シャーロック・ホームズでワトソンとの関係はどうだった? 「ミス・シャーロック」では百合設定で盛り上がっている視聴者ですが、 元のシャーロックとワトソンはどういう関係だったのか気になりますよね。 今回は、憂国のモリアーティに登場する、 シャーロック・ホームズ についてご紹介します。 ウィリアムのライバルであり、犯罪卿の正体を探る名探偵! そんな シャーロックの魅力 について、 かっこいいシーン やウィリアムやワトソンといったキャラたちとの関係とともに解説していきます。 2019/2/5 「初歩的なことだよ、ワトソン君」は原作に出てこない?など、シャーロック・ホームズに関する“よくある”13の誤解をご紹介。ホームズの真実を知っていますか? ジョン・H・ワトスン (John H. Watson) は、アーサー・コナン・ドイルの推理小説『シャーロック・ホームズシリーズ』の登場人物。軍医を経た後開業医となった。名探偵シャーロック・ホームズの友人であり 、伝記作家。ホームズシリーズのほとんどの作品は彼を語り手としており、その物語を綴ったことにもなっている 。日本語ではワトソンと表記されることも多い。 世界で一番笑えると言われるジョークの1つに、シャーロック・ホームズが元ネタのジョークが存在する。 もとは英国のさる所が作ったジョークで、ネットに広がるうちに色々と改変されていった。 ちょっと古いやつとはいえ、これがなかなか秀逸なのだ。 ホームズとワトソンの名コンビは、「シャーロック・ホームズ」の名物でもありますが、ドラマでもそのいいコンビっぷりが発揮されていますよね。 一方は背が高くてもう一方は低い、という風に外見がち … 英国の作家、アーサー・コナン・ドイルが発表した作品群・シャーロックホームズシリーズに登場する探偵。初出は1887年発表の『緋色の研究』。 世界でもっとも有名な探偵の一人であり、ホームズ自身の名が、推理小説における『名探偵』の代名詞としても使われる。 推理小説そのものはエドガー・アラン・ポーがその先鞭をつけたが、このホームズの登場とその人気によって、「探偵が難事件を解決する」という『探偵物』の様式が確立した。その結果、探偵物を含む推理小説が、大衆の読み物としての … ホームズ・シリーズのおもしろさはあらためていうまでもないと思います。少年少女向けに訳されたこのシリーズではそのシンプルもあってでしょうか、ワトソンとホームズの関係がくっきりと浮きぼりにされていてとても気になりました。 そして、もう一つ驚くのはシャーロック・ホームズシリーズの著者コナン・ドイルとも血縁関係にあるようなのです! 運命的なものを感じます…。 トリビア4 - ジョン・ワトソンの奇怪な足の負傷はコナン・ドイルの原作へのオマージュ! 今回はホームズとワトソン(ワトスン)の関係を詳しく解説します。ワトソンはホームズの相棒です。しかし、彼は天才的な名探偵の単なるお手伝いではありません。実はホームズに匹敵するような存在です。ワトソンがいなければホームズもいなかった。 ホームズとワトソンは本作で男性・女性という異性同士で登場するも、その関係性は原作どおり。 共同生活のなか友情を育み、見ている者をドキドキさせてくれる。 シャーロック・ホームズが下宿している、ベイカー街221-Bの管理をしているおばさんである。 原作者コナン・ドイルはその辺の細かい設定が頭に入ってないらしく、ものすごく時々ではあるが「ターナー夫人」になる。けっこう設定がいい加減なのはよくあることである。 ホームズ復活編である『空家の冒険』の原稿にも、そう書いてあったのだが、印刷されたのはちゃんと「ハドソン」になっていた。 よく読むと、下宿で働くおばさんは、「老婆」「厨房係」「ハドソンさん」の三人いる可能性がある … シャーロック・ホームズ (Sherlock Holmes) は、19世紀後半に活躍したイギリスの小説家・アーサー・コナン・ドイルの創作した 、シャーロック・ホームズシリーズの主人公である、架空の探偵。. シャーロックのキャスト・相関図を画像付きで紹介していきます!顔面最強な名探偵シャーロックホームズをディーンフジオカ、その相棒のワトソンを岩田剛典が演じることで話題のシャーロックのキャスト相関図をみていきましょう! 