コーヒー豆の輸入国は? 1.コーヒー三兄弟は、コロンビア、ブラジル、ベトナム; 2.インドネシア産のカフェイン有と無しは3倍の価格差; 3.煎ったコーヒーは、アメリカとスイスが強いです。 輸入統計データ. 2) 飲用場所別 一人1週間当たり杯数 輸入スーパーに行くと、コーヒー売り場には、たくさんのコーヒーが販売されています。多くのコーヒーが並んでいる陳列棚を見ると、一体、どれを選べば良いのかわからなくなりますね。コーヒーの数だけ外国があるという夢を描きつつ、海外産コーヒーについて調べてみました。この記事では、コーヒー豆の主な生産国、輸入量、輸入価格、シェアなどについてご紹介していきます。, 日本へ輸入されるコーヒーは「煎った豆」と「煎っていない豆」に分けられます。さらにこれらは、カフェイン有り、無しに分かれます。つまり、コーヒー豆をざっくりと分けると、およそ次の4つの分類になります。これらの分類によっては、同じコーヒーであっても適用される法律がかわってきます。また関税については「どこの国から輸入されるのか? 」によっても変わってくるため要注意です。, 今回、財務省の資料からコーヒーの輸入状況を確認すると、次の三つの特徴がわかりました。「1.コーヒー三兄弟はコロンビア、ブラジル、ベトナム」「2.インドネシア産はカフェイン有と無しで3倍ほどの価格差」「3.コーヒーを煎ったものはアメリカ、スイスが強い」, 日本の気候上、コーヒーを栽培することは難しいです。そのため、焙煎していないコーヒー豆については、すべての国の商品について「関税無税」で輸入ができるようにしています。これは、農産品などの一次産品に高額な関税をかける日本としては、とても珍しいケースです。逆に言うと、それだけ日本国内では、コーヒーが採れないといえます。, コーヒーは、煎っていない物と煎っている物に分かれます。煎っていない物の代表は、コロンビア、ブラジル、ベトナムです。これら三か国からの輸入量は、他国に比べてとても多いです。また、煎っていない豆は、すでに無税輸入が行われているため、新しいEPA(経済協定)による拡大などもなさそうです。これら3か国の内、ベトナムについては、日本との距離的な関係から他の二国より有利だと言えます。, インドネシア産のコーヒー豆は、煎ってあるもの、ない物とで約3倍の価格差があります。(後述するグラフの赤文字部分)もしかすると、ここにインドネシア特有の理由があるのかもしれません。「なぜ、これほどの価格差が生まれるのか?」を知ることによって、新しいビジネスチャンスがあるはずです。, 煎っていないコーヒーは、無税で輸入できる一方、煎ったコーヒーは、約12%の関税がかかります。この分野のコーヒーは、さきほどの「コーヒー三兄弟」が活躍する市場とは様子が異なります。アメリカやスイスといった先進国が一気に上位に食い込みます。この理由は、コーヒーを煎るための設備を所有しているのが先進国だからなのでしょうか? 理由はよくわかりませんが、データ上はアメリカとスイスの二強市場になっています。, アメリカとスイスを比べると、関税上、有利になるのは「スイス」です。アメリカは、WTO税率の12%が適用されます。一方、スイスは「日スイスEPA」が適用されるため、関税無税で輸入ができます。今後、アメリカとの二国間FTA(自由貿易)が検討されていますが、間違いなく、このコーヒー分野も交渉の対象になるはずです。, それでは、財務省統計局のデータから、過去一年間分のコーヒーの輸入実績をご紹介します。上から「煎っていない物・カフェイン有」「煎っていない物・カフェイン無」、「煎っている物・カフェイン有」「煎っている物・カフェイン無し」と並んでいます。, 価格(単価)は、日本輸入港での仕入れ価格(CIF)です。CIFとは、輸入商品価格に外国から日本への船賃+保険料を加算した価格です。, ここから先は、煎ったコーヒーになります。煎っていない物とは、まるで違う国が上位にきていることがわかります。, 煎っている分だけ加工賃がぐっと上がります。ベトナム産が際立って安いことがわかります。, コーヒー豆の輸入国と輸入量をご紹介してきました。コーヒー豆の主要な輸入先は、コロンビア、ベトナム、ブラジルの三か国です。これらがほぼ煎っていないコーヒー豆の市場を占有しています。一方、煎っている豆は、アメリカやスイスが強いです。また、これら以外にも数字を見比べると「おや?」とする部分が何個かあります。これらを深く調べていくと、輸入ビジネスの穴を見つけられるかもしれません。