"ギルガメッシュと不老不死の蛇(設定のみ)" is episode no. 不老不死とは、年をとらずいつまでも若い姿で生きること。文明が発達していない時代にも人間は不老不死になることを追い求めていました。それは現代になってもそうかもしれません。 5000年くらい前の、人類初の文明のお話です。科学が無い頃でも、今でも通じそうな共通する価値観がある。それは人間が持って生まれた本能なのでしょうか。では、「神」という概念は・・・?私たちの超常現象に対する恐れとは何に由来するものなのでしょう。 ・不老不死を蛇に譲るってなんぞ。ーーーーゲートオブバビロン”王の財宝”wwww ・ギルガメッシュ人類最古の英雄王。チートかよ。エア・・・空気。地球オワタ。 ・なんという熱い展開。立ち上がるしか … 半神半人の王、ギルガメッシュ. ギルガメッシュが千里眼(?)を使っている時、蛇の眼と同じなんだよな ギルガメッシュが千里眼(?)を使っている時、蛇の眼と同じなんだよな : 姜維(きょうい) 2021-01-23 20:03 ギルガメ 実際この叙事詩より古い物語は存在しており、そもそも叙事詩に先行するギルガメシュ伝承とも呼ぶべき断片的短編が存在する。, 怖い夢見て泣くのはギルもエンキドゥも共通 -- 名無しさん (2013-12-01 19:25:26), 実はあんまり我様っぽくない・・・まあ沖田総司が女になる作品に真面目にツッコむのもなんだけど -- 名無しさん (2013-12-01 19:44:37), ギルガメッシュのとこFate意識しすぎだろww -- 名無しさん (2014-03-12 17:39:54), エデンの園といい、蛇さんは嫌な役目を背負ってるな -- 名無しさん (2014-03-12 17:56:13), 我様が「全ての宝具の原典を持っている」という謎設定も、「ギルガメシュ叙事詩が全ての英雄物語の原典だから」だという説もある -- 名無しさん (2014-04-07 09:15:22), ↑そうだと思うよ。直接的な理由ではなく概念的な理由を拡大解釈したと考えるとサーヴァントの設定は割と納得出来るモノが多い。ギルガメッシュに限らず、作中設定でも諸説有る様な描写もチョイチョイあるし -- 名無しさん (2014-04-07 10:40:01), イシュタルがヤンデレ系萌えキャラにしか見えないんだけど実際そうなの? -- 名無しさん (2014-04-07 11:47:00), 聖書がパクリ&書き替え上等ってのは人によっては未だにタブーなのかな? -- 名無しさん (2014-06-09 11:29:54), というかギルガメシュもちゃんと不老不死の草管理しとけと思う -- 名無しさん (2014-06-15 00:00:33), 守護神なら簡単に倒されんなよと思う --   (2014-06-15 00:55:26), ↑ 簡単どころか、職務放棄したに等しいシャマシュさんの助けが無ければ、DQN二名は余裕で死にまくってた -- 名無しさん (2014-06-15 18:11:20), ↑2 ついでに言うと、フンババが「7枚の鎧」の内の「一枚」しかつけてない状態で戦ってギルとエンキはフルボッコにされてる。 -- 名無しさん (2014-06-21 01:43:04), ↑7それ本編で説明されてなかったっけ? fateルートで士郎も本人もセイバーに説明してたはず。 -- 名無しさん (2014-08-21 18:54:22), ↑2その鎧ってどんなのなの?記述が少なくてわからん -- 名無しさん (2014-08-21 19:32:57), 「草を蛇に食べられ終わり」←俺「え?」―完― -- 名無しさん (2015-01-28 10:00:13), ↑の続きです。水浴びしてるときに食われて終わりは本当に動揺した -- 名無しさん (2015-01-28 10:05:40), まぁ、今の時代みたいにカバンとかある訳じゃないから多少はね? -- 名無しさん (2015-10-03 16:42:48), 最近盗掘された欠けた部分が盗掘者から買い戻されてフンババとエンキドゥが幼少の頃の友人ってのが判明、その友人に止めをしっかりさせって言ったのかエンキドゥ -- 名無しさん (2015-10-09 00:40:37), エンキドゥは、もののけ姫でいうエボシ様だとかんがえればわかりやすい。