私は結構な頻度で使っている関数です。ARRAYFORMULA(配列&",")で複数セルに「,」を一括でつけて、CONCATENATE(配列)で複数セルを一つの文字列にします。「,」の部分は自由に変えれます。 こんにちは。Tokyo Otaku Modeの安宅です。先日から、とあるプロジェクトにジョインして、久々にGoogleスプレッドシートをゴリゴリ活用して仕事をしています。そんな中、これは惚れた!というスプレッドシートの神関数を紹介したいと思います。, ARRAYFORMULA関数これを活用し始めてから、関数をいちいち全部の行に埋め込んでいくことが、なんだかカッコ悪く感じるくらい、スマートでオシャレな関数です。例えば、100行のVLOOKUP関数を行うときには、これまではVLOOKUP関数を1つ作って、それを残り99個の行にVLOOKUP関数をコピーしていたと思いますが、ARRAYFORMULA関数を使うと、なんと1個の関数で100行分の値が出力されます。実際に動作も軽くなるのでカッコよさと実用性を兼ね備えた関数です。配列に対応する関数であれば、ほぼなんでも利用できるのも好感度が高いです。, B2セルに注目。わずかひとつのVLOOKUPでB列全体の出力が完了 このシートを確認する, COLUMNS関数これ単体だけで見ると、列数を返すだけでシンプルな関数なのですが、これをVLOOKUP関数と組み合わせると・・・美しい!VLOOKUP関数の弱点として、値を引っ張ってくるときに「何列目」を数字で指定しますが、ここをCOLUMNS関数にすることで、後々、マスターデータの列数が増減した時にも、自動的に列数が増減してくれるので、いちいちVLOOKUP関数の列数を変更する必要がなくなります。また、引き出したい値が何行目かを目で数えたりする手間暇も自動化されるので、単純な数え間違いも起こらなくなります。, こんな表で仮にDとE列の間に列が増えても、COLUMNS関数を使えばVLOOKUP関数の出力はノープロブレム このシートを確認する, IFERROR関数この関数は表の値が完ぺきでないときにとても役に立つ関数です。VLOOKUP関数で引っ張ってきた値を、SUM関数で合計金額を出す時に、1つでも値が#N/Aが出てしまうと、合計金額が計算できなくなりますよね。IFERROR関数で#N/Aなどのエラーが出た時は0と設定しておけば、合計金額がそのまま出力される、などの使い方があります。, なにはともあれIFERROR関数をかましておくと2ステップ以上の計算時に便利 このシートを確認する, TRANSPOSE関数表の列と行を関数で転置させることができる関数です。少しマニアックですが、知っていると意外と使いたいシーンがでてきます。, なにかしらの制約があり、どうしても表の列と行を変えたいシーンに便利 このシートを確認する, IMPORTXML関数これを知ってから、Webスクレイピングをするのにプログラム言語をいちいち使わなくても、簡単なものであればサクッとできるようになりました。例えば自社サイトのプレスリリース記事のURLを一発で正確に出したい時に、こんな形で取得できます。, 2つ目の項目に設定する「XPath」は慣れるまで少し手こずるかもしれませんが、知っておいて損のない関数です このシートを確認する, INDEX関数配列の行と列を指定したものだけを出力する関数で、配列を返すIMPORTXML関数と組み合わせると、非常に使い勝手が良いです。ここでの例は、さきほど出力したプレスリリースのURLの内、最新の記事(つまり1行1列のデータ)を引っ張ってきています。ここでは元の配列の列数は1列しかありませんが、2行以上の列や行も指定して出力できます。, IMPORTXML関数で、この行と列を指定して出力したい、という場面で役立ちます このシートを確認する, ROW関数スプレッドシートで表を作るときに、ナンバーを付けたいシーンは、わりと多いと思います。ただ、普通にナンバーを値で埋めてしまうと、行数を追加したり、順番を入れ替えると、いちいち正しい数字を入れなおす手間がかかってしまうと思います。そこでROW関数の出番です。行数を返すこの関数を使うと、簡単にナンバリングできるようになります。例えば、1行目は項目名として、2行目からナンバリングをするとしたら、「=ROW()-1」と指定すると、2行目に「1」が出力されます。これを行数分コピペでナンバリングするのもよし、先に紹介したARRAYFORMULA関数を組み合わせると、たった1セルでナンバリングが完成します。※ ROW関数は変動するので固定のナンバーで管理したい場合には不向きです, ROW関数とARRAYFORMULA関数を使えば、セル1つで手間いらずのナンバリング このシートを確認する, ここから先は、以前、拙ブログでも紹介した関数ですが、活用シーンが非常に多く、スプレッドシートの大きな魅力だと思いますので、改めて紹介したいと思います。