時刻表検索. 基幹バス新出来町線における、市バスと名鉄バスとの共通乗車適用区間につきましては、次のとおりです。 市バス定期券をお持ちの方 栄から引山の範囲内と名鉄バスセンターに限り、名鉄バスに共通乗車で … 下記の2パターンで迷っています。電車徒歩14分 1回乗換え16分 2分で会社着基幹バス徒歩5分 基幹バス32分 10分で会社着(会社は伏見で栄までしかバス停がない為少し歩きます)家出る時間は一緒。名古屋は初めてで、基幹バスが近くに 名鉄バスは名古屋と関東・関西・北陸・東北・四国・九州の全国を結ぶ高速バスと、愛知県内の路線バスを毎日運行。「コミュニティバス」の情報。 ... ※基幹バスのみICカードmanacaでご利用いただけます。 ... お得な運賃. すごく変なことを聞いてるような気がしますが、愛知県ってどのようにバス乗るんですか?時々場所によって乗り方が違うみたいだし。お金を先に払うとか、後だったりとか・・・。ええと、まあよろしくお願いしますね。おそらく名古屋の市バ q.名鉄バスの乗り方を教えてください。 名鉄バスは「後乗り」、「前降り」で、降車時に精算です。 現金の場合. 名古屋市交通局の「名古屋駅」バス停留所のバスのりばを地図上でご案内。乗りたい路線の「バスのりば」をわかりやすく!名古屋駅バス停に停車するバス路線系統一覧をご覧いただけます。名古屋駅のバス時刻表やバス路線図、周辺観光施設やコンビニも乗換案内nextのサービスでサポート充実! 市バス接近情報. 遠方からもたくさんお越しになる徳川美術館ですが、観光用の路線バス「メーグル」もしくは、市バス(基幹バス)に乗っていくのが一番歩く距離が短いアクセス方法です。名古屋駅の新幹線口からの市バスの乗り方、また 台中ではバスが市民の足として幅広く利用されており、台中の街を斜めに貫く台湾大通り(台灣大道)を台中駅から東海大学方面へ向けて走る基幹バス(30x系統)とその他の路線バスの2種類があります。乗り方や料金は変わりませんが、多くの観光地や買い物に便利な場所などは基幹バスの停車駅沿いにありますので、地図を見て上手く利用するとスムーズに観光ができるはずです。 目的地. まずは、高速バス・夜行バスの乗り方の流れをおさえておきましょう。高速バスに乗るまでの工程は、大きく3つに分かれます。 予約する、チケット代を支払う、当日に乗車するという3ステップを事前におさらいしておくと、高速バス利用がさらにスムーズに! さっそく、詳しい予約方法やお支払い方法、当日の乗車方法について見ていきましょう。 基幹1号系統「東郊線」は,昭和57年3月28日に運行開始しました. 東郊線ルート(空港線・国道1号線)上には都市高速道路のオン・オフランプが道路中央部に配置されており,中央走行方式ではなく,路側走行方式が選択されました. 名古屋駅前(ミッドランドスクエア前)~県営名古屋空港を運行するバス。高速道で最速18分で到着。 勝川線は、県営名古屋空港〜エアポートウォーク北〜勝川駅間を運行しています。 当バスは予約不要です。 桃花台バス. 日付. 名古屋市交通局の「栄」バス停留所のバスのりばを地図上でご案内。乗りたい路線の「バスのりば」をわかりやすく!栄バス停に停車するバス路線系統一覧をご覧いただけます。栄のバス時刻表やバス路線図、周辺観光施設やコンビニも乗換案内nextのサービスでサポート充実! 名古屋市にドニチエコきっぷというものがあります。 これは名古屋の市バス,名古屋市営地下鉄,観光ル-トバスメ-グルが一日乗り放題になるというスグレモノ。 観光旅行でも非常に仕える一枚です。 価格は大人¥600、子供¥300 時間. 定期券(通勤・通学・乗継) 乗り方. 検索条件. 名古屋城へ名古屋駅からバスでアクセスする方法を紹介しています。バス停や、停車駅・乗り場などを紹介しています。またルート別の料金の比較をしています・、名古屋市内のバスに乗りなれない方は、一度チェックしてみてくださいね。 