神殺したら、かみ殺された。かみだけに。 -- ななしのぬわー (2016-01-02 22:50:34), よくよく調べてみたら友人関係は今回初めて判明した事じゃなくて以前から知られてたらしいね -- 名無しさん (2016-01-25 02:16:49), ↑確定してなかっただけだかんな -- 名無しさん (2016-01-25 02:34:14), ここだけ見てると、イシュタルが神様真面目にしながらも私情も振り回す萌えキャラにしか見えない。洪水の悲惨さ見て思わず泣いちゃうとか可愛すぎるんですが -- 名無しさん (2016-06-22 14:28:32), 冥界下りでもタカビーで傲慢だけど、慕ってくれる相手には物凄く優しい存在に描かれてるから、案外間違ってない。 -- 名無しさん (2016-06-22 23:10:37), これに出てきた女妖怪キシキルリルラケが後世におけるリリスって説もあるみたいだね。 -- 名無しさん (2017-03-08 12:39:19), ↑8 劉備が曹操に呂布は止めさすべきと言ったようによく知ってるが故にコロしたほうがいいと思ったのかも -- 名無しさん (2017-09-06 16:59:16), 前半のあらすじだけなら少年漫画ですって言って知らない人騙せそう。初夜権云々はアレだが。 -- 名無しさん (2019-10-20 01:50:23). ギルガメシュ叙事詩はシュメール人が残した英雄叙事詩です。シュメール人は紀元前3000年代にメソポタミア文明を築き、ギルガメシュ叙事詩は人類最古の神話として伝えられています。今から数千年も前に楔形文字で粘土板に記されたこの物語は何について語っているのでしょうか。, 物語全体の主人公はギルガメシュ。ギルガメシュはウルクという都の王として、英雄としての側面と都の乙女を奪い去る暴君としての側面がありました。ウルクの人々はギルガメシュの暴君としての側面を恐れ、神々に祈ったところ、大地の女神アルルが粘土からエンキドゥを作り上げ、ギルガメシュに差し向けました。ギルガメシュとエンキドゥは対峙し、戦った後にお互いの強さを認め、友人関係となりました。二人は仲間となり、森に住むという怪物フンババ(フワワ)を共に退治します。フンババ退治のあとウルクに戻ったギルガメシュは愛と美の女神イシュタルの誘惑を受けますが、それを断ります。断られたイシュタルは天の神アヌに天の牛を送らせてウルクを滅ぼそうとしました。ギルガメシュとエンキドゥは協力して戦い天の牛に打ち勝ちますが、神々が送った天の牛を殺した償いにエンキドゥは死の運命を負うことになります。結果としてエンキドゥはギルガメシュに抱かれて命を落とします。この友人の死に大きく心を動かされたギルガメシュは永遠の生命を求め、聖王ウトナピシュティムのみが不死を知るとの噂を聞きつけ彼を求めて旅に出ます。聖王ウトナピシュティムは自らが不死になるきっかけとなった大洪水から危機を逃れた経緯をギルガメシュに話し、彼に永遠の若さを保ち続けているという植物を教えます。ギルガメシュは海底に眠ると言われる不死の力の植物を求めに行き、無事にその植物を得る事が出来ましたが、ウルクへの帰路、水浴びをしている時にどこからかやってきた蛇にその植物を食べられてしまいます。その後、ギルガメシュは失意に沈んだままウルクの都へ帰り着いたのでした。, ギルガメシュ叙事詩は単なる英雄物語では無く、「死すべき存在としての人」という人類普遍のテーマを扱っています。豪傑として知られる英雄ギルガメシュは友人エンキドゥの死を目の当たりにしたことで、死を恐れるようになりました。彼はただ一人不死の力を持つと言われるウトナピシュティムを訪ねる旅へと向かいます。長い旅の末、ウトナピシュティムの元にたどりつたギルガメシュは彼から人は死すべき運命にある事を説かれます。