沖縄県の人口は約142万人ですが、その中でも「比嘉さん」や「金城さん」の苗字をよく耳にすると思います。他には「大城さん」や「宮里さん」なども個人的には知り合いに多いですね。 本土と違って珍しい名字の こちらでは古風な苗字(名字)を、一覧でお届けします。和風で素敵なものや、美しいもの、由緒正しい雰囲気のもの、名前のような苗字など個人的な好みでピックアップ。自分の苗字が入っているのか探してみるのも楽しいですね。ぜひご覧ください。 沖縄の人の苗字って、ちょっと変わっていると感じたことはありませんか?そのワケさかのぼること17世紀。中国と交流の際「日本風の名前は貿易に不利になる」、そんな理由から日本らしい苗字の改名を強いられたのだそうです。理由はもとより、まずはご覧あれ。 苗字は先祖から代々受け継がれる家系の名。日本には非常に沢山の苗字があります。最も割合の多いあの苗字から、変わり種の珍しい苗字、読み方の分からない難読苗字まで、ありとあらゆる珍しい苗字をご紹介します。ひょっとすると苗字からあなたのルーツが分かるかもしれません。 金城の呼び方も本来は「カネ(ナ)グスク」でした。 沖縄県は変わった苗字の人が多いと思いませんか。実際、現沖縄県知事のお名前は「翁長」さんですし、その前の知事は「仲井真」さんでした。どちらも他の県ではほとんど聞かない苗字ですね。これには何か理由があるのでしょうか。沖縄県に多い苗字沖縄県に多い 2014年11月06日 00:00地域 都道府県 名前 「佐藤」や「鈴木」といった日本に多いとされる苗字もあれば、耳慣れない苗字も数多く存在します。 投稿者:diffoki_adm 51年 前 沖縄の苗字の歴史. ©Copyright 2020 Carat Woman. 沖縄県には、同県特有の珍しい苗字(名字)、変わった苗字が多いです。そんな変わった苗字の紹介や、珍しい苗字が多い理由について本記事では掘り下げていきます。また、沖縄県も含む全国にある都道府県の特有の苗字(名字)については、下記の記事を参照下さ 沖縄と言えば、沖縄料理や方言など、日本の他の地域にない独特な文化がある地域ですが、沖縄の人の苗字も珍しいものだらけです。ということで、仕事で4年間沖縄に住んでいた私が実際に出会った、珍しい苗字をご紹介いたします! 日本の名字(苗字)の99%を網羅する、検索No.1の姓氏情報の総合サイトです。今評判の沖縄県名字ランキング。人数の多い順で並べた日本人の苗字ランキング。地域ごとの分布に特徴が。あなたの苗字は何位?希少、レアな名字、かっこいい名字も。 運営:ルーツ製作委員会,株式会社リクスタ 珍しくてかっこいい沖縄の苗字ランキング 1位から9位. 今回は、沖縄に実在するかっこいい苗字(名字)の中から漢字三文字の苗字を一覧にしてご紹介します。 かっこいい苗字なんだけど読めない!いや~、初めて見る珍しい苗字だ!・・・そんな苗字って見たことありませんか? しかもこのよう・・・ All Rights Reserved. 沖縄の難しい地名と漢字 2014年4月17日. 2014年5月1日現在、沖縄県の推定人口は約1,418万人(平成22年国勢調査確報値に基づく推計)のため、沖縄人口の3.2%を占めることになる。 今回は、沖縄に存在すると言われるかっこいい苗字(名字)をランキング形式でご紹介します。 「いや~!珍しい響きの苗字だな~!」「うん?なんだ、このかっこいい苗字は!?」・・・そんな苗字が沖縄の苗字だった! ・・・なんて経験・・・ Copyright (C) 2020 生活百科 All Rights Reserved. 沖縄に集中している苗字なのがわかりますね。 蓼丸(たでまる) 蓼丸という苗字を聞いた時にピンと来た人もいるのではないでしょうか? 実はある有名人の本名がこの蓼丸という苗字なのです。 現在は広島県に1世帯だけ存在している苗字となっています。 ホーム 沖縄の難しい地名と漢字 沖縄の苗字の歴史. まずは人口の多い順に三文字の苗字のベスト20を発表!