離婚慰謝料の計算式と相場|大体の慰謝料を自分で計算する方法. 離婚の理由は様々ですが夫婦はなぜ離婚の道を歩むのでしょうか。ここでは日本の離婚実態を知るためにも、様々な角度からどのくらいの夫婦が離婚しているのかみていきたいと... セックスレスが原因で離婚に至ってしまうこともあります。また、セックスレスが深刻になり、不倫などに発展してしまうこともあるでしょう。この記事では、セックスレスにな... うつ病を理由とした離婚は認められるのでしょうか?この記事では、うつ病を理由とした離婚が認められる場合と、法定離婚事由、うつ病になった側からの離婚、うつ病を理由に... アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。, 裁判所|平成29年 司法統計19  婚姻関係事件数  申立ての動機別申立人別  全家庭裁判所. 性格の不一致を理由に離婚する方法. 性格の不一致を理由に離婚調停になり慰謝料の請求について話しをされた場合、離婚理由が夫婦として一緒に暮らして仕事を頑張ってと言ってもらえる環境ではないと思った、妻としての努力が見えなかった、言葉のdvを我慢していた、暴言を向けられて悔しかったなどの理由があるはず … 性格の不一致で離婚、という話題を耳にすることがあります。曖昧な性格の不一致とはどのような状態なのでしょうか。性格の不一致は離婚できるほどの理由になり得るのかー。性格の不一致で離婚する5つの方法と慰謝料を請求する方法をご紹介していきます 何がかわいそうなのかは考え方の分かれるところですが、離婚することで引っ越しなどの移動が発生した場合など、子供環境が変わることだけは最大限整えてあげないといけません。, どんな相手でも一緒に生活を始めれば様々な問題が浮き彫りになります。洗濯物の脱ぎ散らかし、水の出し方、疲れているのにまとわりついてくるなど、挙げればきりがありません。 そこで今回は「性格の不一致」で離婚する夫婦のホンネに迫るとともに、性格の不一致で離婚する場合の進め方などを見ていこうと思います。, 性格の不一致は、基本的に慰謝料請求の理由になりません。しかし、【弁護士と無料相談】することにより、慰謝料請求ができるかもしれません。, 根本のところから考えると、性格の不一致が生じてくるのはごくごく自然なことではないでしょうか。, 結婚をした当初は相手の欠点や癖なども一つの個性と見て、円満な結婚生活が続くと思っていたのに、いつしか相手の事を不愉快に思うようになり、夫婦間に深い溝を作ってしまうことが良くあります。, 「そんなこと結婚する前に分かるのでは?」と、そう思われるかもしれませんが、そう考えているのは未婚の人だけです。実際に結婚してみてから初めて分かる性格もあるということです。, 同棲をする前に結婚をすると、家庭内での素が表に出てきて、「結婚前はこうじゃなかったの」「こんな一面があるなんて知らなかった」などを「性格の不一致」という離婚理由にしてしまう人が多い結果となっているようです。, 四月。 理由は「性格の不一致」らしい。 「慰謝料の相場って、いくら?」離婚を考えるときは人ぞれぞれ異なる理由がありますが、ほとんどの人の頭をよぎるのが“慰謝料について”でしょう。そこで今回は、慰謝料の金額の決め方や相場について、お話ししましょう。 あくまで指標であり、何かしらの根拠に基づく数字ではありません。ただ、離婚の慰謝料のイメージを知る上で参考になればと思います。, 離婚を考えている場合、性格が合わないだけでまだやり直せる可能性が残っています。性格の不一致で離婚をする前に、本当に離婚すべきかどうかの判断材料にしていただければと思います。, 性格が合わないのはもう仕方のない事として、価値観の違いを受け入れて生活できるかどうかです。, 自分の思い通りにならない事で多少のストレスを感じるかもしれませんが、「私の考えている事が常識」だと思ってはいけません。, もしあなたが、「そんな事も分からないのはおかしい。常識!」と言われたらどうでしょう?その苛立ちはおそらく相手も同じように感じているはずです。