『最後の事件』収録/出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4102134034/ 頭脳明晰な犯罪者の代名詞として、ホームズファンでなくとも一度はその名前を聞いたことがあるであろう、モリアーティ教授。しかし実は、彼が登場するコナン・ドイル作品は、わずか6作品のみなのです。 モリアーティが初めて登場するのは、1893年にドイルがイギリスの雑誌『ストランド・マガジン』に書き下ろした短編小説『最後の事件』。この作品の … 様々なものの歴史や由来、また言葉の意味などなぜそうなったのか?ということを探っていくサイトです。, 2019/1/5 サー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズに登場する。 フルネームの「H」は、妻に「ジェームズ」と呼ばれた事があるため、「ジェームズ」と同じ意味の「ヘイミッシュ」だと推測されている。 シャーロック・ホームズとともに、メアリ・モースタンと結婚(「四つの署名」)まで221Bに同居し、生活をしていた。元軍医で第二次アフガニスタン戦争で、肩(足という説もある)を負傷し、本国へ送還されたあと、スタンフォードに紹介され、シャーロック・ホームズとの生活に至った。ホーム … ジョン・H・ワトスン (John H. Watson) は、アーサー・コナン・ドイルの推理小説『シャーロック・ホームズシリーズ』の登場人物。軍医を経た後開業医となった。名探偵シャーロック・ホームズの友人であり[1]、伝記作家。ホームズシリーズのほとんどの作品は彼を語り手としており、その物語を綴ったことにもなっている[2]。日本語ではワトソンと表記されることも多い。, 少年時代を家族と共にオーストラリアで過ごす。ロンドン大学卒業後、聖トーマス病院に入って医学博士号を取得、第二次アフガン戦争に軍医として従軍し、英軍が敗れたマイワンドの戦い(英語版)で負傷した[3]。傷病兵として本国に送還され、ロンドンで下宿を探していた際、友人のスタンフォードにホームズを紹介され、ロンドンのベーカー街221Bで共同生活を始めるようになる。当初はホームズの行動に対して懐疑的だったが、『緋色の研究』事件においてホームズと共に事件に関わり、ホームズの探偵としての姿を目の当たりにすることとなる。そして、ホームズが事件を見事に解決したにもかかわらず、その手柄をレストレード警部らに全て取られる形となったことを(ホームズ自身は気にしていないが)不満に思ったワトスンは、ホームズの活躍をいずれ物語として世に発表することを宣言する。, 『四つの署名』事件で知り合ったメアリー・モースタン と結婚し、一旦ベイカー街を出たが、『空き家の冒険』の後でホームズとの共同生活に戻っている。その理由として、メアリーとの離婚、あるいは死別等諸説があるが、ワトスン自身が「悲しい別離」と語っていることから、死別であったとする説が一般的である。いくつかの事件の年代と結婚についての記述が矛盾することや、ずっと後年の『白面の兵士』ではワトスンが妻のためにホームズと別居していたという記述があることから、メアリーとの結婚が終わった後にメアリー以外の女性と再婚していたとする説もある。, 『四つの署名』で、父親の名前の頭文字がHであり、物語で描かれた時期よりかなり前に亡くなったことや、兄がいたことが語られている。, ワトスンのファーストネーム「ジョン (John)」については、妻が「ジェームズ (James)」と呼びかける場面(『唇のねじれた男』)があり、ホームズ研究者(シャーロキアン)たちを悩ませてきた。1943年にドロシー・セイヤーズが「ドクター・ワトソンの洗礼名」を発表し、ミドルネームのHは「ジェームズ」のスコットランドにおける異形である「ヘイミッシュ (Hamish)」なのであろう、という解決策を提示している。そして、なぜ妻がジョンと呼ばなかったかについては、彼女の父親の死に関係したジョン・ショルトー少佐 (Major John Sholto) と同じ名であるため、嫌ったのだとしている[4]。, 当人が『四つの署名』で記述しているところでは、「三大陸にまたがる女性遍歴」を持つ。この「三大陸」はアフガニスタンへの従軍経験を持つことなどから、「アジア・アフリカ・ヨーロッパ」のこととする見方が強いが、(少年時代を過ごした)オーストラリアを含める説や、当人が語っていないだけで、アメリカ大陸へ渡った時期もあるのではないかとする説もある。