やはり20位に入る名字の人は人生で1度はあったことがある感じです!こうしてみると三文字の姓も結構あるんですね!全国で確認されている人数と最も多く存在する県名を調べてみました! 沖縄で一番多い名字って何? 明治安田生命は8日、全国同姓調査の結果を公表した。2018年5月時点の契約者約655万人を対象に同年7月に実施したもので、それによると全国で最も多い名字は「佐藤」で、2位が「鈴木」、3位は「高橋」だった。 沖縄の人の苗字は、本土出身者にとっては難読なものばかり!しかも、初対面でいきなり「なんて読むんですか?」とはさすがに聞けません。沖縄で恥をかかないためにも、ぜひ知っておきたい苗字があり … 江戸時代から「えたひにん」という最下層の身分の人達を、一定の被差別地域に集めて差別していました。その後は「同和部落」という呼び方で被差別され、現代でも問題になっています。被差別部落の一覧や大阪のあいりん地区の芸能人などを紹介します。, 日本に被差別地域が生まれたのは、江戸時代に身分階級が導入されてからだとされています。差別を受けることを被差別といい、差別を受けた人々が集まって暮らした場所を「部落」と呼んできました。, 江戸時代には士農工商の下に穢多・非人(えたひにん)という階級がありました。穢多・非人(えたひにん)は、死体の処理や皮革の処理等をしていた人達です。, 穢多や非人の階級では、一定の地域しか住めずその地域から出ることも許されていませんでした。そうした被差別地域に暮らす人を当時は被差別部落民といい、略して部落民と呼びました。, このような限定された被差別部落に住む人は近親者が多くなり、それ故に同じ苗字の人間が多くなる、許された職業に因んだ苗字の人間が多くなると言われています。, 全国の地域毎に、被差別地域の苗字一覧というものも存在します。被差別部落とされている地域も、歴史を遡ると真偽が不明なこともあるため、一覧にある地域や苗字が必ずしも差別と関係があったとは言えません。, また、被差別地域に多かったとされる苗字も特別なものではなく、全国的には良く見られるようなありふれた苗字も少なくありません。, しかし昭和以前の時代では、被差別地域に多かったとされるものと同じ苗字を名乗るだけで、差別の対象になることも多かったそうです。, 総務庁生活実態調査によると、長野県には254地区の同和地区(被差別地域)が確認されていると発表されています。そのため長野県には多くの被差別苗字が伝わっています。, 例えば上田市だけでも、「朝倉、石井、石坂、石巻、市村、大井、小川、加賀美、木藤、小坂井、小林、佐藤、沢、白石、城山、鷲野、高橋」といった苗字が列挙されています。, 大阪の吹田市の被差別苗字には、「尾崎、川端、小西、高嶋、高田、原田、山尾」があり、池田市には「谷畑、辻、西本、南、森」、高槻市には「大木、大倉、岡本、岡山、長村、数村、河内、」があります。, 大阪府内では被差別地域をなくすために、地域名を変更しているところもあります。そして変更した名前には、それまでのイメージを隠すために綺麗な地域名に変えていることが多いそうです。, たとえば、神戸市西区玉津は「神戸市西区水谷」に、尼崎市長洲大門は「尼崎市長洲中通り」といったように変更しています。, 広島の被差別苗字には、例えば庄原市では「青山、赤木、赤丸、揚口、足立、荒田、池口、池田、岩滝、岩瀧、上野、榎木、江原、大田、太田、大藤、岡田、角本、桐岡、黒田、桑原、白根」といった苗字があると言われています。, 愛媛県の松山市では「伊賀瀬、池田、石田、上田、大野、大原、大本、岡田、鍵谷、亀岡、加茂、川添、川田、菅、島岡、竹原、前田、松尾、松本、森田、山崎、山下、山台、吉岡、蓮花」のような苗字があります。, これまで紹介してきた苗字一覧からも分かるように、被差別部落で多かったとされる苗字は全国的に見てもメジャーなものが多く、この苗字の人は〇〇出身、と決めつけられるものではありません。, 上の動画では被差別部落と苗字について、地図を用いて苗字の分布などを解説しています。