, 何を言っても変わらない相手には何を言っても無駄なんです。その事で毎回ストレスを感じている事がもったいないと思います。, だったら自分が変わろう、多少相手に合わせて生活してやろうと思えるなら、夫婦の関係は改善の余地があります。, 性格や考え方が合わなくても、趣味が合う事はよくあります。パートナーとの共感できる事があれば、性格の不一致という言葉は消えてしまう可能性すらあります。, 何も無いから何もしないのではなく、ともに楽しみを共有する事で良い夫婦の絆が確実にできます。, 1ヶ月から3ヶ月程度離れてみて、最初は清々したという気分になるとは思いますが、しばらくして寂しさや物足りなさを感じるようであれば、まだ離婚をすべきではないでしょう。, あなたは今すぐにでも離婚をしたいと思っているかもしれませんが、子供はどうしましょうか。まだ小さなお子さんがいた場合、あなたの都合で離婚するのはあまりにもかわいそうです。 脱いだ靴下をそのままにされることが死ぬほど嫌いな方もいるでしょうし、視聴中のテレビのチャンネルを変えられることに何よりも怒りを覚える方もいるかもしれません。, 性格の不一致で離婚ができないのは、裁判所を介したケースです。直接交渉で相手が承諾すれば離婚できます。, もし、相手が認めてくれないのであれば、弁護士に交渉を依頼することもできます。弁護士に相談してみることで、どうすれば離婚できるのか、わかるケースもあります。, 本当に様々です。普段の日常生活における感じ方や価値観、教育方針などのズレが次第に大きな意見の衝突に発展していくことになり、喧嘩が絶えない毎日を送るというのが典型的なパターンですね。, ただ、離婚原因で最も多い「性格の不一致」ですが、離婚の正式な原因としては、性格の不一致を法律は認めていません。 性格不一致以外の離婚の理由に慰謝料請求できる理由がある場合、離婚時に慰謝料で揉めることがあるのです。 解決金は慰謝料的な性質でも使われる支払いですから、解決金をあらかじめ提示することで、慰謝料請求のリスクやトラブルを防止し、スムーズに離婚できる可能性があります。 性格の不一致を理由に離婚する場合、協議離婚や調停離婚であれば、比較的スムーズに問題は解決できるでしょう。しかし、話し合いがまとまらず「裁判離婚」をする場合は、手続きが複雑な上に時間もかかります。 2 協議離婚で慰謝料が支払われる可能性のあるケース. オンラインゲームなどにハマり過ぎる『ゲーム依存症』のパートナー…。この記事では、そんなパートナーと離婚することはできるのか?離婚を避けるコツは何か?について解説... 婚姻を継続し難い重大な事由は、民法770条第1項で定められた法定離婚原因のひとつです。夫婦関係が破綻し関係回復が不可能なとき、裁判所がその事情を個別に検討して離... 妊娠中に離婚することになった場合、不安も大きいですよね。この記事では、妊娠中の離婚について考える男女別の理由から、妊娠中に離婚危機に陥った場合の選択肢、妊娠中に... 夫婦喧嘩は犬も食わないと言われますが、激しさを増せば離婚の可能性も出てきてしまう恐ろしい喧嘩です。今回は、夫婦喧嘩の離婚を避けて仲直りする方法を見ていきましょう... 最新の離婚原因ランキングを紹介するとともに、「裁判で離婚が認められる理由」や「慰謝料を増額させる方法」など、実践的な手順をご紹介します。. 協議離婚 慰謝料. 例えば・・・, どちらか一方が性格の不一致を認めない場合は離婚が不成立に終わります。離婚届けにサインしなければ離婚は出来ませんからね。, こんな時の詳しい対応は、後述の「離婚するなら協議か調停で結論を出す」をご覧ください。, 弁護士などの専門家が判断する「性格が合わない」という理由で離婚を認める基準は、婚姻関係がすでに破綻していて、将来に渡って修復の可能性がないという状態です。 性格の不一致(せいかくのふいっち)とは、離婚理由の中で最も多く挙げられている離婚理由で、「性格が合わない」「一緒にいるのが苦痛」など、その内容は多岐に渡るが、法律上、性格の不一致を理由とした離婚は認められてはいないものでもあります。