ホームズも「女性は君の領分だ」(『第二の汚点』)と認めたほどだったが、(少なくとも当人の一人称による作中では)本人が豪語するほど「女たらし」な一面は描かれていない。, ワトスンは、『空き家の冒険』で死んだはずのホームズと再会した際に、初めて気を失ったとされている。, ホームズに比べれば能力が見劣りするとはいえ、コナン・ドイルはワトスンを愚鈍な人物としては描いていない。ホームズは何度も、ワトスンの勇気や能力を賞賛する言葉を口にしており、ホームズはある意味でワトスンに依存していたと見る向きもある。そして、ホームズと対比するとワトスンは実直な常識人として描かれており、職業とも相まって大半の読者から受け入れられる人物像といえる。, 『高名な依頼人』事件においては、ホームズの指示で短期間に中国の陶磁器について猛勉強し、陶器の権威であるグルーナー男爵と対峙しても、ある程度の受け答えが可能となる水準にまで知識を高めている(最終的にはスパイであることを見破られてしまうが、これはホームズの計算通りの出来事であった)。また、時にはホームズに調査を頼まれることもあり、ほとんどの場合は後々ホームズに駄目出しをされてしまうものの、『バスカヴィル家の犬』では偶然とはいえホームズの隠れ家を探し出し、ワトスンが送った報告書もホームズが感心するほど詳細なものであった。『隠居絵具師』事件では、依頼人アンバリー氏の持っていた演劇の切符の座席番号を(自分の少年時代と関わりのある番号だったためではあるが)確認しており、「満点だ」とホームズに言わしめている。『悪魔の足』では毒物の効果を自ら確かめる実験をホームズと行った際に、毒物の影響で朦朧としながらも目の前のホームズが危険な状態だと悟ると彼を連れて外へ脱出した。『瀕死の探偵』では、ホームズはワトスンの医者としての腕も評価しており、仮病と悟られないために辛辣な言葉を使って近寄らせないようにした。, ホームズはワトスンに対してもそっけない態度をとることが多く、ワトスンも自身をホームズが円滑に推理を行うための道具の一つとまで発言したことがある。しかし、『三人ガリデブ』でワトスンが殺し屋エヴァンズに撃たれたときには、ホームズはひどく動揺した様子でワトスンに安否を尋ね、エヴァンズに対して「もしワトスンが死んでいたら、お前を殺すところだった」と言い放った。また、『悪魔の足』でも、毒物の効果を確かめる実験に付き合わせたことに対して、謝罪と感謝の言葉をかけ、彼を感動させている。さらに、『最後の事件』では、遺書として書いた手紙の中で、自身の事を「(ワトスンの)真実の友 シャーロック・ホームズ」と書いている。更にホームズは、『白面の兵士』にて、ワトスンが結婚して同居を解消したことに対して、「私たちの付き合いの中で、これがワトスンの唯一の自分本位の行動だった」「私は一人ぼっちだった」と複雑な心境を語っている。, なお、軍医時代の軍用拳銃(型式名称は不明。19世紀の物語なので、回転式拳銃であることは確実。自動拳銃は20世紀に入ってから発明された)を所持し続け(『赤毛組合』)、危険な事件の際にはホームズの身を案じて携行することもあった。ワトスン自身は、ホームズは一度事件に没頭すると身の安全も顧みない男だったので、自分の拳銃でその窮地を救ったことは「一度や二度ではない」(『ソア橋』)と書いている。その「ソア橋」事件においては、ワトソンの拳銃がトリックの再現に役立っている。本編中での発砲シーンは「四つの署名」(ホームズと同時に発砲。撃たれたトンガは死亡したが、どちらの弾が致命傷になったかは不明)、「バスカヴィル家の犬」(命中したかどうかは不明)、「ぶな屋敷」(犬の頭を撃ち抜いてる)。その他にも「空き家の冒険」でホームズの喉を掴んだ犯人の頭を拳銃の尻で殴ったり、「ブラック・ピーター」でホームズと格闘する犯人のこめかみに銃を突きつけたりしてホームズを助けている。, ワトスンは昔はアスリートであった。『サセックスの吸血鬼』ではワトスンがかつてブラックヒース(有名な古いロンドンのクラブ)でラグビーユニオンをプレーしたことが言及されている。, シャーロック・ホームズシリーズが文学的に成功したのは、読者と同レベルの知能を持つワトスンを語り手として導入し、ワトスンの目を通すことで、手がかりを読者にあからさまでない形で提示できるようになったという点によるものが大きい。