人生行路に大きな違いがあります。 例えばこの方 . 守護神を使い尽くすほど、幸せな晩年が待っている命式です。, 無形の性質(有形は木性、土性、金性)同士なので枠がなく、激しい激突になります。その激しい激突は溢れんばかりのエネルギーを生み出します。 ある特定の五行が強すぎれば、その五行の強度を抑えてくれるものを考えます。 算命学のやり方. ポピュラーな占いの1つである算命学について知っているでしょうか。算命学は中国の陰陽五行思想に基づく占星術で今から2000年以上前に中国で学問として確立されたものです。生年月日から導かれる命式をもとに日本でも独自の進化を経て現在に至っています。 己 辛 庚. 暗くて寒い冬の最盛期に生まれた甲(こうぼく)にとっては、明るい灯火である丁(ていか)や、温かい太陽の丙(へいか)が自分を守ってくれるものになります。 「算命学」という占いをご存じですか? 「彼氏がほしいが、出会いがない」「彼氏がなかなか結婚の話をだしてくれない」「仕事がうまくいかない」「仕事が忙しいことは幸せなことだけど、私はこのまま歳をとっていくのか?」「そもそも私は幸せになれるのか?」 なかなか口に出せないけど、そう思っている人は多いのではないでしょうか。 周りの友人は次々に結婚していき、結婚していない友人も仕事に楽しさを見つけている…それに比べて、自分は…なんて不安を抱えている方も、いるのではないでし… 具体的には、自分の守護神となる十干(五行)を日干に通して十大主星に置き換えます(*1)。そして、その十大主星の特徴を意識した生活を送れば、守護神を取り入れたことになります。, *1:十干の交わりで置き換えわる十大主星はこちらの一覧表「十大主星表」で確認できます。, 忌神とは、守護神(バランスの神)を弱める十干のことを言います。五行のバランスを崩す原因になる十干も忌神として扱います。, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。. 守護神がシッカリ働く宿命の方もおられます. 守護神は全体守護神と調候守護神の二つに分けることができます。 それを踏まえて、守護神法をまとめると下記です。 全体守護神と調候守護神でそれぞれ守護神取りをした結果、どちらも同じ五行になる場合はその人にとって最も重要な守護神であると考えることができる 日干「辛」 12 月生まれの守護神. あまり聞きなれない「算命学」というキーワードですが、実はとても身近に感じることができて、奥深い学問なんです。難解で難しいからこそ、そこから知れることがとても深い。こんなことが気になる人にはおすすめです。 ・今の彼との相性を知りたい ・好きな彼の好みを知って攻略したい ・結婚を考えている彼がいるけど彼は運命の人? ・彼と結婚したらどんな結婚生活になるの? ・今の旦那さんと彼、本当はどっちの方が私 … 今回は四柱推命の守護神の意味について解説していきます。 厳密には守護神とは算命学の呼び方で四柱推命では『調候用神(ちょうこうようじん)』と言います。 なのでこの記事では守護神を『調候用神』という呼び名で読んでいこうと思います。 守護霊と一緒に「誰にでもついているの?」と語られがちな守護神。けれど、実際にどんな存在を守護神とするのかについては、かなりの説があります。各国の神話に登場する守護神や占いの観点からの守護神まで、たくさんの疑問があるはず。守護神とは? 【算命学の命式とは2】守護神とは. 丙 壬 甲 戊. 古代中国の学問として発祥した算命学は、東洋占術のなかで人気がある占術のひとつです。算命学ではそれぞれの人に守護神がいて、その守護神が大切な存在とされています。今回は、算命学の守護神についてと、守護神の求め方を紹介するので参考にしてみてください。, 東洋占術のなかでも人気がある算命学は、生年月日がわかればその人の本質・表面上の性格・運勢といったものを鑑定することができます。また、占いたい相手の生年月日がわかれば相性がわかるため、恋愛や結婚の相性を調べたいときに効果的な占術です。算命学では生年月日から命式を導き出しますが、自分で導き出すためには勉強が必要です。しかし、ネットを利用すれば簡単に命式を導き出せます。算命学を試してみたい方は、「算命学 命式」で検索すればサイトが見つかります。, 算命学のなかでも、とくに重要とされているのは守護神です。守護神とはその文字があらわすとおり、人を守護してくれている神様です。算命学においては、それぞれの人に守護神がいて守っているとされています。また、守護神には人をサポートする役割がありますがあくまでもサポートだけであり、幸運を運んでくれる存在ではありません。, 守護神の種類には、調候の守護神と調和の守護神があります。