, この記事で紹介しているデータは、財務省が発表している物を独自に加工したものです。財務省のデータをそのままご紹介しているわけではありません。一部の輸入国を省略した上で、表やグラフにしています。(基本的に輸入数量順に並べ替えた上位10か国です。)円グラフなどは、それら上位10か国のみで作成しています。. 2000年~2020年(1〜10月速報)のPDFデータをダウンロード(2020.12.8 更新), 2015年~2019年のPDFデータをダウンロード(2020.3.23 更新) 日本のコーヒー輸入を見ると、コーヒー生豆の状態で輸入するケースが圧倒的に多い。ただし大手チェーン店などは海外の焙煎所でまとめて焙煎してから輸入するケースもある。 最近は、美味しいコーヒーが通販で手軽に買える時代です。土井珈琲、丸山珈琲、きゃろっと珈琲…といった有名店だけでなく、まだまだ有名ではないけど美味しい! そんなコーヒー通販も増えてきました。 しかし、通販でコーヒーを買うにあたっ Copyright © 2016 HUNADE All Rights Reserved. 日本のコーヒー輸入量ランキング. 日本のコーヒー生豆輸入量 上位24ヶ国. 現役焙煎士がおすすめするコーヒー豆通販ランキング! 実購入レビューtop4 コーヒー豆をオンラインで通販しているお店は意外と多くあります。私はカフェで働く焙煎士なのですが、私ですら、どこで買えばいいか迷ってしまうことがあります。 【2020年最新】バリスタが選ぶ本格派コーヒーメーカーから現役家電量販店店員が選ぶ初心者にもぴったりなコーヒーメーカーまで厳選紹介!また、実際にモノレコ編集部で検証もしています。コーヒーメーカーをお探しの方はぜひチェックしてみてくださいね! コーヒー豆を輸入する方法をご紹介しています。手続きは、税関、食品検疫所、植物検疫所などに対して食品輸入届などを出して行います。コーヒー豆の輸入関税は、焙煎していない豆が無税、焙煎がしてあると有税です。輸入するときの規制は、植物防疫法と食品衛生法の2つです。 ランチタイムの後などにじっくりと楽しみたい「コーヒー」。深い味わいを求める方は、やはり香り高い"挽きたて"にこだわりたいものです。そこで今回は、挽きたてのコーヒーを味わうために欠かせないおすすめのコーヒー豆をランキング形式でご紹介します。 1996年〜2019年のPDFデータをダウンロード(2020.3.19 更新) 日本のコーヒーを取り扱う企業気になりませんか?日本ではあまりコーヒー文化が大衆化していないから上場ってむずかしいのかなぁと思っていましたが、意外とありました。コーヒー業界を牽引する会社をいろいろと調べてみましたのでみてみてください! 日本は世界的なコーヒー消費国となり、コーヒー生豆輸入量は、EU(European Union)、アメリカ合衆国に次いで世界第3位です。2019年度のコーヒー輸入量(生豆換算計)は約48万トンでした。 出典元:全日本コーヒー協会統計資料 1位:ブラジル(13万7,800トン) 2位:ベトナム(9万9,000トン) 3位:コロンビア(6万7,000トン) ※2016年度; 続いては、日本への輸入量が多いコーヒー生産国ランキングです。 本記事で紹介するのは、農林水産省が発表している「品目別貿易実績」と平成30年10月(平成31年1月現在で最新の情報)の「農林水産物・食品の輸入実績」です。農林水産物の輸入金額は以下のようになっています。 農林水産物:約8,711億円(前年同月より7.1%増) 農産物:5,896億円(前年同月より5.5%増) 林産物:1,148億円 (前年同月より14.3%増) 水産物:1,668億円 (前年同月より8.6%増) 「品目別貿易実績」を参 … ジュピターコーヒーは、もともとはコーヒー豆の卸売り業者として事業を開始しましたが、現在ではコーヒー豆だけでなく多くの輸入食材などを取り扱い、一般消費者向けの小売り店舗を経営している人気業者です。ジュピターコーヒーのおすすめ商品をランキングで紹介します。 忙しい日々の心と体の癒しとリフレッシュに!皆が大好き、優しい味わいのコーヒー牛乳。ここでは、おすすめのコーヒー牛乳ランキングや選び方をご紹介します。いろいろなコーヒー牛乳にチャレンジして、ぜひお気に入りのコーヒー牛乳を探してみてください。 楽天ランキング-「コーヒー」(水・ソフトドリンク)の人気商品ランキング!口コミ(レビュー)も多数。今、売れている商品はコレ!話題の最新トレンドをリアルタイムにチェック。