, 裁判所が公表している2017年の司法統計によると、離婚理由で男女ともにダントツなのが性格の不一致でした。, 【参考】裁判所|平成29年 司法統計19  婚姻関係事件数  申立ての動機別申立人別  全家庭裁判所, そもそも100%同じ価値観を持ち合わせている人間などは存在しないといって良いでしょう。 数ある離婚理由の中でも、トップに入るのが「性格の不一致」という内容です。 内容が抽象的なため、実際に夫婦の中で何があったのかはわかりませんが、一緒に暮らしていてこれ以上婚姻生活を続けることができない事情がある場合を指します。離婚事 … 三年間の夫婦生活だったが子供に恵まれず、だが夫婦二人で楽しく生活していたつもりだった。 離婚理由でよく耳にする「性格の不一致」ですが、性格の不一致だけでは慰謝料請求の対象にはなりません。性格の不一致はどちらかに責任があるというものではないので、法律上慰謝料請求の対象になる「不法行為」とは言えないのです。 また、性格の不一致とは言っても不貞など別の離婚原因が潜んでいることもあります。, 性格の不一致が原因で離婚したい場合には、有利に話を進めるためにも弁護士に相談しましょう。, 夫婦が離婚する場合、「性格の不一致」が問題になることは非常に多いです。周囲で離婚している人に離婚理由を聞いてみても、「性格が合わなかったから」ということが多いでしょう。このような「性格の不一致」とは、どのような状態なのでしょうか?, 性格の不一致とは、法律用語ではなく、一般用語でありとても解釈の余地が広い言葉です。, 個人の感じ方によってもその内容が異なります。たとえば、相手の食べ方や話し方が気に入らないだけでも「性格が合わない!」と感じる人もいれば、相手と話が全くかみ合っていなくても特に不満に感じない人もいます。, ただ、お互いが性格の不一致を感じている場合や、一方が性格の不一致によって日々苦痛を感じるようになる場合などには、それが離婚につながるケースもあります。, このように、性格の不一致という場合、一般的に「どちらが悪い」というものでもなく、お互いの生活状況や考え方、性格などが合わないので、夫婦が居心地悪く感じる状態全般をいうと理解すると良いです。, それでは、性格の不一致が原因で実際に離婚してしまう夫婦は、世の中にどのくらいいるのでしょうか?離婚原因と言えば、不倫やDVをイメージすることも多いですが、これらと性格の不一致のどちらが多いのかも気になる方が多いでしょう。, 2013年に行われた調査によると、夫からの離婚申し立てにおいては、段突で1位の63.5%となっています。2位が精神的虐待(モラハラ)の17.4%、3位が浮気・不貞の異性関係で15.5%となっています。, 次が生活費を渡さない(経済的DV)の27.5%、3位が精神的な虐待(モラハラ)の24.9%となっています。身体的なDV(暴力)は、これに次いで4位の24.7%、不倫などの異性関係は5位の19.5%です。このように、夫側でも妻側でも、性格の不一致が原因で離婚したい人は非常にたくさんいることがわかります。, 一般的にイメージされる離婚原因である不倫や暴力よりも相当大きな割合を占めていることにも注目すべきです。, 結婚当初仲が良かった夫婦でも、だんだんと相手の性格が見えてきて、不一致を感じるようになることが多いからです。こうした場合、夫婦のすれ違いが続いて、いつのまにか離婚になってしまう、と言うことが多くなります。, こちらも読まれています新婚すぐに離婚を考えた時、今すぐ確かめておきたい3つのこと 新婚後すぐスピード離婚をしたくなっても自分の状況を客観視し、冷静な状態で「今後幸せになれるのか」判断すること。感情だけで...この記事を読む, それでは、性格の不一致を理由として離婚することはできるのでしょうか?そもそも、性格の不一致が法律上の離婚原因になっているのか、見てみましょう。, 民法に定められている離婚原因は、不貞(不倫、浮気)、悪意の遺棄(見捨てること)、3年以上の生死不明、回復しがたい精神病、その他婚姻を継続し難い重大な事由、となっています(民法770条1項各号)。