, ウトナピシュティムは自らが不老不死の力を手に入れたきっかけである「大洪水の物語」をギルガメシュに話します。この大洪水の物語は旧約聖書の大洪水の物語のルーツであると言われています。, ウトナピシュティムは最終的にギルガメシュに「若返りの草」の情報を与えます。ギルガメシュは取りに行くことに成功しますが、ウルクへの帰路、水浴びの最中に蛇にその草を食べられてしまいます。なんとむなしい事でしょうか。せっかく不老不死の力をもたらす草を手に入れたのに、願望が達成されることは無かったのです。失意に沈んだギルガメシュでしたが、その後は死すべき運命であることを受け入れ、ウルクの都の城壁を築くなどの事業を行い王としての責務を全うしました。, 人は死から逃れることは出来ない。死すべき定めのある人間ができる事は偉大な功績を残し、名声を子孫まで残すことだ、とシュメール人は考えたのかもしれません。, ギルガメシュとエンキドゥの神話はゲームや創作のモチーフとなっています。特に有名なのがファイナルファンタジーシリーズのギルガメッシュでしょう。シリーズ第5作のFF5から登場したギルガメッシュはその後のシリーズにもちょくちょく登場するキャラクターになっています。伝説の剣を求めてさすらい、武器コレクターとして相棒のエンキドゥと一緒に旅をしている姿が描かれています。, ギルガメシュという名前は近代の学者が命名したもので、大古のアッカド語では「あらゆることを見た人」として書かれています。粘土で作られたエンキドゥは最初は獣のような姿で生まれましたが、娼婦シャムハトと交わることで野人から人となる過程が描かれています。, ギルガメシュとエンキドゥはお互いに戦うものの、決着がつかず、固い友情として結ばれるくだりはまるで現代の少年漫画のよう。二人は一緒に「杉の森」にあるエンリル神が定めた番人フンババを退治します。, ギルガメシュ叙事詩に登場する女神イシュタル、こちらも様々な創作物のモチーフになっています。愛と美の女神であり、ギルガメシュ叙事詩においてはギルガメシュに振られた腹いせに父であるアヌ神にお願いして天の牛をギルガメシュの元に送ります。エンキドゥは神が作った天の牛を殺したことで自身も死ぬことになります。, イシュタルは豊穣の女神であり、大地母神の血を引く神です。弟、もしくは配偶者は冥界の番人タンムーズで、「イシュタルの冥界下り」という書板には地上に現れなくなったタンムーズを取れ戻すためにイシュタルが冥界の世界に入っていき、再び戻ってくる物語が描かれています。, 父であるアヌ神に天の牛をギルガメシュに送らなければ冥界の扉を破壊して死者達を蘇らすと脅迫しており、ギルガメシュに振られた事がそれほどショックだったのでしょう。, 天の牛はイシュタルがアヌ神にお願いしてギルガメシュの元に使わした神の使いですが、天界の掟には「天の牛を殺した者は自身も死ななければならない」と定められています。, なんとも恐ろしい牛ですが、これは星座が元になったのでは?と考えられています。大古には獅子・牡牛と闘うモチーフが盛んに見られており、この天の牛に関する事もその文化史的な流れの中にあるのではないかと考察されています。, 日本語で読める最も手近な文献は矢島文夫さんの「ギルガメシュ叙事詩 付イシュタルの冥界下り」(ちくま学芸文庫)です。かなり学術的な色合いが強い本ですが、大昔の人類が楔形文字で残した物語を多くの人の労力と情熱で現代語訳された経緯を知る事が出来、ロマンを感じさせる本です。元の粘土板を実直に訳した物なので、所々欠けている部分があります。普段慣れない人が読むと物語の全体像がイメージしにくいかと思います。まさに大古の詩集です。「イシュタルの冥界下り」も収録されており、考察など学術的な価値が高い本です。, こちらは広くシュメル神話を扱っている本です。ギルガメシュ叙事詩の要約と学術的な考察が書かれています。色々な神様が登場しますが、整理されて読みやすい本です。, こうした神話は創作のモチーフになることはもちろんのこと、人類が持つクリエイティブな活動の源流を知る事が出来ます。