通して登場するキャラクターたちとの出会い・関係性が描かれていることで、その後のシリーズ内でのストーリー・セリフをさらに楽しむために必要な作品であるとは思うのですが、個人的には一番印象が薄いです。, シリーズ1作目と3作目で繋がっていたというのは面白いし、シリーズの中で重要な作品であるということは分かっているのですが、ダークナイト2作を観た後だと敵やストーリーの魅力が少し弱いように感じました。, ただ、「ダークナイト ライジング」を観ようと考えている方は、こちらを観ておかないと理解できない部分が多いので視聴しておくことをおすすめいたします!, 「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」内でのストーリーや隠されていた伏線を回収しながら、今作でそれらを展開しながら見事に昇華させるような、さすがシリーズ完結作!と思えるような魅力的な作品になっていました。, バットマンシリーズがお好きな方であれば、どんでん返しの展開からラストまで驚きながら楽しめるような作品になっているので、ぜひチェックしてみていただきたいです!, U-NEXTには見放題の邦画や洋画が多くあり、ポイントを使うことで最新の映画も見ることができます!, 毎月1,200円分のポイントを貰うことができるので、個人的に動画配信サービスの中でも一番おすすめです。, 無料のお試しキャンペーンがあり、無料期間中に解約することもできるので、まだ試していない方は是非どうぞ!, FILMEST(フィルメスト)は年に数百本近い映画を見てしまう様な、映画好きによる感想や解説、考察を紹介するサイトです。, 映画『ダークナイト ライジング』ネタバレ感想・解説!最高のラストを迎えるシリーズ完結作!, 『透明人間(2020)』ネタバレ感想・考察・解説!見えない恐怖、そのラスト・結末にゾワっとする, 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』ネタバレ感想・考察!エンドクレジットの意味、女性VS男性について, 『スペンサーコンフィデンシャル』ネタバレ感想・解説!ポストマローンも出演!続編はある?, 『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』ネタバレ感想・解説・考察!シンジに同情?監督に絶望を与えた問題作, 『エヴァンゲリオン新劇場版:破』ネタバレ感想・解説・考察!謎多きマリの正体って?エンタメエヴァの最高傑作. ダークナイトライジングでネタバレ質問ラストにトーマスウェイン孤児院がブルースの遺言でウェイン邸がトーマスウェイン孤児院になりましたよね?それでジョン・ブレイクがカバンを受け取ったのはそのトーマスウェイン孤児院なのかそれと 上映時間:165分 代表作:『バットマン ビギンズ』(2005) 『インセプション』(2010), 出演者:クリスチャン・ベール/吹替:壇 臣幸(ブルース・ウェイン/バットマン) バットマンの意志はロビンへと継承される. 『The Batman(原題)』の監督を務めるマット・リーヴスと主演のロバート・パティンソンが、2021年公開のバットマン単独映画の初映像を公開した。 映画『ダークナイト ライジング』のラストで、ブレイクが滝の裏に隠されたバットマンの基地に辿り着きました。 ブレイクの本名はロビン。バットマンについて多少詳しい方なら、この名前にピンときたこ … 代表作:『太陽の帝国』(1987)『リベリオン』(2002), 出演者:アン・ハサウェイ/吹替:園崎未恵(セリーナ・カイル/キャットウーマン) FANZA(DMM見放題chライト)とは? 月額料金やメリット、口コミ、評判を紹介, 【2020年版】動画配信サービスおすすめ9選を徹底比較!月額で見放題なVODをランキング形式で紹介, 【徹底レビュー】U-NEXT(ユーネクスト)の特徴とは?口コミや評判、人気のコンテンツ・おすすめ作品を解説【無料トライアルあり】, 【徹底レビュー】U-NEXTアダルトの特徴とは? 口コミ・評判、月額料金やメリットH-NEXTとの違いを解説, 【徹底レビュー】TSUTAYA TV/DISCAS(ツタヤディスカス)の特徴とは?口コミや評判、人気のコンテンツ・おすすめ作品を解説【無料トライアルあり】, Disney+(ディズニープラス)のメリット・デメリット、口コミ・評判、コンテンツ一覧を徹底解説【マーベル・スター・ウォーズ好き必見】, AV定額見放題サービスおすすめ7選を徹底比較。