, IMPORTRANGE関数外部のスプレッドシートの1シートをすべてのセル、もしくは特定の範囲で絞り込んで別のスプレッドシートに読み込むことができる関数です。, 言葉で説明するより、こちらを見ていただくほうが一目瞭然です。こちらのシートを、 このシートを確認する, 1シート200万セルというスプレッドシートのセル数の限界を突破できるのと、ログデータなどのマスターシートをさまざまなシートで逐一更新する必要がなく、元になるマスターシートを1回更新するだけで、あらゆるシートが自動的に更新されるのです。使い方はまさに無限大∞。個人的にはExcelを習いたての時にVLOOKUP関数を知った時以上の感動がありました。, UNIQUE関数こちらもスプレッドシートならではの関数で、特定の行でダブリがあるリストをユニークなリストにまとめてくれます。, FILTER関数この関数を使うと、元のシートの特定のセルを条件にリストを絞り込んで表示できます。, スプレッドシートにデフォルトで付いている「フィルタ」機能と同様の動きをするのですが、マスターシートを「フィルタ」で絞り込むと、複数人で作業する場合に非常に厄介ですよね。そんなときに、別スプレッドシートでIMPORTRANGE関数を使ってマスターシートを読み込み、FILTER関数で見たいデータを絞り込んでおくと、確認したいデータをすぐに表示できます。, Tokyo Otaku Modeはまだまだ駆け出しのスタートアップで、こうした便利なツールを最大限に活用するためのノウハウを研究、共有しながら、僕らのビジョンである「オタク文化で世界をハッピーに」を、一歩一歩実現させようとしています。ご興味のある方は、こちらからご連絡ください!. Googleスプレッドシートは使い方が簡単で便利なPC機能ですが、今はアプリになっているのでiPhoneでもAndroidでも使うことができます。ここではスマホアプリのGoogleスプレッドシートの使い方を説明し … スプレッドシートのデータを知り合いに共有する方法を解説。共有することで同じファイルを同時に編集することができる便利な機能です。ユーザーにより、閲覧のみや編集などの権限を設定することができます。フォルダごとの共有やスマホアプリでの操作方法もあります。 スプレッドシートの使い方全般を初心者向けに解説します。スプレッドシートの概要やExcelとの違い、iPhoneをはじめとしたスマホでの操作など、スプレッドシートに慣れていないならぜひ知っておきたい情報が満載です。 今回は、スプレッドシート上にボタンを設置し、ボタンを押す事でスクリプトを実行する方法についてご紹介します。 これにより、スクリプトエディタからでなくスプレッドシートからスクリプトを実行する事ができるようになります。 矢印を削除するには、[セル内にボタンを表示してリストを表示] のチェックボックスをオフにします。 リスト上のアイテムと一致しないデータをセルに入力すると、警告メッセージが表示されます。リストに含まれているアイテムの入力のみ許可するには、[無効なデータの場合] で [入力を拒否 Googleスプレッドシートとは、Googleが開発したオンラインの表計算ツールです。多くの機能を備えており、ビジネス利用をはじめ様々なシーンで幅広く使われています。今回は、最新情報のとともに、「ショートカット」「アドオン」「関数」、さらに知っていれば役に立つ「裏技」全30選を … Google スプレッド上で、A~Cの列にそれぞれ「予定名(カレンダーに表示させるもの)」「日付」「説明分」を記載し、内容も埋めます。 Googleスプレッドシートで表を作成すると、列の幅(列幅)や行の高さ(行高)を調整したくなる場合があります。基本的には、列番号や行番号の境界線をドラッグすればよいのですが、今回はそれも含めて、より効率的に簡単に調整するテクニックを紹介します。 こんにちは、GMOインサイトのR.Kと申します。 今回、初めてテックブログに投稿させていただきました。 早速本題に入っていきます。 先日、初めてGAS(Google App Script)を業務で触り、Slackと連携してみて、「あ、これはすごく便利なやつだ」と確信しました。 GASを使うと簡単な方法でBotを作成することができたので、健康維持のために始めた筋トレのモチベーションを保つために、 SlackとGoogleスプレッドシートを使った簡単なシステムを作ろうと思います。 Googleスプレッドシートで「プルダウンリスト」を作る方法を説明します。プルダウンリストを追加するには「データの入力規則」機能を利用します。選択肢の決まっているデータを入力するときは、プルダウンリストを利用することで、入力の簡略化、入力ミスの防止を図ることができます。 