出発地. 名古屋市交通局 home; 市バス; 市バス. みなさんが知っているバスは後ろから乗るバスですか。それとも前から乗るバスでしょうか。今回は後ろから乗るバスの乗り方や運賃の支払いの仕方など、バスに乗る時に知っておくとためになることを含めて説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 名古屋の交通手段として欠かせないのが、市営地下鉄と市営バスです。観光で名古屋に来た方にも、名古屋に住んでいる方も、移動手段として市バスや地下鉄を利用されると思います。私は名古屋に住んでいますが、あいにく車を持っておらず基本の移動手段は自転車 名古屋市にお住まいの65歳以上の方(外国籍の方を含む) 敬老パスの使い方 地下鉄駅の改札機、市バス料金箱等の読み取り部に「ピッ」と音が鳴るまで敬老パスをタッチするだけで、乗車できます。 清水口(愛知県)から名古屋駅〔名古屋市営バス〕の基幹2〔名古屋駅‐猪高車庫〕[名古屋市営]を利用したバス時刻表です。発着の時刻、所要時間を一覧で確認できます。清水口(愛知県)から名古屋駅〔名古屋市営バス〕の運賃や途中の停留所も確認できます。 名古屋には基幹バスと云う、ちょっと変わったシステムのバスがある。バスの走行環境の悪化はどこの都市でも重要な問題であるが、それを解決するために生まれた路線である。現在、基幹バス路線は2路線あり、初めに開通した「東郊線」は昭和57年の3月に運行を開始している。 名古屋駅・名鉄バスセンター3階(4番のりば)から「愛知医科大学病院」行きの基幹バス(名鉄)をご利用します。 所要時間:約68分 出発 到着. 路線図. 名古屋空港直行バス. :052-522-0111), 乗車券カテゴリートップページ, 割引制度(身体障害者など)について(乗車券カテゴリーへのリンク). 今回は名鉄資料館の訪問に引き続き、名古屋地区で「ゆとりーとライン」と「基幹バス」に乗る活動をしましたのでそのレポートです。 なお、この活動は9月前半に実施しましたが、他のレポート記事を優先したことや私が多忙だったこともあり、1ヶ月近く遅れてのレポートとなっております。 ※名鉄バスは後ろ乗りで降りる時に料金を支払います。 名古屋駅から愛知医科大学病院行への行き方. (基幹バス新出来町線のみ、「後乗り、前降り」です) 料金 大人210円、小児(6歳以上12歳未満の方)100円で、どこまで乗車されても210円の均一料金です。 基幹バスとは、名古屋市と新潟市で運行されている路線バスの内、都市部の基幹交通を担うような役割を持ったバスである。 概要 名古屋市の基幹バス. 基幹バス(きかんバス)とは、名古屋市交通局(名古屋市営バス)と名鉄バスが運行する基幹バス路線の一つである。名古屋市交通局が運行する基幹バスには2007年まで「ミッキー」の愛称がついていた(基幹バスの「幹」から)が、現在は外されている。現在2系統ある。英語ではKey Route Busと表記し、地下鉄のLED車内案内の他、最近では引山、茶屋ヶ坂などのバス停でも見られる。, ダイヤの間隔はほぼ地下鉄並みに設定されている。(昼間:栄発着が10分間隔で名古屋駅発着が20分間隔、朝:4分間隔、夕方:5分間隔), 1974年の名古屋市電の全廃以降、当時の名古屋市は東京と比較すると軌道系交通路線網の密度が低いことや幅員の大きい幹線道路などがあり、「自動車型都市」とも言われるほど乗用車の利用率が高く[1]、道路混雑が激しいため、早い時期から公共交通機関を優先するための対策を検討していた[1]。「基幹バス」の構想は、1979年5月に名古屋市総合交通計画研究会が提案したもので、鉄道や地下鉄と同等の公共基幹路線という位置づけとして、地下鉄計画路線の実現まで代替交通機関として整備するか[1]、地下鉄計画は存在しないが基幹的交通機関の必要な地区に整備する[1]、という2種類の方向性が考えられていた。