アダルト動画配信で人気のVODをランキング形式で紹介, 【徹底考察】『デッドプール2』(2018)の日本人キャスト「ユキオ」や「ドミノ」ラストや海外の反応を解説!, 映画『ペイ・フォワード 可能の王国』(2000)の考察と感想、ラストで主人公は死ぬ?, 映画『セブン・シスターズ』(2017)の解説と考察、7つ子はなぜ曜日の名前?「水曜日が消えた」に類似している?, 【徹底考察】映画『LOGAN ローガン』(2017)の時系列や続編、子役ローラの謎を解説, 【考察・解説】『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』(2019)の意味とは?なぜ高い評価を受けた?, 真実の口やラストシーンも印象的な名作! 映画『ローマの休日』(1953)の感想とその後の考察と解説【あらすじ、感想、ネタバレあり】. 彼女はロビンになりバットマンの窮地を救い、彼に受け入れられた。彼女は初の孤児ではない女性のロビンや生活保護者のロビンだった。 『ダークナイト・ライジング』のラストではバットマンの銅像が立 … 『ダークナイト・ライジング』のラストシーン、なぜアルフレッドはピンポイントでブルース・ウェインと再会することができたのか? という疑問についての解説です。 これは簡単です。 →ブルースの母の形見のネックレスのgps発信情報を追ってきたから。 © 2020 MINORITY HERO All rights reserved. 原作や過去の実写映画、アニメ作品などで バットマンのサイドキック(相棒)として名高いロビン は、『ダークナイト ライジング』(2012)では警察官ジョン・ブレイクとして登場します。 『ダークナイト・ライジング』のラストではバットマンの銅像が立てられました。バットマンは街の象徴となったのです。バットマンが救ってくれたゴッサムをいつまでも守っていこうと市民は奮起するわ … バットマンダークナイト3部作の最終話にして、傑作とも言える本作ですが、お金をかけずに見られるのならそれに越したことはないですよね。 代表作:『プリティ・プリンセス』(2001) 『プラダを着た悪魔』(2006), 隠遁生活を送るブルース・ウェインと執事アルフレッド© 2012 - WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC, 地方検事ハーヴィー・デントの死によって定められたデント法により、ゴッサム・シティの組織犯罪は根絶されようとしていた。, しかしベインと名乗る謎のテロリストの登場により、街の状況は一変し、再び大混乱が巻き起こる。, 市警本部長ジム・ゴードンや警官ジョン・ブレイクの協力を得て、ブルース・ウェインは再びバットマンとして立ち上がる決意をするが……。, 最強の敵ベイン© 2012 - WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC, 本作のメインヴィランであるベインは、明確な目的と優れた知性、そして圧倒的な力を有する強敵です。, 原作でのベインは、初登場こそ1993年と遅いものの、バットマンの背骨をへし折ったことで、「コウモリを破壊した男」として有名になりました。, しばらくの引退生活を余儀なくされたバットマンにとって、ベインは因縁の宿敵とも言える人物であり、ダークナイト・トリロジーの終幕を飾るに相応しいヴィランであると言えるでしょう。, 圧倒的な力を持つベインとの戦いで、背骨に大ダメージを負い(原作ではへし折られています)、まさかの敗北を喫したバットマン。, 「奈落」と呼ばれる地下の監獄にて、治療師の荒療治(患部にパンチ!)で背骨を回復させたバットマンは、再び地上に這い上がろうとします。, このシークエンスはトリロジー第1作目である『バットマン ビギンズ』(2005)におけるブルース・ウェインの父トーマスの、, というトリロジー全体のテーマを表す言葉に対応しており、1作目からのファンは巧妙なプロットに唸らせられました。, 原作や過去の実写映画、アニメ作品などでバットマンのサイドキック(相棒)として名高いロビンは、『ダークナイト ライジング』(2012)では警察官ジョン・ブレイクとして登場します。, ジョン・ブレイクの本名がロビンであることは物語の最後(つまりトリロジー全体の最後)に明かされ、往年のファンにとっては嬉しいサプライズとなりました。, 『バットマン ビギンズ』(2005)を第1作として、バットマン伝説の始まりから終焉までを描いたダークナイト・トリロジー。, 『ダークナイト ライジング』(2012)は、バットマンの意志を継ぐ新たなヒーロー、ロビンの「ビギンズ」でもあるのです。