著者:宮部みゆき 出版社:講談社 価格:各880円. 目次. 山本周五郎賞受賞。宮部みゆきの真骨頂が存分に発揮された社会派ミステリーです。 1992年の時点でクレジットカード破産を扱い、社会に対して鋭い目を向けた重厚な作品に仕上がっています。 先日再読したのですが、今読んでみても色褪せないストーリーは、1位に推すのに充分なほどの説得力がありました。 Audible版もあります。 最初の一冊が無料になる、Audibleの詳しい解説は以下の記事を確認ください。 関連記事>Audible(オーディブル)は耳で読む~朗読者、会員特典、評判、おすすめ作品を紹介 ぼんくら(上) (講談社文庫) 作者: 宮部みゆき 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/04/15 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 49回 この商品を含むブログ (162件) を見る 面倒くさがりのぼんくら同心、井筒平四郎が主人公の時代劇ミステリー。 最初、鉄瓶長屋を舞台とした個性豊かな人々が事… 宮部みゆき原作の人情時代劇ミステリー! 江戸深川を舞台に、怠け者で“ぼんくら”に見えるが、実は思いやりと鋭い洞察力を持つ同心・井筒平四郎が事件を解決していく! 宮部みゆき 本・書籍/ブックオフ公式通販・買取サイト。 1500円以上のご注文で送料無料。 漫画・コミック全巻セット、小説シリーズ、新刊・中古を合わせて、お得にお安く、大人買い(まとめ買い)! <あらすじ> 江戸は神田の筋違御門先にある袋物屋の三島屋で、風変わりな百物語を続けるおちか。塩断ちが元凶で行き逢い神を呼び込んでしまい、家族が次々と不幸に見舞われる「開けずの間」。, 亡者を起こすという“もんも声”を持った女中が、大名家のもの言わぬ姫の付き人になってその理由を突き止める「だんまり姫」。, 百両という破格で写本を請け負った男の数奇な運命が語られる表題作に、三島屋の長男・伊一郎が幼い頃に遭遇した椿事「金目の猫」を加えた選りぬき珠玉の全五篇。, 著者初の散文集は、江戸を、日本を「歩く」ことから始まった。赤穂浪士討ち入り後の道のり。市中引廻しのルート。そして、島流しの行き着く先。, 担当編集とともに歩き、食べ、語り尽くした珍道中。ひとたび読み始めれば、あなたもきっと、ミヤベと「町」を歩いてみたくなる。『平成お徒歩日記』に書き下ろし一編を加えた新装完全版。, 引き続き新刊情報を追っていきますので、こちらの記事を気に入っていただけたら、ぜひブックマーク、シェア等をしてもらえると嬉しいです。, なお、宮部みゆきさんの作品はAudibleでも読むこと(聴くこと)ができます。最初の一冊は無料で利用できますので、この機会に試してみてはいかがでしょう。, 関連記事>Audible(オーディブル)は耳で読む~朗読者、会員特典、評判、おすすめ作品を紹介, Kindle Unlimitedは月額980円で12万冊以上が読み放題となるAmazonの電子書籍サービスです。, 専用端末は必要なく、無料アプリでPC、スマホ、タブレットで手軽に読めちゃいます。専用端末なしで読めるというのは良いですね。これが大きなメリットです。, 1~2冊読めば元が取れますので、ついつい書籍代が高くなってしまうという方にオススメできるサービスです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 小説家として活動するかたわら、小説ならびに創作物(フィクション)の素晴らしさを広めていきたいと思い、このブログを立ち上げました。, 塩断ちが元凶で行き逢い神を呼び込んでしまい、家族が次々と不幸に見舞われる「開けずの間」。, https://fictionpot.com/wp-content/uploads/2020/01/fiction-title.jpg, Audible(オーディブル)は耳で読む~朗読者、会員特典、評判、おすすめ作品を紹介. 宮部みゆき「三島屋変調百物語」シリーズ一期完結記念! 電子書籍を一挙解禁! 2018年05月02日 《『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』刊行記念対談 宮部みゆき×若松英輔》稀代のストーリーテラー宮部みゆきのライフワークにして江戸怪談の真骨頂! 