, この交通システムの理想は、道路中央部に専用車線と停留所を設置し[1]、停留所間隔は地下鉄並みに800 mから1 km程度[1]とした上で、バス優先信号を採用することで交差点での停止をなくす[1]などの対応策により、表定速度の目標値を25 km/hに設定した[1]ものである。, これを受けて、まず1982年3月に東郊線10.5 kmの運行を開始した。東郊線では平均停留所間隔は750 m[1]で、道路の幅員も40 mと余裕があり[1]、さらに鉄道との連絡箇所も多く需要が見込まれるという理由で選定された[1]。ただし、道路中央には都市高速道路が通っているなどの理由から、中央走行式の採用は見送られた[2]。, なお、この半年後にあたる同年9月には、一般バス路線の中で運行便数の充実や冷房化などの重点政策を図る路線を「幹線バス」と定義づけ、基幹路線のバックアップ機能を強化する方針となった[2]。, システム導入後3年間の東郊線の状況は、表定速度が13 km/hから17 km/hに向上(平均所要時間では48分から37分に改善)[2]、利用者は60 %(パーセント)増加した[2]上、1986年の営業係数(100円の収入を得るための支出額)は77.2となった[2]。, 基幹バスシステムの導入効果が明らかになった1985年4月には、さらに理想に近い基幹バス路線として新出来町線を開設した。新出来町線では停留所間隔は650 mで[2][3]、道路の幅員は一部で24.5mと余裕がない箇所もあった[2]が、名古屋市営地下鉄東山線と名鉄瀬戸線の中間に位置し、鉄道網に恵まれない地区を経由するため、整備効果と需要はともに多いものと見込まれた[2]。また、新出来町線では名古屋鉄道(当時)のバス[4]と相互乗り入れとした。, システム導入後1年間の新出来町線は、表定速度が14.5 km/hから19.9 km/hに向上(平均所要時間では50分から34分に改善)[2]、1986年の営業係数は87.6で黒字となった[2]。, 導入後の名古屋市が効果測定調査を行なった結果、基幹バスを「良かった」と考える利用者が83 %となっていた[2]が、沿道住民からの評価も「良かった」が50 %となった上[2]、自家用車のドライバーからも「良かった」という評価が38 %(ドライバーからの「良くない」という評価は25 %)を占めていた[2]。, 基幹1号系統は、1982年3月28日開通。名古屋市交通局が運行しており、名古屋市中区の栄と南区の笠寺駅、星崎、鳴尾車庫バス停を結ぶ。大部分の区間では道路中央に名古屋高速道路(都心環状線・3号大高線)の橋脚が存在するため、中央走行方式は断念され、バスレーンは道路の端に設置されている。バス停は一般バスと同じ施設を使用し、一部のバス停には停車しないことで速達性を確保している。このため、基幹1号が停車するバス停には次に停車するバス停の表示が基幹バスと一般バスのものに分けて表示されている。また、運行担当営業所は終点でもある鳴尾営業所であり、全便ノンステップバスによる運行である。, また、高速1号系統で運用するノンステップバスも、送り込み(車庫への回送を兼ねての営業運転)で投入されている。この車は一般バス塗色なので、基幹バスとして運行する場合は前面に「基幹バス」というバスマスクによる大きな表示がされ、入口扉の横にも「基幹バス」というサボが取り付けられる。, ツーステップ車のみだった頃は、他の鳴尾営業所の車両同様三菱製の車両が使用されていたが、現在は高速1号系統の送り込みに用いられる一般車を除いて、全車いすゞ・エルガに統一されている。, 基幹バス新出来町線(きかんバスしんできまちせん)は、名古屋市営バス・名鉄バスが運行する路線である。, 名古屋市営バスが基幹2号系統・新出来町線として、名鉄バス(当時は名古屋鉄道)が本地ヶ原線として1985年4月30日開通。