そして、性格の不一致は、上記の最初の4つに該当しないことが明らかなので、5つ目の「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するかどうかが問題となります。, ここで、婚姻を継続し難い重大な事由とは、その前の不貞や悪意の遺棄などの4つに準じるくらい重大な事情である必要があると考えられています。, そして、単なる性格の不一致の場合、多くのケースで不倫や回復しがたい精神病などと同等のレベルの問題とは認められません。, 法律上の離婚原因とは、裁判上有責配偶者に対して離婚を請求できる原因です。したがって、法律上の離婚原因に該当しない限りは、相手と性格が合わないと思っていても、離婚を求めて裁判を提起しても相手が拒否すれば離婚が認められない可能性が高くなる、ということです。, たとえば、「相手の話し方が気に入らなくて耐えられないから離婚したい」といって裁判を提起しても、裁判所は離婚を認めてくれないでしょう。, それでは、性格の不一致が原因の場合、一切離婚できないのでしょうか?実際には、そういうわけではありません。以下で、性格の不一致でも離婚できるケースを見てみましょう。, まず、法律上の離婚原因がないと離婚できないのは、裁判離婚が前提となっています。日本では協議離婚や調停離婚が認められており、これらの離婚方法では、夫婦が話しあいによって離婚することができます。この場合、夫婦双方が離婚に納得したら離婚ができるので、法律上の離婚原因がなくても離婚ができるのです。, たとえば、相手の話し方が何となく気に入らないだけの場合でも、相手に対して「我慢できないから離婚して」と言って、相手が「別にいいよ。ぼくも君が嫌いだから」と言った場合には、わざわざ裁判をして認定してもらわなくても離婚できます。, それでは、性格の不一致が原因の場合には、裁判で離婚することは絶対に認められないのでしょうか?実は、そういうわけでもありません。もともと性格の不一致が原因でも、そのことが大きな問題となって夫婦関係が完全に破綻してしまったケースでは、裁判離婚が認められます。, 日本では、離婚について「破たん主義」という考え方がとられています。これは、夫婦関係が破綻しているときに離婚を認める、と言う考え方です。そこで、元々の原因がどのようなものであっても、夫婦関係が破綻してしまったら離婚が認められる可能性があります。, たとえば、もともと夫婦の性格が合わず不仲になってしまったケースで、耐えられないので妻が実家に戻って別居してしまったとします。, 夫が住んでいる家が東京、妻の実家が九州で、お互いが完全に音信不通になります。この場合、双方が特に関わりを持つこともなく、5年や10年が経過してしまうこともあります。そうなってくると、この夫婦は、単に戸籍上「夫婦」となっているだけで、実際の夫婦としての実態はほとんどまったくありません。, そこで、このような場合、すでに夫婦関係が破綻しているとして、裁判によって離婚が認められる可能性が高くなります。, 夫婦が性格の不一致を感じると、不貞などの問題が起こることが多いです。相手に不満をもつので、どうしても他の異性に目が行ってしまうのです。不貞は法律上の離婚原因になっているので、不貞があると離婚が認められます。, たとえば、妻と性格が合わないことに常々不満を持っている夫が、会社の女性と仲良くなって不倫してしまったとします。そうなると、妻は裁判で争って離婚をすることができます。, こちらも読まれています夫(妻)の浮気で離婚!その前に知るべき事や弁護士に相談すべき理由を紹介! 配偶者の浮気(不貞行為)で離婚するカップルはたくさんいます。相手が浮気している場合、まずはその証拠を集める必要があります...この記事を読む, このように、性格の不一致が原因でも、必ずしも裁判で離婚ができない、というわけではないので、覚えておくと良いでしょう。, 次に、性格の不一致で離婚できないのがどのようなケースなのか、見てみましょう。