調候の守護神とは、日干と月支の関係性から守護神を決定する方法です。日干とは自分自身のことをあらわし、月支は季節をあらわします。このときの季節は、春夏秋冬のことです。調候の守護神の役割は、魂を守ることです。, 調和の守護神は、宿命全体のバランスを見て守護神を決定することが特徴です。このバランスとは五行(木・火・土・金・水)のことで、命式を導き出したときに五行が自然に判明します。このときに判明した五行をチェックして、その人にとって必要なものが調和の守護神になります。調和の守護神は、宿命や運勢をスムーズにするための役割を担っています。, 算命学において守護神を導き出すときは、まず最初に調候の守護神を求めます。宿命によっては、調候の守護神が見つからないケースがあります。調候の守護神が見つからないときは、調和の守護神を求めます。このときに、調候の守護神だけではなく調和の守護神がいない宿命のもち主がいます。また、人によっては調候の守護神と調和の守護神を両方とももっていることがあり、それがそれぞれの人の宿命となります。つまり、守護神は必ずしも全員が2つもっているとは限りません。, 算命学では、最初に調候の守護神を求めます。調候の守護神を求めたいときは、日干と月支に着目します。月支は季節をあらわしていて、そこにあらわれている十二支と十干がそれぞれ意味をもちます。そこから、その人に不足しているものがなにかを見極めて守護神を導き出します。これは専門的な知識が必要なほか、守護神表を確認する必要があります。そのため、自分自身で導くのではなく、占い師に相談をして守護神がなにかを鑑定してもらいましょう。, 調和の守護神は、宿命全体のバランスをみて導き出します。こちらも調候の守護神のときと同じように、十二支と十干のバランスを確認するため専門的な知識が必要になります。そのため、調候の守護神・調和の守護神ともに正確に知りたい方は、算命学が得意な占い師に相談しましょう。, 算命学はネットを利用すれば簡単に命数がわかり、自分の運勢や宿命をチェックできます。また、算命学が得意な占い師に相談することで、より詳しく運勢や守護神について鑑定してもらえます。. クリントンさんの宿命を用いて、算命学の練習をしてみましょう。 生年中殺 クリントン大統領は戌亥天中殺ですが、天中殺の戌が年干支にあるため(丙戌)、生年中殺となります。生年中殺は、親縁が薄く、親を頼れないことが特徴です。クリントン大統領は、母 算命学を語るに辺り、『守護神』の存在を語らないわけにはいきません。 守護神とは、安定した人生を過ごせるよう、サポートしてくれる存在です。 算命学では生まれた時に、守護神のあり方が決まっていると考えられています。 相剋と比和しかない(相生がない)命式は基本的に激しい人生や戦いの多い人生を示唆します。, 引き続き相剋関係が多い命式の例題を見ていきます。 宿命の日干と月支から導き出される 守護神 というものがあるのですが. 【算命学】では. 未 巳 子 (*今日生まれの方の命式です。) 守護神法(=十干=空間)では、主に精神的な世界の運勢を見ることができます。, この二つの技法を使いこなすことが運勢を正確に見るために大事です。どちらか一つの技法に偏って運勢を紐解こうとしてはいけません。, 守護神は全体守護神と調候守護神の二つに分けることができます。それを踏まえて、守護神法をまとめると下記です。, 全体守護神とは、単純に、陰占の日月年の干支の中でどういう五行があればバランスが保てるかを考えます。 守護神というのは心のバランスを取るための十干であって、いいことが起きるか悪いことが起きるかというわけではありません。人生の局面で救われるかどうかなのです。自分を見守ってくれて困った時に手を差し伸べてくれる存在のようなものです。, 人が救われないと感じる時というのは、精神が偏っている時です。守護神に恵まれなず、精神のバランスを保つことが困難な場合は、他力本願ではなく誰の救いも必要としない覚悟が必要であり、自力でやるしかないので、大変さも増します。そのことで逆に人間的な成長をすることもあるので、守護神がいるいないが良い悪いということではありません。, 自分の命式を五行で分類してみて、自分に足りない五行や、多すぎる性質を抑えてくれる五行があれば、その五行を日頃の行いや生活習慣で取り入れるようにします。そうすることで、全体守護神を自分の生活の中に取り入れることができます。, 五行はそれぞれ、木性=福(精神)、火性=寿(健康)、土性=禄(経済)、金性=官(名誉)、水性=印(知恵)に当てははめることができます。それに従って、どういったことを心がければ全体守護神を取り入れることができるのか、足りない五行ごとに具体的な開運アクションをご紹介します。, 次に、命式の中の五行が相剋ばかりの場合を見ていきます。 