一つの神話が他の地域の神々に影響をもたらしている事もあり、人が持つ想像力とはどういうものかを知る事ができるので面白いです。, ・ギルガメシュ叙事詩 付 イシュタルの冥界下り 矢島文夫[訳] ちくま学芸文庫 1998 主人公は、紀元前2600年ごろ、シュメール(現在のイラク・クウェート)の都市国家Uruk (ウルク、イラク南部のサマーワにあるワルカ遺跡)に実在したとされる王、ギルガメシュ(Gilgamesh)。 神と人間の間に産まれた存在であり、超越した力をもっていました。 3 of the novel series "Fateネタ". ギルガメッシュ叙事詩は、ある王様が不老不死を求めて旅をする、長い長い物語。 その記録は、楔形文字で粘土板に残されていました。 それで、ギルガメッシュ叙事詩ってどういう話なの? バケオ. ギルガメッシュが友と一緒に退治した天の雄牛は、女神イシュタルが遣わしたものだ。美と豊穣、大地と金星を司る地母神で、蛇は彼女の眷属。不老不死の喪失は、女神の意志が働いているのだろう。 「不老不死の探求と喪失には、別の話があるんだ。 ・シュメル神話の世界 粘土板に刻まれた最古のロマン 岡田明子・小林登志子[著] 中公新書1977 2008, 「より良く創造的に生きること」をテーマに心理学や読書のまとめと要約、ゲームレビューやアート・デザインに関する知識を知的好奇心の赴くままにまとめています。, 参考文献2.「シュメル神話の世界 粘土板に刻まれた最古のロマン」 岡田明子・小林登志子, 【アートブックレビュー】「ソッカの美術解剖学ノート」 入門書として最高の一冊。しかし、欠点も。, 【やり方図説】iPod Classicを改造して大容量化 iFlash-Quadを導入し、microSDカードを装着する方法【ipod ssd 換装】, ジャンプ流vol.5 藤巻忠俊 黒子のバスケ まとめ&要約 キセキの舞台裏に迫る!, PS3が故障したので別のPS3にSSD換装とデータの移動とそのやり方。【お勧めssdの選び方詳細図説】, 【書評と要約】幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない ラス・ハリス 感情や思考から距離を置き、価値ある行動を実践していくために, 心理学を大学で学ぶということ 海外と日本の違いと就職について 専攻して学ぶ意義はあるのかどうか, 七つの大罪(Seven deadly sins)とは 【保存版 7つの大罪まとめ】, 【保存版】過去作ポケモンの引っ越し移動方法総まとめ 無限入手ジラーチ(WISHMKR)、セレビィ(アゲト)も最新作へ. エンキドゥが死んでしまってから、ギルガメシュは死を恐れるようになりました。彼は、唯一不死を得た人を知っていました。それは、古都シュルッパクの王 ウトナピシュティムです。過去に起きた大洪水の生存者であり、夫婦ともに不死の命を持つと言います。 不老不死への挑戦(ギルガメッシュ異聞7) カテゴリ: 前世記憶 しかし、我が家は2年前に定年を機に屋根や外壁をリフォームしたこともあってか、そして、周囲に適度に木を植えていたこともあってか、物凄い暴風雨でも全く被害はありませんでした。 アーチャー・・・ギルガメッシュ 私は不老不死の果実を手に入れたときすでに死んでるし 聖遺物:最古の蛇の抜け殻 第四次だとギルガメッシュだけかな? 縁召喚が居ないから ギルガメッシュの落胆した様子から、ウトナピシュティムの妻が不老不死の薬草のありかを教えてくれます。ギルガメッシュは薬草を採取すると歓喜して帰国しますが、不注意で薬草を蛇に食べられてしまいました。 まとめ 今もどこかで生きていて今もどこかで死なずにいる蛇の話。 最近ギルガメッシュの知名度が上がって来たためか英霊になりそうな蛇。 It includes tags such as "Fate", "Fate/GrandOrder" and more. ギルガメシュ叙事詩はシュメール人が残した英雄叙事詩です。シュメール人は紀元前3000年代にメソポタミア文明を築き、ギルガメシュ叙事詩は人類最古の神話として伝えられています。