年代別、男女別の週間・月間ランキングであなたの欲しい!がきっと見つかります。 日本のコーヒー輸入量. 1996年~2020年(1〜10月速報)のPDFデータをダウンロード(2020.12.9 更新) 日本の輸入量. コーヒー豆をほぼ輸入に頼っている日本ですが、主にどの国から輸入しているのでしょうか?. コーヒーと輸入食品のワンダーショップ「カルディコーヒーファーム」の公式ウェブサイト。全国の店舗案内のほか、新商品情報、セール情報、お買い得キャンペーン情報、おすすめレシピなど最新情報を … 2018年度の財務省の調べでは、ブラジル、ベトナム、コロンビアの上位3か国の比重が高まり、全体輸入量の68.6%を占めています。. 手軽に美味しいコーヒーを楽しめるインスタントコーヒー。最近ではホットだけでなく、アイスコーヒー・カフェオレ・カフェインレスタイプなどたくさんの種類がありますよね。ブレンディ・ucc・ネスカフェなど有名メーカーも多く、どれを購入しようか迷ってしまいませんか? 世界のコーヒーの生産量、消費量、在庫量、輸出量、輸入量について、米農務省(USDA)発表の最新資料をもとに表とグラフにまとめました。地理の学習等にお役立てください。(※各数値は未確定のものが含まれていますのでご注意ください。 3) 年齢別 一人1週間当たり杯数, 4) タイプ別 一人1週間当たり杯数グラフ 2018年の世界のコーヒー豆生産量 国別比較統計・ランキングです。各国のコーヒー豆生産量と国別順位を掲載しています。時系列データは1990-2018年まで収録。 今回は日本へ輸入されている物品ランキングトップ10を調べてみました。日本は資源のない国として有名です。なので輸入って日本にとって超絶重要な産業なんですね。そこで日本社会に出回っている海外からの輸入品一覧をランキング形式にトップ10としてまとめてみました。 煎っていない物・カフェイン有り(0901.11.000) コーヒーカテゴリの人気売れ筋ランキングTOP20をご紹介しています!売行き好調の商品が集結。集計対象の期間や性別・年代別のランキングも確認できます。PayPay残高も使えます。 コーヒー豆は焙煎により、苦味、酸味、甘味、渋み、コク等のいろんな要素が出ます。産地や品種によってそれぞれ特徴があります。それらを十分に引き出しおいしいコーヒーを作ます。 (スコア:1 / … 5) 飲用場所別 一人1週間当たり杯数グラフ, コーヒーの輸出入や消費量に関する当協会、およびICO(国際コーヒー機関 International Coffee Organization)による調査データをご紹介しています。. 1996年~2020年(1〜8月速報)のPDFデータをダウンロード(2020.10.7 更新), 2000年~2019年のPDFデータをダウンロード(2020.3.23 更新) 駅ナカやショッピングモールを歩いていると「kaldi(カルディ)」をよく見かけますよね。 気にはなるけど、「そんなにコーヒーには詳しくないからな…」とちょっと敷居が高く感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。 それに加え、種類が 豆から淹れたコーヒーは風味も味も格別な仕上がりに。今回は元タリーズ店長であるコーヒールンバ平岡さんにコーヒ豆の選び方とおすすめ商品をランキング形式で教えてもらいました。焙煎の違いの解説や、保存容器を使った保存方法、おすすめの豆の挽き方も合わせて紹介。 2017年~2020年(1〜10月速報)のPDFデータをダウンロード(2020.12.8 更新), 1) 種類別 一人1週間当たり杯数 コーヒーメーカーはリラックスタイムや仕事中など、さまざまな場面で活躍してくれる家電。しかし、ひとくちにコーヒーメーカーといっても、全自動やミル付きなど多種多様です。 今回は、コーヒーメーカーの選び方と、方式別のおすすめ商品を紹介します。 1996年~2020年(1〜9月速報)のPDFデータをダウンロード(2020.11.6 更新) 2015年~2019年のpdfデータをダウンロード(2020.3.23 更新) 2017年~2020年(1〜10月速報)のpdfデータをダウンロード(2020.12.8 更新) まず日本はどこからコーヒー豆を輸入しているかというと、ブラジル(117,912トン)、ベトナム(98,513トン)、コロンビア(64,201トン)からの輸入が多いです。この3つをあわせると280,626トンになります。