, 警察官ジョン・ブレイク© 2012 - WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC, 少年時代、目の前で両親を強盗に殺されたことで、生涯を犯罪との戦いに費やすことを決意しました。, スーパーマンを始めとする多くのアメコミヒーローと異なり、バットマンは特殊な能力を持っていない、普通の人間です。, バットマンの武器は、人間として極限まで鍛えられた身体能力でも、世界トップレベルの財力でもありません。, 原作で「世界最高の探偵」の異名を持つことからわかるように、バットマンの最大の武器は卓越した捜査能力や洞察能力といった知性であり、スーパーマンでさえ、バットマンに勝利することは簡単ではない、とされています。, ジョーカーは本作に登場しませんが、本作の状況設定を語る上で外せない人物なので、紹介しておきます。, バットマンと対の存在とも言えるジョーカーは、前作『ダークナイト』(2008)に登場し、バットマンを苦しめました。, ゴッサム・シティの希望の星であった地方検事ハーヴィー・デントに接触し、その高潔な人格を邪悪なトゥーフェイスへと変貌させたことが、本作でバットマンが隠遁生活を送っている原因となっています。, 前作のラストでは生存していましたが、8年が経過した『ダークナイト ライジング』(2012)では存在に触れられることはありませんでした。, ジョーカーを演じたヒース・レジャーが故人となっているためとも考えられますが、端役としてではキャラクターが強すぎるので、一切登場させなかったノーラン監督の判断は英断だったと言えるでしょう。, 一介の警官でありながら、優れた観察眼により、バットマンの正体がブルース・ウェインであることを見抜きます。, システムにとらわれざるを得ない警察官という立場に限界を感じ、バッジを捨てたロビン・ジョン・ブレイクがバットマンの跡を継ぐであろうことを示唆して、ダークナイト・トリロジーは幕を降ろしました。, 特に、2代目のロビンであるジェイソン・トッドは、ジョーカーにより鉄パイプで滅多打ちにされたうえに爆殺されるという、悲劇的な最期を遂げています。, 本作では、無政府状態となったゴッサム・シティにおいて、犯罪者に対し「投獄か、追放か」を選ばせるデント法の意趣返しとして、捕らえた警察官に対し「死か、追放か」の決断を迫りました。, 原作では意外にも初登場は1941年と、バットマンの主要なヴィランの中では最古参のひとり。, また、高い評価を得ているバットマンのゲーム「アーカム・シリーズ」の最終章、『バットマン アーカム・ナイト』(2015)では、メインストーリーのボスを務めています。, 本作では、強大な力を持った謎のテロリストとして描かれ、ゴッサム・シティのかりそめの平和を破壊し、無政府状態を作りだしました。, 若き日のブルース・ウェインが、戦闘技術を身につけるために師事した「影の同盟」の兄弟子とも言える存在で、戦闘能力において、バットマンを圧倒的に上回ります。, 原作ではヴェノムという筋力を増強させる薬品の中毒となっており、強大なパワーを有するほか、いくつもの言語を操り、推理のみでバットマンの正体を見破るなど、高い知能を持つ強敵です。, また、事情によっては時にはバットマンと共闘することもあり、ジョーカーのような完全な悪ではないところも魅力的なキャラクターだと言えるでしょう。, バットマンの実写映画で登場するのは本作が2度目であり、『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(1997)でポイズン・アイビーに従う囚人として登場しています。, しかし単純なパワータイプの脇役として描かれ、知性のかけらも感じさせないその姿は、ファンから手厳しい評価を受けました。, ゴッサム・シティを核の爆発から守るため、バットマンは空を駆けるマシン、バットを使い、爆弾を街から沖まで運び、バットもろとも爆発させます。, バットマン=ブルース・ウェインの犠牲によってゴッサム・シティは救われ、彼の正体を知る一部の人物によりブルースの葬儀が行われますが、実はバットの自動操縦機能がブルース・ウェインによって、半年前に完成されていたことが明かされました。, 物語のラストで執事のアルフレッドが、フィレンツェでセリーナとともに過ごすブルースを見ていますが、アルフレッドが願望からくる白昼夢を見ているとする意見もあり、劇中ではブルースの死亡、生存については明言されていません。, バットの自動操縦機能が、ブルースの手により完成されていたことは劇中で明らかになりましたが、脱出方法については触れられることはありませんでした。