ここでは、単純にデータベースシートを新規に作成し、その最終行に必要なデータを転記することとします。 (1)保存場所の作成 新規にシートを作ります。 (2)保存する項目の整理 保存用のシートの1行目はタイトルとして保存したい項目の項目名を記入します。そして、どのデータをどのセルに貼り付けるかを整理します。 ・張り付け元:セル固定(シート名+セル名) ・張り付け先:列は固定、行は変化(シート名+列名) (3)スクリプト作成 今回作成するスクリプトは、 ・データベースシートの最終行の行 … 行を挿入するマクロ~やさしいマクロ講座. 右クリックメニューの「セルを挿入」にカーソルを合わせると、さらにメニューが出てくるので、既存のセルを右と下どちらに移動させるか選択します。 Googleスプレッドシートで行を追加するにはメニューか右クリックで追加ができます。1行だけでなくまとめて複数行を挿入することもできます。スマホアプリでの操作方法の説明もあります。 スプレッドシートを保存するには、ツールバーの[ファイル]-[保存]もしくは[保存して閉じる]を選択します(もしくは画面右上の[保存]ボタンをクリック)。その後は変更を加える度に自動保存されます。スプレッドシートが最後に保存された日時は、画面の右上に表示されます。 2. どうも、まさとらん(@0310lan)です!今回は、JavaScriptで簡単にExcelのようなスプレッドシートを作成できるライブラリをご紹介します!基本的な操作はすべてJavaScriptから制御可能であり、自分の好きなようにカスタマイズできる強力な機能が多数提供されています。 こんにちは! Yuki (@yukibnb) です。今日はスプレッドシートのメニューバーに独自メニューを表示し、その中にGoogle Apps Script (GAS) の実行ボタンを追加する方法を紹介します。具体的には以下箇所に実行ボタンを追加します。 追加するとこのようになります。 こんにちは。Tokyo Otaku Modeの安宅です。先日から、とあるプロジェクトにジョインして、久々にGoogleスプレッドシートをゴリゴリ活用して仕事をしています。そんな中、これは惚れた!というスプレッドシートの神関数を紹介したいと思います。 今回はGoolgeスプレッドシートで特定のユザーに招待メールを送って、相手とスプレッドシートを共有する方法を紹介します。何といってもGoogleスプレットシートの一番の利点は他のユーザーとの共有です。そのメリットを最大限に生かす共有方法と色んな便利な権限設定の使い方を紹介します。 Googleスプレッドシートの進化が早く、少し前まではできなかった機能がバージョンアップするたびに追加されて驚くばかりです。 今回はちょっと前(だいぶ前かもしれませんが)のアップデートからできるようになった 「別スプレッドシートのセルを参照する方法」 について紹介します。 フト, セル範囲の文字列を結合するユーザー定義関数, マクロで和暦の令和元年令和2年以降を入力, 和暦令和の書き換えをブック全体で自動実行. IFTTTを使ってGoogleスプレッドシートにボタンプッシュで行を追加する方法について説明しました。 今回はボタンプッシュを例にあげましたが、例えば「ツイートされると・・・」といったトリガーを使えば、 自動でGoogleシートに記入してくれます。 なんだ!カンタン!Excel塾. チェックボックスで一番使われそうなのはToDoなどのチェックリストでは無いでしょうか? 頭にチェックボックスをつけて、その隣にタスク名などを入れればよくあるチェックリストが簡単にできあがります。 ここで、もうひと工夫したいのがチェックが入り終わったタスクをグレーアウトして区別すること。 予想通りかもしれませんが「表示形式」>「条件付き書式」で設定します。 A,B,C列の2行目以降を選択して、書式ル… Excel VBAプログラマーのためのGoogle Apps Script入門(9):スプレッドシートに図形でボタンを作成しGASを実行&トリガーを使ったメニューの追加 今回は 表に行や列を挿入したいときはどのようなことを書けばいいのかという3行マクロです。エクセルで行を挿入するマクロ~やさしいマクロ講座 . Google スプレッドシート上で記載した予定の一覧を、一度に Google カレンダーに反映させることができます。 1. 選択した行、列、またはセルを右クリックします。 メニューが表示されたら、 [左に 1 列挿入]、 [右に 1 列挿入]、 [上に 1 行挿入]、または [下に 1 行挿入] を選択します。 ボタンをOnに変更すると画面下に新たにWebhook URLの一覧が表示されます。 初めてアプリを作成する場合はURLが何も登録されていませんので、Add New Webhook to Workspaceボタンから新規追加します。