宮部みゆきさんの新聞連載小説『荒神(こうじん)』が待望の単行本になりました。 さらに漫画家・こうの史代さんによる挿絵画集『荒神絵巻』も同時発売! ぜひ両方とも手に入れて、『荒神』の世界をお楽しみください。 宮部みゆきさんの著書の一部をご紹介 今回は、宮部みゆきさんのデビュー作品から現在までに出版された、全作品一覧と新刊&文庫本情報をご紹介します。まだ、読まれていない本があれば、これを機に読んでみてはいかがでしょうか。 宮部みゆき (みやべ・みゆき) 撮影:塔下智士 ... 完本〉初ものがたり』『あかんべえ』『この世の春』『荒神』、「三島屋変調百物語」「ぼんくら」のシリーズ、現代ものに『模倣犯』『小暮写眞館』『ソロモンの偽証』などがある。 著者メッセージ. 2020年最新版の宮部みゆきの小説おすすめ15選を紹介します。宮部みゆきはサスペンスからホラー、ミステリーそしてエッセイなど幅広いジャンルを執筆している直木賞受賞作家です。アンケートを基にした宮部みゆき小説の人気おすすめランキングと選び方をご紹介します。 「孤宿の人」「地下街の雨」「ぼんくら」等、宮部 みゆきの代表作から最新作まで全78作品を、人気の高い順に一覧表示しています。レビューンでは、感想と評価をもとにおすすめの作品をご紹介していま … | 著者:宮部みゆき 出版社:講談社 価格:各880円. 宮部みゆきがお贈りする、C・ライス『スイート・ホーム殺人事件』にも匹敵する大傑作! 文体の癖がなく、読みやすさから幅広い読者層に支持されている宮部みゆき。しかし、宮部みゆきの作品は「理由」「楽園」「模倣犯」など多数刊行されており、さらには杉村三郎シリーズなどのシリーズ作品もあるため、どの本から選べばいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。 宮部みゆき | 最新刊「この世の春」 | 作品一覧|宮部みゆき | 最新刊 | 作品一覧はこちら|HMV&BOOKS online コンビニ受け取り送料無料! Pontaポイント使えます! 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です! こんにちは、ブクログ通信です。 宮部みゆきさんはol、法律事務所勤務などを経て、1987年に『我らが隣人の犯罪』でデビューしました。1993年に多重債務問題をテーマにした『火車』で山本周五郎賞を受賞し、社会的にも大きな注目を集めます。その後 宮部みゆき 本・書籍/ブックオフ公式通販・買取サイト。1500円以上のご注文で送料無料。 1500円以上のご注文で送料無料。 漫画・コミック全巻セット、小説シリーズ、新刊・中古を合わせて、お得にお安く、大人買い(まとめ買い)! 新刊書籍 ; 発売予定表 ... ぼんくら: 著者名: 著:宮部 みゆき: 発売日: 2000年04月20日: 価格: 定価 : 本体1,800円(税別) isbn: 978-4-06-210088-5: 判型: 四六: ページ数: 516ページ: 初出: 本書は、1996年3月号~2000年1月号まで『小説現代』に18回掲載されたものに、加筆・訂正したもの。 著者紹介. 私の大好きな宮部みゆきさんの新刊が出ましたそれも大好きな時代小説さらに「ぼんくら」「日暮らし」に続くシリーズで嬉しくってたまりませんこのシリーズを好きな人は多… インタビュー・対談 #宮部みゆき #昨日がなければ明日もない; 杉村三郎は見る、この世のすべてを。私立探偵としての活躍、本格的に開始! 2018.11.27. 宮部みゆき『「ぼんくら」シリーズ虎の巻』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 ぼんくら(上) 著者名: 著:宮部 みゆき: 発売日: 2004年04月15日: 価格: 定価 : 本体680円(税別) isbn: 978-4-06-274751-6: 判型: a6: ページ数: 336ページ: シリーズ: 講談社文庫: 初出 宮部みゆき ぼんくら 講談社文庫 計約六一五頁. こんにちは、ブクログ通信です。 宮部みゆきさんはol、法律事務所勤務などを経て、1987年に『我らが隣人の犯罪』でデビューしました。1993年に多重債務問題をテーマにした『火車』で山本周五郎賞を受賞し、社会的にも大きな注目を集めます。その後 待ちに待っていた宮部みゆきの杉村三郎シリーズの新刊が発売されました。