バスレーンが道路の中央にある(中央走行方式)のが特徴(桜通大津交差点 - 引山バスターミナル)。名古屋市営バスは名古屋駅と名東区の猪高車庫、また栄(オアシス21)と名東区の引山(引山バスターミナル)や守山区の四軒家を、名鉄バスは名古屋市内から尾張旭市を経て瀬戸市の菱野団地等を結ぶ。, 栄では市バスはオアシス21内のバスターミナルに、名鉄バスは大津通の栄交差点付近の路上にバス停がある。, ※ このうちの、瀬戸駅前 - 赤津、長久手役場前[7] - 愛知青少年公園は、基幹バス路線の完全に無くなった区間である。, なお、太字部分の大津通 - 引山間が基幹バスレーン(中央走行方式区間)である。また、赤塚白壁は東行きのみの停車である。, ※ 浄心営業所が主担当、猪高・大森は副担当。栄系統は浄心・大森が、名古屋駅系統は浄心・猪高が担当。, ※ 名古屋営業所が主担当、名古屋中央は副担当。尾張旭向ヶ丘・菱野団地系統は名古屋営業所のみが担当。名古屋中央は三軒家系統を担当することが多い。, 2003年12月13日に名古屋市営地下鉄名城線開業に伴うダイヤ改正で名古屋市営バスが運行する区間が三軒家まで延長[注 2]。, 2004年3月1日に四軒家まで再延長され、現在に至る。ただし、引山 - 四軒家間は出入庫時の運行であるため、便数は少なく特定の時間に集中している。, なお、定期券の相互利用区間は変わっていない。料金も三軒家から先の部分について両社局ともに変更もされていないため、料金格差も出来てしまった(栄 - 四軒家間では、市バス210円に対し、名鉄バスは380円と大きな差がある)。, 栄 - 引山は名古屋市交通局と名鉄バスによる共同運行区間となっているため、以下の点に留意する必要がある。, 市バス・名鉄バスとも「後乗り前降り、運賃後払い」制になっている。名古屋市交通局で運賃後払い路線は本路線と名古屋ガイドウェイバスゆとりーとライン志段味線のみ。, 栄 - 引山間は共通の停留所であるが、栄のバス停のみ位置が異なる。市バスはオアシス21内のバスターミナルであるが、名鉄バスは大津通の路上にある(引山方面に向かう名鉄バスのバス停は市バスも停車する。但し、降車の扱いはしない)。引山 - 四軒家間では同一名の停留所でもバス停の位置が異なる。, 市バスの名古屋駅方向行きは猪高車庫発のみで桜通大津から分岐するため栄を通らない。また同じく市バスの四軒家・引山方面からの便は栄行きしかないので、乗り換え無しで名古屋駅まで行きたい場合は名鉄バスに乗る必要がある(この場合、栄から先は名鉄バスの運賃210円が別途必要となり、その旨車内アナウンスで告知される)。名鉄バスは栄から矢場町、白川公園、下広井(若宮大通)を経由して名古屋駅にある名鉄バスセンターへ至る。, 尚、市役所停留所では栄・名古屋駅方面行きのみ平日朝ラッシュ時間帯、交通局職員が車外後部ドア付近にも台車に載せた可搬式運賃箱を設置し、バス停内の専用電源で作動させ下車精算を行っている(この際は前後どちらのドアでも降車可能)が、名鉄バスのmanaca定期券はこの運賃箱では処理できないため、バス車内の運賃箱にタッチする必要がある(停留所にも注意書きがある)。, 中央走行方式の道路では、限られた道路幅を有効に活用するため[9]、道路中央の安全地帯(バス停留所)は交差点をはさんでほぼ中央に位置し[9]、交差点の中央では、バスレーンは左側に湾曲させている[9]。交差点における各車線の進行方向指定は、4車線道路で一般的な「←・↑・↑・→」ではなく、「←・↑・→・↑」であるが、この状態では右折車がバスレーン(直進車線)と交差してしまうため、ほとんどの交差点が方向別に完全分離した矢印信号となっている(特徴の項目を参照)。このほか、右折禁止の交差点については誤って右折車が侵入する事が無いよう物理的に右折ができないような走路配置をしている[注 4]箇所がある。