名探偵コナンの正体は、高校生探偵の工藤新一です。今回は工藤新一と幼馴染の毛利蘭との恋愛事情についてご紹介します。新一と蘭が告白して恋人として付き合うまでの恋愛回エピソードを追いました。新一と蘭の恋愛回エピソード関連エピソード「社長令嬢誘拐事 The novel "《新蘭》日焼け止め" includes tags such as "名探偵コナン", "工藤新一" and more. 工藤新一が付き合っているというのが、蘭先輩のことなのか、そうじゃないのか。 もしそうなら・・・かなり、ムカツク。 でも、そうでなかったら・・・それはつまり、工藤新一が蘭先輩を振ったということになり、それはそれで、もっとムカツク。 本作の主人公・江戸川コナンの正体。 「日本警察の救世主」「平成のシャーロック・ホームズ」などと称される頭脳明晰、容姿端麗の高校生探偵で、数々の難事件を解決してきた。 実家暮らしであるが、物語が始まる1年前に両親は既にアメリカに移住しており、コナンになるまでは実質一人で生活していた。 名前は原作者・青山剛昌氏が語感でつけたとのこと。苗字は『探偵物語』の主人公・工藤俊作に由来。 「新一?どーしたの?」 ボーっと蘭を見つめていたオレに蘭が声をかける。 ... に蘭が声をかける。 「な、何でもねーよ。それよりオメーこれからどこ行くんだ?」 「蘭に見とれていた」なんていえなくて、話をそらす。と、蘭は嬉しそうに言う。 「えっとねー。まずはブティックでしょ。そ それだけ言って新一は、全速力で走り出した。 「新一!?」 蘭の戸惑ったような声が後ろから聞こえたが、新一は敢えてソレを振り切った。 新一は、自分の愚かさを呪っていた。 問題を解決したかったら、まずはその原因を探さねばならない。 蘭のやつゴミ出しにでも行ってんのか?」 新一は気にする風でもなく、一応「お邪魔します」と小声で誰に言うとも無しに挨拶をし中に入って行った。 コナンの時は我が家同然だった蘭の家に当然精通している新一は、迷う事無くリビングに入って行く。 新蘭がイラスト付きでわかる! 『名探偵コナン』の工藤新一と毛利蘭の公式カップリング。 「わたし達付き合ってるって事で、いいんだよね?」 「付き合ってるに決まってるだろ?」 概要 本作品の主人公・工藤新一とヒロイン・毛利蘭の言わずもがなの公式カップルである。 Copyright© Karin – since 2003/July/07 --- All Rights Reserved. 蘭が理科室へ入ろうとすると、突然誰かに強い力で腕を掴まれた。 「し、しんいち?…!!」 新一は蘭の腕を掴むと、半ば強引に蘭を隣の資料室へ押し込み、ガラッとドアを閉めるとそのまま蘭を壁に押し … 工藤の日記念ss (09/10) おにぎりの思い出 (11/24) 君の好きな人 (08/02) 工藤新一江戸川コナン生誕祭 小説 (05/04) 弟が生意気なので困っています。 (04/21) 最新コメント. 蘭は新一の後をトボトボとついて教室に向かう。 (新一だって、わたしに何か隠し事してるの知ってんだからね。) そう…。新一には蘭に打ち明けられない事があった。 それが何であるかは判らないが、蘭は新一が隠し事をしている事には気付いていた。 蘭の言葉に、俺は思わず苦笑いする。 「お父さんが帰ってきたのが6時半頃ってことは、新一もそれくらいなわけでしょ? 今日は平日だし、新一のことだから学校サボるなんてことすると思わなかったから、 株式会社サイバードのプレスリリース(2021年1月25日 14時00分)『名探偵コナン公式アプリ』にて、[新一・蘭特集vol.3]を実施! そんな蘭の向こうの窓には工事中の看板が映り、窓の外の景色が軽快に動き始めていた。 その後、新一に連れて行かれた米花センタービルの展望レストランにて。 差し出された指輪を前に、蘭は先程の新一の言葉の意味を理解する事になる。 <了> Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. ‚ˁB‚±‚ê‚́A‰ïŽÐ‚̐l‚©‚ç–á‚Á‚½ƒRƒƒ“ƒg‚Å‚µ‚½B 「蘭!新一君はバカよ!こんなに新一君の事を想っている蘭を残して逝っちゃうなんて!もう、殺しても飽き足らないわ!」 園子が、蘭を抱きしめながら叫んだ。 ああ、本当にその通りだぜ。 オレは・・・アイツは、大バカ野郎だ! 「何で園子が泣くのよ? ‚Å‚àŽ„‚Æ‚µ‚ẮA‰Âˆ¤‚ª‚Á‚Ä‚éîŒi‚ð‘_‚Á‚Ä‚±‚Ì”z’u‚É‚µ‚½‚Ì‚æ`‚Á(‹êÎ) 蘭との何気ない毎日を大切にしていた新一。 そんな中で、一つの事件が大きく新一と蘭の歯車を狂わせて行く・・。 救われてない小説なので苦手な方はご遠慮下さい。 ・・・ただ、「あとがき」を最後まで読むと、救われる可能性少しだけ有りです。 新一が蘭に確かめるようにゆっくりとした口調で繰り返す。 そんな物言いの新一に蘭は後に引ける場所など無かったため、少し戸惑いながらも了承の態度を示した。 それが数週間前の出来事。問題のテストが終わり、テストの返却が行われていた。 ‚­‚Á‚ÄŒ¾‚¤‚©‚çEEE‚à‚¤—}‚¦‚È‚¢‚Á‚ÄŽ–IHŒ¾‚Á‚½Œ¾—t‚Í‚à‚¤Žæ‚èÁ‚¹‚È‚¢B—–‚͐Vˆê‚̉Ƃ̑O‚É‚¢‚½B¡‚Ü‚Å‚Í‚È‚ñ‚Æ‚à–³‚©‚Á‚½”¤‚̍H“¡“@‚ª¡‚Í–‚•¨‚̏Z‚މƂ©‰½‚©‚ÆŽv‚Á‚Ä‚µ‚Ü‚¤‚Ù‚Ç‚Ì‹ºˆÐ‚ª‚ ‚éB‚킽‚µA‚¿‚á‚ñ‚ÆŒŽ—j“úAŠwZs‚¯‚é‚æ‚ˁEEEEH. いや、そんなことは蘭が気にする程、新一には気になっていないのかもしれない。 パラリ、パラリ。定期的なリズムで刻まれる、ページをめくる音。 その度に、背中合わせにしている新一の体が少し揺れて、その振動が自然と蘭にも伝わってくる。 久し振りの休日だというのに、新一と蘭はご EEE‚Ȃ̂ŁA‰Ô—œ‚³‚ñ“I‚É‚Í2‚ª³‰ðBi‚¾‚©‚çƒGƒZŠÖ¼l‚ÆŒ¾‚í‚ê‚é‚ñ‚¾‚ˁAŽ„j. らんちゃん大好き:猛省中 (04/08) と、新一がずっと抱き留めていた蘭を、不意に開放した。 離れて行った新一を追うように振り返った蘭は、顔を背け視線を落とした彼の姿に声も出なかった。 驚いている蘭の様子を感じ取ったのか、新一が苦しげに微笑む。 名探偵コナン大好きで蘭ちゃん大好きです! 最新記事. 新一との隙間を少し空け、きちんと椅子に座り直した蘭が涙を拭って新一の言葉を否定しても、それを受けた新一が即座に打ち消していく。 「、、、わたしが、新一を?」 「ああ。何たって蘭はオレの“Guardian Angel”なんだからよ。