与那国島・波照間へ行くフェリー. この3つの方法で一番安く行けるのが、 ③那覇空港から南ぬ島石垣空港に飛び、石垣島から与那国島行きのフェリーで行く方法 です。 フェリーで与那国島に行くデメリットとメリット. 『石垣島3日→西表島3日→波照間島2日→石垣島4日→与那国島4日の旅行に行ってきました。1人時々2人旅。与那国島編☆この旅最後の島は与那国島。石垣島で一緒だった友...』与那国島(沖縄県)旅行についてeri~さんの旅行記です。 まずは飛行機で与那国島に行かず、フェリーで与那国島に行くデメリットとメリットを紹介しておきます。 日本各地から沖縄へ、さらに離島へのフェリー情報を網羅。フェリーや高速船の料金一覧を紹介。沖縄旅行のウェブマガジン「たびらい沖縄」はおすすめ観光情報が満載。現地・沖縄から旬な情報をお届け … 与那国島へのフェリー料金は大人片道3,550円、往復6,750円。 小人片道1,780円、往復3,560円です。 日本最西端の島へ往復で7,000円かからないので、石垣島観光の時には与那国島への渡航も考えてみてもい … まず、与那国島までの行き方。これには主に2通りの方法がある。 1つ目 ・石垣島へ渡り、それからフェリーで与那国島へ行く方法。 →ゲロ船と呼ばれる「フェリーよなぐに」に乗船して4時間半かけて与那国島を目指す方法。 思えば与那国島が八重山で最後に訪れる島となってしまった。石垣島から遠いということもあるが、ビーチやイノーがほとんど無く、シュノーケラーにとって楽しめるポイントが少ないと聞いていたのも敬遠していた理由の一つだな。 与那国島は、石垣島よりも台湾からのほうが実は近いんです。 石垣島からのフェリーも運航していますが、便数は限られています。 またフェリーは長時間の航路となるため、快適な移動手段として飛行機をおすすめします。 与那国島へ行く「フェリーよなくに」と、その乗船券を購入する福山海運の事務所、ならびに波照間島へ向かうフェリーの「フェリーはてるま」など、貨客船は乗り場が離 … 日本最南端の有人島・波照間島。八重山諸島の中でもはずれに位置する波照間島は、周囲の厳しい海洋条件から船の欠航率がかなり高いのです。今回は石垣島から波照間島に運行するフェリーについて、種類や欠航しやすい季節や予約方法などをまとめました。 石垣島から与那国島へ行くには、飛行機で1日3便またはフェリーで週に2便の運航となるため、泊りがけで遊びに行くのがおすすめです。 ドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地 として知られており、地上から海中まで魅力たっぷりの島です。 【ykf】石垣島からさらに南の島々へ!八重山諸島日帰り離島観光ツアー&定期船運航。 tel: 0980-82-5010 ... 八重山観光フェリー船舶紹介 石垣島の周辺には西表島・竹富島・小浜島・黒島・鳩間島・波照間島・与那国島の7つの有人島があります。 このうち 航空便があるのは与那国島のみで、他の離島へは船便のみ になります。 各離島行きの定期高速船は 離島ターミナルから出港 しています。