これは、夫婦の一方のみが離婚を望んでいるけれども、まだ夫婦関係が完全に破綻したとは認められないようなケースです。, たとえば、妻は夫の態度が気に入らないので離婚したいと思っていても、夫は全く気にしていないケースがあります。このような場合、妻が夫に「離婚して」と言っても、夫は取り合わないでしょう。, 例えば、妻が家を出て行っても、夫はかいがいしく生活費を全額遅延せずに支払い、「いつでも戻ってきてほしい」と言っているとします。, このような場合、妻が離婚裁判を起こしても離婚は認められない可能性が高いです。このケースでは、夫婦関係が破綻したとは認められないからです。, こちらも読まれています離婚後のお金(生活費や退職金)はどうなる?年金貯金借金や慰謝料請求についても徹底解説! 離婚をするときには、お金の問題は切っても切れない重要な問題です。 【合計=離婚原因慰謝料(60万)+離婚自体慰謝料(27.4万)= 87.4万円】 性格の不一致に対する慰謝料ではありませんが、相手に 浮気などの不貞行為やモラハラ(ケースとしてはまだ多くはありませんが、状況、立証によっては、離婚原因と認められる場合も一応あり得ます)など が認められる場合は、行った側が慰謝料の支払いを行う必要があり … 思い返すと掃除洗濯料理を終えると次の日まで寝込む妻は疲れていたのかもしれない。, 冒頭でもご紹介しましたが、2017年の司法統計では、離婚調停の申立て総数は、6万5,725件でした。その内「性格の不一致」を理由に離婚を申し出てきた夫婦は夫:1万1,030件、妻:1万8,846件と圧倒的な数です。, 全体の50%を超える圧倒的な離婚理由として長年君臨する「性格の不一致」ですが、どうしてこんな理由で離婚をするのか、多くの人が疑問に思うのは間違いないと思います。, 離婚したいと考えている人にとって、この「性格の不一致」ほど便利な言葉はないでしょう。なぜかというと、もっともらしく聞こえるからです。 弁護士費用が払えなくて泣き寝入りすることも…。, 弁護士保険は、法律トラブルで弁護士に依頼したときの費用が補償されます。 別居中や離婚後の生活費をどうするか、相手や自分の退職...この記事を読む, 以上のように、性格の不一致で離婚できるかできないかについては、専門的な判断が必要になります。自分ではわからないことも多いでしょうから、困ったときには弁護士に相談することをおすすめします。, それでは、性格の不一致で離婚する場合、相手に対して慰謝料請求をすることができるのでしょうか?このことは、慰謝料とはどのようなものかによって異なるので、まずはそこからご説明します。, 慰謝料は、相手に離婚原因を作った責任がある場合に、こちらが被った精神的損害を賠償してもらうためのお金です。, 有責原因で離婚原因を作ったことについては不法行為となるので、不法行為に対する損害賠償として離婚慰謝料の請求が認められます。, つまり、離婚慰謝料の請求原因を裁判所に認められるためには、相手に不法行為責任がないといけないのです。, ただ、一般的に性格の不一致という場合、どちらが悪いとも言えないことが多いです。そうなると、どちらかに有責性が認められる場合という慰謝料の前提がないので、慰謝料は発生しません。, たとえば、妻が夫に対して性格の不一致を原因として離婚を請求し、夫がこれに同意して協議離婚で離婚するケースがありますが、このような場合、妻は夫に慰謝料請求することはできません。夫が特に悪いことをしたわけではないからです。, この点、一般社会では、離婚するときには女性が男性から慰謝料をもらえると思い込まれていることがありますが、実際にはそのようなことはありません。, 性格の不一致が原因で離婚する場合、基本的には慰謝料は支払ってもらえません。このことは、裁判になった場合でも同じです。, ただ、性格の不一致が原因の離婚でも、慰謝料や解決金を支払ってもらえるケースがあります。たとえば、相手と話合いで離婚をする場合には、お互いが合意をしたら金銭支払いを約束することは自由にできます。