2018年11 月30日ファン待望の新刊です。なぜだか身勝手な女性ばかりが出てきます。身勝手な解釈が鼻につきます。 主人公の探偵・杉村三郎さんから目を離 […] 新刊『桜ほうさら』php研究所より2月27日発売! 12/11/26 『ソロモンの偽証 第iii部 法廷』、新潮社より10月12日発売! 12/10/05 『ソロモンの偽証 第ii部 決意』、新潮社より9月21日発売! 12/09/20: 新刊『ソロモンの偽証 第i部 事件』、新潮社より8月24日刊行開始! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); <あらすじ> 中学生の双子の兄弟が住む家に落っこちてきたのは、なんとプロの泥棒だった。そして、一緒に暮らし始めた3人。まるで父子のような(!?)家庭生活がスタートする。. 児童書専門の出版社「あおぞら書房」の編集者から一転、日本屈指の大グループ企業・今多コンツェルン会長の娘婿となり、同コンツェルングループ広報室、さらには離婚を経て私立探偵となる杉村三郎を主人公としたシリーズで、その彼が遭遇することになった事件を描く。 宮部みゆきの単行本新刊情報 ... 楽天市場. 宮部みゆきの本をシリーズから探す. ジャンル : #エンタメ・ミステリ 宮部みゆきさんは、日本を代表する作家の一人です。その作風は幅広く、小説から絵本までさまざまなジャンルの作品を世に送り出しています。今回は、宮部みゆきさんの作品について、作品ジャンル別に紹介します。宮部みゆきさんの作品に興味がある方はぜひ参考にしてください。 Yahooショッピング <あらすじ> 宮部みゆき、久々の新シリーズ始動! 井筒平四郎 小平次…中間 弓之助…甥 お徳 おくめ 佐吉…鉄瓶長屋の差配人 官九郎…佐吉の飼い烏 長助 辻井英之介(黒豆)…隠密廻り 宮部みゆき が満を持して ... 完本〉初ものがたり』『あかんべえ』『この世の春』『荒神』、「三島屋変調百物語」「ぼんくら」のシリーズ ... 「三島屋」シリーズとともに、私が現役であるかぎり書き続けていきたいと思っています。 著者 宮部みゆき (著). 宮部みゆきの『杉村三郎シリーズ』といえば、小泉孝太郎主演でドラマ化もされた人気作です。ミステリやファンタジー、時代ものと幅広い作品を執筆している人気作家ですが、今回はその中でもシリーズ化されている『杉村三郎シリーズ』を紹介していきます。 しかし、それは短編の後の長編「長い影」を読むと違っていることが分かり、先の短編で描かれていた事件は独立しているのではなく、実は影でつながっているのがわかっていく。鉄瓶長屋をたてた湊屋の計画していた通りに物事が進んでいるという事実が発覚していく。, 私は本はのんびりと読む…というかのんびりとしか読めないタイプなんだけど、この本は「どういうこと? どうなるの?」と先が気になって気になって、どんどん読み進めてしまった。読み進めていくにつれて真実が露わになり、点と点がつながっていき頁をめくる手がとまらなかった。, この物語では、一部例外があるが、事件が起こっても誰かが損をすることが無いようになっている。黒幕の計らいだから。, しかし読後のなんともいえない感覚はなんだろう。勧善懲悪の爽やかさは無く、黒幕の計画を止めて「めでたしめでたし」という満足感、思い込み・勘違いを晴らしてあげる清々しさもない。, 真実を知ってそれを暴いたところで全員が損をするなら、知った秘密を胸に秘めたほうが丸く収まる。しかし、モヤモヤした読後感を求めていたわけではなかったので、続きが気になって一気読みした分、なんだかな~となってしまった。, 前半は短編集、後半長編という形は前作と同じ。前作の短編は裏で全部仕組まれていたという繋がり方だったけど、今作は少し違った繋がり方をしている。, 長編は前作姿を見せなかったもののキーパーソンであった葵が誰かに殺されてしまったことから始まる。前作の裏事情・誰がどこまで知っているかこんがらがる長い長い真実を逆手に取り「そう来たか~」とこちらを唸らせるような犯人だった。話の構成がうまい!, 最終的に真実を知っても何もできなかった前作とは違い、今作は真実を知って犯人も救おうとする。『ぼんくら』→『日暮し』の順で続けて読むの推奨したい。, 物語のラストで、平四郎は「一日一日を積み上げるように」「みんなそうやって日暮だ」「積み上げてゆくだけなんだから、それはとても優しいことのはずなのに、ときどき、間違いが起こるのは何故だろう」と語っているのが印象に残った。