また、ワトスンはポーの「私」とは異なり名前が(ミドルネームを除き)判明しており、医師という社会的地位もあることから、名探偵と読者との中間にある第三者(「私」は主人公と同様に奇人であるが、読者にとっては仮託しうる対象ともなる)として、物語に介在していることが大きな特色といえる。この有用な形式は以後多くの推理小説で踏襲されることになる。ちなみに、ホームズはワトスンの書く文章を批判していたが(ただし、彼は自身の名前が世に出ることをあまり好ましく思っていない割にはワトスンを「僕の伝記作家」と評したり、「この事件は君の物語には合わない」など、事件をワトスンが公表することを前提とした発言をすることがある)、あまりに批判されたので遂にはワトスンが怒ってホームズ自身に物語を書くことを要求し、その結果ホームズも読者を喜ばせるためにはワトスンと同じ書き方をしなければならないのだと考え直し、反省した(『白面の兵士』)。, シャーロック・ホームズシリーズが成功したおかげで、ワトスンは名探偵の相棒(サイドキック)の代名詞となった。ノックスの十戒でもサイドキックの例としてワトスンが例示されている。, シャーロック・ホームズシリーズ以降の探偵小説において、物語の語り部や探偵の助手など、ワトスンと同等の役を務める登場人物を「ワトスン役」と称することがある(推理小説#ワトスン役)。, 特筆されるワトスン俳優として、「アメリカ最高のホームズ」と言われたベイジル・ラスボーンとコンビを組んだナイジェル・ブルースがいる。ブルースが映画やラジオで演じたのは、うっかり者で怒りっぽく大事な場面でへまばかりする、ホームズの引き立て役としてのワトスンだった。ブルースのワトソン像はファンの支持を集め、ラスボーンがアメリカ最高のホームズ俳優とされたのと同じく、ワトスン役のイコンとなった。晩年、ラスボーンからオリジナルの舞台でワトスンを演じて欲しいと要請されたブルースは大いに乗り気であったが、開幕の数週間前に病死した。, その他、エドワード・ハードウィック、アンドレ・モレル、H・マリオン・クロフォードらの評価が高い。特にハードウィックは、最高のホームズとして全世界に名を馳せたジェレミー・ブレット主演によるグラナダ・テレビ製作のテレビドラマシリーズ『シャーロック・ホームズの冒険』で2代目ワトスンを演じ、ナイジェル・ブルースとは全く異なるワトソン像を確立した。ハードウィックの演じたワトソンは、ドイルの原作で本来描かれていたワトスン像であった。すなわち、高潔な英国紳士にして好奇心と勇気があり、陰ながらホームズをサポートする素晴らしい相棒としてのワトスン博士である。ハードウィックの演技により、ブルースの影響による「ワトスン博士=ドジでヘマばかりする名探偵の相棒」のイメージは完全に払拭された。なお、ワトスンの負のイメージの払拭という意味では、同シリーズの初代ワトスンであったデビッド・バークも、男性的で行動力溢れる元軍医としてのワトスンを演じている。, トーキー初のホームズ映画でワトスンを演じたレジナルド・オウエンがそうだったように、ワトスンとホームズを両方演じた俳優も数名存在する。ワトスンを演じてから後にホームズに「出世」するケースが多く、逆にホームズを演じてからワトスンを演じる俳優は少ない。作品によってはワトスンが女性や少年に変更されるケースもある。, 日本の声優では、富田耕生がアニメ『名探偵ホームズ』でワトスンを演じた。この作品は映画版から内容がそのままテレビ版にコンバートされる際、声優の一部が交代しているが(広川太一郎演ずるホームズもテレビ版から)、富田はそのまま続投している。表記は「ワトソン」。, 2008年にガイ・リッチー監督による映画『シャーロック・ホームズ』において、ワトスン役にはジュード・ロウが抜擢された。公式の日本語表記は「ワトソン」。日本語吹き替えは劇場公開版では森川智之、テレビ朝日版では堀内賢雄が担当している。, 2010年から始まったBBCのTVシリーズ『SHERLOCK(シャーロック)』では、マーティン・フリーマンが演じている。ホームズとは現代風にシャーロック、ジョンと呼び合うこともある。公式の日本語表記は「ジョン・ヘイミッシュ・ワトソン」。舞台は21世紀のイギリスに変更されているが、キングス・カレッジ・ロンドン卒でアフガン紛争(21世紀の)帰りの陸軍医、勇敢で誠実な人物、射撃の名手、友人に紹介されてホームズとルームシェアを始める、女好きなど、原作に忠実な設定も多い。