そこで、先にご紹介した妻が夫に対して離婚請求した事案においても、夫が「お金を支払ってもいいよ」と言った場合には、夫が妻にお金を支払ってもかまわないのです。, ただ、このように夫に特に有責性がない場合には、慰謝料とは言わずに「解決金」という呼び方をすることも多いです。, 前述した通り基本的には慰謝料は認められないものの、不貞行為などが性格の不一致の発端とされる場合は不貞行為の慰謝料の相場である50~300万円程度慰謝料を請求することが可能です。, また、性格の不一致が原因として離婚前に相手が不抵抗を働いた…という場合でも相場程度の慰謝料を請求することが可能です。, この場合、性格の不一致が裁判上の離婚原因にならないので、夫が離婚に同意しない限り、妻は裁判をしても夫と離婚することができません。離婚するためには、夫に離婚を了承してもらうしかないのです。そこで、離婚を了承してもらう代わりにお金を支払う、というイメージです。この場合の妻による支払金の名目も、「解決金」とされることが普通です。解決金は、離婚問題を解決するためのお金です。, 性格の不一致が原因で離婚する場合でも、解決金ではなく純粋な慰謝料が支払われることがあります。それは、性格の不一致だけではなく、他の離婚原因が競合しているケースです。, たとえば、もともとは夫婦の性格の不一致が原因で夫婦仲が悪くなったケースでも、そのことによって夫や妻が浮気(不貞)してしまうことがあります。このような場合、不貞は有責行為ですから、不貞した方は慰謝料を支払わなくてはなりません。そこで、不貞された側は、離婚請求するときに相手に対して慰謝料請求ができます。, 以上のように、性格の不一致が原因でも、必ずしも慰謝料請求ができないわけではないので、覚えておくと良いです。, こちらも読まれています離婚慰謝料の相場はどのくらい?慰謝料請求できる条件も徹底解説! 離婚の際に慰謝料請求ができる場合はいくつかあります。確実に高額な離婚慰謝料の支払いを受けるためには、正しい知識を持って対...この記事を読む, 性格の不一致が原因で離婚する場合、子供の親権者はどのようにして決めるのでしょうか?, この場合には、性格の不一致自体とは直接かかわりがなく、子供の福祉の観点から、子供の親権者として夫婦のどちらが適切であるかという観点から決められます。, たとえば、子どもとどのくらい一緒に過ごす時間があるのか、今までの子どもとの関わり、今の子どもとの関係、子どもの現状、年齢などが考慮されて、総合的に判断されます。, 性格の不一致が原因で離婚したい場合には、周囲から「子どものために我慢したら」とか「我慢がない人だから、子どもは任せられない」などと言われることもありますが、夫婦の離婚原因と子供の親権者は別の次元の問題なので、こうした意見にまどわされる必要はありません。, ただ、自分勝手な考えをしていて子どもの将来について無関心な場合には、離婚原因以前に親としての適格性を疑問視されるので、親権者として認められない可能性があります。, 次に、性格の不一致で離婚する場合の財産分与について、見てみましょう。性格の不一致が原因で離婚をする場合にも、財産分与はできます。, ただし、先にも説明したように、性格の不一致のケースでは、裁判をしても離婚できない可能性があることに注意が必要です。そういったケースでは、離婚請求をしたときに、「離婚しても良いが、財産は全部こちらにほしい」と言われてしまう可能性もあります。, そうなったら、財産を諦めて(相手に渡して)離婚をするか、財産を優先してしばらく我慢するか、どちらかを選ばないといけません。, このように、性格の不一致で離婚する場合、法的には半分の財産分与の権利がありますが、実際の請求の場面で問題が起こってくる可能性があるので、注意が必要です。, こちらも読まれています財産分与は弁護士に相談|メリットや費用相場、探し方を紹介 離婚をするときには、離婚後の生活保障などのため、相手に対して財産分与の請求をすることが多いです。そのためには、適切に財産...