時代が変わっても、毎日は一日一日を積み上げるようなものだというのは変わっていないだなあと思わせられた。, キャラクター的に、探偵役の弓之助くんと記憶力が半端ないおでこの三太郎、政五郎親分が好き。, 話のメインとなるのは辻斬り事件だが、別の厄介事(おでこの生みの母親が現れたり、富札の仙太郎の問題が現れたり)も同時に並行していき、前2作同様「続きがどうなるんだ~」とドキドキしながら読めた。, この「ぼんくらシリーズ」は男の色狂い、悋気、女性の怖さ…がよく練り込まれているんだけど、今作は読んでいて「女は怖い」が特に感じられた。, 「女は嫉妬深く、男は馬鹿」という、おそらくこの作品のテーマがそこかしこに散りばめられている。恋は盲目。女性はしたたか。思い込みは恐ろしい。たとえ真実と違っていても、要素が色々重なれば恐ろしいことをしでかすのか、と思った。, そんな「女怖い」が続いていくもんだから、メインの辻斬り事件の他に進行している枝葉の物語の結末にはほっこりさせられた。, 『ぼんくら』シリーズではない短編集だけど、表題作の『お文の影』にシリーズの登場人物である、政五郎親分とおでこの三太郎が出てくるらしいので読んでみた。, 妖怪や幽霊などが出てくる短編集だったため、この『お文の影』にも幽霊が出てくる…正確にいうと亡くなったお文という子の影だけこの世に取り残されて、その影が子供たちの遊びに交じっているというお話だった。, ミステリーである一連のシリーズとは雰囲気が違っていて驚かされた。続けて読んだので温度差にびっくり。, まだまだシリーズを続けられそうな下地はあると思うんだけど、『ぼんくらシリーズ』は今のところ、三作品しか出ていない。う~ん、残念だ。, 平四郎は弓之助を養子にするのか。先延ばしにしている問題がどうなるのか気になるし、それにこのシリーズのキャラクターが活躍しているのがもっと見たい。, とあるひきこもり系オタク。アニメ、ゲーム、ネットサーフィンなど二次元好き。今年の目標は「ソシャゲ依存を減らす」趣味を増やしたい。, yuzuponnzさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ぼんくら: 著者名: 著:宮部 みゆき: 発売日: 2000年04月20日: 価格: 定価 : 本体1,800円(税別) isbn: 978-4-06-210088-5: 判型: 四六: ページ数: 516ページ: 初出: 本書は、1996年3月号~2000年1月号まで『小説現代』に18回掲載されたものに、加筆・訂正したもの。 宮部みゆきの『杉村三郎シリーズ』といえば、小泉孝太郎主演でドラマ化もされた人気作です。ミステリやファンタジー、時代ものと幅広い作品を執筆している人気作家ですが、今回はその中でもシリーズ化されている『杉村三郎シリーズ』を紹介していきます。 新刊『おまえさん』 11/09/22 ・新刊『おまえさん(上・下)』単行本(講談社)・講談社文庫版、9月22日同時発売です。 単行本 各1800円(税抜) 文庫版 各838円(税抜) Page top 『刑事の子 … ・新刊『泣き童子 ... ※宮部みゆき 作 吉田尚令 絵 東 雅夫 編 1500円(税抜) Page top. Amazonで宮部みゆきのきたきた捕物帖。アマゾンならポイント還元本が多数。宮部みゆき作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またきたきた捕物帖もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 江戸は深川、親分の跡を継いで岡っ引きたらんとする北一が、相棒・喜多次やおかみさんの力を借りて成長し、事件を解決していく謎解き×怪異×人情の捕物帖シリーズ、第1弾。 ──「杉村三郎」シリーズの最新作『昨日がなければ明日もない』が十一月三十日に、シリーズ四作目の文庫『希望荘』が、十一月十日に発売となります。そこで、探偵・杉村三郎のこれまでの歩みを振り返りつつ、新刊と今後のお話を伺います。 謎解き×怪異×人情が味わえて、著者が「生涯、書き続けたい」という捕物帖であり、宮部ワールドの要となるシリーズだ。, 舞台は江戸深川。