一方で、足の怪我に関してはPTSDによるもので、肉体に問題があるわけではないと変更されている。またホームズと行動を共にすることが多いため、ゲイと勘違いされるシーンが何度もある。演じるフリーマンは、本作での演技により英国アカデミー賞のテレビ部門最優秀助演男優賞を受賞した。日本語吹き替えは森川智之が担当している。森川はガイ・リッチー監督の映画の吹き替え版(劇場公開版)でもワトスンを担当したため、複数の作品でワトスンを演じた珍しい声優となっている。, 2011年にロシアで制作された『名探偵シャーロック・ホームズ』では、アンドレイ・パニンが演じている。この作品はホームズより15歳年上のワトスンが主人公の作品である。, 2013年からCBSで始まった『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』は、舞台が21世紀のニューヨークであり、ワトスンに相当する役は「ジョーン・ワトソン」という、元外科医で薬物依存者回復支援員となった中国系アメリカ人女性という設定であり、ルーシー・リューが演じている。日本語表音及び和文表記は「ワトソン」。日本語吹き替えは田中敦子が担当している。, 2014年に放送が始まった、NHKの人形劇『シャーロック ホームズ』では、オーストラリアからビートン校に転校して来た生徒という設定になっている。表記は「ジョン・H・ワトソン」で、声の出演は高木渉である。ベイカー寮221Bでホームズと同室になり、当初はホームズの行動に戸惑ったり、左脚の負傷でラグビーをやめたりしたことから自分を見失いがちになっていたが、その後ホームズを理解するようになり、退学することになった生徒を励ましたりして、自分を取り戻す。ホームズの事件解決をワトソンメモに記録し、それを元に学内の壁新聞に記事を執筆している。, 負傷箇所については、足という記述と肩という記述があるが、「痛みの移動」の表れかも知れないため、どちらが本当の傷なのかは論議の的になったり、パロディ物のワトソン役のネタにも扱われたりすることもある。また、足という説のうち、詳しくは左足という説がある。, ドロシー・セイヤーズ「ドクター・ワトソンの洗礼名」植村昌夫訳『シャーロック・ホームズの愉しみ方』平凡社新書、2011年、85-94頁, 130年前から「名探偵といえばホームズ」と言われる本当の理由 現代にも通用するキャラクター造形, 名探偵ホームズの人気は「ワトスン博士ありき」と言われるワケ 「バツイチ再婚説」から「女性説」まで, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジョン・H・ワトスン&oldid=80604016. 今回はホームズとワトソン(ワトスン)の関係を詳しく解説します。ワトソンはホームズの相棒です。しかし、彼は天才的な名探偵の単なるお手伝いではありません。実はホームズに匹敵するような存在です。ワトソンがいなければホームズもいなかった。 英文学の研究に明け暮れ、「シャーロック・ホームズ」シリーズを読み込んだ夏目漱石は、自分がホームズだという妄想にとらわれていました。 本物のホームズの計らいで、ナツメ・ホームズとワトソンがコンビを組み、倫敦塔やシェイクスピアなどに絡む事件を解決していきます。 ホームズとは5年の付き合いで警察の中では1番親交が深い。 なぜシャーロック・ホームズの魅力は今も失われないのか?(北原尚彦) ホームズ=ダウニーJr.とワトソン=ロウの奇妙な関係(細谷美香×よしひろまさみち) 評価・買う価値: ★★★★ ☆(4/5) おすすめしたい人 『シャーロック・ホームズ』シリーズが好きな人 エンタメ, しかし、彼は天才的な名探偵の単なるお手伝いではありません。実はホームズに匹敵するような存在です。ワトソンがいなければホームズもいなかった。そう断言してもおかしくないような人物だといえます。, ホームズとワトソン、2世紀を超えてもなお世界中の人々を魅了し続ける2人の関係について、私なりに解説してゆきます。, コナン・ドイルによる探偵小説、『シャーロック・ホームズ・シリーズ』が出版されたのは大昔です。19世紀末から20世紀をまたぎ40年間に渡ってイギリスで刊行されました。, 以降、100年以上に渡ってドイルの原作を基にした無数の舞台やTVドラマや映画がほとんど途切れることなく製作されてきました。