, ファンの間ではバットマン死亡説、生存説がともに論じられましたが、脱出方法については、意外なところにヒントが隠されていたのです。, 本作公開後にアメリカで発売されたバットのおもちゃには、操縦者が脱出できる装置がついていました。, バットマンはバット脱出後に、自動操縦を使って爆弾を沖に運んだ説が有力となり、生存説が真実味を帯びることとなったのです。, 映画とは直接に関係のないところで、バットマンの脱出方法についてひとつの解答を示したのは、心憎い演出と言えます。, キャットウーマンことセリーナ・カイル© 2012 - WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC, 『ダークナイト ライジング』(2012)の評価を高評価の意見と低評価の意見に分け、それぞれの理由と合わせて紹介していきます。, ダークナイト・トリロジーの最終章を飾るだけあり、これまでの作品を踏まえたストーリー展開は、高く評価されています。, ブルース・ウェインが、ロビンという新世代のヒーローにゴッサム・シティの未来を託し、セリーナ・カイルとともに自分の人生を取り戻すというエンディングは、深い余韻を残しました。, 前作『ダークナイト』(2008)のヴィランであったジョーカーがあまりにも強烈な印象を持っていたため、本作のベインの敵としてのあり方に不満を感じるという意見が多いようです。, 特に終盤、弱点であるマスクが外れてからは弱体化が顕著で、あっさりとキャットウーマンの攻撃により死を迎えてしまいます。, また、昼でなければならないはずのシーンが急に夜になっているなど、演出面での粗さも目立ちました。, 人生の余暇を楽しむブルーストセリーナ© 2012 - WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC, 前作『ダークナイト』(2008)が、ひとつの映画として群を抜いた完成度を誇っていたため、続編である『ダークナイト ライジング』(2012)では賛否両論が巻き起こりました。, しかし本作の完成度が高かったからこそ、ダークナイト・トリロジー全体が非常に高い評価を受けていることは、間違いないでしょう。, クリストファー・ノーラン監督のバットマンは完結しましたが、DCコミックスのヒーローやヴィランが一堂に会するDCエクステンデッド・ユニバースは継続中であり、予定されているバットマンの単独映画も含めて、今後の展開から目が離せません。, 前作『ダークナイト』(2008)のあらすじとネタバレを含む、詳しい感想や解説を知りたい方はこちら↓, 本作の他にもアクション映画のおすすめをランキング形式で紹介していますので、合わせてチェックしてみてください!. 三作目の「ダークナイト・ライジング」のラストは、アメコミファンがニヤリとしてしまうものでした。 ゴッサムシティの若き警官ジョン・ブレイクはバットマンの秘密基地にたどり着くわけですが、果たして彼はあの後どうすると思いますか? サーカスの花形、空中ブランコで名を馳せたグレイソン一家の子供にして天才的なアクロバットの才能を持つリチャード・”ディック”・グレイソンは公演の最中に目の前で両親が殺されてしまいます。犯罪によって幸せな日々から絶望に突き落とされたディックに自分と同じものを感じ取ったブルース・ウェインは相手の強い希望もあって、ディック・グレイソンをロビンというクライムファイターに育てることにします。サーカス育ちだからか天性の陽気さを持つディックの存在は終わりなき戦いに身を投じ … 『複製された男』(2013)は、ある日、自分と瓜二つの男の存在を知るというカナダ・スペイン合作のサスペンススリラー映画です。 監督はドゥニ・... 落ち込んだ時や日々の生活に疲れたとき、気軽に観れて明るくなれるのがコメディ映画! 今回は、人気の名作から、最新作まで合わせてコメディ映画のお... PC画面上で展開される映画『search/サーチ』(2018)の考察と伏線・結末の解説【最後まで目が離せない】. バットマン(アメコミ フィギュア)の新品・未使用品・中古品なら、ヤフオク!。ヤフオク!は常時約5,000万点以上の商品数を誇る、誰でもかんたんに売り買いが楽しめるサービスです。圧倒的人気オークションに加え、フリマ出品ですぐ売れる、買える商品もたくさん! 日本を代表する映画監督である是枝裕和による映画『そして父になる』(2013)。 歌手・俳優として人気の高い福山雅治の是枝作品初主演作としても... コーエン兄弟による乾いたジョークを堪能! 映画『ファーゴ』(1996)の舞台や登場人物の解説と内容の考察【あらすじ、感想、ネタバレあり】. 