丁 丙 庚. 古代中国の学問として発祥した算命学は、東洋占術のなかで人気がある占術のひとつです。算命学ではそれぞれの人に守護神がいて、その守護神が大切な存在とされています。今回は、算命学の守護神についてと、守護神の求め方を紹介するので参考にしてみてください。 算命学では、守護神が貴重な役割を果たします。 守護神とは人が生まれながらにしてもっている、自分を守護してくれている神様のことです。 算命学の命式の出し方と見方 … やっぱり この日過ぎたら 嘘のようにスッキリ元気になったわー!いいぞいいぞ~この調子~さて。私は昔から自分がプライベート で 注目されるのがものすごく嫌いでした。 プライベート を 注目されるのが 興味を持たれるのがと言った方がいいかな? 算命学では守護神という存在は必要不可欠なものです。 しかし、算命学を学び始めたばかりの方には少々難しく感じられるかも知れません。 まずは、陽占や陰占についてしっかり知識を身に付け、守護神はその後に学ぶと良いでしょう。 調候守護神は、あなたの命式にある日干と月支の組み合わせから出すことができます。, 本来であれば年運や月運、あるいは大運で回ってくる十干十二支の五行バランスも考慮する必要があるため、その時々で適切な調候守護神を出すには高度な算命学のスキルと経験が必要になります。, 本サイトでは、調候守護神を出す際の基本的な形(命式内の日干と月支の組み合わせ)を取り上げて、調候守護神を出すための考え方を説明していきます。, 人によっては、全体守護神と調候守護神において、自分の守護神となる五行や十干が自分の命式内にない人もたくさんいます。そんな人でも、守護神を自分の人生に取り入れる事はできます。 冬の気である水の気がもっとも強くなる時期に生まれた辛(しんきん)にとっては、凍る寒さをやわらげてくれる太陽の丙(へいか)と、辛の宝石を洗って輝かせてくれる水の壬(じんすい)が自分を守ってくれるものになります。 守護神法とは、命式の陰占の中で五行に偏りがある場合に、生活習慣や考え方を工夫することで五行の偏りをなくし、バランスの良い状態にすることで救いのある人生に導いてくれます。, 守護神とは具体的には、宿命のバランスを取る五行や十干を指します。 この命式では、水と火に偏っていますが「3:3」なので、ある意味ではバランスが取れています。後天運の大運で木性や土性や金性が回ってくると、このバランスは崩れます。そのため、全体守護神は, 福(精神)を意識して高めることが大事。ネガティブや鬱にならないように精神的な力を高める。, 寿(健康)を意識して高めることが大事。健康を害さないように健康を意識した生活を送る。, 禄(経済)を意識して高めることが大事。金銭的苦労をしなくていいように、経済的な土台を築くように頑張る。, 官(名誉)を意識して高めることが大事。自分の名誉が傷つかないように、自制心のある節度ある行いを意識する。, 印(知恵)を意識して高めることが大事。無知が足かせにならないよう、色んなことに興味を示して見識を深めるようにする。, 全体守護神と調候守護神でそれぞれ守護神取りをした結果、どちらも同じ五行になる場合はその人にとって最も重要な守護神であると考えることができる, 守護神となる五行や十干が自分の命式の中に含まれていると、意識しなくても人生の中で発動しやすい, 五行のバランスで日干が弱っている場合は、その日干を応援する(=生じる)十干が調候守護神になる, 五行のバランスで日干が強すぎる場合は、その日干を抑えてくれる(=剋してくれる)、あるいは解放させてくれる(=洩らさせてくれる)十干が調候守護神になる, 五行のバランスで日干のバランスを取るための調候守護神なので、基本的には、日干と同五行を調候守護神に選ばない。. Copyright ©  算命学Stock All rights reserved. 自分で守護神となる五行の特性を取り入れる努力をすれば、誰でも守護神を持つことができます。, 命式内の5行の関係性において、相生関係がなく、相剋関係が多い命式の人は、相剋を通過(横線:現実世界・戦い)して晩年の幸せ(縦線:精神世界、学び、楽しみ)に繋がります。, 調候守護神とは季節の調整をし、日干(あなたの素質)を最大限生かしてくれる十干のことです。 2019年を平穏に過ごすために中国生まれの「算命学」で運勢を占いませんか?しかし占い初心者にとって、干支を使っての“命式”の出し方が難しく、算命学で占うのは??と思われがち。そこで今回は、初心者にも簡単な算命学の「命式」の出し方&見方についてまとめました。 宿命には五行のいずれかが欠ける場合があります。五行を五徳(福寿禄官印)に当てはめて、五徳の欠ける宿命の見方を勉強してみましょう。 