, それによって21世紀の今でもシャーロック・ホームズという名は世界中に知れ渡っているというワケです。, シャーロック・ホームズとジョン・H・ワトソン。この名探偵と助手の関係は、基本的に天才と凡人と言えます。昨今の日本でもいわゆるバディ(相棒)ものが流行っていますが、その最も典型的な形の1つとも言えるでしょう。, 年はホームズの方が1つか2つ下で、ロンドンの一角でルームシェアをすることから2人の関係は始まります。, ホームズは探偵業を気ままに営む一方、ワトソンは医学博士号も持つ由緒正しき医師。しかし、探偵業の主導権は完全にホームズにあります。, ホームズは犯罪科学の幅広い知識を元に、天才的なセンスと鋭い観察力、また這いつくばってでも事件を解決しようとする情熱によって、数々の難事件を解決してゆきます。, 「Elementary, my dear Watson」(初歩的なことだよ、ワトソン君)というものです。これはホームズの推理力に驚いたワトソンに対する、ホームズの決めゼリフです(ただし、原作ではこの台詞は出てきません。あくまで舞台でのセリフです)。, このElementary(エレメンタリー)というのは英国では初等教育を指します。つまり日本語で言えば「小学生レベルだよ」という感じになります。ちなみに2012年からアメリカCBSで放映されているTVドラマ『エレメンタリー、ホームズ&ワトソンin NY』も、このセリフから来たものです。, このエレメンタリーの一言は、ホームズの底知れぬナルシズムを感じさせるばかりか、彼のワトソンへの接し方をも明示しています。探偵業において、ホームズは学校の先生でワトソンは生徒のようなもの。つまりは師弟関係にあるといえます。, しかし、ここがおもしろいのですが、本業である探偵の仕事から離れれば、ホームズとワトソンの関係は一変します。, ホームズは一筋縄ではいかない男です。探偵業では極めて理知的かつ精力的に働きますが、私生活では相当の遊び人になり変わります。, 女遊びこそしないものの、ヴァイオリンを弾いたり、ひんぱんにタバコを吸ったり、気まぐれにピストルを撃ったり、はてはドラッグにまで手を出します。そのため薬物に関する知識はハンパではありません。, 生真面目なワトソンはやはり、そんなホームズの自堕落さを許さず、たびたび注意を与えます。つまり、ワトソンはホームズにとって母親的な存在と言えます。探偵業の師弟関係は、私生活において母子関係に一変することになります。, ワトソンが「ホームズの伝記作家を務めている」という点も、この母子関係の一つとして捉えられます。, 原作『シャーロック・ホームズ・シリーズ』は、基本的には「名探偵ホームズの活躍を助手のワトソンが伝記として書き記す」という体裁を持っています。小説世界が実際にあるかのように見せかける、いわゆるメタ小説といえます。そのために「ホームズが実在するのでは」という噂がこの原作にずっとついて回っています。, ワトソンが伝記作家を務めるのは、「名声に興味のないホームズに代わって、彼の功績を後世に残したいから」という理由です。, その元には、母性愛ともいえる何かが感じられます。つまり、子どもの活躍を世に自慢したい母親のような切なる思いが垣間見えるのです。, 一方で、ホームズの活躍を書き記すワトソンの姿は、歴史的な偉人には常に偉大な黒子がいるということを物語ります。どんな偉人も、それを語り継ぐ人々、またはそれを書き記す著述家なくしては存在しえません。, その意味で、シャーロック・ホームズという偉人は、ワトソンなくして存在しなかったと言えます。もちろんすべては架空の世界であり、実際に書き記したのはワトソンではなく著者のコナン・ドイルになるのですが。, ホームズとワトソンのように円滑なバディ関係は、相手が自分の欠如した面を最初から備えていることを基にしています。自然と互いが互いを補い合えるために、うまく調和するというワケです。, その段階を過ぎると、彼らは積極的に自分の欠如を相手に強く求めるようになります。ホームズとワトソンの場合だと、ホームズがワトソンに生真面目さを求め、ワトソンがホームズに閃きを求めるようになるということです。, 2人の人格がスイッチする(入れ替わる)ようになるのです。自分がなれないために相手に求めていた人格が、自らに戻ってくるようなことが起こります。まるで壁に投げたボールが自分に跳ね返ってくるようなことが起こるのです。それは倒錯的な相補関係とも言えます。