地方検事のハービー・デントの死から8年。 デント法によりゴッサム・シティ警察はほぼ全ての組織犯罪を根絶した。 一方、バットマンに扮しゴッサムの不正と戦ってきたブルース・ウェインはデントの犯した罪をかぶりバットマンとしての活動から引退、ウェイン産業の職務からも遠退いていた。 そんな状況の中、ウェイン産業の役員で会社の乗っ取りを企むジョン・ダゲットの依頼によりウェインの自宅にメイドとして潜入し … 公開から66年経った今でも世代を越えて語り継がれる不朽の名作『ローマの休日』(1953)。 『ローマの休日』というタイトルを知らない人はいな... 【難しい?】『複製された男』(2013)の考察と解説、ラストの蜘蛛の正体や意味・二重人格についての解釈. ゴードンが、バットマンライトを嬉しそうに撫でている場面があったので、これからのゴッサムは、新しいバットマンが守ってくれるのかなって思ったのですが・・・。で、新しいバットマンに、あの孤児院に居た男の子がロビンとして活躍。 どうも、こんにちは。ぐっさん(@gussanchi0123)です。こちらの記事ではダークナイトライジングを無料視聴できる3つの方法をご紹介します。. バットマンシリーズ最終章となるクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト ライジング』は、ミランダやベインなどの強力なキャラが暴れまくる快作ですが、よく考えるとおかしな場面がチラホラと…。気になるラストシーンまでネタバレ全開で解説します! 映画「ダークナイトライジング 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。ダークナイトライジング のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。 『トゥルー・グリット』(2010)や『バーン・アフター・リーディング』(2008)などのコーエン兄弟の代表作である映画『ファーゴ』(1996... 【育児を学ぶ】『タリーと私の秘密の時間』(2018)の意味や結末の考察と役作りや原題・伏線の解説!, 『スケアリーストリーズ 怖い本』(2019)の評価やラストの解説と考察【原作挿絵の画像あり】, 魅力的なキャストと楽曲、憧れが詰まった映画『クレイジー・リッチ!』の魅力を解説!【あらすじ・感想・ネタバレあり】, 【意味不明?】『アメリカン・ビューティー』(1999)の評価の紹介と感想・考察【ネタバレあり】, マーベル映画始まりの作品! 映画『アイアンマン』(2008)の内容や登場人物・スーツの性能などを解説【あらすじ、感想、ネタバレあり】, タランティーノ監督伝説のデビュー作『レザボア・ドッグス』(1992)の意味や評価の解説と内容の考察【あらすじ、感想、ネタバレあり】, 映画『性の劇薬』(2020)の考察と結末!原作との違いやBLを題材とした性描写を解説【過激シーンあり】, 登場人物が原作と違う? 映画『ダークナイト ライジング』(2012)を評価と考察を交えて解説【あらすじ、感想、ネタバレあり】, 【ネタバレあり】『ダークナイト ライジング』(2012)の登場人物を原作との違いを交えて解説, 強大なパワーを有するほか、いくつもの言語を操り、推理のみでバットマンの正体を見破るなど、高い知能を持つ強敵, セリーナ・カイルとともに自分の人生を取り戻すというエンディングは、深い余韻を残しました, の完成度が高かったからこそ、ダークナイト・トリロジー全体が非常に高い評価を受けている, 映画『ダークナイト』(2008)はなぜ人気? ラストの考察と最凶の悪役ジョーカーの魅力について評価とともに解説!【あらすじ、感想、ネタバレあり】, 【邦画】恋愛映画のおすすめランキング20選。シチュエーション別に楽しめる名作を紹介!, 豪華キャストの競演と痛快アクションで魅了する! 映画『エクスペンダブルズ』(2010)のあらすじと感想をネタバレありで紹介!. クリストファー・ノーラン監督によるダークナイト・トリロジーの最終章として製作された『ダークナイト ライジング』(2012)。, オープニング3日間での興行収入では、前作の『ダークナイト』(2008)を上回り、当時の2D映画最高のオープニング記録を樹立しました。, ロビンやキャットウーマンなどの新たな登場人物を迎え、トリロジーの最後を締めくくるに相応しい作品となった『ダークナイト ライジング』(2012)の魅力と感想を、ネタバレありで語っていきます。