, この路線は中央走行方式に伴う停留所の構造(バス停付近でバスレーンが大きく湾曲している)により、ノンステップバスの導入はされていなかったが、平成19年度以降に名古屋市交通局がジェイ・バス製の大型ノンステップバス(日野・ブルーリボン、いすゞ・エルガ)を順次導入し、全車が置き換わった。, 名鉄バスは2004年から名古屋市営バスに先駆けて、バリアフリー対応車両としてワンステップバスを導入していたが、2008年から名古屋市交通局に続いてノンステップバス(三菱ふそう・エアロスターエコハイブリッド)を導入し、2008年4月から使用開始して来た。これはハイブリッドシステムを搭載するなど、環境に配慮した車両であるが、ハイブリッドシステムが複雑なゆえに車輌故障等が頻発し、平成25年度新車導入のノンステップバスへの置き換えで、津島営業所や岡崎営業所などに転出し基幹バスから撤退。最終的に転出先で廃車となった。座席数を稼ぐためにノンステップエリアに座席を増やした結果通路が狭くなり、立客の多い朝夕のラッシュには他の車両と比べ混雑や乗降時間が増大するなどの欠点があった。試験的に導入した4台は全て水色の塗色だが、他は青、橙、黄、黄緑、緑、紫などがあった。, 菱野団地内は、(名鉄BC方面から) → 原山台西 → 原山台東 → 萩山台北 → センター前 → 萩山台南 → 八幡台東 → 八幡台西 → (名鉄バスセンター方面へ)の順に停車する。, ただし、名鉄バスの名鉄バスセンター〜汁谷間に関しては元々停留所数が絞られており、基幹バス化により停留所数が増加した。更に、名鉄の路線バスとしては初めて栄地区に乗り入れる事になったため、中央走行方式による速達性もさることながら、利便性の向上も計られた形となった。, 当時、出来町通には本地ヶ原線と、山口町から北上する名犬線・豊場線・下末線・名多線・春日井線・志段味線・瀬戸線・名古屋旭線と、赤塚から北上する国鉄バスの瀬戸西線が運行されていたが、このうち、出来町通を四軒家方面に東進する本地ヶ原線のみが基幹バス化された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=基幹バス_(名古屋市)&oldid=80869954, 方向別信号制御により交差点内での中央寄りレーンを直進するバスと右折する一般車の同時進入を防ぎ、互いの干渉を排除している。, 名鉄バスセンター - 栄 - 引山 - 晴丘 - 尾張旭向ヶ丘(2017年の再編で廃止), 市バスの場合、全区間均一料金のため乗車時の整理券発行はなく、下車時に運賃を支払う。運賃箱に乗車料金以上の金額を投入した場合, 名鉄バスの場合、名鉄バスセンター - 三軒家間以外は均一料金でないため、乗車時に整理券を受け取る必要がある。ICカードは乗車時にリーダーに触れる必要がある。運賃箱に乗車料金以上の金額を投入した場合. 基幹バス(きかんバス)とは、名古屋市交通局(名古屋市営バス)と名鉄バスが運行する基幹バス路線の一つである。 名古屋市交通局が運行する基幹バスには2007年まで「ミッキー」の愛称がついていた(基幹バスの「幹」から)が、現在は外されている。現在2系統ある。 料金. 乗車時に、入り口横の整理券発行機から整理券をお取りください。 降車時は、整理券番号を運転台上の運賃表示機と参照してください。 バス停検索. 名古屋市営地下鉄・バス 小学生 [名古屋市交] 1DAYお子サマーパス2019: 販売期間: 2019年7月17日(水)~9月1日(日) 有効期間: 1日間 2019年7月20日(土)~9月1日(日) フリー区間: 名古屋市営地下鉄・バス全線

名古屋ガイドウェイバス株式会社 〒463-0801 名古屋市守山区竜泉寺二丁目301番地 電話番号: 052-758-5620. 名鉄バスは名古屋と関東・関西・北陸・東北・四国・九州の全国を結ぶ高速バスと、愛知県内の路線バスを毎日運行。「はじめての方へ 予約方法・乗車方法」の情報。