>>テネットのカーチェイスシーン徹底解説!プルトニウムは誰の手に? >>【テネット】セイター、プリヤを操っていた黒幕と主人公のその後 >>テネットのラスト、タイムマシン、タイムラインを解説! >>テネットのニールの正体は !行動を徹底解説 ニールの正体はキャットの息子マックス説. クリストファー・ノーラン監督の最新作『tenet(テネット)』を2回鑑賞して理解した気になったので、自分なりの解釈で解説・考察を書いていきたいと思います。今回で最終回。スタルスク12とベトナムで同時に行われる最終決戦とエピローグ、そして諸々 2020年9月18日に初公開された映画『tenet テネット』は、クリストファー・ノーラン監督が着想に20年、脚本に7年かけたsfアクション超大作! 革命的なsfアクションであると同時に、とても難解でした(2回観ました)。同監督の『インセプション』や『メメント』より数倍難易度が高いです。 時間が逆行する仕掛けが盛り込まれたアクション映画が『tenet』。時間軸が入り乱れる本作を徹底解説!登場人物別のタイムラインや、作中に登場する専門用語の説明、さらには映画を鑑賞するコツを紹介 … また最後の作戦が、順行10分「ten」と逆行10分「net」の「時間のはさみうち作戦」だったことから、合わせて「tenet」ともなります。10分、10秒は、それ以外にも何度かでてきました。 「tenet テネット」は、世界滅亡を阻止する組織名 でもあります 映画『tenet テネット』が9月18日(今日)より全国一斉上映開始されました。鬼才クリストファー・ノーラン監督の3年ぶりの最新作『tenet テネット』です。クリストファー・ノーラン監督は『ダークナイト』『インセプション』『インターステラ 本作が最後のクライマックスを迎える直前、上映時間1時間50分のあたりで、主人公が「I’m the protagonist of this operation」というセリフがある。 実は、このニールこそが陰の主人公であることに、私たちは映画の最後で気づくことになります。 ここから、ニールの2つのセリフをactの2つの要素に重ね合わせ、時間を考えるのが癒しになるわけを考えて … でも、テネットではやはり最後のニールのセリフにすべてのメッセージが込められていると思う。 最初のころはスタルスクのシーンで感情がいっぱいいっぱいで最後のセリフのところはなかなか咀嚼できな … クリストファー・ノーラン監督の最新作『tenet(テネット)』を2回鑑賞して理解した気になったので、自分なりの解釈で解説・考察を書いていきたいと思います。今回は映画冒頭、オペラハウスで起きたテロ事件についての解説・考察です。映画内で起きたこ はい、前回の続きで、疑問点に注目しながら『テネット』の鑑賞をしてきた結果をまとめてみようと思います!!結論から申し上げますと、 また観に行きたくなってる。 と… 映画『tenet テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 『メメント』(2000)では記憶を通して時間を描き、『インセプション』(2010)では夢の世界で、『インターステラー』(2014)では宇宙旅行を通じて、異なる時間の流れを描いたクリストファー・ノーラン監督。 映画、テネットのプリヤの黒幕、背後で操っている存在は「ニール」または「名もなき男・こと主人公」?ニールは最後に本当に死亡?続編、その後、セイターの取引相手はだれ?冒頭に出てくる「ciaの毒薬」をセイターが持っていたのは何故?確信のネタバレにご注意ください。 「tenet」劇場版ポスターより 訳が分からない。 訳が分からないけど凄いと評判の「tenet」を観てきました。 ・・・訳が分からないよ!!!! というか解んない!!! 何々? この映画、アインシュタインレベルの知識と頭脳がないとダメな訳? 最近のタイムリープもの難しすぎるよ! 名もなき男がtenetを創設し、ニールを現代に送るのが10年後のことだとして、ニールは10年間逆行を続けてきたことになります。 10年もの間、孤独と戦い、ただひたすら世界を逆行です。 「tenet テネット」において密かに騒がれている「ニール=マックス説」。ニールがマックスである10の根拠を上げたイギリスの映画批評チャンネルの動画を基に考察しました。賛同できる点、そうでもない点とありますが、共に筆者の見解も含めて全てご紹介します。 『tenet テネット』を深読みする――不完全な未来からの脱出を描いた奇作 1億総クリエイター時代を描く、夢から覚めるための物語 by あでゆ クリストファー・ノーラン 監督最新作、『 tenet テネット 』の ブルーレイ&dvd が 2021年1月8日(金)に発売となる。 この度、2020年12月16日のダウンロード先行販売開始に合わせて、日本語吹替キャストの 田村真と櫻井孝宏よりインタビューが到着。 加えて、日本語吹替版の予告編が … ニールはラストシーンでオレンジ色の紐をリュックに付けていました。 ラストシーンで明らかになりましたが、最後に主人公を救出したのはニールであり、 彼は未来の主人公に雇われた人物だった。 テネットの終盤でニールの死体が逆行してかばって撃たれるシーンについて。 順行の時に立ち上がったニールの死体に敵が正面から発砲していたと思うので、ニールが逆行してあの場にいる時は銃弾が銃に戻るように見えるという事ですよね? クリストファー・ノーラン監督 『テネット』 ***ブックマークやsnsでのシェアをお願いします*** 筆者は本作を 初回を通常のimaxで 2回目にimax レーザーgtで 合計2回鑑賞し、パンフレットも購入して読みました。 感想としては、かなり満足できました。 2020映画 2020.09.19 2020.09.26 chebunbun 【ネタバレ考察】『TENET テネット』実はコロンブスの卵だったりする件 本作が最後のクライマックスを迎える直前、上映時間1時間50分のあたりで、主人公が「I’m the protagonist of this operation」というセリフがある。 『tenet』とは2020年8月イギリスで公開されたスパイ映画で時間を逆行する物語。文字通り逆再生で時間が進んでいく。リアルに作り上げていくべく、スタッフや俳優に伝える能力も過去に時系列トリックを駆使した作品を作ってきたノーラン監督ならではの作品。 『tenet テネット』で、ニール(ロバート・パティンソン)がそのルールを説明している。 パティンソンは、ノーラン監督は派手なアクションシーン以上に人々の間で交わされる会話のシーンを楽しみにしているようだった、と言う。