, 目次1 『ダークナイト ライジング』(2012)の作品情報とキャスト1.1 作品情報1.2 監督とキャスト2 『ダークナイト ライジング』(2012 )のあらすじ3 【ネタバレあり】『ダークナイト ライジング』(2012)を感想と考察3.1 『ダークナイト ライジング』(2012)における因縁の宿敵ベイン3.2 バットマンの敗北と復活を描く3.3 バットマンの意志はロビンへと継承される4 【ネタバレあり】『ダークナイト ライジング』(2012)の登場人物を原作との違いを交えて解説4.1 登場人物①:バットマン4.2 登場人物②:ジョーカー4.3 登場人物③:ロビン4.4 登場人物④:スケアクロウ4.5 登場人物⑤:ベイン5 【ネタバレあり】『ダークナイト ライジング』(2012)のラストを考察5.1 バットマンは死んだのか5.2 脱出方法の答えはおもちゃの中に6 【ネタバレあり】『ダークナイト ライジング』(2012)の評価は?6.1 高評価の意見を紹介6.2 低評価の意見を紹介7 『ダークナイト ライジング』(2012)のまとめ, 原題:The Dark Knight Rises 『ダークナイト ライジング』(原題: The Dark Knight Rises)は、2012年公開のアメリカ合衆国・イギリス共同製作によるスーパーヒーロー映画。 北米では ワーナー・ブラザース 配給で 2012年 7月20日 に公開された [4] [5] 。 全てのストーリーがパソコンのPC画面(モニター)内だけで行われる『search/サーチ』(2018)。 本作品はアニーシュ・チャガンティ監督... 過ごした時間か、血縁か? 是枝監督作『そして父になる』(2013)のキャストや元ネタ・原作を解説【あらすじ、感想、ネタバレあり】. とりあえずバットマンが役者が変わってリメイクのような形で作られていますが、正直クリスチャン・ベールのバットマンがいちばんです。 映画「ダークナイト・ライジング」無料で見る方法は? 映画「ダークナイト・ライジング」 を見てみたいあなたへ。 年製作国:アメリカ・イギリス クリスチャン・ベール公式Instagramアカウント(@christianbale_)より 『ダークナイト トリロジー』とは、クリストファー・ノーラン監督が手がけるバットマンシリーズ3部作『バットマンビギンズ(2005年)』、『ダークナイト(2008年)』、『ダークナイト ライジング(2012年)』のこと。 なぜ億万長者ブルース・ウェインがバットマンスーツを身に纏い、ゴッサム・シティーに蔓延る犯罪と闘うようになったのか。財力・テクノロジーの恩恵と肉体改造だけを頼りに街を守り続ける信念は何な … バットマンシリーズ第4弾『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲(1997年)』を観ました。前回と同じジョエル・シュマッカー監督。あのシュワルツネッカーが悪役で登場します。ユマ・サーマンもなかなかな見もの。ロビンとバットガールが登場。あらすじ・感想・考察。 「ダークナイト」三部作にして最終章となった『ダークナイト ライジング』。言うまでもなく世界中を熱狂の渦に巻き込み大ヒットしました。映画には知らない方が多い事実がたくさん。今回は厳選して19の知られていない事実を大紹介! ロビンがイラスト付きでわかる! ロビンとは複数のキャラクターの名前。ロバートの愛称形でもある。英語で普通名詞としては「コマドリ」を意味する。 曖昧さ回避 キャラクター・人物名 +週刊少年ジャンプ連載の作品、onepieceに登場するキャラクター、ニコ・ロビンに関するイラストタグ。 映画『ダークナイト ライジング』ネタバレ感想・解説を紹介しています!「ダークナイト ライジング」は最高のラストを迎えるバットマンシリーズの完結作でした。この記事ではバットマンシリーズ3部作を面白い順に解説します。 製作年:2012年 2012年に公開された「バットマン ダークナイト ライジング」のあらすじ・ネタバレ!なぜバットマンはそうしたのか。衝撃のラストも考察しました。「ダークナイト トリロジー」の完結、ラストまでヒーローであったバットマンを描いた「ダークナイト 2005年からスタートしたノーラン監督のダークナイトトリロジー3部作。その最終章となるのが映画『ダークナイト ライジング』。今日はこの『ダークナイト ライジング』について感想を交えながら作品紹介を行なっていきます。 ロビン(Robin)は、DCコミックスの出版するアメリカンコミック『バットマン』に登場する架空のスーパーヒーロー。 バットマンのサイドキック。 ボブ・ケイン、ビル・フィンガー、ジェリー・ロビンソンによって創造され、1940年に登場した。