, 珍しい苗字の人が多い地域であっても差別とは無関係の土地であることも多く、苗字と部落には関係があるからといって苗字が差別の理由にはならないことをあたまにいれておいてください, 江戸時代には士農工商以外に穢多・非人(えたひにん)と呼ばれる、最下層に属する身分がありました。そして彼らは一つの集落に集められて、外の世界とは遮断された生活を強いられていたとされます。, 日本でも昔から差別部落があって、一定の職業を持つ身分の低い人達を一定の地域にひとまとめにして、外には出さないようにしていました。, その被差別部落の人は、就職や結婚、交友関係において、あらゆる物質的、身体的、精神的差別を受け続けてきました。, 被差別部落では、昭和の時代になってからも下水道や飲料水の完備がなされなかったり、インフラが他の地域よりも遅れたり、道路の建設がされなかったり、河川の整備がされなかったりと、公的にも差別を受けていました。, 被差別部落に住む人たちは職業も限られていました。一般の人が忌み嫌うような仕事である、と殺や肉を扱う仕事、皮革の仕事などでした。地域によっては竹細工を仕事にしているところもありました。, また、古くは処刑上の死刑執行補助役などを仕事にしていました。現在でも、廃棄処理やゴミ収集、し尿処理といった人が嫌がる仕事をしている人も多いといいます。, 「えたひにん」は、河原に住んでいたり、川沿いの安定していない場所にしか住むことができず、土地を所有することは許されず、草履作りや竹細工などの家内工業で生計を立てていました。, 穢多・非人(えたひにん)の身分の人達は、江戸時代では福岡県、広島県、愛媛県などの西日本地域に多く、400を超える同和地区が現在でも残っています。その他には「京都」が多くの被差別部落のあった地域です。, 穢多・非人(えたひにん)の身分は、被差別部落に住み、毛皮を処理していたこともあり、「皮○」や「革○」という苗字が付けられていたこともありました。しかし、現代では「川○」などに変えている家系もあります。, 被差別部落地域として京都の崇仁地区があります。その場所は京都駅の南口から歩いて数分の場所にあって、かつて関西有数京都最大の被差別部落でした。, 京都駅の南口を出て、しばらく歩くと青い建物が現れますが、これは柳原銀行記念館で、日本で唯一同和地区出身者が設立した銀行です。, この銀行は明治32年に明石民蔵ら地元の有志によって設立され、他の金融機関で融資が受けられるのが難しかった崇仁地区の業者に融資していたそうです。, 被差別部落では地域差別につながる特徴がいくつかあります。また被差別部落には白山神社が多く存在するといわれています。, 被差別部落の地域差別の特徴のひとつに、自然環境が厳しい場所にあることがあげられます。被差別部落の多くは、平地ではなく、川べりの水はけの悪い土地に住むことを強要されています。, つまり非常に厳しい自然環境の場所に住まなければならなかったのです。そんな場所は、昔から水害被害を多く受けてきました。被差別部落は川と川の間など通常では住居に適さないような場所にも住んでいました。, 被差別部落の地域があるとことは、近郊の「部落」以外の地域の学校と統合しようと思っても、被差別部落以外の住民の反対にあってうまくいきませんでした。, 被差別部落の学校は、その他の学校と違って校区も狭く、被差別部落内に限定されますから、生徒数が異常に少ないことも特徴です, 被差別部落の特徴の3つ目は、改良住宅があります。改良住宅というのは、行政が「部落」にあった古くて危ない家を取り壊し、新しい住まいを作った住宅のことです。, 改良住宅は、通常は最先端の建物を建てたり、機能的でおしゃれだったりするのが特徴です。しかし、被差別部落や同和地区に限って近代的な建物とはいえず、全て同じ形状をしている画一化した殺風景な建物です。, 被差別部落の特徴の4つ目は、「部落」の人達の柄が悪いというレッテルを貼られることが多いということがあげられます。, これは被差別階級であったえた・ひにんのうち、非人は犯罪者やその近親者を指すことがあったことに由来すると考えられています。