いまだ下っ端で、岡っ引きの見習いでしかない北一(16歳)は、亡くなった千吉親分の本業だった文庫売り(本や小間物を入れる箱を売る商売)で生計を立てている。やがて自前の文庫をつくり、売ることができる日を夢見て……。, 本書は、ちょっと気弱な主人公・北一が、やがて相棒となる喜多次と出逢い、親分のおかみさんや周りの人たちの協力を得て、事件や不思議な出来事を解き明かしつつ、成長していく物語。, 北一が住んでいるのは、『桜ほうさら』の主人公・笙之介が住んでいた富勘長屋。さらに『<完本>初ものがたり』に登場する謎の稲荷寿司屋の正体も明らかになるなど、宮部ファンにとってはたまらない仕掛けが散りばめられているのだ。, PHP研究所による「きたきた捕物帖特設サイト」も開設されています。登場人物、人物相関図等を知りたい方はチェックしてみてくださいね。, これまで聞き手を務めてきた三島屋主人・伊兵衛の姪のおちかが、めでたく嫁にいったので、次なる聞き手は伊兵衛の次男・富次郎に。, 気さくで気がよく旨いもの好き、跡取りではないから「小旦那」と自称する富次郎。おちかが聞き手だったころ、ふとした縁の導きがあって三島屋に入り、百物語の守り役となったお勝。, 富次郎が幼いころから三島屋に奉公してきた古参の女中、おしま。この三人で語り手を迎え、新たな百物語の幕が開く。, KADOKAWAによる「三島屋変調百物語シリーズ特設サイト」が開設されています。登場人物、人物相関図等を知りたい方はチェックしてみてくださいね。, 「小説 野性時代」にて連載中の新作『火焔太鼓 三島屋変調百物語七之続』の試し読みもKADOKAWA運営のカドブンでできますので、こちらも注目です。, <あらすじ> 親子の救済、老人の覚醒、30年前の自分との出会い、仲良しロボットとの別れ、無差別殺傷事件の真相、別の人生の模索……淡く美しい希望が灯る。. 新刊案内はこちら 文藝春秋books ... 著者インタビュー 宮部みゆき「杉村三郎シリーズの愉しみ方」 2018.11.20. 『ぼんくら』は、宮部みゆきによる日本の小説。 『小説現代』1996年3月号から2000年1月号まで計18回掲載されたものを加筆・訂正したうえで刊行された。 その後、『日暮らし』『おまえさん』とシリーズで発表されている。 大人気“ぼんくら”シリーズ第三弾 著者:宮部みゆき 出版社:講談社 価格:各1890円 文庫本 『おまえさん』 上下. あやし [5] ブレイブ・ストーリー [10] 堪忍箱 [5] 模倣犯 [5] 宮部みゆきの本を出版社から探す. Amazonで宮部 みゆきのぼんくら。アマゾンならポイント還元本が多数。宮部 みゆき作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またぼんくらもアマゾン配送商品なら通常配送無料。 大人気“ぼんくら”シリーズ第三弾 宮部みゆき「三島屋変調百物語」シリーズ一期完結記念! 電子書籍を一挙解禁! 2018年05月02日 《『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』刊行記念対談 宮部みゆき×若松英輔》稀代のストーリーテラー宮部みゆきのライフワークにして江戸怪談の真骨頂! 最近、宮部みゆきさんの江戸物に興味を持って今、おそろしを読んでいます。次はあんじゅうの予定ですが教えてgooの質問を読んでも、各作品の登場人物がかぶっている場合があるようですね。そこで教えていただきたいのですが、宮部先生 『きたきた捕物帖』(宮部みゆき) のみんなのレビュー・感想ページです(111レビュー)。作品紹介・あらすじ:宮部みゆき、久々の新シリーズ始動! 謎解き×怪異×人情が味わえて、著者が「生涯、書き続けたい」という捕物帖であり、宮部ワールドの要となるシリーズだ。 宮部みゆき原作の人情時代劇ミステリー! 江戸深川を舞台に、怠け者で“ぼんくら”に見えるが、実は思いやりと鋭い洞察力を持つ同心・井筒平四郎が事件を解決していく! 紙の本. きたきた捕物帖. 著者:宮部みゆき 出版社:講談社 価格:各1890円 文庫本 『おまえさん』 上下. こんにちは、ブクログ通信です。 2017年にデビュー30周年を迎えた宮部みゆきさんですが、2018年も多くの作品を刊行しています。4月27日に三島屋変調百物語シリーズ最新作の『あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続』が発売されました。