, 例をあげましょう。ホームズは一度、ワトソンに代わって自らの事件を伝記にしようとします。ワトソンがあまりに読者サービスにすぎる書き方をするため、もっと自己流の文体で書いてみようと思ったからです。しかし、出来上がった原稿はワトソンが書くような生ぬるいものになります。, 一方で、ワトソンはホームズの才能にほれこんでいながら、時に推理に挑戦しようとします。自らの推理力を披露して、ホームズを一回でもギャフンと言わせたいと思っています。特に『バスカヴィル家の犬』の中などでは、あの勝ち気なホームズを大いに感心させることに成功しています。, このように、ホームズとワトソンには人格をスイッチする時があります。おそらく、ここは著者のドイルも意識的に書いたのではないのかも知れません。, しかし、私にはホームズとワトソンがこうも長く世界中の人々に愛されている理由の根源が、ここにあるように思われるのです。, 他にこの2人とよく似た関係として、ビートルズのジョンとポールがいます。ホームズとワトソン同様、イギリス人の2人は天才と凡人の典型的なバディ関係にあります。もちろん彼らの方は実在するのですが。, ちなみにジョンはシャーロック・ホームズの大ファンで、ワトソンが書かなかった伝記としてホームズのパロディ作品を自ら書いているほどです。, 一般的にジョンは創造的なリリックを得意とし、ポールは商業的なメロディを得意としています。しかしプロデューサーのジョージ・マーティンによれば、その逆であったことも多々見受けられたのだそうです。, ホームズとワトソン、ジョンとポール。もしかすれば彼らは互いの欠如を補い合う上に、時には人格ごとスイッチすることで、1つの完全な人間になろうとしていたのではないでしょうか。, そして、そういう完全な円を描くバディ関係だからこそ、多くの人がそこに限りのない愛着を覚えるのではないか。私にはそんなふうに思えます。, ワトソンは助手であり弟子であり母であるといえます。そして、そこには倒錯的な相補関係が垣間見えます。, ぜひ『シャーロック・ホームズ』の世界に深く浸ってみてください。きっとあなたの解釈が見つかるはずです。. ホームズとワトソンの関係性がよーく見える『シャーロック・ホームズ』本編映像が到着 2010.3.12 Fri 22:04 【アカデミー賞】ファッションチェック! ホームズの舞台は、ベーカー街221B。 アーサー・コナン・ドイルが執筆したシャーロックホームズは、19世紀後半のロンドンを舞台にしています。 そのシャーロックホームズが下宿した場所こそベーカー街221Bです。 Bと言うのは、建て増しなどした証で、Aが始めなので1階、Bは次なので2階に … シャーロック・ホームズもワトソンも、その他の登場人物たちも、ロシア語を話しますが、誰も彼もそれらしい。 そして、本作が強調した、と解説にも書かれていますが、ホームズとワトソンの友情と尊敬で結ばれた関係がとても自然に説得力のある形で描かれているのが何より胸を打ちます。 シャーロック・ホームズシリーズは、今日で言うところの「読切連載」という形式で雑誌に掲載されました。 このため、毎回のように新しい登場人物が現れますので、ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は それほど多くありません。 彼の活躍する一連の作品は大ヒットして、推理小説の分野に一つの頂点を築いた。 シャーロック・ホームズとジョーン・ワトソンは失踪した警部補を捜しにロンドンへ向かう。 ホームズが懐かしのベーカー街を訪れると、うれしい驚きだけではなく犬猿の仲である兄のマイクロフトとも遭 … シャーロック・ホームズは代々の地主の家に生まれた。祖母はフランスの画家の妹であった。兄のマイクロフトは我々も知っているように弟より才知に長けているが、ホームズの言葉とワトソンの記録が信頼できるとすれば、政府の会計検査をやっている。 【エレメンタリ―ホームズ&ワトソンinNY】シーズン2のあらすじとネタバレ。シャーロックのそばで、探偵修業をしていたワトソンでしたが、兄マイクロフトの登場でワトソンとの平穏な日々が失われることを警戒しているシャーロック。シャーロックとマイクロフトとの兄弟関係にも注目で … なんだかんだでワトソンの事は好きな様でじょじょにワトソンの言うことも聞くようになっていく。 レストレードとの関係.