, 被差別部落の特徴の5つ目は、愛知県より東にある都道府県の「部落」には必ずといっていいほど、白山神社が祀られていることがあります。香川県では3社ある白山神社の2社が、被差別部落の中に位置しています。, 関東の白山神社の御神体は菊理姫であったり、伊那那岐・伊那那美だったり多様ということですが、どうして被差別部落に多いのかはよく分かっていないようです。, 被差別地域に住む人達は、色々な差別を受けています。それらは生活する上で深刻な差別もあります。, 被差別部落の人達は、近親者としか結婚できないから血が濃くなるとか、外から血が入ってこないといわれていますが、それは偏見だそうです。, 被差別部落の人達は、結婚で差別されやすいのはありますが、だからといって自分達の地域だけで結婚しているわけではないそうです。同一地域内だけでなく、遠く離れた被差別部落の人と結婚していました。, 親同士が見合いをさせたり、地域外から同じ身分の家柄ということで、結婚することも多かったようです。, 被差別部落では、同一地域で同じ苗字を使うことも多いという特徴があります。そのため、その苗字を名乗るだけで「部落の人間だ」と差別されることも多いようです。, また、被差別部落とは関係ない人でも、同じ苗字という理由だけで「同和」の人間ではないかといった偏見や差別を受けることもあるそうです。, 日本では、特に結婚することが当事者だけでなく、それぞれの家が関係するという意識が強いのは現代も変わりません。相手の家柄や血筋といったことが個人の資質よりも重要視される傾向にあります。, 調べてみたら結婚相手が被差別部落出身だったから、婚約を解消されたという話は、昔は多くあったそうです。実際に結婚を反対されて、自殺した事件や親に勘当されても被差別部落に嫁ぐといったこともあったといいます。, 現在でもそうした差別意識は根底にあって、結婚相手が被差別部落だったら結婚しないとか、結婚させないとい、もしくは自分の祖先が被差別部落出身と知って結婚を諦めるという人も少なくないとされます。, 被差別部落の話では、「同和地区」という表現を使う人もいます。しかし厳密には、被差別部落=「同和地区」ではありません。, 1969年に国会で同和立法が制定され、以降は国や地方自治体が主導となって人権救済、同和対策事業が行われてきました。この施策で環境の改善が定められたのが同和地区と指定された被差別地域です。, 国を動かすため、被差別地域の人々は自分達で部落解放のための組織を作って運動してきました。その運動を先導してきたのが、「同胞融和」を掲げた部落解放同盟です。, 部落解放運動によって、ライフラインが整えられたり、道路の整備が行われたり、壊れそうなバラック建て住宅から改良住宅が建設されたり、被差別部落内の環境を一気によくしています。, 同和地区というのは、解放運動によって行政がさまざまな改革を行い、同和地区指定を受けた被差別部落のことをいいます。また、同和地区指定を受けないと、さまざまな改修の恩恵を受けることができませんでした。, 被差別部落というのは、そうした同和地区指定を拒否したり、指定を返上した未解放地区のことです。現在も被差別部落は道路整備がなされず、細いままの道路だったり、河川の護岸工事がされていない場所です。, 日本には有名な被差別地域がありますが、そんな地域の出身者に芸能人がいるという噂もあります。, 京都にあるウトロ地区は日本でも有名な在日部落のひとつです。朝鮮人の部落は日本に多く点在していますが、ウトロ地区は不法占拠であることで問題となっています。, 戦後からあるウトロ地区は、在日部落でGHQによる帰国勧告を無視してきた一部の朝鮮人とその家族が住んでいます。グラビアアイドルの安田美沙子さんの父親がウトロ地区の出身ではないかという噂があります。, この噂の原因は、安田美沙子さんの出身地が、ウトロ地区と同じ宇治市にあるからということのようです。それとわざとらしい京都弁を使うといわれたことからも、そんな噂がたったようですが、事実ではないようです。. 