そして他 文庫「お文の影」宮部 みゆきのあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。月光の下、影踏みをして遊ぶ子どもたちのなかにぽつんと女の子の影が。影の正体とその因縁とは。「ぼんくら」シリーズの政五郎親分とおでこの活躍する表題作をはじめ、全6編のあやしの世界。 ブログを報告する, 『Fate/EXTRA Last Encore』略してラスアン。3話まで見た。 私…, 感想『ぼんくら』シリーズ。個性豊かなキャラクターと巧みな構成がすばらしい。★★★★★, 【ゲーム感想】『オーディンスフィア レイヴスラシル』 世界観もストーリーも美しい、完成度が高い作品でした。, オーディンスフィア プレイ感想日記① グウェンドリン編&コルネリウス編&メルセデス編. 宮部みゆき(みやべみゆき)作品一覧(おすすめランキング順)と新刊情報。宮部みゆき おすすめミステリ小説:火車,模倣犯,ソロモンの偽証,名もなき毒,理由,蒲生邸事件,魔術はささやく,小暮写眞館,レベル7… 宮部みゆき・著「杉村三郎シリーズ」作品紹介とシリーズ相関図 シリーズ累計300万部突破! 『希望荘』『昨日がなければ明日もない』刊行記念. 【ホンシェルジュ】 『模倣犯』や『名もなき毒』といった小説の映像化でも有名な宮部みゆきですが、時代小説も多数執筆しています。宮部の時代小説はまだ読んだことがない!というそんなあなたにおすすめしたい作品をランキング形式でご紹介します。 最近、宮部みゆきさんの江戸物に興味を持って今、おそろしを読んでいます。次はあんじゅうの予定ですが教えてgooの質問を読んでも、各作品の登場人物がかぶっている場合があるようですね。そこで教えていただきたいのですが、宮部先生 ぼんくら(上) 著者名: 著:宮部 みゆき: 発売日: 2004年04月15日: 価格: 定価 : 本体680円(税別) isbn: 978-4-06-274751-6: 判型: a6: ページ数: 336ページ: シリーズ: 講談社文庫: 初出 殺し屋 博打うち 通い番頭 ひさぐ女 拝む男 長い影 幽霊. 宮部みゆき(みやべみゆき)作品一覧(おすすめランキング順)と新刊情報。宮部みゆき おすすめミステリ小説:火車,模倣犯,ソロモンの偽証,名もなき毒,理由,蒲生邸事件,魔術はささやく,小暮写眞館,レベル7… 文庫「お文の影」宮部 みゆきのあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。月光の下、影踏みをして遊ぶ子どもたちのなかにぽつんと女の子の影が。影の正体とその因縁とは。「ぼんくら」シリーズの政五郎親分とおでこの活躍する表題作をはじめ、全6編のあやしの世界。 宮部みゆきの時代小説をおすすめします! 宮部みゆきといえば、『模倣犯』『楽園』『誰か』など現代の社会生活に潜むミステリーやサスペンス、あるいは『ブレイブ・ストーリー』に代表されるファンタジーものなど、あらゆる作風で読者を楽しませてくれる稀代の作家です。 瓶屋の主人が斬り殺され、“ぼんくら”同心・井筒平四郎は調べに乗り出す。その斬り口は、前にあがった身元不明 の亡骸と同じだった。両者をつなぐ隠され続けた20年前の罪とは。シリーズ第3弾。 2011: 講談社(上) 978-4062172523: 1800円: 2011: 講談社(下) 978-4062172530: 1800円: 2011: 講談社文 … 宮部みゆきが精力的に書き継いでいる時代小説シリーズ。江戸で人気の袋物屋・三島屋で行われている〈変わり百物語〉。シリーズ最新刊情報や現在までに語られた物語、登場人物相関図をご紹介。 登場人物. Amazonで宮部みゆきのきたきた捕物帖。アマゾンならポイント還元本が多数。宮部みゆき作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またきたきた捕物帖もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 生涯、書き続けていきたい物語です。 � 『きたきた捕物帖』(宮部みゆき) のみんなのレビュー・感想ページです(111レビュー)。作品紹介・あらすじ:宮部みゆき、久々の新シリーズ始動! 謎解き×怪異×人情が味わえて、著者が「生涯、書き続けたい」という捕物帖であり、宮部ワールドの要となるシリーズだ。