今から数千年も前に楔形文字で粘土板に記されたこの […] ただし、ギルガメッシュ叙事伝と同じく、蛇に奪われた「不老不死の妙薬」は所有していないと思われる。 前回の聖杯戦争の際にセイバーに一目惚れし求婚を申し込むが当然の如く断られる。 多くの物語から成るメソポタミア神話の中でも、とりわけ有名な英雄譚『ギルガメシュ叙事詩』に主人公として描かれた。文中では「全てのものを国の果てまで見通した」「全てを味わい全てを知った」「知恵を極めた」「深淵を覗き見た」人といった表現がなされている。 死徒たちの大元である二十七の祖のこと。最も古い死徒のことではあるが、代替わりや消滅している祖もいる。中には厳密な意味での死徒ではないながらも、吸血種ということで名を連ねているものもいる。齢四千を超える神代連盟(エルダータイトル)の祖、教会によって封印中の祖、人知れず秘境にて時間を数える祖、五百年単位で後継者に座を譲る血族のような祖、と内訳は様々。 空席の祖の大半は教会によって封印中。聖堂教会にて柩に収納されているが、彼らでは滅ぼし切れないので半ば永久監獄 … 台風19号の通過で、物凄い雨と風だったにもかかわらず、何とか無事に済んだ那須塩原の我が家ですが、近くの蛇尾川の氾濫注意報が解除されたのはなんと今夕でしたし、普段は水無川なのに、ずっと清流が流れていましたから、今回の降雨が如何に多かったかということなのでしょう。 その水浴びをしている最中、たまたま腹を空かせていた蛇が不老不死の霊草の匂いをかぎつけた。 気がついた時にはすべてが手遅れ。 あわてて泉から出るギルガメッシュだが、そこには脱皮した蛇の抜け殻だけが残されていた。 シュメール人の英雄叙事詩でメソポタミア文明の代表的文学。『旧約聖書』に先立つ「大洪水」が見られ、世界最古の物語とされている。 シュメール人の叙事詩 シュメール人が残した英雄叙事詩(神話)。ウルク第1 しかし彼も不死の術は知らず、ただ不老の草を海底からとることを教える。ギルガメシュはこの草をとって帰途につき、途中一休みしている間に蛇にこれを食べられてしまい、悲しみのうちにウルクの城へ戻る。 この物語はオリエント各地で好まれ、シュメール語版、バビロニア語版、アッシ� 後に唯一無二の友「エルキドゥ」を失い、初めて「死」への恐怖を抱いたギルガメッシュは、「不老不死 」を求め冥界へと旅立ちます。しかし、冥界の深淵で不老不死の霊草を得ることができ歓喜に震えたのも束の間、腹を好かせた蛇にその霊草を食べられてしまったのです。半生をかけ探し� ギルガメシュ叙事詩とは. ギルガメッシュ叙事詩 . その正体は、人類最古の文学作品『ギルガメシュ叙事詩』の主人公の名前なんです。 成立したのは約4000年前。現在はイラクと呼ばれるメソポタミアの地を舞台に、実在していたとされる王をモデルにした英雄冒険譚です。 現在記録されている限り、人類最古の物語です。 しかし、どんな国に生きててもどんな時代に生きてても共感できるような普遍的な人生観語られています。 社会の中で生きていくこと。大人になっていくこと。そのために必要なこと。 その核心をえぐり出すような物語展開が、実に見 … 不老不死の原典たる霊薬を呑むことによって得た不死。 あらゆる不死性をその身に宿らせることができるが、一度に行使できる ... ギルガメッシュ叙事詩にてギルガメッシュから不死の霊草(または若返りの霊薬)を奪い、 不死となった蛇。古来より蛇は脱皮をすることから「死と再生」を連想さ 不死 の草を求める ... 不平不満を言いつつ、女祭事たちと共に丁寧に祈祷を行い、エンキドゥを養子に迎え入れギルガメッシュ の義兄弟とした 。 ギルガメシュがフンババ殺害を企てたのは、エンキドゥという友人を得、死すべき存在として後世に名を残そうとしたからである。ところがエンキ が、ギルガメッシュの「新婚夫婦の初夜に乱入して処女破り」という趣味を問題視して諌めたりする高度な賢者モードを発動したりもする。 正直ギルガメシュより気性荒い。情緒不安定エキセントリックボーイ。 更に二人で頑張った割に自分だけ讃えられたなかった為か嫉妬に狂い、 「お前が