沖縄には独特の「苗字」が数多くあります。なので、苗字を聞いただけで「うちなーんちゅ」であることがわかることも多いわけ。たぶん苗字を聞いて出身地がわかる都道府県といったら、ダントツで沖縄なんじゃないだろうか。 沖縄には「玉城(たまぐすく)」「中城(なかぐすく)」「豊見城(とみぐすく)」など沢山の「~城(~ぐすく)」と言う地名があり、それにちなんだ苗字が残っています。 Photo by Gettyimages . 屋号は、日本だけでなくヨーロッパ諸国においても使われていた、家の称号のようなものです。そのため、「家号」と書くこともあります。 もともと日本では、江戸時代ごろに個人を特定するための称号として使われるようになった屋号は、武士以外の一般階級において用いられてきました。当時の日本では、人々は士農工商の身分制度によって分類されており、中でも武士とそれ以外の階級においては、見た目でも違いが分かるように厳しく決まりが設けられていました。そのきまりごとの一つとなってい … 沖縄県の苗字は 沖縄県の方々は苗字に漢字3文字が多いような気がします。 珍しい苗字なども。 どんな理由でしょうか? ... カテゴリ一覧. ★ こんな名字はあるのかな(動物編) ★ こんな名字はあるのかな(魚介類編) 名字には「猫」がつくものは少ないが、これは名字が作られた中世には、日本には猫があまりいなかったから。 100円ショップのダイソーで売られている印鑑を全て調査してきました!ここでは、か行のうちの「か」で始まる名字の印鑑を一覧で完全紹介します。自分の苗字のハンコがあるのかどうか気になるときなどに活用して下さい。 この莫大な苗字の中には1世帯しか存在していない超ゲキレアな苗字の人達が存在しています。, もしこの苗字の人と関わり合いがあった場合にはとっても貴重なめぐりあわせになるでしょう。, 苗字に関係しなければどんな人との巡り会わせでも日本全国でたった一人に出会ったという偶然や必然の出会いになります。, 人と人とのめぐり逢いを大切にして良くないと思える出会いだとしてもその経験を活かす事は必ずできます。, それでは、約29万の登録されている苗字の中でも1世帯しか登録されていないとっても珍しい苗字をご紹介していきます。, また、自己紹介された時に「え?今なんて言いました?」(どんな漢字を書くんだろう…)なんて思う苗字もあります。, もしかしたら珍しい苗字だなと思っているだけで既に出会っている人は1世帯しかいない苗字の持ち主だったかもしれませんよ。, この事から東京都に住んでいるのかなと思ってしまいますが現在ではこの東京という苗字は大阪府に1世帯だけいるようですね。, 世帯数的には1世帯とされていますが東京を名乗っている東京が苗字の日とは10人程度いるようです。, 何だか都会っぽい苗字ではありますが駅や地名で聞きなれていますのでそこまで珍しいのかな?なんて思ってしまう苗字ではないでしょうか?, この事から東京という苗字ももっと多いイメージがあるかと思いますが実はとっても少ない超ゲキレアな苗字だったのです。, 他の地名が苗字になっている人ももしかしたら1世帯とは言いませんが珍しい苗字かもしれませんね。, この苗字の漢字は漢字から何となく読めるかもしれませんが、自己紹介の際に口頭で「ぺんぎんです」なんて言われた時には本名だとは思わないでニックネームやSNS上での偽の名前かな?なんて思ってしまう苗字ですね。, 「本名です」なんて言われても、免許証などを見るまでは何だか疑ってしまうぐらい可愛くてキュートな苗字ですよね。, 皆さんも社会科で勉強してご存知の中臣鎌足が天智天皇から受け賜わったはじまりの氏(藤原氏)山蔭流があります。, とっても珍しい苗字ですので日本人では無く日本以外のアジア圏(中国や韓国など?)の国籍の人?とも思われてしまう噂もあったようですが、語源もしっかりとした日本の苗字です。, ただ世帯数が非常に少なく聞きなれない苗字ですので、日本人ではないなんて思われてしまったのかもしれませんね。