お2人には宿命の上での共通点がいくつかあります。 (1)宿命に官がない (2)日干支が同じ (3)下格 (1) 命を削るほど何かに打ち込めれば最高です。全ての情熱を傾け、のめり込んで没頭することができれば、有終の美を飾ることができるでしょう。 守護神とはその人を生きやすくさせてくれるものを言います。守護神法は算命学において超重要技法です。あなたの周りの人間関係では,誰が守護神になるでしょうか?また,誰が忌神でしょうか? また、足りない五行があれが、それを補うための五行が守護神となります。 算命学の式では、3×3の9つのマスに生年月日から計算した干支を当てはめていきます。算命学の中でも一番重要なのが守護神です。算命学で言う守護神は、その人の人生がより良い人生である為の手助けをしてくれる存在で、守り神の事です。 算命学のやり方を教えます!一からやると莫大な書籍が必要で、さらには時間もかかるので、ここではサイトを使って賢く占いましょう。 算命学では、自分の命式や天中殺を導き出すことがまずは必要です。 算命学雑記 2018.10.20 天将星の話 算命学雑記 2019.11.8 戊亥天中殺の人の「天中殺が明けてそれから」 東洋思想 2020.5.9 宿命中殺、異常干支、二天将星 スケールの大きな生き方と宗教について 維摩… 算命学雑記 2019.1.16 戊亥天中殺の人と引き寄せの法則 忌神が透干していると下格と言います 法施と恵施の徳を積み、宗廟社稷の中で宇宙神を祭り、少しのエネルギーを神様に分け与え、禊払い祝詞、龍神祝詞を唱えると、宇宙神は五穀豊穣でその存在を証明されたるという実例の体験談をお話させていただきました。 この命式は、日干が他の干支から剋されているケースです。この場合も現実的な苦労(お金や仕事、結婚など)を先に経験する傾向があります。その方が、晩年に向けて豊かになれます。, 例題を見てきて分かる通り、守護神は必ずしも命式内にあるものじゃないと使えないというわけではありません。 算命学の守護神と忌神の種類と意味を教えていただけますか? azur_flowです。算命学における守護神と忌神について(守護神法と言います)は、算命学のキモなので、これを本気で説明しようとすると、本 … 調候(季節)の守護神が取れない命式調候(季節)の守護神は、魂の癒しの守護神です。宿命に調候の第一守護神が28元を含めて1点も無い命式の人もいます。命式の見方において、宿命の中から、必ず、守護神を捜さなければなりません。(ここに鑑定者の力量があります。 日干「甲」 12 月生まれの守護神. 自分の人生の中に守護神を取り入れることができれば、安定感に恵まれ、ラッキーなことが起こりやすいです。また、健康を保つことも出来ます。, 位相法(=十二支=時間)では、主に現実的な世界の運勢を見ます。 算命学での守護神という考え方は、中庸思想から成り立っていると言われています。 算命学は全てにおいて中庸思想が基本です。 例えば、命式の五行を見る時もバランスを重視しますし、五行が偏った状態を凶と示しているほど、バランスを重視しています。 ここで紹介するのは水火既済と言う、最も激しい相剋関係が成立するケースです。, この名式は、俗に言う完全美と言っても良い運勢です。 どちらの方も生き方次第で当然ですが幸せを手にする事は出来ます 算命学では守護神(命式に良い影響を与えるもの)が透干していると上格と言い. 算命学は東洋における人間探求学問の雄として、国内はもとより、海外からも強い関心を呼んでおります。「人は如何にして生きるべきか」という根本命題のもとに、一人一人のこの世における役割を発見していくこと。それが算命学の役割なのです。 守護神. 算命学では天中殺や守護神、忌神など数多くのキーワードがあるため、当たるか当たらないかで一喜一憂してしまうのは仕方がありません。 その中で自分の中にある困難は全て自分自身の糧になると思って頑張っていきましょう。 守護神は消えるが、財運は良くなるという・・・。 干合変化したほうが良いのか、しないほうが良いのか、ますます混乱!! 守護神は守護神で、格は格で別に見なければならないそうです。。。(格の守護神はまた見方が違って後の授業で習うとのこと) この守護神が宿命(陰占)の中にあるのとないのとでは. 木性は樹木や草花を表し、活木(かつぼく)と死木(しぼく)に分けて考えます。 活木にとっては火性と水性がともにあることが喜びとなります。太陽の光を浴び、水を吸い上げて成長します。 死木の場合は火性と金性があることを喜びとなります。切り倒して材木、加工材として役立てたり、火を燃やすための薪、燃料として利用します。 このようなことから、活木の場合、火性と水性が守護神、死木の場合火性と金性が守護神 …