この記事を読む, それでは、性格の不一致が原因で離婚をする場合、具体的にどのように手続きを進めていけば良いのかをご説明します。, この場合、まずは相手と話合いをすることが基本です。日本では9割以上の夫婦が話しあいによって、協議離婚の方法で離婚をしているので、まずは話合いをして、お互いが合意して離婚しましょう。, これにより、双方とも離婚に合意すると言うことであり、親権や財産分与などの点についても特に問題がない場合には、離婚協議書を作成して離婚ができます。, 協議離婚で離婚をする場合には、離婚届をもらってきてそれに記入して、役所に提出したら手続きが完了します。, 協議離婚では離婚についての合意ができない場合には、離婚調停を行います。離婚調停は、家庭裁判所の調停手続きを利用して離婚をすすめる方法です。, 調停では、家庭裁判所の調停委員が間に入って話を進めてくれるので、嫌な相手と顔を合わせることなく離婚の話ができます。この話合いによってお互いに合意ができたら、調停調書が作成されますので、それを役所に提出したら離婚ができます。, こちらも読まれています離婚調停の期間や流れは?費用からメリットまで徹底解説! 夫婦が離婚するとき、協議離婚では合意ができないなら離婚調停をする必要があります。離婚調停とはどのような手続きで、どのよう...この記事を読む, 調停でもお互いが離婚に合意出来ない場合には、調停は不成立になって終わってしまいます。この場合、次の段階としては離婚裁判(訴訟)があります。, ただ、性格の不一致が原因の場合、訴訟をしても必ずしも離婚が認められないので注意が必要です。裁判上の離婚原因がないと判断されたら、離婚請求は棄却されて無駄になってしまいます。, こちらも読まれています離婚裁判(離婚訴訟)の流れを分かりやすく5段階に分けて解説! 離婚裁判(離婚訴訟)は、まず家庭裁判所に「訴え提起」をするところから始まります。そして2回にわたる口頭弁論があり、判決へ...この記事を読む, ただ、元々の夫婦不和の原因が性格の不一致であっても、その後の経緯で夫婦関係が破綻していると認められたり、不貞などの他の離婚原因があったりする場合には裁判で離婚をすることも可能です。こうした判断が自分では難しい場合には、離婚問題に強い弁護士に相談することをおすすめします。, 以上のように、性格の不一致を原因として離婚する場合には、いろいろと微妙で複雑な問題が多いです。, 性格の不一致が原因で夫婦仲が悪化している場合、内容や程度がさまざまなので、自分達では、そもそも離婚原因があるのかどうかわかりませんし、離婚すべきかどうかも判断がつかないことが多いです。離婚手続きを進める方法についても、協議がいいのか調停がいいのか、裁判しても勝つことができるのなど、悩ましい問題が多く発生します。, 逆に、自分が離婚したくないのに相手が突然「性格が合わないから離婚してほしい」と言ってくることもあります。こうした場合、適切な対処をとらないと、思わぬ不利益を受けることがあります。, たとえば、本来なら離婚しなくても良いのに相手から強く言われて離婚してしまうかもしれませんし、本来なら支払わなくても良いのに、相手から迫られて慰謝料を支払ってしまうかもしれません。性格の不一致の裏に不貞が隠れている事案も多いので、相手が不貞しているのに、気づかずに離婚してしまうこともあります。, 弁護士であれば、依頼者の希望を聞いて、依頼者の状況を判断して、もっとも適切な可決方法を導いてくれるからです。, 今相手と性格の不一致を感じていて離婚したいと考えている場合や、相手から突然離婚請求されて困っている場合には、自己判断で対処するのではなく、まずは離婚問題に強い弁護士に相談して、アドバイスをもらうことをおすすめします。場合によっては、弁護士に協議離婚や調停離婚、離婚裁判の代理人を依頼すると良いでしょう。, GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。, 離婚後のお金(生活費や退職金)はどうなる?年金貯金借金や慰謝料請求についても徹底解説!, 養育費の平均相場は?