, 逆に口頭で「たかもとです」なんて言われた場合には、この漢字は思い浮かびませんよね。, 伝統的な由来があるそうなのですが、その語源はまだ明確には解明されていないようです。, 今となっては確定できる文献などがない場合は憶測でしかありませんが、珍しい苗字から色々と想像するのも良いですね。, とっても珍しくて漢字も日本が入っている苗字ですので、絶やしたくない苗字の一つとなりますね。, しかも凸凹の凸の漢字?を使っている苗字はかなり珍しい事が見ただけで分かりますよね。, 由来などが現在、確定させることのできる文献などが無く定かではない為予想にはなりますが凸を守っていたのかな?なんて思いますよね。, 蟋蟀さんという苗字の方も1世帯だけ実在している苗字なのですが、その語源や由来などの詳細は不明となります。, 蟋蟀といっても種類が豊富にありますので、どのコオロギが由来なのかな?なんて考えて調べてみるとコオロギの事がもっと知りたくなってくるかもですよ。, コオロギさんが現在どこに在住しているのかも個人情報保護法の観点から以前のようにどこに在住なのかは調べる事はできません。, この場所に屋敷を構えて財を成した称号として地名をそのまま苗字として使ったことが由来とされています。, また、小説家の名前?なんて思われた人もいるかと思いますが、そのイメージは合っていますよ。, 実は勘解由小路資淳が小説家の武者小路実篤の養子になってから勘解由小路の投手になったとされていますので、小説家のイメージは正しいイメージですね。, 登録では1世帯の登録があるようです、が個人情報保護法の観点からどこに在住しているのかは不明です。, 由来の一つとして、鉱石の雲母がキラキラと光っている様からこの苗字が出来たという由来もあります。, 秀吉と記載があった場合に、名の方ではなく苗字の方をご記載くださいなんてなってしまいそうな苗字ですよね。, 回り道さんと廻り道さんともに世帯数は少ないのですが人数となりますと、回り道さんが約10人で廻り道さんが約30人になります。, この様に同じ読み方でも漢字が変わることでとっても珍しい苗字になってしまう苗字もありますよね。, 同じ読み方でも元の漢字が変わると異なる苗字として登録されていますので、案外メジャーそうな苗字が珍しい苗字の場合もあるんですよ。, その語源としては、小浮気の小はそのまま小さなという意味で浮気は湿地帯を意味します。. 江戸時代から「えたひにん」という最下層の身分の人達を、一定の被差別地域に集めて差別していました。その後は「同和部落」という呼び方で被差別され、現代でも問題になっています。被差別部落の一覧や大阪のあいりん地区の芸能人などを紹介します。 沖縄には、珍しい苗字が多い県です。一度聞いても覚えられないぐらい珍しい。同じ苗字にも読み方がたくさんあり、漢字で書けば同じなのに、違う名前の人もいます。ただでさえ珍しい苗字なのに、読み方も珍しいので、わかりにくい。沖縄の苗字知りたい人向けの記事です。 珍しい苗字の人ってたまにいますよね。沖縄県では特に珍しい苗字が多いそうです。珍しい苗字にはどんな意味があるのでしょうか?沖縄県の珍しい苗字の由来についてご説明します。沖縄県の珍しい苗字とその由来沖縄県の珍しい苗字・比嘉さん比嘉は沖縄県で多い 沖縄県の苗字について教えて下さい!人偏が付く苗字は沖縄の苗字なのですか?例えば、田中→田仲、中谷→仲谷人偏が付く方の字を使ってい るから沖縄の人だと言い切る知り合いがいます…f^_^;この理 … 同姓同名検索・苗字ランキング・名前ランキング 同姓同名辞典TOP > 沖縄県 > 苗字ランキング(1位~100位) 同姓同名辞典は、全国と各都道府県別の同姓同名ランキング・苗字ランキング・名前ランキングを紹介しているホームページです。 久米三十六姓(くめさんじゅうろくせい)は、1392年に明の洪武帝より琉球王国に下賜されたとされる閩人(現・福建省の中国人)の職能集団、及びその後三百年間にわたり閩から渡来した者や首里・那覇士族から迎え入れた人々の総称。