離婚後の子どもの人数や夫(妻)の年収別に徹底解説!【令和見直し版】. 3.1 (1)不貞行為; 3.2 (2)家庭内暴力; 3.3 (3)精神的苦痛; 3.4 (4)悪意の遺棄; 3.5 (5)セックスレス; 4 慰謝料請求が難しい場合. この記事でわかること・性格の不一致で離婚できるかがわかる・性格の不一致で慰謝料請求できるケースがわかる・性格の不一致による離婚の慰謝料相場が理解できる不倫やdvなどは離婚できるが、性格の不一致では離婚できない。このような話を耳にしたことはありませんか。 性格の不一致の離婚による慰謝料相場は? 前述した通り基本的には慰謝料は認められないものの、不貞行為などが性格の不一致の発端とされる場合は不貞行為の慰謝料の相場である50~300万円程度慰謝料を請求することが可能です。 【性格の不一致】とは何かを徹底解説!離婚したいという方の8割は「特に理由もない」というのが現状で、離婚原因ランキングの1位となっています。この記事では、性格の不一致で離婚する夫婦のホンネに迫るとともに、進め方や慰謝料請求が出来るのかなどをご紹介し … 離婚調停の慰謝料は?モラハラや性格の不一致などの相場って? 平成16年には離婚件数全体の8.7パーセントだった調停離婚。平成20年にはじりじりと増え9.7パーセントに。これからも増加する傾向にあるとみていいでしょう。 離婚トラブルだけでなく、子供のいじめ、労働問題等でも利用することができます。. 妻は専業主婦だった。 現在、日本では2~3分に1組のスピードで離婚が成立していると言われています。 多くの夫婦が離婚を選択しているわけですが、その原因は多種多様です。 DV 状況 妻から性格の不一致を理由に離婚を請求されていました。その際、妻は夫に対して慰謝料を請求してきました。 活動 妻は夫に対してモラハラ等を理由に300万円の慰謝料を求めていました。しかし、当方は、そのような事実はないと […] 不倫の慰謝料請求をされた方はこちら>> 1 慰謝料とは. しかし、それも最初だけです。相手の行動に怒りを覚え続けるのにも大変なエネルギーが必要です。こう言う人なんだと理解していれば、自ずと生活態度も気にならなくなります。 次項の「離婚慰謝料の計算基準」でも詳しくお伝えしますが、慰謝料額は離婚原因やパートナーの収入により上下します。 性格の不一致だけで慰謝料は発生しない . 慰謝料とは、精神的苦痛に対して支払われる賠償金のことをいいます。 よって性格の不一致というだけでは、慰謝料が発生することはありません。離婚時に支払われる 慰謝料の代表例としては、浮気や不倫といった不貞行為、暴力や虐待と … たとえば、「やたらと嫉妬深く執拗に配偶者のプライバシーを侵害している場合」です。, 程度がひどくなると被害妄想に陥り、浮気を決めつけてやたらと責め立てたりといったケースなどが該当します。, 度を超えると夫が一歩も妻を外にださなくなったりすると、やはり「性格の不一致」という理由で離婚に向けて準備した方がいいかもしれません。, あるいは、家に帰ってきても「疲れたから....」と話もしないなど。妻は「単なる家政婦なんじゃないの?」って空虚な思いをするかもしれません。, 一概にいくらですとは言えませんが、慰謝料の算定方法を参考に、ケースモデルをご紹介します。, 離婚の慰謝料には2種類あり、離婚すること自体への慰謝料と、離婚原因を作ったことに対する慰謝料があります。婚姻年数や子供有無などによって金額は変動します。, 「性格の不一致で慰謝料請求をしたい」という方も多いですが、性格の不一致だけでは基本的には慰謝料の支払いが認められることはないとされています。, しかし、「性格の不一致が原因で夫婦関係が壊れてしまい、夫(妻)が不貞行為に至った」などの理由があれば、慰謝料の請求は可能になるでしょう。, つまり、不貞行為などの夫婦関係を壊すほどの「不法行為」があり、それが性格の不一致を発端とするものであれば、50万円前後の慰謝料は請求できるかもしれません。, Aさん26歳・事務職で月収15万。結婚生活3年目